要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬が泣く時
2015年01月24日 (土) | 編集 |
FBなどでシェアされてくる記事で最も多いのが、保護犬活動に
関するものです。
お友達のほとんどがわんこ仲間さんなので、当然と言えば
そうなのですが・・・

その中で、劣悪な環境からレスキューされたあと里親さんが決まり
迎えに来てくれた里親さんに抱っこしてもらって、涙を流していた子の
記事を見かけました。

私自身も、山中に木にくくりつけられたまま放置されたシェパードが
3日ぶりに近所の主婦に発見された時、涙を流して喜んだ、
という話を聞いた事があります。

犬って、泣くんです。
鳴く、のではない。
泣くんです。

辛くても、悲しくても、理不尽でも、じっと何も言わずに耐えている
犬達が泣く時。
それは嬉しくて嬉しくて、ほっと安心した時ではないでしょうか。
そしてその涙は、救い出してくれた人達への感謝の現れなのかも
しれかせん。

私は犬の方が、ある種の感情は豊かであると思います。

人を殺しても何も感じない人間、犬が涙するような状態の元を
作りだした人の方が、よっぽど冷血です。

犬以下、などという人がいますが、それは的確ではありません。
何故、最低ラインが犬なのでしょう。
人間以下のクズ、が正しい表現ではないでしょうか。

涙を流しながら里親さんに抱っこされている子を見ると、本当に
心から「人間って馬鹿でごめんね」と思います。

心ある人たちがまだ多くいる事が救いですが、出来ればそのような
方達が活動する必要がない世の中に、早くしなくてはいけないと
思います。


カミナリが鳴った時のきいちゃんのシェルターは、ターミ兄の机の中
キチュリー&しっとりザブジ&ヨーグルト 003



HP更新しました。
Lavage インフォーメーション



良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/01/31(Sat) 22:24 |   |  #[ 編集]
Re: 猫だって~ 犬だって~
鍵コメさん

うん、猫も泣くと思います。
そもそも、動物には感情がなく、喜怒哀楽や感謝の涙なんて
ない、と決めつけるのは人間の傲慢さゆえだと思います。
何を持ってそう決めつけられるのか。
たぶん、動物と暮らした事がなく、実験動物の観察しか
したことがないのでしょうね。
捕らわれの身である実験動物は、感情を見せてはくれないでしょう。

ドカちゃん、きっとありがとうって言ってたんだと思います。

私も詳しくは知らないのですが、マクロビってそんなに良いの?
と思ってしまいます。
少なくとも体質によっては合わない、という先生の意見は
正しいと思います。
私なんか平気かもしれないけど、でもやりたいとは思わないなあ。
だって美味しいものって、たいていタンパク質と脂質を
含むではないですか。

私は、97歳で亡くなったばあちゃんの論理が一番好きですわ。
「好きな物、体が要求するものを、腹八分目食べる」
健康であれば、自分の体が必要とする物もわかると思うんです。
理論だけで食べるのって、食い意地が張っている自分的には
つまんないです。
2015/02/01(Sun) 10:23 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。