要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闘犬は悪趣味で野蛮である
2014年09月28日 (日) | 編集 |
動物を殺戮することを「文化」と呼ぶのは、個人的には
大嫌いです。

それも、生きていく為の猟などではなく、単なる人間の娯楽のための
虐待や殺戮は、私は野蛮で悪趣味だと思います。

その最たるものが闘犬ではないでしょうか。

詳しい歴史などは知りませんが、あれを見て何が楽しいのか
私には全く理解出来ないのです。
あんな野蛮な見世物の為に、わざわざそういう犬を作りだし、
そのために犠牲にする犬を使い、何の意味があるのでしょう。
見て喜んでいる人達は、悪いけれど私には神経がどこかおかしい
としか思えない。

陰に、当然ギャンブルや金儲けも絡んでいるんでしょうしね。
野蛮なうえに、不健全。

それから、ヨーロッパ貴族のお楽しみのための狩りも、スペインの
人達には悪いけれど、闘牛も嫌いです。
文化と言われていますが、ほぼ9割以上人間が勝つ事に決まっている
ある意味出来レースです。
一方的に殺される動物達の血を見て、大騒ぎする感覚が、私には
わかりません。

韓国や中国にも、おかしな祭りがあったりしますよね。
子供に、犬を熱湯に入れさせて殺す儀式とか。
何の意味もないと思うし、子供を巻き込むだけさらにタチが
悪いです。

世界中には、いろいろな文化・習慣があります。
自分達と異なるからそれはいけない、と言うつもりはありません。
しかし、生き物を殺して喜ぶのは文化とは呼べないと思うのです。

お楽しみの為に他の生き物の命を奪う。
どうしても血を見たくて、それを娯楽や賭け事に使いたいのなら、
ローマ時代みたいに人間同士でやったらいかが?

人間の野蛮な嗜好の為に、動物が犠牲になる必要は
これっぽっちもないと思うのですが…

もし闘犬に正当と思われる理由があるのなら、ぜひ説明して
ほしいです。


チキンと豆のカレー&サラダ 006
ボクはたたかうでしよ


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
歴史的な事は知りません。
が、好き嫌いだけで言うなら闘犬は無論、競馬さえも歪に造り上げられた新種(どこからが新種は難しいですが)の犬猫も嫌いです。

人間の欲のために犠牲になる水牛(モツァレラチーズ)やジャコウネコ(コピルアク)も要らないです。


どんな事でもですが、裏の部分を白日の下に曝せば、嫌だ、止めようと思う人の方が多いと信じたいですが。


賭事も必要悪だと言う人がいるならばターミ姉ちゃんが仰るように、人間同士でやればヨロシ!

それだって底辺の人間が利用されるでしょうが、最低限の人権は憲法で護られていますから確たる犯罪となりますからね。


闘うならきいちゃんみたいに自分と闘おうね^^


2014/09/28(Sun) 18:43 | URL  | 関西人 #cyU6IeN6[ 編集]
Re: タイトルなし
関西人さん

私も、歴史などは知りません。
でも、どう考えても正当な歴史的起源があるようには
思えないんですね。
突き詰めれば、それを面白いと思う人間がいたから
始められたのだと思います。
犬達が好きで始めるわけはありませんものね。

人間の都合で、本来その動物があるべき姿が歪曲されるのは
私も好きではありません。

だから、ティーカッププードルなんて、「キャー可愛い!」と
飛びつく人も、どうかと思います。
そういう人と、利益さえ出れば良いと考える人間が結びついて
結局犠牲になるのは動物。

犬をティーカップに入れて、何が面白いんでしょう。
全然理解出来ません。

チーズは、牛乳を煮立たせてレモン汁を入れればインド式チーズ
パニ-ルが簡単に出来ますし、香水も植物性の花の香りで十分。
よけいなものは、ない方が人間の為にも良いと思います。

知らないって恐ろしいですよね。
馬鹿の始まりは、無知なのかもしれません。
知ろうとしない、面白ければ良い、ボキャブラリーは「可愛い」
だけ。

なんだか、腹が立ってきましたよ。ムキムキ!

きいちゃんは、拾ってきたサッカーボールをどうやって
やっつけようか、頑張ってます。
でも、まだやっつけられないでいます。


2014/09/28(Sun) 20:14 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
まったく同感!
昔むか~しは、猟をして競ったそうですが、それがどんどん歪んでいったのは時の権力者と言われるばか者たちとそれの取り巻きれんちゅう。
と、何かの折に聞いたことがあります。

こういうものは文化とは言わないでしょう。
本来の文化の意味から大きく外れているのではないでしょうか。

単なる悪趣味ですよ。

ついでに言うなら、私は和歌山のイルカ漁も時代錯誤も甚だしいと思います。
食料として捕獲するなら撲殺なんて残虐な手段ではなく、即死を考えるべき。
あれは、そういう手段がなかった大昔のやり方。
それを文化というのは考える頭のない人間の言うこと。
最近は変わりつつあるらしいけど、変わらなければ野蛮人の仲間入りだわね。

ちょっと外れるかもしれないけれど、中国人の残虐性は子供時代に経験させられるこういう風習も影響してるのかな?
2014/09/28(Sun) 21:06 | URL  | ワンコのかあさん #5J4Tw7Bs[ 編集]
Re: タイトルなし
ワンコのかあさん

そうなんですね~昔は猟を競ったもの、それならシープドッグの
競技などと同じようなものですものね。
人間と一緒に、どこまで競えるかを楽しむようなイベントだったら
良いですけど、犬を闘争的に仕立てて戦わせるのは、ホントに
悪趣味です。
わざわざそんなことをする意味がわかりませんし、見ていて
何が面白いのか全くわかりません。
エキサイトする人って、脳の一部が壊れているんじゃないでしょうか。

生きていく為の猟は、娯楽ではありません。
まともなハンターさんは、いかに素早く命をいただくか、
仁義があります。
それは命に対する礼儀ですよね。
それをなくしたら、人間は地球に存在する生物として、失格だと
思います。

中国人も、ひとりひとりはそうじゃないのかもしれませんが
我々日本人から見ると「へぇ~?」な事が多々ありますよね。
韓国の「はあ?」とはまた違った違和感があります。
まあ、どちらも和はなさそうですね…
私達の感性とは、遠く離れたものを感じます。

2014/09/28(Sun) 22:27 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。