要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
今だから言うけれど・・
2014年08月29日 (金) | 編集 |
不届き者に刺されて怪我をしたオスカー君の事件は、とうとうNHKの
ニュースでも取り上げられましたね。
今朝の朝日新聞にも、記事として載っていました。

それに付随して、心ない愚かな人間達のしでかした、盲導犬に対する
とんでもない事件の数々も、表面に出てくるようになりました。
タバコの火を押し付けるとか、顔に落書きするとか、わざと尻尾を踏む
等など。

去年、大きく報道はされませんでしたが、盲導犬アトム君が行方不明
になった一件も、まだ皆さんの記憶に新しいと思います。

しかし盲導犬の事件は今に始まったわけではなく、その前にもありました。
(正確に言うと、さらにその前にも何件かあったそうです。私は、それらに
ついては直接関わったわけではありませんが、信頼出来る方々から
複数件聞きました)

私が初めて直接関わったのは、ジョニー君と言う黒ラブの盲導犬に対する
”ユーザーによる”虐待事件です。
その時の話をします。

千葉の松戸市で起きたその事件は、現場のボランティアさんからの
ヘルプで発覚しました。

許せないと思った私は、わんこ仲間さん数人に、松戸市の市役所に
働きかけるようにお願いをしました。
メールや電話で、調査をしてくださいという連絡を、手分けしてしましょう
というものでした。

ところが、そのうちの一人の方が、タレントの松本君の掲示板に、私の
お願いのメールを貼りつけた事で、とんでもない騒ぎになってしまいました。

悪気はなかったのだと思いますが、人のメールを公開するのであれば
ひとこと連絡をして欲しかったです。
が、そんな事を言っても後の祭り。
その人にお願いをした私の、選択ミスです。

その後の騒ぎについては、御存じの方もおられるかもしれません。

騒ぎだけが独り歩きをし、私が援助をお願いした女優の杉本彩さんには
多大な迷惑をおかけし(後で謝りに行きましたが、彼女は笑って許して
くれました)、騒ぐのが好きな暇人オタク達の格好の餌食となって
しまいました。

そのオタク達が立ちあげた、mixiのくだらないコミュは今どうなったのか
知りたくもありませんが。

その頃には、盲導犬事業に対して一般には疑問の声はほとんど
ありませんでした。
ですから、「盲導犬を虐待?!」などと言う話は、衝撃だったのだと思います。
衝撃だった分、無用な騒ぎになってしまいました。

人々の善意と、それに乗ずる悪意。
ネット上での活動の難しさを痛感した一件です。

しかし、その時は信じてくれなかった人達も、アトム君の件で少しは
認識を改めてくれたと思います。
盲導犬事業=間違いは何もない、純粋に尊い事業ではない言う事を。

ジョニー君を管理していた東京都の盲導犬協会(オスカー君の管轄協会)
は、その事実をずっと認めませんでした。
しばらくしてから私は、一般市民を装ってメールを出しました。

その返事は、いまだに保存してあります。
何故なら、「ジョニーは今は然るべきところで平和に暮らしている」
と言う内容のものであり、虐待を認めたも同然のものだったからです。

今回のオスカー君の事件でも、私が最大に疑問に思うのは、
「何があっても吠えない、抵抗しない」ようにする訓練は、はたして本当に
必要なのか、と言う事です。

これは人間のご都合です。
確かに、無駄吠えはうるさい。
しかし、そんなに神経質になる割には、一般の飼い犬、特に小型犬の
無駄吠えには、多くの日本人が寛大なのではありませんか。

犬達に対する知識・常識・モラルが、欧米に比べて著しく遅れている日本。
動物がモノ扱いである日本で、私は盲導犬事業はハッキリ言って無理だと
思っています。

西洋文化の、進んだ良い所だけをマネしてもダメなのです。
そのベースとなる精神まで徹底しないと、意味がない。

訓練一つ取っても、この狭い日本全体で幅やブレがあり一貫していない。
必要以上に厳しい訓練をするところもあるかと思えば、かなりずさんな
ところもある。
訓練士の質も、上から下までバラバラなレベルのように感じます。

動物先進国に仲間入りする為に、もっともっと考えなくてはいけない事が
山ほどあると感じているのは、私だけではないと思います。

今回のオスカー君の件が、多くの人が考え、実態を知るきっかけとなって
くれる事を祈ります。
と同時に、模倣犯のような愚かな人間の出現を1mmたりとも許さない、
成熟した社会に目覚めて欲しいとも思います。

ジジ飯ときいちゃん 002
その目つきは、何が言いたいのかね


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人が絡むと取り上げてもらえるけれど、盲導犬が虐待されているといっても沈黙のマスコミ、なんだよお前、って感じですね。
ジョニーといいアトムといい、結局は協会はダンマリうやむや。
ますます、増す不信感。
どちらも、結果はほんの一握りの人のみが知るっていうところですね。
その一握りの人たちは、当該犬たちの幸せを願って沈黙した。

ジョニーとオスカーの協会は同じで厳しい訓練で問題視されているところ。
吠えない訓練をしているとしたら、これって虐待じゃない?
だって苦痛を与えてそれを我慢させるってことでしょう?

高齢者への盲導犬の押しつけが始まりつつある今は、狭い日本にこんなに多くの協会は要りません。
独占を防ぐために2協会で良いんじゃない。
あとはいらないよ。

訓練士とも言えないような犬の知識に乏しい訓練士なんてくそくらえだわ。

小規模な模倣犯はしばらく多出すると思いますよ。
報道機関はその方法を考えてほしいものです。
一律の取材、一律の見解、そして「かわいそう」がる。
遅れた先進国の遅れた報道体制ですね。
2014/08/29(Fri) 20:04 | URL  | ワンコのかあさん #5J4Tw7Bs[ 編集]
Re: タイトルなし
ワンコのかあさん

そうですよね。
今回はまともなユーザーさんだったようで、この方が抗議しているから
マスコミも取り上げやすかったんだと思います。
障碍者の味方になれますから。

でも障碍者が加害者だと、手のひらを返したようにへっぴり腰になる。
おかしいですよね。
報道って、ありのままを公平に伝えるのが役目なんじゃないですかね。

そして協会も、ユーザーが迷惑しているとなれば、強気です。
ジョニーの時は、しらばっくれていたのに。

ジョニーの件もアトムの件も、本当に犬達の事を思う人達は
トラブルに巻き込まれながら頑張ったんですよね。
ただただ、何の罪もない子達を人間のエゴから守ってやりたかった。
それだけでした。

盲導犬になる子は、もともと血統的にもおとなしい従順な子達が
選ばれていますよね。
虐待されても何もしない。
それを良いことに、人としてあり得ない事を平気でする輩達。
地獄に落ちてしまえと思います。

ヨーロッパに比べて、とにかく協会が多過ぎますよね。
粗製乱造都はこの事だと思います。
だからK氏のような訓練士が、堂々と仕事をしていられる。
イギリスかオランダだったら、とっくにクビだと思います。
質が悪ければ、そのからくりを疑われても仕方がないと思うのですが
マスコミはその辺りは怖いので触れませんよね~

報道も善し悪しです。
私も、マネをする馬鹿が必ず出てくると思います。
でも、人の良心が勝って欲しい。
そんなヤツは、皆で捕まえてその罪の重さを思い知らせてやって欲しい。

まだ怒りを覚える人が多く存在するのが、救いです。



2014/08/29(Fri) 21:44 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
今回の報道に関して、吠えないなんて立派!なんてけなげなの!という多数の一般の方のコメントにモヤモヤしていました。
そこじゃないでしょ?って所までは考えが及ばないかな…と。
盲導犬ユーザーの方の中には、そこまで自分のために耐えなくていいと心を痛めてしまうかも。また、そんなになるために一体どんな訓練をするのか想像するのが怖いです。
ユーザーの命を守るために、自分の命を守る術も持たせないとはなんと残酷な話でしょう。そこにもう少し関心が集まるといいなと思います。
犯人が見つかっても器物破損としか扱われず、この国で動物は物扱い、という事に異議の声が結構出ていたことが何よりの救いです。
2014/08/30(Sat) 21:48 | URL  | らんらん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
らんらんさん

報道のやり方が、センセーショナルである事を第一にしている限り
フォーカスすべき視点からいつもずれている気がします。

動物がモノと同じ扱いである限り、私は日本で盲導犬を育成するのは
難しいと思います。
モノだから、人間さまの都合で吠えてはいけない、何をされても
声を上げてもいけない。
そんな事は、人間のエゴ以外の何ものでもありません。

ガイドしてくれるだけで十分ではありませんか。

いったいどんな訓練をしているのでしょう。
私にはこれだけで虐待と紙一重だとも思います。

一般の認識もまだまだ低い。
動物に関しては、日本は本当に残念な国です。
早く盲導犬ロボットが開発されて、助成金目当ての団体は
淘汰されて欲しいです。

2014/08/30(Sat) 22:25 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
このニュースをNHKでも扱った事は驚きでした。
私の周りは盲導犬に興味のある人は少なくどんな訓練をしているのかは勿論、その一生も盲導犬協会の事も知らない人が殆ど。それが普通なのかも知れませんが。
報道は自分達が主張したい画像やコメントを編集して誘導しますから、今回のニュースも 鳴かない盲導犬はエライ・盲導犬に傷を負わせる人間は酷い、となるのはうまく誘導出来たのでしょう。


先ほど、ビートたけしさんが「人間の為に働いている犬なんだから器物損壊なんかじゃなくて、VS人よりもっと重くしなきゃダメだよ」と発言されてました。

惜しい…もう一歩!踏み込んで考えて欲しい。又は発言出来ない?

先にもコメしましたがどんな場合でも泣くなと抑圧された子…云々比喩、虐待なんだと気が付き発言して欲しかった。


自由なきいちゃんはその大きな目でモノを言うのね!

♪目と目で通じ会う~ そう言う仲になりたいわ~

2014/08/30(Sat) 23:52 | URL  | 関西人 #cyU6IeN6[ 編集]
Re: タイトルなし
関西人さん

私も、NHKが取り上げるとは思いませんでした。
でも、NHKが取り上げたから民放もこぞって取り上げている
のかもしれませんね。

今朝FBでシェアされていたのですが、関西盲導犬協会の訓練士さんが
「何をされても吠えない訓練など普通はしない」と言うような事を
言われていたそうです。

私はこれを見て、ここが問題なんだよなと思いました。

この訓練士さんは、きっとちゃんとした良識ある訓練士さんなのだと
思います。
ただ、その訓練の基準が全国で統一されているのかといったら
そうじゃないんですよね。
だって、訓練の基準を定めて、全ての協会がそれを守っているわけでは
ないんですから。

アトム君の時にも名前の挙がったK氏から多和田さんまで、
皆おなじくくりで良いんだろうかと思います。

オスカー君の管轄は、ジョニーの時と同じ協会です。
普通の訓練士さんが仰ってる事が、そのまま当てはまるのかどうか
私は疑問です。

TVの報道も、ただ可哀想可哀想、健気なのに…で、その先の
突っ込みをしているところはどこもありませんよね。

一部でも、人間の理不尽な行動が表に出てくる事は良いことかも
しれませんが、それで終わりにして欲しくないです。

犬はもの言わぬ動物なんかじゃありません。
言わせない、人間の側がそれを聞こうとしないのだとしたら
それが問題です。

きいちゃんのうるさいことうるさいこと。
だんまりむっつりだったのが、おしゃべりきいちゃんになりました。
ちゃんと聞いてあげてますよ~

2014/08/31(Sun) 15:38 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可