要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
経験者に学ぶ
2006年03月24日 (金) | 編集 |
別にわんこのお世話に限った事ではないが、実際にやった事のない人の
意見ほどアテにならないものはない。
いわゆる"受け売り”だが、これが大好きな人がいる。
ものすごく大きな事を言うので、ホンマかいな?と思っていると
案の定自分の事じゃないんだな。
そう言う人の意見は聞かない事にしている。
なぜなら何の参考にもならないからだ。

対して、実際に経験した人の言葉には、何気ないなかにもはっとさせられる事が多い。

まだラブ爺が若かりし頃、近所にものすごい老犬がいた。
中型犬なのだが、御年18歳だとかで目は真っ白、腰は曲がって足は爺よりヨヨヨ。
たまに散歩で見かけると、30分たってもほぼ同じところにウロウロしていた。
今の爺と同じで、さっぱり進まなかったらしい。

この目も見えず耳も聞こえず、歩く事もままならないような老犬には、
さすがの闘争的な若造ラブ爺もただ見ているだけだった。
なんじゃ?この爺さんは。」
と言う感じだったのだろう。
今、自分がそれに近くなってきているとは想像しなかっただろうが。

このスーパー老犬をお世話していたおばさん曰く、
「見えないし聞こえないけど、私のことはちゃんとわかるのよ。」

そして、顔を拭いてやったりブラシをかけてやったりすると、それはそれは嬉しそうにするのだそうだ。
もういとおしくて
優しげなおばさんは、にこにこしてそう言っていた。
きっと行き届いた介護だったのだろう。

老犬介護は大変だ。
もんちゃんのお友達の15歳のべんちゃんも、夜中に何度かトイレに起きるのだそうだ。
お世話するおかあさんももちろん偉いが、それに対するdandyママさんのコメントが印象的だった。
「私もまた起こされてみたいなあ」

生きているからお世話が必要なのであって、言い換えれば大変なのは生きている証拠なのだ。
そう思えば寝うんくらい、仕方ないか。
いなくなったらお世話も出来ないもんね。

サンタ君のおかあさん、でめきんととさんの言葉も印象的だった。
「介護は出来るだけ楽しく。今考えてもしょうがないことは考えない。」
そうだよね。起きてもいない事でくよくよしたって何にもならない。

些細なことでごちゃごちゃ言う人間達の、なんと小賢しいことか。
やる人間は、黙ってやっている。
そう言う人から学ぶ事は多い。

こういうステキな飼主さんと反対に、老犬を粗末にする人。
太陽さんが、
「そう言う人はいい老後を送れないから」
と言っていたけど、その通りだ。
もっと言わせてもらえれば、老後そのものもないかもね。
わんこは絶対呪わないから、代わりに私が呪ってあげるよ。

人の振り見て我が振り直せ。
「ああいう人にはなりたくないよね~」
と言う人にはならないようにしよう。

写真は、お会いした事のないべっちさんからいただいた、中華枕で寝る爺。
お気楽御気楽。でも目つき悪いなあ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re:品格
本当にみなさんには教えられることばかりです。
もちろんワンコ達にも。

介護が必要となった老犬と暮らすことは、つらいことも大変なことも沢山あるでしょう。
でもどうやってそのことと向き合っているかで、その人の品格というものが判る気がします。

受け売りについてですが、もし同じような経験があっても、同じ経験をすることはできません。
だから、同じ気持ちになることは無理だと私は思っています。
“同じ”と“同じような”は全く違うからです。

でも、だからこそ『わかろうとする気持ち』が大切なのだとも思います。
そこには愛があります。

あるペットロスのコミュニティで、愛犬のゴールデンを亡くして哀しみに暮れる方に向けて書かれていた言葉。
「ゴールデンを亡くしたことのある人は確かに他にもいる。でも○○(ワンコの名前)を亡くした人は他にいない。だから、みんなも同じなのに・・・なんて思わなくていいのです。」

とても温かい言葉だと思いました。
こういう人の心の痛みがわかる人に、私もなりたいです。
2006/03/24(Fri) 11:01 | URL  | Hiroko #79D/WHSg[ 編集]
シニア
シニア犬と暮らす事って、本当に大変な事です。
でも全てがいとおしいんですよね…
寝うんや寝ちっこされて、その時は大騒ぎするけど
何故か後で笑えてくるのは、不思議だわ…

膀胱炎だって、一進一退でなかなか良くならないし、
このままいくともっと重い症状になってしまうかもしれないけど
クヨクヨしてませんよ~
だって今の所、はなは元気なんですもの…
将来来るかもしれない症状におびえて、大切な今の時間を
暗い顔して台無しにしたくはありません…
シニア犬にとって大切な時間、今日1日の生活を楽しまなければね~

はなと一緒に桜を見られる機会は、来年またやってくるとは限りません。
なので今年は、はなを担いでもお花見にいかなくては…

2006/03/24(Fri) 11:53 | URL  | らぶはな #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:品格(03/24)
Hirokoさん

品格は私も大事だと思います。

読んでないだろうから言っちゃうけど、ターミ兄の姉さんは
この品格の全くない人です。
「若いときはキレイだったのよ」、と義妹が言いましたが
私は写真を見ても全然そう思いませんでした。
何故なら、品性と知性がかけらも見られなかったからです。

人を理解しようと言う姿勢は全く感じられない人でしたから
もちろん人の痛みなど到底理解できないでしょう。

こういう人は、本人がなんと言おうとハッキリ言って不幸です。
そして時に見苦しいです。

反面教師として、私はこうはなりたくないなと思っています。
時に心のゆとりがなくなることもありますが、なるべく自分をコントロールしていきたいです。

見る人はちゃんと見ていますもんね。






2006/03/24(Fri) 12:01 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:シニア(03/24)
らぶはなさん

そう、大変ですよね~
これって、やった事のない人には、想像はつくでしょうけど
本当のところはわからないと思います。
体力勝負ですしね。時にしんどいと思うこともありますわ。

そう言うときは、他の方のコメントを見るようにしています。
「ああ、こんな事してる場合じゃないや」
って思えたり、
「そうだよね~」
って共感できたり。

ホント、来年の同じ時期に同じことが出来るとは限りません。
だから今出来る事は、どんどんやらねば。

桜、たまには見に行こうかなあ。
桜吹雪爺の写真も撮っとくべ~
2006/03/24(Fri) 12:12 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
介護
人間の介護もアニマルズの介護も、やったことのない方には、なにが本当につらいのか・・
わかりません。
同じような状況でも、それぞれ、環境はちがいます。
また、個人の性格や感覚もちがいます。
ワンの介護じゃないけど。。。

「○○ちゃんのうちも同じようだったけど、ぜんぜん、元気だったのに、鈴さん、何ひとりで、暗くなって悩んでいるの?」

って前に言われたときに、ショックでした。
私が、悪いわけ?っておもったけど、違うのです。
この言葉を発した人は、介護をしりません。

シニア犬の愛らしさを知らない人には、シニア犬の介護の大変さもわからない。
この子たちとの時間の大切さなんて、ものさしやお金じゃはかれないんですよね~

さあ、桜が咲き出したよ。
お散歩に行こうね。
今年も桜をシャロンとみれて、しあわせだよ。
2006/03/24(Fri) 12:55 | URL  | 鈴 真由 #79D/WHSg[ 編集]
Re:介護(03/24)
鈴 真由さん

そうそう、知らない人は知らないんだからしょうがないんですよね。
けど、時としてむかっとなることもあります。

知ったかぶりの人にいたっては、
「バカじゃないの、この人」
と思うことさえあります。
もはや怒る気にもなりませんが。

人生はちゃんとバランスがとれているんだと、誰かが言ってましたけど
そうなんだろうな~と思いますわ。
苦労したから、努力したから、学ぶ事が出来る。
ラクした人は、そこでおしまい。
だから老犬の面倒を放棄する人は、程度が知れていますね。
私は絶対お友達にはなれません。

今日もたらたらとたくさん歩いてきましたわ。
歩けるうちに、遊べるうちに、食べられるうちに、
ぜ~んぶやっておきましょう。
2006/03/24(Fri) 13:45 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
見てるだけ
介護やお世話。
見ているだけで、行動しない人ほど、面倒くさいとか、大変と言います。

会社でも、セーフにお水をあげたりしない人ほど、セーフを邪魔扱いしたり、理由なく怒ったりします。
別に「毎日お世話をしろ!」と強要する気もないのですが、せめて愛情を持った接し方をしてほしいです。
ワンコに言葉は解らないけど、声色や顔の表情などで、相手の気持ちを感じとるのだから・・・

セーフのお姉ちゃんが病気で寝たきりになった時も、こっちは仕事と折り合いつけてお水をあげたり、おちっこシートを替えたりしているのに、「そんなの後回しでいいから」と言われました。
腹立つ反面、悲しくなりました。

自分がされてイヤなことは人にもしない!
子供のときに教わったことなのに、それができないんですかね?

そんな人はターミ姉さんの言うとおり、いい老後もないし、いい死に方もしないでしょう。


ラブ爺の枕かわいい~♪
サテンの枕なんてなかなか見ないわ!
それにしても、ラブ爺は枕の正しい使い方がわかっているんですね。
セーフは振り回すものだと思っているみたいです。。。
2006/03/24(Fri) 13:51 | URL  | ユッキー #79D/WHSg[ 編集]
Re:見てるだけ(03/24)
ユッキーさん

生きているもの(人も子供も動物も)のお世話をいい加減にする人って
アタマがおかしいんじゃないかと思います。
モノなら、「後回し」でも良いかもしれませんが
命のあるものに後回しは出来ません。
そう言う人は、危篤の親より仕事を優先したりするんでしょうが
いつか自分も同じようにされると言う事を知りません。
愚か者ですね。

おせっかいな私は、見てるだけ~お口だけ~の人とはお友達にはなれません。
しょうがないですね。

この枕、大きさがちょうどいいみたいです。
私がアタマの下に置いたんですが、ず~とそのまま寝てましたよ。




2006/03/24(Fri) 14:14 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:経験者に学ぶ(03/24)
初めまして、ラルフくんのところからやってきました。
ルークくんの兄姉犬のクラリスのママでございます。
ラブ爺さん、ほんとにご長寿でいらっしゃるんですね。
これからも まだまだ たくさん思い出作りしてくださいね。

私もわんこに教えられることは山ほどありました。
一昨年ピレを13歳になる少し前に亡くしましたが、恐れていた老犬介護は 気持ちの持ちようでそれほど苦ではありませんでした。
むしろ 毎日がいとおしく感じたものです。

また、人の心の痛みを理解できていると思っていた情けない自分がいたことにも気付かされた大事な経験ともなりました。

通った高校で習った言葉。
「柔しく、剛く」(ヤサシク ツヨク)
私の好きな言葉になっています。
2006/03/24(Fri) 15:23 | URL  | クラママ #79D/WHSg[ 編集]
ラブ爺のお目目は♪
可愛いのだ~
澄んだ瞳で姐さんは、毎日チェックされてるのね♪
素敵な枕もしっかり使いこなし「素敵よラブ爺」by.コア

そう!手を掛けられるうちが幸せなんですわ~

人間がばてない様に頑張るのみです(^_^)v

只今、たらこ放出ツアーから帰宅して寝んねtime突入
人間様の用事をフル回転で片付けます!


2006/03/24(Fri) 15:24 | URL  | 湘南のkoa #79D/WHSg[ 編集]
老犬介護
それに必要な物、愛と体力、そして少しのお金。
ボブが寝たきりになったとき、周りからいろんなこと言われたけど、何が一番大切なのかはっきりしていればわずらわしいことは適当にあしらえるし、ボブもそうでしたけど、ゴルにしてもラブラドールにしても火事場の馬鹿力的なパワーが必要な時があります。
トイレシートやおむつ、老犬にやさしい環境を作るのには少しのお金も必要です。
あとは、こうしてワンコつながりでできたお友達の輪で情報交換したり、励ましあったり、気持ち的にも支えあっていけたらいいですよね(^^)
2006/03/24(Fri) 15:51 | URL  | ラルママ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:経験者に学ぶ(03/24)
クラママさん

はじめまして。ようこそいらっしゃいました。

ルーク君の兄姉なんですね。
あの大きさ、良いですわ。大好きです。

でも介護となると、大きければ大きいほど大変なものがあると思います。
ラブ爺程度でも、痩せチビの私には結構お世話は重労働です。
倒れてしまったら、私一人では運べないでしょう。

だから超大型犬を見送った方って、ホントに偉いと思うんです。
小型犬もそれなりに大変ではあるでしょうけれど、
やはり大きい子とは違うと思います。

柔と剛、私もそうありたいと思います。


2006/03/24(Fri) 16:19 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ラブ爺のお目目は♪(03/24)
湘南のkoaさん

そう、お世話できるうちなんですよね。
あ~もおおおおお~と思うことも時にありますけど、
そんなときは愛犬を亡くされた方のことを考えるようにしてます。

人間て、あるときにはありがたみがわからなかったりしますよね。

そう言うとき、愚かな事を気づかせてくれるのが
先輩のさりげない一言だったりします。

愚かさに気が付かない人間にはなりたくないですよね。
大変ではあるけれど、出来るうちが幸せなのかもしれません。

2006/03/24(Fri) 16:28 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:老犬介護(03/24)
ラルママさん

そうそう、一人で何もわからずやっていたら、暗~くなってしまうと思います。
情報交換ってつくづく大事だと思いましたわ。

そして体力気力、ちょっとマネーも・・・
これも経験していない人にはわからないでしょうね。

たかが犬、なんて言って欲しくないですよね。
子育ても大変かもしれませんが、犬だってちゃんと
教えてくれる事があるんです。
だから老犬の世話を放棄する人って、サイテーだと思います。

何でもそうですけど、何が一番大事なのかわかっている人って
強いですよね。
強い人ってカッコいいと思いますわ。
2006/03/24(Fri) 16:43 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
そうですね
介護を経験したことのない人も、犬を飼っていない人も、それでも傍でそっと見守ってくれた人。そうゆう人とはこれからもお付き合いしたいなと、思いました。
だけどよく知りもしない人から、心ない言葉(本人は良きアドバイスだと思っているのでしょうが)をもらったときには、そこで「じ・えんど」です(笑)。

私も大変といえば大変だったような気もします。だけど幸せだったな^^ あの時間に帰れるなら、帰りたいですもん。もひとつ言うと、あの時の自分がとても好きです。

ターミねえさん、
今日も爺くんのお写真を見せてくれて、ありがとうございます^^
2006/03/24(Fri) 18:13 | URL  | yuu #79D/WHSg[ 編集]
Re:そうですね(03/24)
yuuさん

そう、知らないとかわからないなら、それでも良いんです。
知ったかぶりが一番困るの。
無知を知らないから平気で言えるんでしょうけど、
黙っててくれよって。

たまにどっかのおばちゃんが、
「まあ、こんなにトシとって可哀相ね」
なんて言うんですけど、余計なお世話だと思います。
「アナタの老後は可哀相かもしれないけど、爺は楽しくやってるわ。」
って言いたくなっちゃう。

わかる人がわかってくれれば良いのです。
一所懸命やってる人はカッコいいのだ。

今日も見てくれてありがとうです。ペコリ
2006/03/24(Fri) 19:08 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
お恥ずかしい・・・
なんだか・・・照れくさいぞぉ~
いきなり登場してるじゃないですか・・・

残念ながら同じ経験はだれもできないけれど、
私はどんなこともあとは想像力のある思いやりかなぁ
と思っています。
経験してないかたのたくさんの応援も嬉しいですよね。

経験したことで参考になることはどんどん情報交換し
支えてもらった嬉しかったことは忘れたくないです。

もうdandyは居ないけれど、でもみんなは私の気持ちを思ってくれてるし、ブログに向かわせてくれてます。

ラブ爺とのターミ家の様子を見て、温かさと強さを
感じています。
明るく書いているターミ姉ちゃんはその影にある何倍もの大変さを出しませんが…

もうすぐステージなんですよね?
見たいなぁ~
2006/03/25(Sat) 00:00 | URL  | dandyママ #79D/WHSg[ 編集]
受け売り
もちろん、人間関係の受け売りもそうですが、ワンに対してはペットとしての考え方の本が多いですよね~~(特にシツケの本)

私が間違ってるのかも知れないけどジャッキーやナヴィはペットじゃなく家族なんです。
だから別々の個性があって 言葉で伝えてくれない分、しぐさや態度で感じてあげないといけないと思ってます。

最近はネットで沢山の方の経験が知る事が出来て本当に勉強になります。レトリバーシニアーズは宝箱だったのに。。。残念です。でもはなちゃんやラブ爺と出会えました。またここにいらっしゃる仲間の方より経験を知る事ができます。
これからも素晴らしい話 沢山教えて下さいね☆

私も心の痛みのわかる人になりたいです。
2006/03/25(Sat) 00:35 | URL  | あやの #79D/WHSg[ 編集]
こんばんわ!ラブ仙人さま^^
わしゃわしゃ白熊くんも ラストひと月は 歩けませんでした。。モゾモゾ始めたら 気合十発!ウェートリフティング!表までダッシュ!!^^;
だけどそれよりも 最後の一週間 チーズに挟んでた薬に気ずかれて 頑として食事拒否されたのがしんどかった。毎回力ずくで喉へ。。本来楽しみである筈の時間を まるで拷問してるみたいで 悲しかった。だけど「この子のためならどんなことでも!」 気持ちがふっ切れて楽に接することができるようになった矢先 サヨナラでした^^ 
2006/03/25(Sat) 01:24 | URL  | ひよこサブレ #79D/WHSg[ 編集]
Re:お恥ずかしい・・・(03/24)
dandyママさん

ハイ、無断で借用しました。
でもね、ホントに「あ、そうだ」って思ったの。
見方や立場を変えると、大変な事もちょっと楽になるんだなって。
貴重なお言葉だったので、ぜひ書きたくて引用させていただきましたです。

お友達がダンナの事をぼろくそに言う時、
「全く、想像力がないのよっ」
とよく言うんですが、それってすごく的確に表しているんだと思います。
想像力が無いから、相手の状況も都合も気持ちも何にもわからない。
わからないから、思いやりもない。
きっとそう言いたいんだろうなあ。

そう言われないように、最低限の気配りは忘れないようにしたいものです。

ステージ・・・・そんなわざわざ観るようなものではありませぬ~
お子ちゃまも一緒の発表会に毛の生えた程度のものですし、
それに群舞ですよ、群舞。カルメンぽい衣装は着ますけど、
主役なんかじゃありませんわ。
もお~そんなに期待しないでくださりませ。

2006/03/25(Sat) 14:21 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:受け売り(03/24)
あやのさん

そうそう、私もラブ爺があまりにもわからんちんだったので
育児書とかたくさん買いました。
でも根本的に、当てはまらないところがたくさんあるんですよね。

子供の育児書通りにして、優秀な子供になるわけじゃないのと同じように
わんこも同じ種類でさえいろいろです。
結局は、一番傍にいる人がよく見ているしかないんですよね。
あとは経験者の教えてくださる事を参考にしながら、自分で判断するしかないように思います。

でも、ジャッキー親子を育てていると、あとはどんなラブも楽に飼えると思います。
良い子は手間がかからないかもしれないけど、変な子のように課題をたくさんくれないから
学習する事柄は少ないかもしれません。

そう思えば黒いシト達は、なんて素晴らしいんでしょう。
一度わしゅわしゅ遊びたいものです。
2006/03/25(Sat) 14:30 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:こんばんわ!ラブ仙人さま^^(03/24)
ひよこサブレさん

超大型犬の介護は、こんなもんじゃないと思います。
それをやり遂げたって事は、すごく貴重な経験ですよね。
きっと少しくらいの事には動じなくなっているでしょうし、
大事な事の順番も瞬時に判断出来るだろうし。

大変な事を経験した人ほど、謙虚で静かで思慮深くて強いと思います。
私はそう言う人、カッコいいと思うな~

そしてトシを取れば取るほど、そうありたいと思います。


2006/03/25(Sat) 14:38 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
今の時間を大切に!
ワンの介護なんて、まだまだと思っていたけど
確実に老化してきました。
今まで出来ていた事が最近ちょっと大変そう。。

幸いシニアーズの皆さんの介護経験のお話を聞く
事ができて、ちょっとは心構えができたかなぁーと
思います。やっぱり本等の知識だけでは
ダメですよね!
本当に10才を過ぎると将来を考えるより、今の時間
を大切に過ごす事が大事ですよね。
本当に1年は、あっという間だなぁ~


2006/03/25(Sat) 15:50 | URL  | ♪メアままたん #79D/WHSg[ 編集]
Re:今の時間を大切に!(03/24)
♪メアままたんさん

本当にそうです。
そして年を取れば取るほど、時間は早く過ぎていくような気がします。

ラブ爺は比較的ゆったり年をとってきました。
それでもここ2,3年は、どんどんじじい度が増して来ています。
去年出来たことが今年は出来ない、去年は無かった症状が出てきた、などなど・・・

変化に対応するためにも、お友達や先輩の話は役に立ちます。
老犬ケアに関する本はまだあまりないですし・・・

お互いに情報を交換し合って、支えあっていきましょうね。
わんこのためにも。


2006/03/25(Sat) 16:11 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
こんばんわ!
こうやってパソコン覗いてるとぉ ターミさん&その他 愛犬の介護に精一杯の愛情を注いである皆さま方の・・ 優しさ!!胸うたれます。。^^    本当は全ての「ワンを家族にされた家庭」で当然行わなければならないコト・の筈・・だと 思うんですがああ・・・実際はネエ・・。    昨今のペットブーム 命が逆に 軽~~く <物>扱いみたいな・・・   そんな奴等には ぜひ! ラブ爺のパオパオアタックを!!!
2006/03/25(Sat) 21:04 | URL  | ひよこサブレ #79D/WHSg[ 編集]
Re:こんばんわ!(03/24)
ひよこサブレさん

年老いた動物や病気の動物って、一番立場が弱いと思うんです。
良心・良識ある人間から守ってもらう以外、何も頼れるものがないんですから。

別に老犬を捨てたからといって、法的に罪にはなりません。
でもこれは人間としての資質と、Hirokoさんのおっしゃる品格の問題だと思うのです。

私は人間として「低い」人間にはなりたくありません。
自分を必要としている、弱い立場の老犬をどうして見捨てられるのでしょうか。

そんなことの出来る人達は、天からそれなりのお返しと受けると信じています。
うまく逃げおおせることはないでしょう。

もし逃げられたとしたら・・・
威嚇射撃ならいくらでも撃ちまくりますよ。
サディストターミ姉、許せん奴はボコボコにします。




2006/03/25(Sat) 21:44 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック