要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
老害(すみません、長いのでおヒマな時に)
2014年06月20日 (金) | 編集 |
御無沙汰いたしております。
ネタなしで、しばしおサボりをしてしまいました。
でも、きいちゃんは元気でむちむちしておりますことよ。

さて、先日facebookで、「犬は、何故人間より寿命が短いのか」
という問いに、幼い少年が素敵な答えをしている記事を見かけました。

少年曰く、人間は学ぶ事がたくさんあるから長く生きる。
それに対して犬はすでに必要な事を学んでいるので、長生きする
必要がないのだ、と。

確かにその通りかもしれません。
犬も猫も、動物達はすでに命に関する様々な事を知っています。
でも人間達は、争ったり不必要に悩んだり、なかなかまっすぐに
歩けません。

昨日の事です。
東京に英語の研修で出掛けた帰り、私は駅からバスに乗ろうとして
いました。
その時、酔っ払いのような大きな声で争う声が聞こえたので、
ふとそちらの方を見てみると、老人が二人、何か言い争っています。

正確に言うと、良い争いをしながら、私の前方でバスに乗り込んで
いました。

その争いは、乗客が皆バスに乗り込んで、バスが発車してからも
延々と続いていました。

察するに、バスを待っている間、ベンチの空いた席に座った爺さんB
に対して、そこは他の人が待っていたんだと、爺さんAが文句を
言っているらしい。

爺さんと言うのは声が大きいので、とてもやかましく、周囲の人達は
皆不愉快そうにしていました。

聞くともなしに聞こえてくる言葉は、
「あんたは頭がおかしいんじゃないのか」
「何を常識外れなことを言ってるんだ」
などなど。

おかしいのはあなた達でしょう?!と思いつつ、さらにエスカレート
するようだったら、「うるさい!」と言おうと思っていました。

幸い、その爺さん達は知り合いでも何でもないらしく、間もなく
爺さんBは降りていきました。

いちゃもんをつけていた爺さんAは、それでもブツブツ口の中で
悪態をついています。

挙句、その席をとられたとおぼしき後の席のお婆さんに、
「だいたい、あんたが黙っているからいけないんだ」
「おかしいことをおかしいと言わずに、黙っているあんたも罪なんだ」
とかみついていました。

私は、こういう醜い老人は、ハッキリ言って老害だと思いました。

アーユルヴェーダでは、人間は自分の与えられた人生における仕事
(それは、家事や勉学かもしれません)をきちんとこなすことが大切と
言われています。

そこから、人生をまっとうするべく必要な事を学んで、一生を終えるのが
本来の生き方だと。

爺さんAは、認知症と言うわけでなさそうでした。
この人はいったい、何十年も何を見て何を学んできたのだろう。
どういう生き方をしてきたのだろう。

動物達がその短い一生でいとも簡単に学んでいく事を、何も学べて
いない。
人間として、ちっとも成熟していない。

私は、最近こういう老人が多いように感じています。
無駄に年だけは取っているけれど、人間としては子供以下。
子供はまだ未知数がありますが、エゴで満タンになった老害老人の
心には、新しい事は何も入りません。

こういう老人には、絶対になりたくない、心底なりたくないと
強く思いました。

そうそう、反対に素敵な光景も見かけたので、書いておきますね。
前後しますが、研修に行く時の電車の中での事です。
東横線の通勤快速特急に乗っていたのですが、朝だったのでそこそこ
混んでいました。

後方に立っていた、インド人(とおぼしき)青年の目の前の席が
空きました。
するとそのインド人青年は、隣に立っていた30代くらいの女性に
さっと席を譲りました。(高齢者はいませんでした)

女性は、にこやかにお礼を言うと、素直にその席に座りました。

そのあとインド人青年は、何事もなかったように、窓の外を眺めながら
立っていました。

インドばっかりひいきにしているわけではなく、たまたまそこにいた
礼儀正しい青年が、インド人っぽかっただけなのですが…

老害老人達よ、爽やかな青年を見習いたまえ。
でないと、生きている意味がないぞ。

鼻の頭のヨーグルトを舐められないきいちゃん
鼻ヨーグルトきいちゃん 011

動物は存在が愛ですね。


HPもよろしくです。
夏向けの、アーユルヴェーダ式ダイエットメニューのご紹介です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さいわいですね
そのような「老害」のじいさんのもとに、むすめとして生まれなくてさいわいですね。もしも、生まれていたとしても、そのような「老害」じいさんに成長するようには躾けていなかったでしょうけど。
2014/06/20(Fri) 14:15 | URL  | 長葉 #l7LhSz8M[ 編集]
Re: さいわいですね
長葉さん

こんな人の娘に生まれていたら、さっさと出て行って
しまったかもです。

そうでなくとも、バスの乗客の半分以上は老人ばっかり。
年を取るのは誰でも仕方のない事ですが、年の取り方には
気を付けたいものだと思いました。

2014/06/20(Fri) 14:39 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
本当に、納得!のお話でした。この様な老害を身近な
人間から受けていて、長く口答えしないで我慢して
いたら、体にダメージを6回も受けてしまい、
それから、言いたい事は言い返していますが、認知
症はないので、言いまかされてしまいます。上手に
スルー出来ません(^_^;)。
動物は本当に、人間よりはるかに沢山の事を知って
いますね。私達はいつも動物達から学ばせてもらって
います。その上、可愛い!もう、本当に大切な、
愛しい存在ですね!
2014/06/20(Fri) 23:38 | URL  | 勘太-モモのママ  #0YcJaO/Q[ 編集]
昔、同じような体験をしました。
雨の日、バス乗車前からずっと怒っていて
乗車したらしたで「老人を立たせるのか!」と
強制的に席を譲らせて自分だけ座り
降車する人の濡れた傘が自分の腕に触って濡れる!と
そのたびに文句をいいまくる爺さんでした。
自分の父親と近くに暮らすようになって
あの時の忘れられない怒れる爺さんは
ひょっとしてこの父親だったのではないか?と思うほど
そっくりなのに愕然とした娘です。
願わくば、あんな怒れる年寄りにはなりたくありませんが
父親そっくりな私・・・将来は絶望的です。

ヨーグルト乗っけのきぃちゃん、可愛いです♡
うちだったら誰かが絶対に舐めてるなぁ^^
2014/06/21(Sat) 06:28 | URL  | SATO #ZjpIPXUQ[ 編集]
Re: タイトルなし
勘太-モモのママさん

言いたくないけれど、
「あなたは何のために生きているんですか?」
と言いたくなる老人が多過ぎです。

年を取っているから、嫌な事はやらない。ワガママは言う。
それでは生きている意味がありません。
若い人に迷惑をかけ、年金で次世代に食べさせてもらって
当たり前のような顔をして…
何なんでしょう。

確かに、高度成長期を支えた世代ではあるかもしれませんが
だからと言って、何をしても許されると思っていたら
傲慢ですよね。

動物はその点、潔くて愛に満ちた存在です。
人間のようなエゴを抱えていない分だけ、地上での修行を
早く終えてしまって、先に行ってしまうのでしょうね。

エゴ老人達を連れて行ってくれ~と思います。


2014/06/21(Sat) 21:57 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
SATOさん

どこにもいるんですね、文字通りのクソジジイ。
クソババアもいますけど、公共の場所でふんぞり返っているのは
ジジイの方が多い気がします。

何様なんでしょうね。

ウチにこんなのがいたら、私は出ていきます。
世話なんて、頼まれてもしません。
鬼娘と言われようと、家の中がめちゃくちゃになろうと
知ったこっちゃありません。
人にものを頼むのなら、それなりの態度ってものがあるでしょう。

そうでなくても、ピントのずれた老人の世話をするのは苦痛です。
わけのわからない事を言い、よけいなおせっかいをし
肝心のことはおとボケ。

こんなふうになりたくないと、つくづく思います。
こんな存在になるなら、死んだ方がマシです。

若い人たちは疲弊し、クソ老人どもがのさばる。
絶望的な世の中ですね。

希望が見えるのは、可愛いわんこたちの瞳の中だけです。


2014/06/21(Sat) 22:07 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
「老害」と言ったら「政治家」!
どうしてこうも大政党の政治家には「老害」が多いのだろうと思います。
今は昔より少なくなってきているのかもしれませんが。
元の大都市の知事。この方昔は好きだったんですよ。「歯に衣着せぬ」感じで。でも、もういい加減政治家引退されてはどうかと。
日本の政治家はどうしてジジィばかりなんでしょう。
言っていることも良くわからないし。
私が住んでいるブラジルの地方都市ですが「ぶつぶつ」言っているジジィババァは今のところいませんよ。

そうそう、外国の方って本当親切な人が多いと思います。
ここは日本のように交差点のところに視覚障害者の方のための信号が変わる時になる音なんかありません。自分の判断で渡らなくてはいけません。でも、ほとんどの人が交差点で視覚障害者の方を助けてますよ。一緒に信号を渡ってあげてます。
私も一回お手伝いしました。すごく喜んでくれて何度もお礼を言われて・・・ちょっと恥ずかしかったです。
海外に住んでいると日本の良いところも悪いところも見えてきますね。

ワンコはジジィになろうがババァになろうが大声で怒鳴ったりしないですね。
2014/06/22(Sun) 09:12 | URL  | アニーママ #-[ 編集]
神様の会話
我が家では老人同士の会話を「神様の会話」と呼びます。

神様は神々しい神様ではなくて、カトちゃんとケンちゃんがコントでやる神様。
ケン「あんた神様かい?」
カト「?ぁんだって?とんでもねぇアタシゃ神様だよ」
ケン「な~んだ、てっきり神様かと思ったよ」

…みたいに、ご老人は老人性難聴にかかわらず自分の言いたい事・聞きたい事しか会話出来ない…のよねぇ。
キレる老人、と言われますが長生き出来るけど脳が頑固だったり、人を蹴落とすように生きて来なければならなかった世代(高度成長期を支えた年代やライバルが多かった団塊さん)は我さえ良ければ…ってエゴイストが多いなぁ、と。

あ、私はパリの地下鉄でドアサイドに遠慮がちに掴まってた元パリジェンヌに席を譲って「メルシーメルシー」って言って貰ってちょっと気分良くなれたわ~♪
山歩きも出来る様な元気な日本のご老人は、乗り物で立てばバランス感覚を磨くチャンス! 山で滑落する事を防げるのにね。


ターミ姉ちゃんの鼻にもクリームをつけて舐め合いっこすれば楽しいよね~、きいちゃん^^

2014/06/22(Sun) 18:50 | URL  | 関西人 #cyU6IeN6[ 編集]
Re: タイトルなし
アニーママさん

そう言えば、日本は上から下まで老害だらけですね。

「無能」で「下品」で「金の亡者」の、それこそ
くたばり損ないのような連中が、国会で居眠りぶっこいて
普通のサラリーマンの年収の5倍くらい(あるいはもっと)
税金からもらっているんですもの。

品格のかけらもないヤジは、今問題にもなっていますが…

人間は引き際が大事だと思います。
惜しまれるくらいで、すっきり身を引く方が尊敬に値すると
思いますが、権利だけは主張する人間は、年を取れば取るほど
醜いと思います。

年を取ったら、自分より若い世代に迷惑をかけてはいけない。
長く生きた分だけ、ちゃんと知恵を溜めていなければいけない。
そう思います。

反面教師だったのかもしれませんが、見ていて不愉快極まりない
光景でした。

そう言えばずっと以前、どこかのレストランで10歳くらいの
ハーフみたいな少年が、ドアを開けてくれましたよ。
「良い男になるよ、キミは」
と思いました。

動物には老害老人のようなエゴは、微塵もありません。
だから、可愛いです。

2014/06/22(Sun) 20:03 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: 神様の会話
関西人さん

神様ですかぁ…
きっとカタカナのカミサマのような感じですね。

噛みあわない会話は、我が家でもしばしば行われています。
自分の言いたい事を一方的に言うので、会話とは言えませんね。
とにかく人の話を聞かない。
KY。
老人同士でボール投げをしたら、とんでもないことになりそうです。

先後の日本の復興を支えたのかもしれませんが、戦後のどさくさで
生きてきた人達は、やはりザツなんでしょうか。
不足の中で成長し、やがて豊かなニッポンになった時、そこに
胡坐をかいて生きる事を身につけてしまったのでしょうね。

皆が皆クソジジイ・クソババアではないと思いますが、私の周りの
人達のところにも、一家に一人くらい迷惑老人がいるようです。
共通しているのは、自己中とネガティブと、それに反して体は
どっこも悪くないというパターンです。
世話は焼けるけれど、役には全く立たないという、もっとも
迷惑な人種です。

こういうふうにはなりたくないと、心から肝に銘じております。

きいちゃんと、鼻舐めっこしている方がはるかに幸せです~
ヨーグルトパックして、きいちゃんに舐めてもらおうかなあ。



2014/06/22(Sun) 20:14 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
日本のおじいさんは不器用なのかも
お久しぶりです。
読みながら、昨年看取った義父のことを思い出して
しまいました。
日本のおじいさん達って、きっと不器用なのかもし
れませんね。それぞれに自分なりの正義をなそう
と思っていたのでしょうに。
義父について、同居当初には私は理解できずに
苦しんで胃潰瘍や鬱になったりしましたが、最晩
年、その不器用さゆえと思いあたることが多々あり
ました。もはや取り戻せない今になって、もっと理
解しあえたのではと、思うことしきりです。
2014/06/25(Wed) 00:42 | URL  | 莞太まま #6cetl6gw[ 編集]
Re: 日本のおじいさんは不器用なのかも
莞太ままさん

お久しぶりです。

確かに、日本のおじいさん達は不器用なのかもしれません。

今の日本の繁栄をある意味支え、仕事もきちんとしてきた
世代です。
ウチのとうちゃんもそうです。
家族に迷惑をかける事もなく、ひたすら働いて家族と社会を
支えてきました。

それゆえ、他の事が欠けてしまったり、仕事を引退した今でも
どこか偉そうにしている事があります。
でも、生きてきた背景を考えると、そう簡単には変える事は
出来ないのでしょう。

ただ、だからいつ何を言っても良いのかと言ったら、そうでは
ないと思います。
そこに気づいてくれたら、自分達も生き易くなるかもしれないのに。

頭が固くなると、なかなか柔軟に対応出来ません。
自分もそうだなあと思います。

悪い事をしているわけではないんですよね。
でも、表現の仕方を間違えると、ただただ周囲から疎まれるだけ。

持論を声高に叫ぶ老人に、絡むわけのわからない若者が
同乗していなかったのは幸いかなと思いました。
横浜の田舎の一コマだから良かったですけど、東京辺りだったら
違った展開になってしまったかもしれません。




2014/06/25(Wed) 22:22 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可