要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
介護は心の交流時間
2014年06月30日 (月) | 編集 |
このところ、何故か爺様本が2冊ほど売れました。
考えてみたら、爺様本が発行されたのはもう5年前(2009年)です。
細々でも、まだ関心を持ってくださる方がいらっしゃるのは、とても
嬉しいです。

きいちゃんも、もう8歳になり、大きな目に見えた変化はありませんが
それでも「ああ、やっぱり8歳かな」と思う事はあります。

きいちゃんは、妖怪ラブ爺のように17歳までなんか生きないかも
しれません。
私の予測では、この子は私に迷惑をかけないようにいなくなってしまう
のかな、と感じています。

ラブ爺の介護は、介護らしい事が始まってから通算、1年半くらい
でしょうか。

動物の介護は、せいぜいそんなものなのです。
もっと長い事もあるかもしれませんが、人間よりは圧倒的に短い
と思います。

本を書いた時から、ずっと思っている事があります。
それは、介護はその子と心を通わせる時間だ、ということ。

介護のテクニックが未熟でも、完璧に行き届かなくても、そんなことは
それほど大きな問題ではない。
なんとかしようと頑張っている飼い主さんを、動物達は見ています。
そして、絶対の信頼を寄せています。

そこには、飼い主さんとその子にしかわからない、心の交流が
あります。
純粋な愛があります。

私は、老犬(病犬)介護ほどいとおしい時間はないと思います。

若かりし日の、恋人とのデートなんかより、ずっとずっといとおしい
時間です。
日が経っても、忘れることなく、いとおしさも変わりません。(正直、
若かりし日のデートなんて、誰とどこに行ったかさえ覚えていません)

世の中には、クソったれ飼い主も山のようにいます。
年を取ったからと、平気で捨ててしまう飼い主は、なんと愚かなのかと
思います。

人間的に非道であることはもちろんですが、このいとおしい時間を
放棄してしまうのですから、馬鹿としか言いようがありません。

このところ、手厚い介護をしてもらって、旅立った子が何頭かいます。
どんなにお世話しても、お別れの時は来てしまいます。
でも、絶対にその子達は幸せだったと、私は確信しています。

あと何年したら、きいちゃんも要介護になるのかな。
でも、必ず幸せにしてあげるからね。
一緒に楽しもうね。


シャンプーあとのきいちゃん。濡れても全然小さくならない
きいちゃんいろいろ 015
(後ろのおなかの大きい人は気にしないでくださいね)



HPもよろしくです。
クォンタムタッチの「ハートエネルギー」のお話です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もう、そんなに経ちますか~。
本が出来上がるのが待ち遠しくてワクワクしたのを覚えています。
どんな本になるんだろう・・・、私の好きな話は入ってるのかな~・・・とか。
茶々に介護が必要になったら、きっと助けになるだろうと思いました。
そして今、茶々が旅立った歳に凜も近づいてきて、なぜかまた読みたくなり久しぶりに読み返しました。
最初に読んだときと同じところでクスッとなったり、ムフフとなったり・・・
そしてやっぱり最後は、ああ、爺様に会いたかったなぁ・・・と思ったのでした。

ここ何年か凛のお世話で続けて眠れるのは2,3時間、それを2回繰り返して朝が来るという生活です。
茶々よりちょっぴりだけ手がかかるけど、ちっともイヤではありません。
昔、姉さんが『老犬は愛おしいよ』と言っていた言葉が茶々のときに初めて解り、今また2度目の愛おしさを感じています。
もし、この本、いいえ、姉さんの日記に出合わなければもっと殺伐とした気持ちになったのかもしれません。
爺様、出会わせてくれてありがとう!
2014/06/30(Mon) 22:59 | URL  | char-rin #-[ 編集]
私は、ジラが介護が必要になったら、あれもしようこれもいいかな?と、まだ来てもない介護生活の事を想像したりします。 勿論元気でいてはほしいのですが、介護が必要な年齢に一緒に居れる喜びもあるんだろうな、とおもったり^ ^

中には、我が子のシニア期を見る事が出来なかった方もいるでしょう。
そんな方から見たら、シニアワンコを手放すなんて、本当に腹立たしいはず。。

まあ、そんな人には何を言っても虚しいだけですが、、、
私は、喜びを持って、我が子のシニア期を迎える事が出来たらなーと思います。
2014/06/30(Mon) 23:32 | URL  | ジラママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
char-rinさん

そうなんですよ~
今日もきいちゃんを連れて、爺様がお世話になった女医さんの
ところに行ったのですけど(予防注射のために)きいちゃんは
ラブ爺と違っておとなしいね、と言われました。

時間は経っているのですが、そんなふうに会話にさらっと
出てくる爺様は、えらいなあと思います。

もし爺様が、突然死のようにポクっと死んでしまったら
私は何も学ばなかったと思います。
犬ってそんなもんか~でおしまいだったのでは、と。

大変だから放棄する人間と、大変だからやってみる人間では
得るものが違いますよね。
何も誇れるものはない私ですが、後者であったことだけは
大威張りです。

でも介護の何が辛いって、睡眠不足になることなんですよね~
とっても良くわかります。
寝かせてくれ~って思いましたもん。
それ以外の事は、それほど大変だとは思いませんでした。

茶々くんがあっさり行ってしまった分、凛ちゃんが
「それならアタチが頑張ってあげるわさ」
なんでしょうか。

でも可愛いし、いとおしいですよね。
限られた時間が、楽しく想い出深いものになりますように。

爺様を役立ててくださって、こちらこそありがとうです。
2014/06/30(Mon) 23:49 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ジラママさん

そうですよ~
シニア犬の可愛さを知らずに過ごすのは、勿体ないです。
もちろん、そうしたくても出来なかった方はともかく
世話が大変だからと言って、シニア犬を捨てるなんて、
正真正銘のアホです。

人生でもしかしたら一番意味ある時間かもしれないのに
それを放棄するなんて、道端の宝石を逃すようなものです。
そんな人は、石ころに躓いて転んでしまえ。

最後まで付き合う事にこそ、動物と共生する意味があるのだと
私は思います。

ジラくんは、どんな介護をさせてくれるのでしょう。
ジラママさんなら、どんなユニークな老後も楽しめそうです。
ジラくん、妖怪かモンスターになっても大丈夫だよ。
長く長~く生きてね。


2014/06/30(Mon) 23:57 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
爺様本、面白いですし、ためになりますよ~。
何回読み返したことでしょう。
会った事ない爺様が身近に感じられます。
17歳は本当凄い!

アニーもだんだん老犬?に近づいてきているような感じがします。でもまだまだ引っ張りますが。
今日、シャンプーに出したらお疲れモードでぐったり。こういう日も多くなるんだろうな。
目指せ、17歳までとは言いませんが少しでも長く一緒にいられたらと思ってます。
そして自分も健康でなければいけないと。

FB見てると本当に多いですね。
老犬の飼育放棄。しかも大型犬。多すぎます。
「かわいい子です」とか「大人しいです」とかどの口で言っているんですかね。そんな子を捨てるなよ!!!と、パソコンに向かって怒鳴ってます。

きぃちゃん、かわいい~。
2014/07/01(Tue) 06:10 | URL  | アニーママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
アニーママさん

ありがとうございます。
読んでくださった方が結構いらっしゃることが、なにより
嬉しいです。
頑張って良かったな、と思います。

それもこれも、爺様が強烈なわんこだったからですね。
ネタいっぱい、想い出いっぱいにしてくれた爺様には
ありがとうの気持ちしかありません。

きいちゃんは、別の意味で「いてくれてありがとう」です。
超おもしろわんこから超良い子まで、いろいろ体験させてくれる
わんこ達に感謝です。

だから、捨てるなんてあり得ません。

捨てるなら最初から飼うな!です。
やれ転勤だ、体調不良だ、なんとかかんとか言ってますけど
全部言いわけです。
アニーちゃんなんて、日本からブラジルに行ったんですもんね。
何言ってんの、国内で、ですよね。

犬はいつでも人間の友達になろうとしているのに、何故人間は
それを踏みにじるのか理解出来ません。

アニーちゃんもきいちゃんも、元気で楽しく生きようね。


2014/07/01(Tue) 09:26 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
老いた子ほど愛しいものはありません。
病を得てしまった子ほど愛しいものはありませんよね。
こういう思いは、人に対してはなかなか持てませんが、ワンズには何の抵抗もなく言えるし可愛い。

老犬や病犬をいともたやすく遺棄する輩は自分自身もそうなる覚悟があるんでしょうかね。
しかも、優しい子ですとかなんだとか言いおって、ばかたれが。
そんな子なら手放すな。

ルナには、1日に最低1度は「長生きするんだよ。決してとうさんの代わりになんて思うんじゃないよ。」って言い聞かせています。
寝たきりになってもいいから長生きしてほしい。
2014/07/01(Tue) 10:15 | URL  | ワンコのかあさん #5J4Tw7Bs[ 編集]
Re: タイトルなし
ワンコのかあさん

そうですよね。
自分に絶対的信頼を寄せている存在を、何故捨てられるのか
私には一生理解出来ません。したくもありません。

ホントです。優しい子なら何故捨てるの?優しい子ほど
捨てられたら傷つくでしょうが。
要は、自分が義務を放棄しただけなんですよね。
いかなる理由も、理由にはならない。

寝たきりになろうがどうなろうが、そこまで想定できない輩には
とにかく飼って欲しくないです。

なんで、わんこはいとおしいんでしょうね。
人間みたいに、よけいなものがあれこれくっついていないから
こちらもストレートになれるのかな。

ルナさんは、ボスなんだからいなくなっちゃダメなんだよ。
かあさんのお手伝いの仕事が、いっぱいあるんだから。

2014/07/01(Tue) 11:42 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
爺様の本、何度も読み返しました。
読みながら泣いたり、笑ったり、妙に納得したり・・・
我が家のお引っ越しをしたワンコ達、幸せだったよって思ってくれたかな?

レイニーが10歳8カ月の本格的シニアになりましたが、最近、何故かドヨーンとして、とても気になります。
健康診断では全く問題なく、食欲もあり、毛づやもあるんですが、活気が無い。
肩こりがあるみたいなので、鍼灸とレーザー治療はするのですが・・・

天候不順で体調がイマイチなのかな?

こんな時は、日本語を喋ってくれないかな~と切実に思います。
2014/07/02(Wed) 13:15 | URL  | レイニーママ #ZJmJft5I[ 編集]
Re: タイトルなし
レイニーママさん

きちんと御世話をされていた子たちは、みんな幸せだったと
思います。

犬って、人間のように何かをしてもらうから幸せではなくて
自分達を受け止めて、受け入れてもらえる事に幸せを感じる
のではないかなあと、最近感じています。
一緒にいることが当たり前の環境に、ただ幸せを感じてくれて
いるのではないかと…

レイニーさん、もしかして暑いのでしょうか。
きいちゃんも、暑い時は散歩の催促もせずに、ひたすら
転がっています。
何かスイッチが入れば動きますが、それ以外は体力温存らしいです。

気分転換に、お友達と遊んだりお出かけしてみてはいかがでしょう。
もう10歳ですけど、まだ10歳ですもの。
ふぁいと!


2014/07/02(Wed) 15:31 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
有難かった爺様本。
1か月前位でしょうか・・・
お昼の空いた時間に、爺様本を何気なく開いてみて、読みふけってしまいました。
1度は読んだのに・・・また新たな発見がありました。
今まさに、介護している時だったので・・・
『そうそう、こんな感じ』
と、相槌打ちながら読みましたよ~
リムは、爺様みたいなパワーは無かったけど、試行錯誤なさっていたターミ姉ちゃんの気持ちが痛いほどわかりました。
私・・・リムの介護は全然嫌じゃなかったんですよ~
最初は不慣れで、リムも不快だったと思いますが、受け入れてくれましたからね。
色々失敗しながら、工夫して、便利グッズも増えて・・・
朝から、リムの介護でタイムスケジュールが決まって・・・
今は、それが無いので、暇ですね(笑)
寂しい・・・
忙しくても大変でもいいから、側にいてほしかった・・・
でも、そう願うのは、コチラの勝手なのかな?
『今頃リムは身軽になって、走り回ってるわ!』
・・・って色んな方に言われます。
今は、リムの笑顔しか思い浮かびません。
きっと、爺様にも可愛がられてるかな?(笑)
シニアの可愛さ・・・
かあさんが仰るように、たまりませんね~
いつまでも皆が元気でいられますように。
2014/07/03(Thu) 00:54 | URL  | チャム・リム・Y #fidKPfzc[ 編集]
Re: 有難かった爺様本。
チャム・リム・Yさん

皆さん、爺様本を一度ならず二度・三度と読みかえして
くださっているんですね。
ありがたいことです。
私が、ではなく爺様が皆さまにお伝えしたい事があるのかも
しれません。

リムさんの介護、毎日拝見してました。
Yさんが偉いなあと思ったのは、慌てるでもなく必要以上に
大騒ぎするでもなく、淡々とただ一所懸命になさってたことです。
「介護してるんですっ!」みたいな力みもなく、さりげな~く…

リム蔵さんも、「よきにはからえ」みたいに、淡々としていましたね。
限られた時間の中、飼い主さんもわんこもただ一所懸命に生きてる。
そんな感じが印象的でした。

だから、リム蔵さんは絶対幸せだったと思います。
盲導犬にならなくて、本当に良かった。
遥かに、超幸せでしたよ。

そうは言っても、その存在がなくなると寂しいですよね。
天然ちゃんのハウたんが、とっても良い仕事してると思います。

今年こそ、お会いしましょうね。


2014/07/03(Thu) 09:39 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可