要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きいちゃん、痛いよ
2014年05月28日 (水) | 編集 |
犬の歯って、当たり前ですけど凶器になります。

昨日、おダンスから帰ってきた時の事です。
きいちゃんにお留守番のご褒美として(実際はジジがいたので、
全然お留守番ではないのですが)しっぽたちのごはんやさんから
サンプルでいただいた鹿肉のジャーキーをあげようと、袋から
5cmくらいのジャーキーを取り出しました。

いつも朝ご飯の後に食べている、ターキーのスジよりかなり短めの
ひと口サイズのものです。

しかしきいちゃんとしては、いつものターキーと同じような大きさのつもり
だったのでしょう。
ターキーの時にはそんな事はなかったですが、ジャーキーは小さめ
だったので、きいちゃん、差し出した私の親指もジャーキーと一緒にパクリ。

すんげ~痛~い!!!

きいちゃんはもちろん、私の親指に歯が当たった事など気づいていません。
しかし、私の親指はジンジン痛くなり、血が出てきました。

犬の歯が当たると、皮膚が切れるのはもちろんですが、圧がかかるので
実際には釘でたたかれたようなキズになります。
つまり、穴とアザが出来ます。

ちょっと当たっただけでも、指に釘を当ててトンカチで一発ひっぱたかれた
ようです。

きいちゃん、痛いよぉ・・・

そう言えば昔散歩中に、爺様がすれ違った他の犬ににケンカを売ろうとして
ちょうど口を開けたところに私の手が当たり、めっちゃ痛かったのを
覚えています。

その時も、もちろん爺様は私の手をどうこうしようなどとは全く思わなかった
のでしょう。
しかしあまりの痛さに、私はしばし自分の手を反対の手で掴んで、その場に
つっ立っていました。

キズはたいした事はありませんでしたが、やはりアザが出来ていました。

大型犬と暮らしていると、時に予想外の(いや、想定内か)怪我をすることが
あります。
引っ張られてすっ転んで、なんてのは大抵皆さん経験済みでしょう。

頭突きを喰らって、前歯が折れるかと思った事もありました。
飲んでいたビールの缶が顔に当たって、輪っかの痕が出来た事もありました。
後ろからお尻に鼻突きを喰らって、前にふっ飛んだ事もあります。

それでも大きい犬が好きなんだなあ。

だって、犬達が本気で噛んだら、私達の手なんて簡単に穴が開きます。
ふだん、いかに彼らが手加減(歯加減?)しているかですね。
悪気なんて全然ないんですから。

皆さんは、どんな被害に遭った事がありますか?


カミナリこわい 002
へにょへにょに甘ったれるきいちゃん。キバは要らないんじゃ…



HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きぃちゃんも、だんだんワイルドになってきましたなあ。

うちなんか、自慢じゃないですが昔っからみんなに
「Hard Mouth」って言われてましたから。(今でも)
血まで出ることはあまり?ないですが、すり傷とかあざは
しょっちゅうですよ。手の、肉の少ないところに歯があたると
痛いんですよねー。
遊んでて興奮すると、すぐに加減するのを忘れるもんで。
2014/05/30(Fri) 15:01 | URL  | Purdy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Purdyさん

なんですかねえ、皆さんにラブらしくなったとは良くいわれるように
なりました。
それって、お気楽・しつこい・甘ったれと言う事なんでしょうか。

昔、う~パクで噛んだ時は、あくまでも「あっち行って!」のサイン
だったので、意外と痛くはなかったんです。
何気なく当たるのが一番ダメージが深いのかも…

ハーディくんは、爺様と同じ「始まったら止まらない」
タイプなんですね。
きいちゃんはすぐやめちゃいます。
おとなしいので油断していると、忘れた頃にこんな目に逢うんです。

そう言えば、ブログ再開なさってたんですね。
長らくお休みだったので、油断して気が付きませんでした。
カナダは、人がイモ洗いみたいにウジャウジャいなくて良いなあ。





2014/05/30(Fri) 18:15 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
痛い思い出
実際は、今でも危ない時はあるんですが、こちらが上手によけるようになりました^ ^

よく、床にすわりこみ、足を広げた状態で、ジラをワシワシするんですが、その時、ジラは頭を私のお腹や胸あたりにスリスリしてくるんです。 で、その格好で背中やらワシワシしてると、ふいにジラが顔をあげるんです(笑)ワタシのアゴは、ジラの頭でアッパーくらう訳です。

よく、歯が無事だったと思います(笑)
2014/06/01(Sun) 23:49 | URL  | ジラママ #Htx.SBH.[ 編集]
Re: 痛い思い出
ジラママさん

あはは、やっぱりアッパーカット喰らいますか。
良くやられますよね。
ホント、歯がどうにかなるんじゃないかと思います。
私なんか歯がよろしくないので、勘弁してくれ~と思いますが
犬達には何の悪気も、自覚もないんですよねぇ。

人間だったら殴り返しますが、自覚のないわんこなので
黙って我慢です。
(ここで怒るヤツは馬鹿ですね)




2014/06/02(Mon) 00:08 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
我が家のレイニー
キャリチェンで1歳5カ月で家族に仲間入りしましたが、血気盛んで、ワンコ・ニャンコ・タヌキ・野ウサギ・・・を見つけると猛ダッシュ。私は、青アザ・擦り傷絶えず。
ある時は、思いっきり後ろ頭をぶつけて、気がついたらTシャツが真っ赤になってた事もありました。

でも、レイニーに悪気はなくて、痛いよ~って泣き真似してたら、心配そうな顔して戻ってくれて・・・

10歳を過ぎて、おとなしくなったレイニーを見ると、そんな事が懐かしく思えます。
2014/06/02(Mon) 22:35 | URL  | レイニーママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
レイニーママさん

おお、流血事件ですね。

キャリチェンだから、大人しいとも言えないです。
きいちゃんは、う~パクだったのでとうちゃんが最大の被害に
逢いましたが、それ以外では比較的良い子だと思います。

それでもやっぱり、雨の日猫に突進して尻モチをついてしまったり、
突然横切ったので膝から転んだり…

それもいつかきっと、良い想い出になるのだと思います。
爺様のやらかした無茶苦茶も、ぜ~んぶいとおしい想い出ですもの。

悪気なんて何もないのですから、油断していたこちらが悪い。
人間だとそうは思えないのですが、何故か犬だとそれで良しと
なってしまうのです。



2014/06/02(Mon) 22:58 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。