要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
老犬と老人と
2014年05月26日 (月) | 編集 |
全く個人的な感情なので、正しいとか正しくないとか判断されてしまうと
困ってしまうのですが…

私は依存する人間、やるべき事から逃げる人間が大嫌いです。
やれば出来るのに、あれこれ理由を付けて義務から逃げる。
そして人に依存し、決断を避け、楽をしようとする。

意識的であれ無意識であれ、物事はしなければ出来るようにはなりません。
やらなければ、能力は衰えます。

それは、子供でも老人でも同じです。
基本、自分のすべき事は自分でやるべし、と言うのが私のポリシーです。

しかし、やりたくても出来ない場合は別です。

先日新聞で、認知症の母親を看とった女性の話が載っていました。
認知症がひどくなり、仕事も減らさざるを得ない状態に追い詰められ、
ある日かっとなって、母親に平手打ちをくらわせてしまったのだそうです。

その2,3日後に母親が亡くなり、娘さんはその死と平手打ちの因果関係を
疑われ、暴行罪で拘留されてしまいました。
火葬にも立ち会えず、母親の遺骨も拾えず、犯罪者扱いだったそうです。

介護を家族に押し付け、なおかつ何かあった時の責任は家族に持たせる。
日本と言う国は、情けないほど弱者に冷たい国だと思います。

私は、思わず平手打ちをくらわせてしまった娘さんの気持ちがよくわかります。
認知症でなくても、老人の言動にはむっとなることが多々あります。

ある本には、「仕事だと思いなさい」とありましたが、仕事は報酬が
出るものです。
無報酬で365日忍耐を必要とする事を、義務のひとことで片づけて欲しくない、
と言うのが私の本音です。
正論はどうあれ、現実はそんなにきれい事では納得出来ません。

追い詰められ、責任を押し付けられ、誰の協力も称賛もなく、批判・非難
だけされた娘さん。

年老いた親を持つ人間として、人ごとではありません。
長生きが全て素晴らしいなんて、一概には言えません。
ただ長く生きていても、その人生が充実していなければ(言い換えると、
依存と逃避と不平不満、それに周囲への迷惑に満ちていたら)私はちっとも
素晴らしいとは思えないのです。

同じ介護でも、動物に対しては少し違う気がします。

17歳2カ月で亡くなった爺様の介護は、体力的には大変でした。
頑丈を誇っていた私でさえ、腰痛に悩まされ、疲労から顔面帯状疱疹にもなり
寝不足から疲労を回復する暇もありませんでした。

それでも、爺様を叩いたり、いなくなれば良いと思った事はありません。
嫌だと思った事も一度もありません。
むしろ、頑張ったその時間は私にとって最高に価値あるものでした。

たぶんそれは、動物が依存も逃避もしないからだと思います。
認知がなかったので、その分楽だったと言えばそうですが、何より言い訳を
せず、自分に忠実に懸命に生きている姿が、私にはいとおしかったのです。

私の両親は高齢(共に87歳)ではありますが、幸いまだ認知症というほどでは
ありませんし(おとボケ・とんちんかんに依存度、不平不満はかなりあります
が)、寝たきりでも車いすでもありません。

でももし、爺様のようにつきっきりでのお世話が必要になったら・・・

爺様の時と同じような気持ちで、介護出来るのだろうか。
腹を立てずに、嫌だと思わずに、出来るのだろうか。

あまり自信はありません。

正直、自分にだけその責任を押し付けられ、誰の協力もなく、さらには
批判や文句だけを言われたりしたら、もう放棄したいと思うでしょう。

心が狭いと言われても、薄情なヤツだと非難されても、それが私の正直な
気持ちです。

動物にももちろんですが、人に(特に弱者に)全く冷たい日本と言う国で
先々の事を考えると、なんだかなあと思ってしまうのです。


日向ぼっことサッカー遊び 002
きいちゃんの面倒は最後まで看るからね


鹿肉をお求めでしたら、こちらはいかがですか?
しっぽたちのごはんやさん
命を無駄にしたくないとの思いから、販売に踏み切った女性ハンターの
小さな小さなお店です。


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しておりました。
あいかわらず、良いこといいますね。一行一行うなずきながら読んでしまいました。
年齢的にも、親の介護と更年期が重なる人だって多いのに、サポートもなく、はけ口もなく、それでも自分がやるっきゃないってがんばってるだろうに、何もしないで傍観するだけの人間にとやかく言う資格はありません。

>老人の言動にはむっとなることが多々あります
わかるわ~。私なんか大人げないから、小爆発が多いんですけど、はたから見たら、言葉による暴力とか言われそうですよ。

第3者が介入しないといけない行き過ぎも多いんでしょうが、当事者同士でないとわからないことも多いはず。
ほどほどにサポートして、ほどほどに干渉して、このサジ加減が難しいんですよね。
書いてるとキリがないですが、「人間」の介護を取り巻く問題は、複雑すぎます。
2014/05/27(Tue) 06:14 | URL  | Purdy #-[ 編集]
まったく同感です!

この件といい、遺族に賠償金請求の件といい
介護の実態をまったく理解していないおエライさんの多いこと。
そして「自分が一番偉い!」と勘違いしている年寄りも多いこと。
90、100歳がそんなにめでたいことか?って
常々思います。
2014/05/27(Tue) 07:33 | URL  | SATO #ZjpIPXUQ[ 編集]
Re: タイトルなし
Purdeyさん

おお、御無沙汰です。
お元気ですか?
日本はもう、昼間は結構暑くて散歩にも行かれません。
そちらは良い気候なのでは…

介護問題は、どこの国でもなかなか難しいのだと思いますが
福祉後進国の日本では、はなからやる気がないのをとても強く
感じます。

先日も、80歳代の奥さんが90歳代の旦那の介護をしていて
ふと(多分お疲れだったのでしょうね)目を離した隙に、その
認知の旦那が徘徊し、電車にはねられて死亡しました。

鉄道会社は電車のダイヤが乱れたからと、事もあろうにその
老々介護の奥さんを訴えたんですよ。

裁判で、その奥さんは賠償金を請求されました。
あまりにも冷たい社会だと思いませんか?
訴える方も訴える方なら、賠償金を認める裁判所も裁判所です。

そもそも、国が何もしないから80代の高齢者が90代の高齢者の
面倒を看なくちゃならないわけです。
疲れてほんの少し居眠りをして目を離したからと言って、その人を
責められるのでしょうか。
徘徊老人は、檻にでも閉じ込めておけと言うのでしょうか。

居眠り議員が、年間1億近く報酬をもらっている日本。
それなのに、福祉現場で働く人たちは、あまりの薄給にどんどん
仕事を離れてしまう日本。

たとえ認知でなくても、老人と暮らしているとものすごくストレスフルです。
「長生きで良いじゃない」なんて言われると、返事が出来ません。

親達は私の年代の時には遊び呆けていたのに、私は何をやっているのか
時々情けなくなります。
貧乏くじを引いたなあと、つくづく思います。




2014/05/27(Tue) 10:30 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
SATOさん

そうそう、先日の賠償問題も呆れましたね。
請求する方もそうだし、それを認める国のシステムに、この国は
おしまいだと思いました。

家族に介護を押し付け、責任も押し付け、どうでも良い事には金を
バラまくけれど、いつも福祉は後回し。
ママから何億もお小遣いをもらっている政治家には、現場の事なんか
一生わからないのでしょう。

長生きがいけないわけではありませんが、若い人達を犠牲にして
文句タラタラで生きていても仕方がないと思うのです。
あっちが痛いこっちが痛い、もう自分は長くない、生きていても
飽きてしまった…
こんなバチ当たりな事を言いながら生きていても、何の意味もないと
思います。

私は自立したババアでいたいと思いますが、でもどうなる事やら…
でも若い人達に迷惑をかけるようになったら、断食でもして死んだ方が
マシだとマジで思っています。


2014/05/27(Tue) 10:37 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
長文です
今と昔の常識が違うのよねぇ… 60才で人生が終わっていた時代に子供だったお年寄りは、老人たる者、人生の後半は動かず働かず上げ膳据え膳で美食に舌鼓を打ち贅沢しないと人生が勿体無い!
世界を知る為に…と団体ツアーで海外旅行をして日本人同士だけの会話を楽しみ「外国を知った」つもりになる。
日焼けした祖父母や親世代を見て来てシワシワな荒れた手は嫌だと家事は一切若い人任せにしておいて、身体をを使わないとボケるからといそいそとジムに通ったり…

なんか違う?本末転倒でしょ!?

長年通う美容院での話…
先生が、年金受給年齢の老婦人の話をされたんですが

「亡くなったご主人が残した遺産で息子兄弟がケンカしたらいけないので全部使いきる」そうで
「週2回全身エステに通うのがストレス解消」で
「遺族年金なんて少額だけど権利なので貰う」んだそうです。
…なんだか…でしょ?

若い人は年金払っても満額貰えないんだから、三号年金者(専業主婦だったようで多分、自分で払った事もないでしょう)でも財産があれば子供に遺すか受給申請しなければ良いのに、ドブに捨てる行為だと思うんですよ。

小さい頃は貧しかったから、不便だったから…って勘違いしている年配者が多すぎ!
命は自分の物ではなく神様から頂いた物です。例え年金生活になっても家族の為に社会の為に、出来る事は沢山あります。

老人でも余裕のある人が弱者(似非ではなくホンマもんの)を支えて行く社会でなければデス!


※私事の不満が満載でした(笑)

2014/05/27(Tue) 22:30 | URL  | 関西人 #cyU6IeN6[ 編集]
Re: 長文です
関西人さん

すんごく良くわかります。
もう私も本音を言いだしたら、いくらでも書いてしまいそうです。

私見ですが、オレオレ詐欺などが横行するのも、勘違い小金持ち老人を
騙したれ、みたいなのもあるのではないでしょうか。
お気の毒とは思いますが、なんでよ?と思うのも本音です。

年を重ねる事は、経験を積む事だと私は思うのです。
また、経験を積む事は、深い知恵をたくわえる事でもあります。

だから、87歳の婆さんが白魚のような手をしている事より、より
たくさんの美味しいものを知っている方がベターだと思うのですが
ウチのかあちゃんは、手のシワやシミの事ばかり気にしています。
そして、信じられないような家事をします。

娘の手は荒れても良いのかよ?と思います。

半世紀を遥かに超えて生きて、人生の優先順位がわかっていないって
どういう事なんでしょう。

私はこういう老人にはなりたくないと、つくづく思います。
お荷物と思われながら生きているなんて、まっぴらです。

ただ長く生きる事が素晴らしいのではなく、長く価値ある時間を過ごせる
事が意味があるのだと思うのです。

そういう意味では、長くなくても動物達の生き方の方が素敵です。
少なくとも、変なお体裁は気にしていませんもの。

金と体裁ばかり気にしながら生きているから、くだらない詐欺に
ひっかかるんじゃないの?と、意地悪く思う今日この頃であります。

そんなふうに子供に思わせちゃいけないよね、と思いつつ…








2014/05/27(Tue) 23:23 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
追伸
今回の裁判官、庶民の生活を知らなさ過ぎ!


前の衆議院選挙時に、江○紹子さんが拡散されていた最高裁裁判長国民審査への「×10(バッテン)プロジェクト」と言うのがありました。


国民が最高裁判長の事を知る機会はほぼゼロなのに何故に×を付ける事を遠慮してしまうのか? ○を付けて下さい、ならば知らない人に○を付けるのをはばかる人間も増えるのに…

詳しくはバッテンプロジェクトをご覧下さい。

下々の事情を知ろうとしない特権階級にNO!と言える機会は多いに利用しましょう。
2014/05/28(Wed) 17:16 | URL  | 関西人 #cyU6IeN6[ 編集]
Re: 追伸
関西人さん

そう言えば、選挙の時に時々裁判官審査みたいなのがありますよね。
あれ、いつも「わかんないわ」と思っていました。

今回の賠償金命令を下したような裁判官なら、迷いなく×をつけますが
それ以外の人は誰が誰だかわかりません。

国民をケムに巻いているのでしょうか。

江川さんは、日本で数少ないジャーナリストだと思います。
あとで見てみますね。

あ、原発にNoの判断を下した裁判官は、私は○だと思います。
法律に詳しくても、人間としての常識や良識がなかったら
人を裁いたりなんてしてはいけないと思います。


2014/05/28(Wed) 18:56 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可