要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖怪犬への道
2013年10月06日 (日) | 編集 |
ラブ爺は、要介護妖怪犬でした。

どの辺が妖怪だったのかと言うと、犬の外見以外は妖怪でした。

人の心を見透かすような観察力、自分に都合の良い状況を探し出す、的確な
状況判断力、詐欺師のように心のすき間に入り込んで人間をコントロール
しようとする、したたかな計画性

どれを取っても、ボンクラ人間よりも優れていました。

だから、私の中では爺様はあまり犬ではなかったような気がします。
爺様は爺様と言う存在で、犬であるとかラブラドールであるとか、もはや
超越していたように思います。

対するきいちゃんは、まだ「いぬ」です。
それも、ひらがなで書いた方が良いような感じ。

ですが、最近はだいぶ妖怪ちっくな観察力を見せるようになってきました。

先日、散歩から帰ってきた時の事です。
散歩から帰ってきたあと、きいちゃんはお耳拭きをします。
(この時の合い言葉は、「おみみみみみ」)

ところがその日は、すぐにお耳拭きをする事を忘れて、きいちゃんが横に
なってから、まだお耳拭きをしていない事を思い出しました。

毎日拭かないと、すぐにきいちゃんのお耳は赤くなってしまいます。

なので取りあえず、寝ていても構わないので、届く範囲だけでも拭こうと思い、
お耳ローション(さりげなく宣伝)をつけたコットンを2枚持って、寝ている
きいちゃんのところに行きました。

上向きになっている側の耳は、簡単に拭けました。
さて、下側の耳も拭くよ~と思ったら、なんときいちゃん、自分で首を起こして
拭きやすくしたのです。

もちろんそんな事は教えませんし、コマンドも出しません。
なのに、なんと良い子なのでしょう。
思いっきり、褒めてやりました。

きいちゃんは、人間の次の行動を読む事をします。
でも、今までそれは自分にとって都合の良い行動限定だったのです。
(次にご飯を食べそうな人を呼びに行くとか)

お耳拭きは、別に好きな事ではありません。
でも、さっさと拭いてもらった方が良いと思ったのでしょうか。
拭いておくと、サッパリして痒くならない事に気づいたのでしょうか。

どっちにしても、お利口ではありませんか。

少しづつ、妖怪への道を歩んでいるのかもしれないきいちゃん。
爺様のような犬離れした妖怪ではなく、もうちょっと可愛い妖怪になれるかな。

イケメンきいちゃん 007
観察力は、良く見る事から始まるのでし


HPもよろしくです。
今回のテーマは、「ヒーリングに出来る事」です。
Lavage インフォーメーション

きいちゃんが使っているのと同じ、お耳ローションと肉球バームを
お作りします。
御用命ください。


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キヨキヨさんの花子姐さんの所へ
よくお邪魔していた時←とは言ってもブログ越しですが(笑)
当時同じ様に極悪シニアだったコアさんと爺様を本当に種族を超えて尊敬したものです。。

それは今でも同じ気持ち。
のぞみもふてぶてしく・・・したたかに成人式目指したいものです♪
2013/10/06(Sun) 23:56 | URL  | のぞぴー #64TjWBNY[ 編集]
妖怪仲間
きいちゃん、お利口ちゃんですね。
読んでいて「おんなじ!おんなじ!」と嬉しくなり
ました。

莞太も耳掃除とブラッシング、それからシャンプー
後のドライヤーの時に同じように反対向きになって
くれます。指示なしでも、「頃合いを見計らって」と
いう感じで。

いつものタイミングやこちらの仕草などを感じて
いるのでしょうね。指示なしで、いい具合に動い
てくれたら、ホント嬉しくて褒めたくなっちゃいま
すよね~!

きいちゃん、可愛い妖怪仲間になりましょう!
2013/10/07(Mon) 01:16 | URL  | 莞太まま #6cetl6gw[ 編集]
Re: タイトルなし
のぞぴーさん

そうそう、あのころは極悪シニアがたくさんいましたね。
花子姐御も、相当なものでしたっけ。
コア婆も、小さいけど貫禄がありました。

けど、二代目達は何故か皆ヘタレで、チョイ悪がせいぜいです。
飼い主がトシ取ってきたので、良いと言えば良いのですが…
きいちゃんなんて、でっかいけど貫禄はコア婆の100分の1くらいです。
(一度だけ実際に会って、叱られました)

のぞみちゃん、極悪シニア路線で頑張っているんですね。
ふてぶてしくても何でも良いです。
生きているだけで素晴らしい極悪妖怪シニアには、人間完敗ですもの。



2013/10/07(Mon) 09:44 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: 妖怪仲間
莞太ままさん

おお、 莞太くんもそうなんですね。
あの優しいお顔では、気配り上手も不思議ではありません。
気持ちが通じるというか、ちゃんと読んでいるというか、
この小さな気配りが何とも可愛らしいです。(人間の方が
よっぽど鈍感です)

この子達は、妖怪というより妖精みたいなものかもしれませんね。
悪さはチョイ悪がせいぜいで、イタズラもほとんどしないし、
人間を困らせる事もしません。

でも妖怪も妖精も、根底には人間に対する愛がいっぱいあふれている
と思います。

迫力はないけど、可愛い妖怪ちっくシニアを目指しましょうね。
いつまでも童顔のままで…

2013/10/07(Mon) 09:50 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
ほ~・・・おりこうでし・・なきいちゃんですね
妖怪入ってたフィリーバァは我が道をゆくでした

四十九日過ぎてなんか言ってますか?
ちっとも夢に出てきませんが・・・
泣き虫ママに呆れてますか?
2013/10/08(Tue) 18:30 | URL  | フィリーママ #jcGfApuo[ 編集]
Re: タイトルなし
フィリーママさん

はい、きいちゃんは小心者でおりこうです。
tikilove母さんが仰っていたように、人に寄り添う子なんですね。
だから、今までのホントに怪しい妖怪犬達とはちょっと違って
かなりスケールの小さな可愛い妖怪路線です。

フィリー婆も、新タイプの妖怪でしたものね。
でも飄々として、なんとも軽やかに生きていたのが、見習いたいなあと。
何でわんこって、あんなにサクっと生きられるのでしょうね。

フィリーさんは特になにも言ってきませんが、本犬はさら~っとした
感じです。
何かやろうとしている事があるのかなあ。
「うんうん、わかってるわ」って。
足取り軽い感じで、忙しそうです。何なんでしょう?


2013/10/08(Tue) 19:32 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。