要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
暑い日には、涼しいお話を
2013年08月02日 (金) | 編集 |
このところ、きいちゃん地方もあまり天気が良くなく、さっき日差しが
あったのに、ふと気付くと雨がパラパラ降っている、なんてことも
しばしばです。

雨が降るのは良いんですが、前回もその前にも書いたように、困るのは
カミナリです。
それも、鳴っているのかいないのか、人間にはよくわからないような
中途半端なヤツ。

ここ2,3日、ターミ兄が夜遅かったこともありますが、きいちゃんは
散歩から帰ってくると、、緊張した顔で私にぺったりはりつきます。
たいてい、ちょっと小雨がぱらつくような天候の時です。

昨夜などは、私の机の下にも潜り込んできて、私の足にくっついて
いました。

けれど、別にカミナリの音は私には聞こえません。
だから、コワイものはないと思うのですが、きいちゃんは警戒したように
耳をピクピクさせて、固まっています。

カミナリじゃなくて、何かいるんかい?

そう言えば、もうちょっと前の話ですが、きいちゃんを二階に連れて
いこうと思って、階段の下まで来た時です。
2.3段上ったと思ったら、急にビックリしたように向きを変えて、
きいちゃんは教室(兼サロン)の中に駆け込んでしまいました。

その後、何度呼んでも出てきません。
まるで、階段の上に何かコワイものがいるかのようです。

私には何も見えません。
が、もしかして何かいたんでしょうか。

こじつけるとすれば、その前にACをしていた事くらいです。
以前ルビ婆の話をしていたとき、夜になってからきいちゃんが私の方に
来ようとして急に「キャン」と小さく鳴いて、ベッドに戻って行って
しまったことがありました。

きいちゃんは、生前ルビ婆にボコボコにされたことがあります。

もしかして、きいちゃん、見えちゃった?会っちゃった?

私は全然霊感人間でもないし、見えちゃうタイプでもないので、幽霊の
類にはお目にかかったことはありません。
会ってもあまり驚かない気もしますが…

夏になると、怪談話をあちこちで聞きますよね。

さて、きいちゃんは何かを見ちゃったのでしょうか。
それとも、人間には聞こえないくらい、小さな小さなカミナリの音を
キャッチしてしまったのでしょうか。

今宵はターミ兄がいるので、きいちゃんはどうするのかなあと思っています。
雨は今のところ降っていませんが…


きいちゃんのいる風景 014
だって、コワイんでしよ…何が?


HPもよろしくです。
今回は、同期化のお話です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きいちゃん、こんにちわ〜
ルビ婆にボコボコに、、、の所で爆笑しちゃいました、ゴメンねっ     実はジラ君も、馴染みのカフェでおかしな行動をとった事があります、ママさんも見ていたんですが、まるで誰かの話を聞いてるような感じで、ビシッと背筋をのばし(その空間には誰もいない)空間にむかってしばらくおすわりしたかと思ったら、次は向きを変えて伏せの姿勢で神妙な顔(笑) その空間もだれもおらず、、、ママさんと「怖いものではないみたいね、ワンコの神様かしら〜」と話しておりました。   ワンコには何か見えるのかも?

きいちゃんも見たのかもしれませんね☆ボコられた相手ってのがまた面白いのですが(きいちゃんごめん)

同期化についても、うーーーんとうなってしまいまして、最近経験したからです、、、私は全くの鈍感人間で、霊感のレの字もありませんが、、、

叔母の最後となった日の事です、病院で苦しむ叔母を見舞い、その日叔母をハグして耳元で「大丈夫だよ」と囁いて帰りましたが、その後私は急激に体調不良になり横にならないといられないほど、、、叔母は、その日の深夜亡くなりました。   多分叔母と同期したのでしょう、後になって聞きましたが、私が見舞った時が一番苦しんでいた時だったようで、その後は少し落ち着き、最後は穏やかな顔で逝ったそうです。   末期癌で、死に対しての恐怖が大きかった叔母に、私は、大丈夫怖くないよ、もう苦しまなくていいよ、楽になっていいよ、あっちは怖くないんだよ、、と言う意味で「大丈夫だよ」と言ったのでした、、

苦しみを少しだけ私が持って帰る事が出来たとしたなら、それはやはり同期化したから、なのでしょうね、、

お空には、知り合いワンコや友人がいてくれるので、私的には全然怖くないんですよね。 土産話も沢山ありますし☆

PS
ダイソン、いい仕事してますが、いたちごっこです(笑)
2013/08/02(Fri) 20:15 | URL  | ジラママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ジラママさん

ルビ婆は、ムチャクチャ怖い婆さん(黒ラブ)だったんですよ~
3回ほど会いましたが、きいちゃんがボコボコにされた時、ルビ婆は
すでに15歳を過ぎていました。
足こそ少しビッコを引いていましたが、その気骨はすんばらしいもので
来たばかりのヒヨっ子ヘタレ若造のきいちゃんなんて、ぺらぺらの
紙切れのように部屋からほっぽり出されました。

もう泣きが入ったきいちゃんは、玄関で外を向いて座りこんで
「もう帰りたいでし」
って、ホントに泣きそうでした。

そう言う婆さんでしたから、亡くなってからも面白いです。
エネルギーは少しも衰えていませんね~

だからかもしれませんが、どのみちきいちゃんはかなわないと
思います。
もしルビ婆を見てしまったら、きいちゃん的には何年か前の恐怖が
蘇ると思います。
もうルビ婆にそんな気はなかったとしても…(いやあ、あるな)

叔母さまを心からお見舞いしたママさんだから、感じ取れたものが
あるいは受け取ったものがあったのかもしれません。
普通にあると思うんです。
とても仲が良かった人が、ものすごく怖い思いをしたり、驚いたり
した時に、それに近い何かを感じる事って。

同期化って、そう言う事だと思うんですね。
だから、おかしな事でもオカルトでも、特殊な事でも何でもないと
私は解釈しています。

叔母さまは、きっとジラママさんに感謝して亡くなったと思います。

私も、以前はオバケとか見たら嫌だな~と思っていたのですが
今は別に…と思います。
オバケで死ぬ人はいませんし。

ダイソン、我が家も頑張っています。
けど、きいちゃんの毛もなかなかしぶといです。
気は弱いけど、毛は強いです。





2013/08/02(Fri) 21:46 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
リムも同じですよ~
リムも雷が怖くて・・・
雲行きが怪しくなってきたら、シャンプー台の奥に隠れ、ガタガタ震えています。
空が暗くなる→怖いヤツ(雷)がやって来る・・・ってインプットされてるんですね。
きいちゃんもそうですが・・・
レトって賢いから、条件付けで覚えているんですよねぇ(それが不幸)
ご存じでしょうが、人は9キロ先の音しか聞こえないのですが、ワンコって40キロ先の音まで聞こえるんですって!
だから、遠くで鳴ってる雷が聞こえて、『近づいて来る~』
・・・って怖くなっちゃうんでしょう。
でもね・・・
今年の夏(12歳のリム)・・・
遠くで鳴ってる位の雷には、反応しなくなりました。
近くで鳴るのは、相変わらずですが・・・
遠くでゴロゴロ鳴ってるのには、反応しないんです。
音は聞こえてるはずですが・・・
遠くの音は気にならない?
怖がるのにも疲れた?(笑)
お年を取ると、きいちゃんも、こうなる?

でも・・・
きいちゃんには、ルビ婆が見えたのかも?(笑)
2013/08/03(Sat) 06:44 | URL  | チャム・リム・Y #fidKPfzc[ 編集]
あら?
ルビ婆また現れました?もしかして居心地いいから 住み着いちゃった?笑い
きいちゃんは本当にルビ婆にボコボコにされました
15歳か16歳のルビ婆の前を横切ろうとしたら
すこんとルビ婆立ち上がり ガウガウ てめえ10年はええんだよ!と あっというまに玄関に追いやられ
ルビ婆 ふん!若ぞうめ とやっつけてしまいました
証拠写真どっかにあるはずですが 探しきれませんでした ブログをみると ルーシーのお見舞いのときにボコボコにされたようでした
http://dog.pelogoo.com/doglab/archive/1205219797231621.html
ブログを読み返してみると 3回ほどルビ婆にはあってるみたいですねえ
きいちゃん 悪さしたらルビ婆がでるぞお
なまはげルビ婆や
2013/08/03(Sat) 13:08 | URL  | DOGLAB #cWcd8Id2[ 編集]
Re: リムも同じですよ~
チャム・リム・Yさん

そうそう、リム蔵さんはカミナリや花火系のパンパンいう音が
苦手なんですよね。
足が震えながら、それでも食べるものは食べていましたが…

カミナリって、正体がわからないから、余計に怖いんでしょうか。
きいちゃんは昔、夜回りのおじさん達の拍子木の音が怖かったのですが
実際にカチカチ鳴らしながら歩いているおじさん達とすれ違ったら
納得してそれ以来、何も言わなくなりました。

何しろヘタレなので、未知のものは恐怖の対象なんですね~
気が付かなければ良かったのに、ある日存在に気づいてしまったから…

でも、「キャン」と小さく鳴いて、逃げるようにベッドに戻っていった時は
カミナリは鳴っていませんでした。(全国的に天気も悪くなく)
その前に、ルビ婆のACをしたんですよね。
きいちゃんにとっては、恐怖の婆さんだったので、何も言われなくても
出っくわしてしまったら思わず逃げると思います。

いろいろ怖いものがあるきいちゃん、人間なしでは3日と生きられまへんなあ。
最近は特に、遠くのカミナリがあちこちで鳴っているので、恐怖対象は
増えるばかりです。




2013/08/03(Sat) 14:35 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: あら?
DOGLABさん

本当に、あのボコボコ事件はきいちゃんには悪いけれど、
無茶苦茶ウケました。
途中、「そんなに怒らなくても良いじゃないでしか!」って
少しだけ反論を試みていたのだけれど、そんなのは文字通り
吹けば飛ぶような抵抗で…

いぬたま君に1時間マッサージをさせて、いぬたま君がトイレに
行こうとしたらジロっとにらみましたよね。
「ちょっとアンタ、どこ行くのよ」って。

面白い婆さんだったよなあ。

階段事件は、ルーシーさんのACをした後ですわ(翌日かなあ)。
ルーシーさんはそんな事はしないけど、もしかしたら同じ黒ラブで
きいちゃんが間違えたか、或いはまたルビ婆がついでに登場したのかも…
その日は晴れていたし、晴れていてもカミナリが鳴る事はありますが
そう言う予報でもなかったんだよなあ。
結局は二階にはあがったんですけど、ジタバタとヘタクソにあがっていきました。

今ルビ婆にあったら、間違いなくきいちゃんは逃げると思います。
弱い者いぢめはしますが、全然強くなっていないきいちゃんです。




2013/08/03(Sat) 14:43 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
こんばんは~。
まあっ、きいちゃんにそんな出来事が!

……うちもたまに花菜が不審な行動を取ることがあるんですよ。
リビングから廊下をジイッと見つめて首を傾げていたり(何分間も)、
夜、電気を消してさあ寝ようとしている時に
暗闇の中の一点を見ていたかと思ったら、
その後、何者かの動きを視線で追うようなしぐさをしたり。
リビングの灯りが勝手に消えるというオマケ付きの時も。

ひゅ~どろどろどろ…。。。なはは。
でも、だいたい心当たりあります。
誰かとお空のワンコの不思議な話をしたり、
お空のワンコが夢に出てきてくれたりした後なんです。

リビングの灯りが消えたのは、高次のエネルギー?に
反応したんじゃないかなと思っているのですが。
(リモコンがピッと鳴っていました)
ヒーリングでも電化製品が反応するって、よく聞くじゃないですか。
それと同じかな~って。

なので、私は、きいちゃんがルビーさんと鉢合わせしたとか、
ルーシーさんが見えたとか、そういう事だと思いま~す。
それにしても、皆さん、個性的な子たちですね。
笑ってしまいました。(*^。^*)
きいちゃん、頑張れ~!!!
2013/08/03(Sat) 22:58 | URL  | Heil #oQPMwQpk[ 編集]
Re: こんばんは~。
Heilさん

きいちゃんは自他共に認めるヘタレなので、何でも怖いのかも…
もちろん、不審な音やカミナリも怖いんですけど、もしかしたら最近
見えちゃってるかもですね~

来るとすれば、筆頭はルビ婆です。
面白がってるんじゃないかなあと思うくらい。
でも、それをまた楽しんでいる悪い人間達がいます。

動物達がとる行動に、意味のないものはないと私は思います。
人間のように、飲んだくれて(私?)幻覚を見るわけじゃないし、きっと純粋に
何かを感じているのだと。

だから、私もそれを純粋に感じていたいと思います。
ルビ婆だったら、全然怖くないし。
むしろ、いとおしいです。(きいちゃんは迷惑でしょうけれどネ)

目に見えないもの=怪しい、と決めつけずに、「そうかもしれないかあ」
と楽しむ余裕があると良いですよね。
だって、人間の目に映るものが宇宙の全てではないのですから。

きいちゃんは、今日も私の机の下にいました。
まあ、今日は花火の音やら、カミナリのような音もあったので
しかたないですね。

ルビ婆とうまくやれるようになったら、きいちゃん大人です。

2013/08/03(Sat) 23:16 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可