要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よけいな事言わんといて~な
2013年02月22日 (金) | 編集 |
寒いけれどお天気が良い時は、午前中にゆっくりお散歩します。

今日も、お買い物がてら、ふらふらとお散歩に行きました。
途中、市民の森の傍の細い道を歩いていると、後ろから小さな女の子を
おんぶしたお父さんが歩いてきました。

きいちゃんは、匂い取りに夢中。全然気にしていません。

するとその女の子が、
「わんわん」
と言いました。お父さん、
「そうだね、大きいわんわんだね」

きいちゃんはそのやりとりで、誰かがいると気づいたのでしょう。
匂い取りを中断して、くりっと振り向きました。

すると女の子、
可愛い~
と言うではありませんか。

よしよし、キミは物事を正しく判断出来る子だね、と心の中で
思っていると、お父さんが言いました。
「可愛い?怖いじゃなくて?

ねーねー、なんでそういう事言うの?
なんで大きい=怖いって教え込むの?
と思っていると、その女の子はまた、
「ううん、可愛い」
と言いました。

お父さんは「へ~」みたいな感じで通り過ぎましたが、子供の方が
素直な目を持っているんだなと思いました。

たまたまそのお父さんは、犬に興味がないか、知らないのかもしれないけれど、
大きいから怖い、と言う認識は正しくありません。
正しくない事を、子供に伝えてはいけません。

幸い、その子は大きいから怖いとは思わなかったようで、お父さんも
それ以上別にその会話を続けたわけではなかったので、良かったのですが。

子供って、大人の価値判断を受けやすいですよね。
心の余白がいっぱいあるのだから、当然の事です。

だから、なるべくナチュラルでフラットな事実を、子供には伝えて欲しい。
大人の個人的な好き嫌いを、子供に押し付けないで欲しいのです。

犬=噛みつく、とか大きい=狂暴とか、そういう間違った認識を持たせると
その子が大事な出会いを逃してしまうかもしれません。

きいちゃんを可愛いと言ってくれた女の子が、動物好きでいてくれると
良いな~と思った出来事でした。

かいかい
かいかい~ボクのどこが怖いのでしか?


サロンもよろしくです。
Lavage インフォーメーション



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
きいちゃんを「可愛い~」っていってくれた女の子、
可愛いですね~。
大人の価値判断を子供に刷り込むと
大事な出会いを逃してしまうかも、というの分かります。

私、幼稚園の頃、脱走したドーベルマンに追いかけられて
すごい恐い思いをした事があるんですよ。
それで大型犬に対する「恐怖心」を
自分の経験から持ってしまったのですが、
何も良い事はありませんでした。

いとこの家に雑種の大きい子がいて、
近所の子はみんな犬と仲良く遊んでいるのに、
私もああいう風に一緒に遊びたいのに、でも恐い。

「恐怖心」を解かしてくれたのは、
小学生の時に近所に住んでいたGRかな~、
そして気づいたら、いつの間にか、
自分も大型犬と暮らしていました。
うふっ(*^_^*)
2013/02/23(Sat) 17:51 | URL  | Heil #oQPMwQpk[ 編集]
Re: こんにちは。
Heilさん

そうですね。この子が「ううん、可愛い」と言ってくれたので
自分の感じた事を大事にして欲しいと思いました。
時折、きいちゃんを見て「近づくと危ないよっ」とか言う
お婆さんがいるんですけど、そういうお婆さんに育てられた子って
初めから動物を怖がりますよね。
あと、「きたない」とか言う人。(お婆さんが多い)
アナタの足よりキレイです、と言いたい。

でも、実際に襲われたり、怖い思いをした場合は、これは体験から
感じたものですから、仕方がないと思います。
克服するかしないかは、その子しだいですし、仮に嫌いになっても
その子のせいではありませんから…

私は結構ネコに引っ掻かれたり、知らない犬にかまれたり、
追いかけられたりしたんですけど、何故か怖いとは思いませんでした。
よほど鈍感な子供だったんでしょうね。

そう言えば、車にはねられたけどスピードものが怖いとも思わなかった
ような気がします。
唯一怖かったのは高いところでしょうか。

子供にはGRとか、おっとりした子が良いですよね。
ヨボヨボのラブ爺の首に抱きついてきた、保育園児を思い出しました。
可愛かったな~

2013/02/23(Sat) 18:50 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
こんにちは!
本当にそうですよね~。
アニーも良く「大きいね」とか「怖いね」とかよく言われます。
特におばさんやおじさんに!
そういう方々小型犬を散歩している人たちに多いような気がします。
小型犬の方がどれだけ怖いか!と、思ってしまいますよ。
きぃちゃんもアニーもそんじょそこらにいる犬より断然かわいいのにね!
小型犬だって噛むだろうし、吠えるだろうし!
そういえば、三号線散歩していたら熊のような大型犬見ました。
ニューファンドランドだと思ったんですが。
見かけたことありますか?
2013/02/23(Sat) 21:04 | URL  | アニーママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
アニーママさん

別に悪気も何もないのはわかっていますが、大人の言葉って
子供にすごく影響力があります。
だから不用意に言わないで~と思うのです。

小さいから可愛い、安全、って誰が言ったのでしょう。
何の確証もありません。
チワワだって本気で噛んだら、かなりの傷になります。
犬についての認識が、国民レベルで低いなあと思います。

アニーちゃんもきいちゃんも、大きいから踏みつけられれば
それなりに痛いけれど、やたらに噛んだりしませんよね。
ビビりぃ~ぬとヘタレなんですから…

ニューファンの女の子が、割と近くに住んでいるようですよ。
ルーシーちゃんって言う子です。
大きいけれど、おっとりしていて、きいちゃんと適当に
遊んでくれます。
あとバーニーズのランちゃんとか。(またローカルな話題)

皆大きいけれど、優しい子達です。
怖いなんて…一番にふさわしくない形容詞ですわ。
子供の形容が一番正しいです。

2013/02/23(Sat) 21:43 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/02(Sat) 12:54 |   |  #[ 編集]
Re: ご無沙汰しています
鍵コメさん

学校も一つの社会の縮図ですね。
先生の発言は、頭の固いお役所と同じです。
指摘があったら、何故もう一度見直さないのか。
一度決めてしまったら、変えようとしない。前例のない事も
やろうとしない。
お上そっくりです。

子供の教育に、大人の勝手な価値観の刷り込みは厳禁だと思います。
学校が信用できなければ、親御さんや回りの大人がきちんと
修正するしかないですね。
教育者のレベルアップも、忘れないで欲しいものです。

2013/03/02(Sat) 13:04 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。