要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
フィリー婆のお見舞い
2013年02月09日 (土) | 編集 |
時々来てくださるフィリー婆ちゃん、(おん年15歳7カ月)
胃捻転で緊急手術をするも、たくましく生還したとのことで、
お見舞いに行ってきました。

超シニアの開腹手術ってビックリしますが、その様子はこちらを。
愛LOVEフィリー

お昼時は何だから…と言う事で、伺う前にニコル君と、弟のロフェちん
鎌倉で待ち合わせ、海でお散歩してから、ニコル君ママyukoさん
お勧めの素敵なカフェでランチをいただきました。

とここまで書いて、ニコル君の写真がない事に気づきました。
ごめんなさ~い。自分が食べるのと、卑しくておたかり三昧のきいちゃんの
お守で、出痔亀を出す事すら忘れていました。

元保護犬のニコル君は、堂々36キロのものすごく貫禄ある黒ラブに
変身していました。
精神的にも、きいちゃんよりよっぽど安定しているのではないかと
思うくらいどっしりと。
後ろ足に人工関節が入っているなんて、全然感じさせないです。

あと一日遅かったら、今この世にいなかったかもしれなかったニコル君。
見るたびにいつも、良かったねえと思うのです。

さて、私が遅刻(鎌倉で迷った)したせいで、大幅に予定より遅れて
フィリーさんちに到着。(ニコル君は、お留守番でした)

フィリーさん、元気そう。
フィリー婆のお見舞い 004
フィリー婆専用スペースで、マイぺースにうろうろとしていました。
ほぼ手術前と同じに戻っていました。
すごい生命力~

フィリー婆のお見舞い 001
きいちゃんソックリだけど、ロフェちんです。写真だとかなりソックリ

きいちゃんはこちらです
フィリー婆のお見舞い 003
もちろんおやつねらいです。

そこへ、ご近所のジジトトさん参入~
フィリー婆のお見舞い 006
一気に暑苦しく…いや賑やかになりました

皆で屋上に移動~となったのですが、ヘタレのきいちゃん、ひとりだけ
階段が上がれません。(まっすぐなら上がれるのですが、カーブがあったので
先が見えずに怖かったらしい)
フィリー婆のお見舞い 010
こんな顔してひとりで右往左往してました

フィリー婆のお見舞い 011
皆何てことなく上ってきたのに…

フィリー婆のお見舞い 012
あまりにも情けないので、ニコル君ママyukoさんとフィリーさんママが
あの手この手で誘導、押し上げ。
とってもカッコ悪く上ってきました。

しかし、一旦上がってしまったらデカイ態度
フィリー婆のお見舞い 018
生意気にもマーキングなどして


優しそうなトトさんを追いまわし…
フィリー婆のお見舞い " target="_blank" title="Lavage">Lavage</a>
ロフェちんも参戦


黒いジジ姐さんは怖いらしく、あまり近づきません
フィリー婆のお見舞い 022

フィリーさんは、時々ドン引きしながらものんびり
フィリー婆のお見舞い 024

記念写真でお開きとなりました
フィリー婆のお見舞い 029

私が英語のクラスが控えていたため、ワサワサと慌ただしく失礼して
しまって、申し訳なかったです。

フィリーさんが復活して何よりでした。

お付き合いただいた皆さま、せかせかしててすみません。
懲りずにまた遊んでくださいね。


サロンもよろしくお願いします。
Lavage


良かったら…

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昨日はご一緒させてもらってとてもいい一日になりました。ありがとうございました。
大丈夫ですよ!!
カメラ班のニコル母がたくさん写真撮りましたから(^^ゞ  
きいちゃんは車に乗ったとたんに寝るでし!!
寝るしかないでし!! っておめめあけてはいるけれど、
えっ、後ろに乗ってるの?っていうくらい静か~だったのにはびっくりしました。
ターミ姉ちゃんのあたたかな手当てを受けてる
フィリーちゃんの気持ちよさげなお顔がとても印象的でした。
フィリーちゃんの回復にはママさんの愛情が抜きには語れませんが、脱帽ですね。
またご一緒させてくださいね! 
2013/02/09(Sat) 18:05 | URL  | yuko #vQU5PwVA[ 編集]
Re: タイトルなし
yukoさん

わ~い、yukoさんの写真の方が楽しみです。
良く見てみたら、階段が昇れなくてウロウロしているきいちゃんの
写真ばっかりありました。
我が子のヘタレぶりを面白がっていた、悪い飼い主です。

しかし、ニコちゃんは立派になりましたよねえ。
見るたびに思いますけど、わんこにとっても運命の分かれ目って
あるんですね。
彼は本当に命拾いしたわけで、前世に何か関係でもあるのかと
思ってしまうくらい、ラッキーボーイです。

そして、フィリーさんの生命力も素晴らしいです。
何があっても、生きる時は生きるんだと感じました。
彼女が私の手を覚えてくれた事も、いとおしいです。
でも、フィリーさんも運命の分かれ道を、いつも正しい方に舵取りして
長生きしているんですね。
もちろん、舵取りしているのはママさんですが…

フィリーさん、もうしばらく大丈夫そうです。

鎌倉は楽しい街なので、またゆっくり散策したいです。
お付き合いくださ~い。



2013/02/09(Sat) 19:36 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
昨日はありがとうございました~
フィリー置いて出掛けられないのでママ満足

なんか手術したの?って位元のばぁさんでしょ?
生命力あるんですね・・きっと
ジジトトちゃん達可愛いでしょう
男闘呼組にパッと花が咲きましたね

フィリーさん、ターミ姉さんのお手々覚えてたんですね
ニコニコでしたもの・・またお願いしますね

オトモダチのラブちん、今朝天使になりました
17歳と4日・・生き抜きました、凄いですね~

またお会い出来るのを楽しみにしてます
ありがとうございました
2013/02/09(Sat) 20:56 | URL  | フィリーママ #jcGfApuo[ 編集]
Re: タイトルなし
フィリーママさん

こちらこそ、バタバタと押し掛けて、ドタドタと去って行って
すみませんです。
少しでも、ママさんの気晴らしになれば幸いです。

フィリーさんを見ていると、本当に生きるべき時には、何が起きても
生きるんだな、と感じました。
それを素直に感じて、淡々と生きているんですね、わんこって。

そしてフィリーさんの、「ああ、アンタね~」の感じが、可愛いです。
ちょっといつもより短めだったせいか、
「あら、もうおしまいなの?いつもより短いわね」
って感じも、またフィリーさんらしく…

17歳、偉いですね。
なかなか17歳まで来ないですもん。
でも天寿をまっとうって、そういう事なんですね。
たくさんの想い出やご縁を残し、使命を終えたらす~っと…
人間もかくありたいですが、なかなか難しいです。



2013/02/09(Sat) 21:10 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
フィリーさん、いいね~♫
シニアが元気なのが一番嬉しいです。
それにしても、きぃちゃんのヘタレっぷりには大笑いです。
超ヘタレの海も階段は結構平気。
あ、でもまだ向こうが見える階段は未経験か・・・。
よし、どこかで挑戦させてみよう。

ロフェちん、もうちょっとでお引越しですね。
お引越し前に会えて良かったね。
でも、遠くへ行くっていう感覚はあまりないです。
これもネットのおかげですね。
どんな便りが舞い込んでくるか楽しみです。

最近、真面目に働いているので、近々またお願いメールしますのでよろしくです。
2013/02/10(Sun) 15:56 | URL  | ワンコのかあさん #5J4Tw7Bs[ 編集]
Re: タイトルなし
ワンコのかあさん

フィリーさん、良いでしょう?
胃捻転で手術~!って、ママはすごく大変だったのに、本犬は
飄々としています。
お目目も見えないし、お耳持聞こえないんですけど、ママが
いなくなると「いない!」ってわかりますし、私の手も
覚えてくれました。
頑張れ、頑張れ!と思います。

そして、きいちゃんのヘタレぶり…
何なのじゃ、おみゃ~は?!です。
結局yukoさんが誘導し、フィリーママさんがお尻を押して
二人がかりで、やっこらせと上げました。
そのくせ、上ってきたら勝手にはじけていましたが…

あ、そう言えば向こうが見える階段は、爺様も昔躊躇して
いましたっけ。
きいちゃんは上がれないかも…

ロフェちん、しばらく会えません。
今度会う時には、アメリカンになっているでしょうか。
アメリカ便り、私も楽しみです。

きいちゃんは、3年後には10歳です。
ヘタレじいさんになっていますね、きっと。



2013/02/10(Sun) 19:49 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
おはようございます。
完全復活のフィリーちゃん、本当にフィリーちゃん&ママさんのタッグは最強ですね。
ニコちゃんの落ち着いた姿に感動しましたし、キーちゃんの階段登れないですーーワンワン、には大笑いでした。とても楽しい1日、ご一緒させていただきありがとうございました。ジジちゃん、トトちゃんもかわいい子たちでしたね♡

またお会いできる日を楽しみにしています!
きーちゃん10歳ですか。どんなふうになってるでしょうね。途中で曲がっている階段、平気になっているといいですね。
2013/02/11(Mon) 08:41 | URL  | riri(ロフェ母) #YVrh3now[ 編集]
Re: タイトルなし
ririさん

こんにちは

フィリーさん、本当に良かったですよね。
15歳7カ月で開腹手術なんて、ものすごく大変なことだと
思います。
ラッキーな事も手伝って、よくぞ生還してくれました。
ママの判断と行動力も素晴らしいです。

ニコちゃん、堂々の黒ラブになりましたよね。
英国何とか犬舎出身と言っても、そうかなあと思ってしまえる
くらいに、立派になりました。

似たようなお顔で、一段と赤ちゃんぽくて可愛いのがロフェちん。
声はすごいんだけれども、怖くないものだから、きいちゃんが
しつこくてすみませんです<m(__)m>

ジジトトさんも良い子達ですよね。
きいちゃんが馴れ馴れしく出来るのは、穏やかで良い子達だから
です。
トトさんも怒らずに相手をしてくれて、感謝です。

このヘタレぶりと、困ったちゃんぶりは、10歳になっても
変わっていないかもしれません。

ロフェちんは、カッコイイアメリカンボーイになってるかな。



2013/02/11(Mon) 13:14 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可