要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物達と話をしよう
2012年11月15日 (木) | 編集 |
アニマルコミュニケーションと言う言葉が、
いつ頃から出てくるようになったのか、詳しくは
知りません。

爺様が若かりし頃には、あまり耳にしない言葉でした。
少なくとも、私の周りにはその言葉を使う人はいません
でした。

でも最近では、アニマルコミュニケーターを名乗る方が
たくさん出てきましたね。
セミナーや講座もあります。

私は全然そういった訓練をしていませんが、ヒーリング
と看板を掲げると、
「アニコミュはやらないんですか?」
と聞かれる事があります。

実は、動物達へのヒーリングするようになってから
時々何かが、私の頭の中にポンポンポンと浮かぶように
なってきたんですね。

それは言葉ではなくて気持ちや感情である事が
多いです。
嬉しい気持ち・ちょっと怒っている気持ち、心配する気持ち
などなど…

それで、それを言葉に変換すると、何となくお話めいた事が
出来ることがあります。

それらしい事が思い浮かんだのは、ジラママさんのお友達の
らむママさんからのご依頼が最初でした。

らむちゃんは、心臓疾患を抱えたチワワん君です。

隣のチワワんずが宿敵の私としては、正直「チワワん君かあ」
と思ったのです。
話が通じるんかいなと。

でもラムちゃんは、非常にフレンドリーで優しい波動を
送ってきました。
そして、自分が病気であることを自分が知っていること、
それを飼い主さんにあまり気にして欲しくないこと、などの
「気持ち」が伝わってきました。

その後2回させていただいたのですが、結構おしゃべりが
好きな、天真爛漫な子でした。
大型犬とも仲良しで、人も大好きというのがわかる気が
しました。

隣のチワワんずとは、全然違う波動です。

調子に乗った私は、その後いろんな子に話しかける事に
してみました。

一度会った事のある、doglabさんちでんすけちゃん
のような子は、非常に話し易く、浮かぶものも多かった
のです。

でも、長老のねこにゃんは違いました。
前記事でご紹介した、私が知る限り最長老のゴン爺です。

「エネルギーを送っても良い?」と聞くと、「別に良いよ」
と言う感じで、とってもあっさり。

ニコニコわんずに慣れ始めていた私は、随分ぶっきらぼう
なんだなあと、ちょっと驚きでした。

飼い主さんにお聞きしたところ、かなりクールな性格なのだ
との事。
納得です。

個体差もあるのでしょうが、猫と犬はこんなふうに違う
のかと、実感しました。

でも、先に述べたように、私はアニマルコミュニケーター
ではありませんし、私のサロンのメニューにもACは
入れていません。

出てきた事は、「話半分で聞いてくださいね」とお断りした
上で飼い主さんにお話はしますが、絶対的真実かどうか
保証の限りではありません。

ただ、このACですが、私はそれほど特別なことではない
と考えています。
何故なら、命あるものは皆、心や感情を持っているから
です。

例えば、全く言葉が通じない国に行っても、何がしかの
コミュニケーションは取れますよね。
それは、「感情」という共通言語があるからだと、私は
解釈しています。

理不尽な事に対して、一緒に怒る。
嬉しい事・おめでたい事は、共に喜び共に祝う。

これらは、別に言葉が通じなくても、分かち合える感情です。

もちろん、詳しく事情を尋ねたりするには、ある程度の知識や
言語の習得が必要であることは、言うまでもありません。

同じ事が、動物にも言えると思うのです。

心を通わせることは、その子に愛情を持っていれば誰でも
出来ます。
大抵の飼い主さんは、毎日自分の子達と話をしています。
時には、他人にはわからない合図も、ちゃんと見逃さずに
キャッチしています。

かなり十分にコミュニケートされていると、私は思うのですが
そういう飼い主さんこそ、もっと我が子の声を聞きたいと
思われるのでしょうね。

アニマルコミュニケーターが多くなってきた背景には、そんな
飼い主さんが増えてきた事もあるのかもしれません。

腕の良い(すみません、他に良い表現が見つかりませんでした)
コミュニケーターでしたら、その先の一歩を見抜けるのでしょう。

ただ、同じ日本語を共通言語とする日本人同士であっても
100%理解出来ないように、絶対にわかりあえる接点を
確保するのは、私は難しいと考えています。

ACを魔法のような道具と思わず、上手にお使いになれば
コミュニケーションを深める一つの手段になるのかも…
そんな気がします。

えへへ~
かなりわかりやすいきいちゃん


良かったら…

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
誰もが、、
らむちんの事、ありがとうござました!

あの後、らむちん良い感じだと聞きました(ママさんを差し置いてこんな事かいていいのか?)

私も普通の(?)チワワんはちょっと苦手なんですが(笑) ワタシの周りのチワワんは、何と言うか、、、チワワんらしくないと言うか(笑)

アニコミュさんについては、コレ不思議な事じゃないよなーーと以前から思ってまして、究極のアニコミュはパートナーであるそのワンコの飼い主さんなのかも??なんて、、、

だから、動物の話がわかるって、あるんじゃない?と

もちろん、心の寄せ方で、差はでると思いますし、はなから[わかろうとしない]人間は論外ですけども

あ、何が言いたいのかわからなくなってきました(ー_ー)


すみません(ー_ー)


2012/11/15(Thu) 19:18 | URL  | ジラママ #-[ 編集]
Re: 誰もが、、
ジラママさん

そうそう、私が言いたいのはそうなんです。
究極のアニコミュは、すでに飼い主さんがやられている
んじゃないのかなあと。

そして、それはそんなに不思議な事じゃないと思うんですよね。

難しい角度から、いろいろ解明を試みている偉い方もたくさん
おられるようですが、誰もが解明する必要はないのではないか。
それよりも、私は五感を使うことをもっともっとやったら良い
と思うんですね。

車の構造がわかったからと言って、運転がうまいとは限らないし
運転がうまくても、どこに行くのかわからなければ、車の
移動手段としての価値は下がります。

それと同じなんじゃないかな~と最近感じています。

波動が共鳴して同期化することは確かなので、そう考えれば
アニコミュも普通にある事だと思います。

らむちゃんは、もんのすごく人懐こい、王子さまみたいな
子でしたよ。
偏見はいけませんね。




2012/11/15(Thu) 20:02 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
このあいだはありがとうです
でんすけ お話したのねえ
いつもは割とクールなでんすけだけど・・・
この子達の飼い主に対する思いやりって胸がぎゅうっとなります
またお願いしますねえ
2012/11/16(Fri) 15:48 | URL  | DOGLAB #cWcd8Id2[ 編集]
Re: このあいだはありがとうです
DOGLABさん

うん。なんかね、少しづつ静かに話してた。
と言うか、そんなのが感じられた。

私はプロのアニマルコミュニケーターじゃないから、
細かいところがキャッチ出来なかったのだと思うけど
動物って、皆何かを発してると思います。

人間と違って、大抵は愛に満ちたものだよね。
だから、愛のない人間には何にも伝わらない。

動物を捨てるとか虐待するような人間には、一生伝わらない
ものなんだろうなあ。

いつでもまたどうぞ~

2012/11/16(Fri) 16:19 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
ご無沙汰しています
先日は本当にありがとうございました!
その後の様子をメールしようと思っていたら、
らむの話が出ていて驚きました!

ジラママの言う通り、
らむはその後とても調子良く過ごしています。
ちょっと疲れても、復活が早いです。

それから、あの後から らむがよく語りかけてくるようになりました。
というか、多分、ずっと語りかけていたんでしょうが、
それがはっきりわかる時が増えました。
やっぱり、彼は私を不安にさせるのが怖いようで、
きつくても我慢しているようです。
そのせいで、ちょっと調子を崩すことがありました。
今後の私の課題がわかったように思います。
ヒーリング、受けて本当に良かったです。

そしてそして、やっぱりチワワんは宿敵だったんですね(>_<)
引き受けてもらえるか、本当にドキドキだったんです。
ターミ姉さんのチワワんに対する気持ちに変化があったなら
嬉しいです。
2012/11/17(Sat) 02:12 | URL  | らむママ #iMK0FLrs[ 編集]
Re: ご無沙汰しています
らむママさん

こちらこそ、ご協力をありがとうございました。
らむちゃんの調子が良くて、嬉しいです。
お役に立てれば、何よりです。

そうなんです。
近所の小型犬に悪いのが多過ぎて(悪いのが飼い主さん
だと言う事は、重々承知しているのですが)隣の
チワワんに至っては本当に宿敵のような感じなんです。

私が庭に出ても吠えるし(オマエの庭じゃないど)、
道端で会っても吠えかかるし…

でも偏見はいけませんね。
わんこって、人間の偏見を変える力も持っているんだな
と反省しました。

らむちゃんは、最初から語りかけていたんだと思います
が、そんなわけで私が聞こうとしていなかったんですね。
そういう事も、わんこってわかるのかもしれません。

「ねえねえ、聞いて」と言う感じがわかるまで10分くらい、
私の方が石頭でした。
たぶんらむちゃん、「お~い!聞いてってば~!」って
小さな体で一所懸命叫んでいたのかもしれません。

動物達はみんな、いろいろなことを発信して、そして
私たちに教えてくれているんだと思います。
人間側がオープンにならないと、いけないですよね。

らむちゃんによろしくです。


2012/11/17(Sat) 10:00 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。