要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
保護犬ボラさん
2012年06月13日 (水) | 編集 |
わんこ関係のお友達には、ネッ友さんも含めて、保護犬の
預かりのボランティアをなさっている方が、たくさんおられます。
そういう方々は、たいていご自身でも飼っている子がいて、
その上に見知らぬ子を預かっています。

私はいつもそんな方々を、本当に心から
偉いな~
と思うのです。
何故かと言うと、私もかつて2回だけそんなボランティアをした事が
あるんですわ。
ええ、たったの2回。
それしか出来ませんでした。情けない事に。

それはもう、20年近く前の事でしょうか。
まだ爺様が、若かりし頃の話です。
爺様のお世話をするうちに、わんこの目覚めた私は、何かお役に
立つ事がしたいと思うようになりました。
当時はネット環境なんてありませんでしたから、何か広告
のような物を見たのだと思います。

最初に預かった子は、ハスキーのようにバイアイの中型犬でした。
避妊手術をしたあと、1週間ほどのお約束で預かりました。

爺様が他の子に対してどうするのかわからなかったのと、その子は
まだ抜糸が済んでいなかったので洗う事が出来ず、半分外で飼って
いました。

おとなしい、人懐こい子でした。
しかし呼びが全くきかず、一度放れたらどこかに行ってしまう子
でした。

それなのにある日、爺様の散歩のとき私がきちんと門を
閉めなかった
ので、その子は脱走してしまいました。
たぶん、爺様と一緒に散歩に行きたかったのでしょう。

預かった子なのに、逃がしてしまった!
何と言う不始末!
血の気が引きました。
ご近所の方も手伝ってくださって、大騒ぎになりました。

結局その子は、数分離れたおうちの車庫に固まっていて、事なきを
得たのですが…
自分の不注意に、猛反省でした。

次に預かった子も、おとなしくて人懐こいのですが、寂しんぼの
泣き虫で、一人にしておくとオイオイ鳴いてしまうタイプでした。

困ったのは夜で、玄関に置いておいたのですが、一人でいるのは
寂しいと鳴くのです。

仕方がないので、爺様が寝た後、枕を持ってその子の傍でソファで
寝ました。
私が傍にいれば、黙って寝てくれたので。

しかし今度は、目が覚めたら私がいない事に気づいた爺様が、
二階の部屋でオイオイ鳴き出しました。

寝不足で、こちらが泣きが入りました。

この2頭を預かって、私は今の自分の環境ではお役に立てないと
悟りました。
フレンドリーでない爺様のお世話で精一杯の私には、他の子を
お預かりすることは到底無理である事がわかったのです。

今だったら、もう少しうまく出来るとは思いますが、当時の私は
まだまだ若造だったんですね。
やる気はあっても、全然役には立ちませんでした。

その経験があるので、保護犬の預かりを軽やかにこなしている
お仲間の方を見ると、尊敬してしまうのです。
ごく普通に、そうした生活をしておられるわけですから。

でもね、そういう方々が無償で命を繋いでいるのを、当たり前に
してしまう社会では、私はいかんと思うのです。

本来は、行政がそういった事をすべきじゃないのか。
日本人の大好きな、性善説に基づくボランティアに、いつまでも
乗っかっていて良いのだろうか。

でも、まだまだ日本は動物先進国には程遠いものがあります。
盲導犬のような介助犬ですら、きちんと法律で守られていない
のですから。

ただ声高に叫ぶのではなく、さりとて性善説を前提にするのでもなく
何が問題で、何がいけないのか。どうすれば良いのかを、論理的に
見直し、構築し直す時期にきているのだと、私は思うのです。



九盲関係のブログです。
プロの記者並みに、きちんと調べて書いておられると私は思います。

Gstoneさんのブログ
いきもののこと

Ericさんのブログ
アトムの幸せを考える

お二人のブログにも書かれていましたが、ループさんの記事も
是非お読みください。

同和と在日6月号

もう一つ、日本とオランダの動物事情の、何が違うのかをわかりやすく
動画にまとめたものです。
オランダのNPOが作成しました。14分と長いですが、こちらも是非。

キップとそらのQ&A

きいちゃんのアップ 001
きいちゃんの憂い顔


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
私も実際にお預かりするボランティアを考えた事があったのですが、その時にももうティピがいまして、トレーニングの真っ最中だったと記憶しています…。
主人と話し合った結果、リーダーにも成りえていない私なので無理だなと言う事になり、それ以後、私たちは金銭的にボランティアさせてもらってます。
ボランティアは色々なやり方があると思うので、それもありかなって。
例えば、お預かりする事によってご自分の犬の精神面を不安定にしてしまうのなら、お預かりはしないで一生懸命里親探しをするとか色々と関わり方はあると思うんです。
2012/06/13(Wed) 11:43 | URL  | Yoko #l/VZmCVM[ 編集]
Re: No title
Yokoさん

そうですね。
いろいろなサポートの仕方があると思います。
お預かりは、自分がやってみてかなり大変だとつくづく思いました。
私もそれからは、出来る事をするようにしています。
寄付をしたり、情報をシェアしたり、広報出来る事はしてみたり…

にしても、民間のそうしたサポートだけが頼りなのは、どうなんだろうと
思ってしまいます。
公共のサポートが何もない。
そもそも、どうして保護しなければならないような子が、こんなにたくさん
いるのか。
根底を見直そうともしない。

善意ある人の行動と、無知なのか悪意があるのかわからない行為とが
イタチごっこなのが、なんだかな~と思います。

2012/06/13(Wed) 11:51 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
私の周りにもいらっしゃいます。預かりボラさん。
今、自宅のわんこ、1週間程の里帰り、一時預かりと、合わせて、5頭のラブがいます(全色そろってマス)。さらにお仕事もされていて、さらに中学生のお子さんもいらして、ほんとに頭が下がる思いです。
でも、ココアを抱えては、どうしても預かりは出来ないので、お会いする度に、おやつやペットシーツ、ブログでの里親探しなどで、微々たるものですが協力させていただいてます。

先日、迷子サイトで、そのコ達の事が何か載ってないかと(例えば、実は迷子で、ボタンの掛け違いでヒットしなかったとか...)探していたら、地元の迷子わんこを、保護した方と引き合わせてあげる事が出来ました。
これで満足してはいけないですが、すごく嬉しくなりました。
みんなそれぞれが、自分に出来る事を少しずつ頑張ったら、もっとわんこを初めとした動物達にも、優しい世の中になってくれるんじゃないかな~、なってくれるといいな~と思っています。

ちなみに私、動物園は悲しくなって行けないし、イルカショーでは感動して泣いちゃいます(笑)
2012/06/13(Wed) 12:10 | URL  | ココママ #2WdbYHDY[ 編集]
Re: No title
ココママさん

5頭のラブはすごいですね。
私は、そういう方って本当に尊敬しちゃいます。
そしてそういう方って、特に「私はやってます!」みたいな気負いとか
わざとらしさがない事が多いです。
時間の使い方もやり方も、きっと上手なんでしょうね。

私がお手伝いしようとした方のところには、柴君がいました。
この柴君がまた良く出来た子で、ちゃあんと預かりわんこを面倒看るんですね。
爺様は金輪際、そんな事はしないヤツだったので、その時点で私はこりゃだめだ
と悟りましたが…

だからこそ、実質そのようなボランティアをなさっている方は、出来る事で
応援したいと思っています。
わんこを飼いたいなあ、なんて方にさりげなく勧めたり、逆に迷子のわんこの
情報をシェアすることも役立ちそうですね。

保護された子が、良い飼い主さんに巡り合えたり、元の飼い主のところに
戻れたりすると、本当に良かったと思います。(わんこでもにゃんずでも)

保護されるような悲しい生い立ちの子がいなくなれば、さらに良いのですが。

動物園、そう言えば久しく行っていませんわ…
水族館も行ってないなあ。江の島まで30分ちょいなのに。



2012/06/13(Wed) 13:34 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
むふ~ん・・・一応預かりボラをしているので、タイトルですぐに、おぉっ!食いついたのですが、「軽やかに」とは程遠いので、コメントしづらいです(笑)。

私の好みに従えば、ラブを最優先で保護したいけれど、私と私の家族と、そして先住犬にとって、もう1頭ラブを保護するということは負担が大きすぎます。
共倒れにならないためにも、そして長く保護活動を続けるためにも、涙を飲んでラブは見送ります。
また、しつけや毛のお手入れに自信がないので、子犬だとか病気だとかの「手間と時間はかかるけれど、特別な技能はいらない」というタイプを預かることが多いです。

おそらく「預かりをしてみたいけれど無理かも?」と悩んでいる方はすごく真面目に取り組もうとしているからだと思います。
私が思うに、預かりボラに求められる最低限のことは「生かしておく、逃がさない、いじめない」の3つだけです。
センターには収容期限があります。とにかく引き出して、生かして置いておく場所が必要なのです。

好きな犬種、社会への貢献、楽しい預かりライフ、などなどはさておき、まずは「元気、小型、穏やか」というような犬を預かってみてはどうかと、すべての愛犬家にお勧めしたいです。
おそらく2,3日一緒に暮らせば、必ず好きになりますから。

細やかなケアや厳しいしつけ、または高額な医療費が必要な子を預かれる人は限られています。
そういう人がそういう子を預かれるように、預かりやすい子からどんどん引き出す!というコンセプトで私の団体はやっています。
ほとんどが家庭の主婦で使える時間もお金も限られていますが、1匹でも多くの命を助けたいという思いでやっています。
命に変わりはありませんからね。

センターには実にいろんな犬がいますが、一番多いのは和犬中型ミックスで、一番殺処分率が高いのも同じくです。
ラブを飼っている人にとっては、かなり違う生き物だと感じるところが多いかと思いますが、ラブに比べたらお世話は非常に楽です。
そして付き合うほどに魅力が増します♪
引き出して、飼い主を募集してもなかなか応募がないため、長期の預かりになる場合が多いですから、生活形態に変化の予定があるようなお家には厳しいかもしれませんね。

・・・というようなことは、自分のブログで堂々と発言するべきですよね。
しかし主婦団体なもので、でかいこと言っても手が広げられないのです。
都市部にはかならず多数の保護団体がありますから、よく選んで自分にあった団体を見つけて、まずは一度チャレンジしてみてはどうかと思います。

やはりこちらのブログは考えなくてはいけないことを考えさせられるので、さら~っと通り過ぎることができませんね!

最後にはやっぱり・・・きいちゃんLOVE!
2012/06/14(Thu) 17:23 | URL  | ティオ松 #mQop/nM.[ 編集]
Re: No title
ティオ松さん

ティオ松さんも、保護ボラさんをなさっていますよね。
いつも、偉いなあと思って読み逃げしています。(コラ)
楽な子を、と仰っても、時々結構大変そうな子も預かっているじゃないですか。
二頭・三頭一緒にお世話するだけでも、大変だと思います。

保護犬の活動は、あちこちでやっていますよね。
Happy Labsみたいにラブ(レトリーバー)専門のところや、小型犬専門のところ、
保護センターから貰い手のありそうな子だけを、個人で引き出している方、
いろいろだと思います。

預かりさんもそうですけど、保護犬を積極的に飼っておられる方も、私は
偉いなあと思っています。
それも1頭じゃなくて、何頭も…
見捨てられないから、ですよね。

そうやって、後から後から保護しているのに、後から後から捨てられる犬猫達。
なんとかならないのか、本当に悲しくなります。
行政も知らんぷりで、人の善意におんぶに抱っこ。
飼育放棄する人間は、何のお咎めもなし。

って、怒ってばっかりいる私なんかより、今出来る事をコツコツ、そして淡々と
こなしておられる方がたくさんいらっしゃるから、救われる子がいるんですよね。

私もジジババのお世話がなかったら、お役に立ちたいとは思うのですが…
人間のお世話より、こっちの方が意義があるような気がしてしまうのは
親不孝もんなんでしょうが…

今は、ささやかな寄付や広報をするだけで、ひたすら実際に動いている方達に
エールを送るしか出来ません。

これを読んだ方が、やってみようかなと思っていただけると良いと思います。
もちろん、負担のない出来る範囲で。


2012/06/14(Thu) 20:09 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
私は預かりをしていますが、ラブを預かる方が楽です。
犬種の特性が良くわかっているし、自分自身も慣れているから。
一時期はレトリバー種が5頭いた時もあります。
MIXの方が難しいと感じます。
いろんなタイプの子がいてひとくくりでは表現できません。
現在我が家の犬3頭(元保護犬2頭)、保護犬6頭ですが、
いろんなタイプがいて毎日戦争です。
小さな団体を作りましたが、病気の子もシニアもわけ隔てなく、その時に収容されて残っている子を引出しています。
そのせいか、病気やけがの子が多いのですが、それはそれでよしとしています。
治ったら普通ですから。
2012/06/15(Fri) 19:51 | URL  | チャキママ #JkMvrjgc[ 編集]
Re: No title
チャキママさん

チャキママさんも、預かりをされていましたね。
そして、現在はみんなで9頭ですか…スゴイ、の一言です。

いろんなケースがあるんですね。
皆が出来る範囲で、出来る事を長く続けるのが、一番良いような気がします。

20年前、今よりちょっと若かった私は、やる気だけはあったのですが
それだけでは続ける事は出来ませんでした。
家族の理解などもありますね。
今だったら、わんこの扱いは20年前よりもマシになったと思いますが、
家族のかかる時間が前より増えてしまったので、当分は預かりは無理そうです。
気にかけ、広報したり、出来る範囲で寄付をしたり、そんなことくらいしか
今は出来そうもありません。

出来るだけ多くの子を救おうとする団体や、犬種を限る団体、数人のボランティアで
こなしているグループは、貰い手が付きそうな子から引き出すと言っていました。
皆、一頭でも多くとは思っているのでしょう。

それに対して、行政は何もしていないし、保護を必要とする子を作りだしている
環境もちっとも改善されないのが、何とも歯がゆいです。



2012/06/15(Fri) 20:28 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
どちらかというと一般的には悪徳ブリーダーとかペットショップが標的になります。
でもまず、一般の飼い主に対し自己繁殖の禁止、去勢・避妊の義務化を徹底したら随分処分数は減ると思っています。
マイクロチップを入れたら大丈夫と言う方いますが、逆に厄介です。
マイクロチップが入っているがために、センターからの引出しが長引き、挙句の果てに放棄。
知人に譲ったから関係ないとか、ペットショップで既に装着すみで飼い主変更していなかったりなど。
国民背番号制にして、ペットを飼う場合はこの国民背番号が必要になるというのであれば、かなり持ち込みの処分数は減るのではと思います。
変な奴が命ある物を扱ってはいけないのです。

預かりだけがレスキューではありません。
いろんな方の支援があって成り立っていると思っています。
一番は処分される犬猫たちがいると言うことを知ってもらうことからだと思います。
知らない方が多いのです。
処分される犬は放浪MIXだけだと思っている人が多いのですが、
現在センターへ収容される犬は小型犬が多い。
飼い主持込みです。
飼い主が持ち込むので、各自治体の収容情報には情報が載りません。
こういうことを知ってもらうのも意義があると思っています。
2012/06/15(Fri) 21:34 | URL  | チャキママ #y4/8KKGQ[ 編集]
Re: No title
チャキママさん

変なヤツが命を扱ってはいけない。その通りです。
厄介なのは、自分はまともだと思っている変なヤツがいることです。
盲導犬をモノだとか道具だとか言う事も、その人にとっては当たり前なのでしょう。
だから怖い。

犬畜生は、外に繋いでエサをやっておけば良い、と言う認識が長らく続いた
日本です。
まず、犬を飼う前に、人間の認識を改めないといけないと思います。

私も、マイクロチップで万全だ、と言う考え方にはちょっと疑問です。
何をしようが、捨てる人は捨てるのです。言い訳など、ごまんとある。

飼ってはいけない人に、いかにして飼わせないか。
人の性善説に頼っていては、もう処理しきれないと思うのです。

海外には犬飼い税のようなものがありますが、馬鹿な政府はこう言う事だけを
マネしようとしたりしますね。
根本の問題について、何もわかろうとしない。

坂本龍一氏が言ってました。日本って、深く協議しないうちに雰囲気で何か
結論を出してしまうって。
彼は原発の事を言っていたのですが、あらゆる事がそうだと思います。
こんな感じで良いや、この辺で良いや。
それでは、何も変わらない。

出来る事はないか。それだけは常に考えていたいと思います。


2012/06/15(Fri) 21:51 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可