要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬が老いていく時
2012年06月08日 (金) | 編集 |
ラブ爺のかつてのガールフレンドの一人、黒ラブの
アーダおばちゃんが亡くなりました。
16歳2カ月だったそうですから、立派な年齢です。
それでも訃報を聞くと寂しいです。

3年ほど前でしょうか。
きいちゃんも、四国のドッグカフェでおばちゃんに会った事が
あります。
でも、イケメンのはずのきいちゃんなのに何故か
アーダおばちゃんにはボコボコに怒られて、嫌われちゃったっけ。

会った事のない子でも、亡くなったと聞くと涙が出るほど
寂しいです。
実際に会った事がある子達には、想い出がありますから、もっと
もっと悲しい。

私達よりも数段早い時間で、その一生を終えていく犬達。
子供の頃から、年老いて死ぬその瞬間までの時間を全て、
人間に奉げてくれる犬達。

ふと思うのです。
動物に関わる仕事する人は、動物を看とった事のある人だけに
して欲しい。
そしてそのお別れの時に、涙が出る人だけにして欲しい。
その一生を、いとおしいと思う人だけにして欲しい。

かつて近所に、飼っていた犬がフィラリアで亡くなったのに、
「死んじゃったの」と何事もなかったように話した子供がいました。

今はもう、良い年をしたオトナになっているでしょう。
でも私は、彼には動物を扱う仕事に関わって欲しくないなと
思うのです。

ただの愛犬家の偏見かもしれませんが。

ところで、Gstoneさんが非常に興味深い記事をお書きになりました。
私もこれは全然知りませんでした。
良く調べられたと思います。

いきもののこと


Ericさんのブログも更新されていますので、九盲関係に興味が
ある方はどうぞ。

アトムの幸せを考える


前々記事で取り上げた動画ですが、見落としや見間違いがあっては
失礼なので、もう一度拝見しようと思ったのですが、見当たらなく
なっていました。

私は別に、どなたかを個人攻撃するつもりなどありませんし、
ケンカを売るつもりもありません。
そんな事は、犬達にとって何の意味もない事です。
動画を作成された方の名誉の為に申し上げますが、この方は
とても犬を可愛がっていらっしゃいました。
そこには、何の異論もありません。

しいて責任を問うなら、訓練の責任者の責任でしょう。
質の高い、プロならではの仕事を、是非お願いしたいものです。


それから、鳥取ループさんの新しい記事も出ました。
こちらも、是非お読みいただきたいと思います。
よく取材されていると思います。

同和と在日6月号

もう一つ、アトムの動画を作りなおして、世界中に発信してくれた
オランダのNPOから、新しい動画が届きました。


キップとそらのQ&A


何でもかんでも欧米が進んでいる、と言うわけではありませんが
日本で何故動物愛護が徹底出来ないのか、真の意味で進まないのか
わかりやすく説明しています。
14分ほどあり長いので、お時間のある時に是非ゆっくりご覧に
なってください。


なんだか、お知らせばっかりになってしまいました。

布団がないのでし
「布団がないでし」 「お日様に干しているんだよ」



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
アーダちゃん、茶々の親戚犬であり、同じ96年生まれでした。
なので、会った事は無かったけれど本当に親近感のあるワンコさんでした。
一月ほど前に同じ地方のワンコさんの訃報を聞いたばかりでしたのに・・・寂しくなってしまいました。


我が家の凜も11歳。
何があってもおかしくないお年頃になってきました。
でもなぜか茶々の11歳の時とは違い、いつまでもお子ちゃまのような気がしてなりません。
十分シニアなんだけど・・・。なぜでしょう・・・。

2012/06/08(Fri) 13:29 | URL  | char-rin #-[ 編集]
Re: No title
char-rinさん

ウチは、アーちゃんには二回会ってるんです。
一回目は淡路で爺様と、二回目は四国のカフェできいちゃんと。
アーちゃんは厳しい指導がしばしば出るようで、きいちゃんはボコボコに
怒られました。
アーちゃんのママ、モモちゃんはおとなし優しい子で、私はこの子と
淡路で会った時の事も鮮明に覚えています。

ワンコの想い出は、いつまでも色褪せることないですね。

茶々くんも想い出もたくさんありますよ~
マッサージがお気に召さなかった事、梅酒で気持ち良さそうだった事…
好々爺で、いつものらくろ顔でニコニコしてましたよね。
シッポが誰よりもふさふさで。

凛ちゃんには、きいちゃんは怒られてばっかり。
考えてみると、どうもお姉様方に受けが良くないなあ。

まだまだ、凛姐御にはビシっとやって欲しいです。
ヘタレ男子なんて、許さないわ!って。

2012/06/08(Fri) 14:06 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。