要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
正常ではない人達との対話
2012年05月24日 (木) | 編集 |
またしても想い出話で恐縮なのですが、何故か思い出して
しまったので書きます。

世の中に本当に頭がヘンな人がいるんだ、と知ったのはかれこれ
15年くらい前でしょうか。
まだ実家で、ピアノの生徒さんを何十人か抱えていた頃の事です。

ある日、突然チャイムを鳴らして訪ねてきた人がいました。

たまたま私が出てみると、年の頃は30代前半から半ばくらいの
女性が一人、門の外に立っていました。

とっさに、私は生徒のお母さんか、問い合わせの方だと思いました。

その女性は私の顔を見ると、
「○○(私の旧姓)先生のお宅でしょうか」
と尋ねてきました。

当時、我が家はとうちゃんもかあちゃんも私も皆「先生」と名のつく
仕事をしていたので、一瞬「どの先生かいな?」と思いました。

話を聞こうと、その女性の傍に行った時です。
様子がおかしいのに気付きました。

両手の指に、おもちゃのプラスチックの輪をたくさんはめていたのです。
襟元にも、子供用のアクセサリーがじゃらじゃらと。

この人、おかしい
そう思いました。

しかし、ご機嫌を損ねて暴れられても困るので、つとめて冷静に
何事もないような顔をして応対しました。
「何のご用でしょうか?」

するとその女性は、
「ここは○○病院の先生のお部屋ではないでしょうか」
と聞いてきました。
病院の先生と間違えているらしい、と思い
「すみませんが、ここは病院ではないんですよ。」
と丁寧に答えると、その女性は怪訝な顔をして、それでも
「そうですか。間違えました。すみませんでした」
と足を引きずりながら、ゆっくり去っていきました。

翌朝、5時くらいにまたしてもチャイムが鳴り、何だろうと思って
いたら、とうちゃんが
ヘンな女の人が走って去っていったぞ」
と言うではありませんか。

昨日の人だ、と思った私は、それから近所の方何人かに
「こんな事があったんですが」
と聞いてまわりました。

すると一つ隣のブロックの方が、
「それは多分、Tさんの娘さんでしょう。ウチの息子が、二階から
飛び降りるのを見ました」
と教えてくれました。

その方によると、その女性は本当に頭がおかしくて入院していたらしく
たまたま自宅に戻ってきているのだそう。

それで、近所なのに見た事もなかったんだな、と納得しました。

聞けばその女性、何が気に入らなかったのか、隣の家の少年を
いきなりひっぱたいたのだそうです。

ああ、怒らせないで良かった、と思いました。


それから何年かして、またしてもおかしな人の対応をすることに
なりました。

その日はちょうど中学生の生徒のレッスンに来ていて、次の生徒も
椅子に座って待っていました。

そこに、突然教室の扉が開いて、40歳前後位の女性が飛び込んで
来たのです。

その時も私は、「生徒のおかあさんかな」と一瞬思いました。
でも、見覚えがありません。

え~っと…と考えているうちに、その女性は勝手にズカズカと入って
来るではないですか。

生徒達は、目がテンです。

そのうち、その女性が、灰が落ちそうなタバコを持っている事に
気付きました。

この人、おかしい

近所のヘンな人が来た時を思い出しました。
やっぱり、暴れられては困る。
しかも、今回は室内だし、生徒達もいる。彼女たちに、何かがあっては
いけない。

そこで私は冷静を装って、静かに聞きました。
「何か御用ですか?」

するとその女性は、穴があくほど私をじ~っと見つめ(正直、気持ち
悪かったです)、
水をください
と言いました。

「水道の水でも良いですか?」
「良いです」

そこで洗面台に行って、コップに水を汲んでその女性に差し出すと、
一気にガブっと飲みほし、それからまたじっとこちらを見ています。

「まだ何か御用ですか?」
と聞くと、何とも形容しがたい表情をしながら、
「いえ、良いです。ありがとうございました」
と言って、出ていきました。

出ていったのを確認してから、玄関に鍵を閉め、生徒達に聞きました。
今の人、知ってる?

二人とも、首を横に振りました。

水一杯で、帰ってくれて良かったと思いました。

その女性が、どこの誰だったのか、いまだにわかりません。

それらの事件(?)からの教訓、というわけではありませんが
私はかなり深刻な精神病を患っている方とは、あまり関わらないように
しています。
何故って、医者でも専門家でもない私に、出来る事はないからです。

ネットでも時々おかしな人がいますが、よほどの事がない限り
真正面には向かわないことにしています。
ただ、お大事に、と思うだけです。

犬達にも精神病は存在しますが、人間ほど多くはないようですね。
何故なのかなぁ…

なでなで
ちょっといつもと違う顔のきいちゃん


あ、Ericさんのブログが更新されています。
九盲情報をお読みになりたい方は、是非。

アトムの幸せを考える

それから、鳥取ループさんも引き続き取材をしてくださって
いるそうなので、近々興味深い記事を拝見出来る事と思います。

Gstoneさんのブログも更新されていますので、興味のある方は
是非。
合わせてお読みになると、からくりが見えてくると思います。

いきもののこと



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
おひさしぶりです。
ブログの更新滞っていましたが、確実なことを調べるのに
時間がかかってしまいました!
たくさんの方からお話しを聞き、あらためて九盲、それを取り巻く
悪徳ボラの酷さにあきれ果てております。

悪徳ボラが長崎に行ったと書いているようですが、
調べたところ、その事実がまったくでません。
どうも長崎で調べまわっていたのはご本人じゃないようで、
長崎在中で、ある程度人相などから人物特定が
できそうです。

他にもまるでたずねたような描写が書かれていますが、
私が実際に見たものと違うところがいくつか.......
近日中に暴きたいと思っています。

それにしてもアトムのお世話をされてた方達を
冒涜するようなことを書き、貶める。
これって九盲が書かせてるいるととられても
仕方ないですよね~。
放置は同罪ですから。
九盲の裏の顔なんでしょうか?
表では感謝しているなどと言っておいて。

そういえば福岡県の春日市のHPにアトム捜索のお願い
ページがあるんですよ。

九盲の事務局は、福岡県福岡市中央区。
長崎のHPには載っていない。
なぜ春日市?

春日市で目撃情報でもあったんでしょうかね~



2012/05/24(Thu) 20:09 | URL  | Eric #40VAGats[ 編集]
Re: No title
Ericさん

記者並みの取材、本当にお疲れ様です。そして頭が下がります。
これは、関心を持ち続けている方には是非読んでいただきたいと考え
勝手にリンクさせていただきました。

正常ではない、と言う言葉には幅があると思っています。
病気などで、残念ながら普通の思考が出来ない、若しくは問題を含む行動に
出てしまう方達は、病気なので仕方がないと思います。

突然我が家にやってきた、見知らぬ女性達に関して、私は何の感情も
持っていません。
ただ、突然家にあがってくるのはちょっと…ですが。
専門の治療を受けて少しでも改善して、本人の人生が良い方向に向いてくれるよう
祈るだけです。

しかし、普通の思考能力を持ちつつ、異常な行動に出る人達に関しては
目をつぶるわけにはいかないですね。
特に、可愛い犬達がそこに関わっているとなれば、仕方がないでは済ませられません。

特に、金や名誉等の為に、真実を知りつつ捻じ曲げる人間達には、悪寒すら感じます。
人として恥ずかしくないのか、頭の悪さを露呈してみっともなくないのか。

病気は仕方がありませんが、馬鹿な行為は通報しなくてはいけません。
間違いは間違いですから、見て見ぬふりは出来ません。

悪徳ボラが繁殖ボラだなんて、ぞっとします。
誠意を持ってボラをしている人達と、同じカテゴリーに入れるなんておぞましいです。
飼われている犬達が、可哀想でなりません。
誰に何と言われようと、「何でも良いから数を増やせ」という方針には賛同出来ませんね。

春日市のHP、私も見ました。
何で今頃、ココなんですかね。
ハッキリ言って、迷惑以外の何ものでもないと思います。

普通の顔をした、わけのわからない人達が一番タチが悪いと思います。


2012/05/24(Thu) 21:46 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
わが町は人口が多いせいもあって、いわゆる「おかしい人」は身の回りに日常的にいます。
おかしいけどちょっと可愛い人が両手の指くらいはいます。
ワンズが出たり入ったりしていると、門扉を開けて入ってきてかってに遊んでる。
その程度のことは何でもないけれど、九盲のボラは「おかしさ」が違う。
この人たちは相手を貶めるために平気でウソを書きたてる。

でもね、最近、私の周囲の人たちは「あぁ、あれね、読むことは読むわ。だって突っ込みどころ満載でおもしろいもの」って言ってます。
そして、こんなアドバイスをくれました。
これって思うところはコピーして残しておいたらいいわ、って。
だって、削除したりして知らん顔してるものね。

九盲が厚顔無恥なのは議員さんが多く名を連ねてるからよ。
議員は恥を知ったらなれないらしいから、その議員に右へならえしてるんじゃない。

これこそ「おかしい」でしょう。
2012/05/25(Fri) 11:12 | URL  | ワンコのかあさん #5J4Tw7Bs[ 編集]
No title
ブログご紹介下さってありがとうございます。

今回のアトム号失踪事件、裏返せば、積年の放漫経営から脱却するチャンスでもあろうに、生かす才のある人はいないのでしょうね。

繁殖数を削減して、貸与は代替に絞り込み、今年度の新規貸与は自粛。余力をきめ細かいフォローアップと運営体制の再構築に振り向ける…。先を見たら、そんなふうに考えるしかないと思うのですが。
2012/05/25(Fri) 11:15 | URL  | Gstone #-[ 編集]
Re: No title
ワンコのかあさん

かあさんの周りには、おおらかな「おかしい人」がいっぱいなんですね。
この辺は、いわゆる新興住宅地(だった)ので、ちょっと気取った人が多く
すぐ近所にそんな人がいるとは、長年気付きませんでした。

おかしくても、人に危害を加えない可愛いタイプなら、それを知っていれば
どうという事もないと思います。
知らないとちょっと???が並びますが…

ただ、周囲に迷惑を撒き散らすタイプは困りますね。
訴訟問題云々にまで発展すると、やはり家族に監督していただきたいと思います。
幸い、ウチのご近所さんの場合は、もう来なくなりましたが。

もっと困るのは、わかっていて悪意があってやっている人達です。
いや、もはや悪意にすら気付かず、当たり前になってしまっているのかも
しれません。
自分達は正しい。自分達が常識。
その根底にあるのは、自分達に都合が良い事=当たり前、なんでしょうか。

あちこちで笑い物になっていることも、そろそろ気付くべきですね。

政治家の常識は、一般人の非常識。
これも常識ですね。



2012/05/25(Fri) 12:06 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: No title
Gstoneさん

遠くにいて、直接何のつてもない私が、推測で意見を書くといろいろ
厄介なこともあるので、GstoneさんやEricさんのブログを御紹介させて
いただいています。
一般の方でもここまで取材して書けるのに、恥ずかしい記事を書いた一応プロの
西日本新聞の記者は、本当にみっともないですね。
謝罪記事くらい書いたら?と言いたいです。

九盲のお偉いさん達は皆、犬から遠い存在の人達ばかりですから、すべき事も
全くわからないのでしょう。
それなら、専門知識と良識のあるプロから意見を聞けば良いのに、都合の良い人間
ばかり侍らせているものだから、何の知恵も浮かばない。
浮かばないどころか、改善から逆行した方向に向かっていますよね。

誰の為の協会なのか、本当に真面目に考えないととりかえしがつかなくなると
思うのは、私だけではないと思います。



2012/05/25(Fri) 12:14 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
目撃
私も今目撃しました。店の前の信号まちで クラクション鳴らしたといって 20代のにいちゃんが きれてわめいてました
後ろの車は職人さんのトラック 普通に鳴らしただけでしたが
大声でわめき どこかに二台でつれもって走っていったようにみえて 大丈夫かなあと心配です
ぶつかったわけでもないのに そないに大声でわめかんでもねえ
けんかになったら警察呼ぼうとおもってたけど
大丈夫かな 切れた兄ちゃんはどこかに電話をしていたから くだらん仲間を呼んだ??
クラクションも鳴らせない世の中です
2012/05/25(Fri) 12:59 | URL  | DOGLAB #cWcd8Id2[ 編集]
Re: 目撃
DOGLABさん

こう言う人は、病気を患っているわけではなく、異常性格者ですよね。
渋谷で、行きずりの人を刺した男もそうですが、導火線が短すぎです。
こんな世の中ですから、イライラすることもたくさんあるのでしょうが、
それでもある程度自分をコントロールするのが、大人だと思います。

私も追いかけられた事、ありましたよ。少し広い3車線ある道路で。
ノロノロ運転の車が、左車線を走っていたんですわ。
あんまり遅いから、少しピッタリつけて後を走っていたら、あおられたと
勘違いしたんでしょうね。
突然道の真ん中で急ブレーキをかけて、チンピラ風の兄ちゃんが出てきました。
(危ないがな~)
相手をしてもしょうがないし、道の真ん中で停まっている車は邪魔ですから
無視して追い越したら、私の車の後をついてきました。

でもヘタクソな運転で、しかもお馬鹿さんらしく、右車線を走る私を左車線で
追いかけてきたんですね。
で、私が右折してしまったら(普通その可能性を予測すると思うんですが)
追いかけて来られず、左路肩に車を停めて地団太踏んでました。

追いかけるなら、同じ車線を走らなくちゃダメですよね~

普通の人間に見える異常な性格の人間って、病気を患っている方よりも
ずっとずっとタチが悪いと思います。

2012/05/25(Fri) 14:34 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
はじめまして
ブログ村のランキングで、記事が気になったのでお伺いしました。

とても怖い体験ですね…それも二度も…
そういう方々は何をしてくるのか本当に解らないので、とても怖いです。でも冷静に対処できてすごいです!

実は今日、電車内でそういう方と遭遇しました。隣に座っていた年配の女性がタオルで口と鼻を押さえ、私をじーっと睨んできました。「えっ!?私臭いの??」っととても不安になり、着ていたアウターの匂いを嗅いでみましたが、洗剤の香りしかしませんし、今日は涼しかったので汗も掻いていませんし、香水も付けていません。さらにその方はブツブツ何かを言い始め(時々奇声まじりで)、さすがに怖くなったので立ち上がりました…私の次に座った人にも、同じ事をしていたので、恐らくそういう方だと思います…

被害?に遭った日に、こちらの記事を見つけたので、思わずコメントをしてしまいました。長文ですみません。
2012/05/25(Fri) 22:37 | URL  | ウマさん #pQpZY72.[ 編集]
Re: はじめまして
ウマさん

コメントをありがとうございます。

私は、精神障害の患者さんを特別視はしないつもりです。
近所の???な方達に対しても、あらかじめ知っていれば別に
何とも思いません。
でも、知らないとわけがわかりませんよね。

最近は、正常と要治療の方の境目がわからなくなっている気がします。
社会全体が、疲弊しているのかもしれません。

精神障害をお持ちの方は、正直次の行動が読めないので、そこが
怖いと言えば怖いです。
ウチに来た女性二人も、何をするかわからない怖さはありました。

ご家族の苦労もわかる気がするので、あえて何かを申し上げるつもりは
ありませんが、しかし他に迷惑が及ぶようであれば、やはりご家族の方に
注意をお願いしたいです。

病気は病気ですから、仕方ありません。

性格異常はちょっと困りますけどネ。



2012/05/25(Fri) 23:37 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
今、発達障害の勉強をしていますが 1000人に1~2人位の割合で生まれてくるそうです。
先日も お父さんが子供さんの障害を苦に 公園のトイレで無理心中をした事件がありました。
性格・根性の歪んだ奴と 障害者とは別の目で見てあげてほしいものです。

悪徳ボラのブログ、見ました。
あまりにも低レベルすぎて 腹を抱えて 笑ってしまいました。
海外の事情に詳しい方も
「何度見ても 笑える。」と言って
最後には「ばか」と あきれていました。
このレベルで命に関わる事業の運営に関わっているなんて・・・
アトム号のような事件が起こるはずです。
時間はかかっても
「喉元すぎれば」では 終らせませんから!

2012/05/31(Thu) 11:33 | URL  | エコちゃんの母 #oBH5jSAY[ 編集]
Re: No title
エコちゃんの母さん

ウチにも、身近に発達障害の人間がいます。
自分で考えられない、周囲が全く見えない、片づけられない、云々。
病気ですから仕方がないです。
誰も好きこんで病気になる人はいませんもの。

でも、正常範囲の脳みそを持ちながら、正常ではない行動を取る事は
ちょっと困ります。
悪意があればなおの事。
頭が悪いでは済まされません。

例の動画、笑えますよね。
笑えると言うか、何と言うか、私には?マークが山ほど浮かびました。
何ゆえコレ??

素朴な疑問を、本日連合を日盲にぶつけてみました。
だって、もしどこもかしこもこんな訓練をしているのなら、盲導犬の
合格率は永遠に世界レベルには達しませんわ。
ハッキリ言って、どんなに微々たる寄付でもしたくないです。
サポーターの一員として、見解を聞きたいと思いましたので…
お返事が来たら、ブログでも紹介したいと思います。


2012/05/31(Thu) 13:12 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可