要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
ジジイに用はねぇ
2012年05月19日 (土) | 編集 |
ずっとずっと昔の、ラブ爺の先代・クリ爺の思い出です。

クリ爺は柴の雑種で、ラブ爺よりもさらに闘争的、生涯
お友達と呼べる子はいませんでした。
中学のクラスメイトに、押し付けられた形で我が家に来たクリ爺は、
最初からひねくれていました。
そのひねくれ度は、きいちゃんといい勝負だったと思います。

なんで、ウチにはそういう子が来るんかな~

それはさておき、そのように愛想の悪いクリ爺でしたから、当然
敵は多く、散歩のたびにあちこちから吠えられるのは、仕方の
ないことでした。

正確な生年月日はわからないクリ爺でしたが、おそらく15歳くらい
だったのでしょうか。
やる気はあるのですが、だいぶ衰えてヨタヨタ歩くようになっていました。

ある日、宿敵とも呼べる柴君がいる家の前を通りました。
その子は、いっつもクリ爺を吠えまくっていて、しかも家の
ガードが甘く、いつか出てくるだろうと思っていました。

その日も、吠えまくってた柴君。
案の定、柵のすき間から飛び出てきました。

うえぇ~どうしよう???

と思ったのもつかの間、柴君はクリ爺の傍まで来ると、
クルっと踵を返して、家に戻っていきました。
まるで、
「なんだ、ジジイか。じゃあいいわ
と言わんばかりの様子で。

その時私は思いました。
犬には、ちゃんと仁義があるんだ、と。

人間は、時に自然のルールを平気で無視します。
弱者を挫き強きを助け、自分の欲望のままにそのルールを
壊します。
集団で年老いたホームレスを襲う少年たちなどは、その具体例
でしょう。
高齢者を騙す詐欺もそうです。

自分さえ良ければ良い。今だけ良ければ良い。
そんな身勝手な心理の表れです。

もちろん、きちんと躾けと教育を受けた人間は、最低限の仁義を
守る事は知っています。
それでも昨今は、知りつつも自分の欲望に負ける人間が多い。

アナタの立場でそれをしてはダメでしょ?と言う事を、いとも
簡単にしてしまう輩の何と多いことか。

新聞やテレビなどで、モラルの低下した人間達の引き起こす事件を
見聞きするたびに、この柴君を思い出します。
そして、
「俺達は、お家も良くない、教養もない番犬だけどよ。仁義は
知ってらあ」
と言われているような気がするのです。

動物はモノだとか、盲導犬は道具とか言ってる人間達に、ちょっとは
見習って欲しいものです。

そうそう、皆さんにお願いした署名は、17日に提出されたそうです。
詳しくはライフさんのブログを。


チョイ悪きいちゃんは、こ~んなことしてました。

禁断の布団1
そこはターミ兄の布団の上じゃ…

禁断の布団2
豚っ鼻して

禁断の布団3
悪びれもせず遊んでいました


良かったら…

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
本当にそう思います。犬には(きっと他の動物にも)命のルールがきちんとあって、生まれながらにそれを知っていて、当たり前に守っているんですよね。
私は犬が大好きですが、犬と人の関係よりも、犬と犬の関係を見ている時が一番好きです。
弱肉強食、なんてことは決してなくて、お互いなるべくケンカにならないように考えたり、遠慮したり、そして時にはいたわりあっています。
子犬が嫌いな犬は多いけれど、子犬をいじめる犬はみたことがありません。
「嫌いだけどいじめない」・・・当たり前のことですが人間にはそれができてないですよね。

「弱い者が苦しんでいる」という状況に、胸を痛めることもなくただの傍観者であることも、罪ですよね。。。
2012/05/20(Sun) 22:36 | URL  | ティオ松 #mQop/nM.[ 編集]
Re: No title
ティオ松さん

そうですよね。
命に対する自然のルールを、一番守っていないのは人間だと思います。
当たり前の事が当たり前に出来ない。自分の常識が人の常識と思いこむ。
本能によるコントロールが、効かなくなっているのかもしれませんね。
そんな人間は、全然万物の霊長なんかではないです。

生命が弱っている者に対しての仁義、柴君はしっかり持っていました。
クリ爺はまだやる気満々でしたので、
「ジジイとはなんじゃ、待てこの若造!」
とか何とか言ってたんだと思いますけど、そういう挑発には一切乗らず
クールな番犬・柴君はりりしかったです。

助けるべきものを、見て見ぬふりをするのも生命のルールからいったら
違反だと思います。
大自然の中でならともかく、現代の叡智を持った人間がそれをするのは
ただの怠慢です。

ティオ松さんのように、一所懸命保護犬をお世話している人がいる一方
お構いなしに捨てる馬鹿がいる。
或いは、自分は何もしないのに、文句だけは一丁前に言う身勝手なヤツも。

動物達が当たり前にしている当たり前のルールを、守れる人間が増えて欲しいと
心から思います。


2012/05/20(Sun) 23:16 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
こんにちは~(*^_^*)
今、気づきましたけど、
変なサイトが立ち上がっているんですね。
なんですか、あれは?協会公認サイト?…黙認サイトか…。
アトムくん探すために、ライフさんへの誹謗中傷?
どこまで行ってもお粗末な団体。

…以前、花菜と散歩中にノーリードのアメコカが
歯をムッキムキにして唸りながら駆け寄って来た事があるんですよ。
私が花菜の前に立ったら、一応立ち止まったんですけど
ギャンギャンウーウー右行ったり左行ったり。

飼い主は呼び戻しも出来ないのに、遠くで名前を呼ぶだけ。
しつこいので「捕まえて下さい」といったら
慌てて駆け寄ってきたはいいのですが、
その飼い主、なんと首輪を掴んだ時に自分が咬まれそうになって
元いた場所まで走って逃げて行ったんですよ。
犬を置いたまま。

他人が咬まれてもいいのか、と呆れました。

その時の事をふと思い出しました。

(因みに咬まれませんでしたよ。なぜか、偶然通りかかった
近所のおばあちゃんに呼ばれたらあっさり帰っていきました。
多分、私と花菜が怪しい侵入者だったんだと思います。
犬の方が引き際を知っているんじゃないですか。)

2012/05/21(Mon) 11:49 | URL  | Heil #oQPMwQpk[ 編集]
Re: こんにちは~(*^_^*)
Heilさん

あれ、また変なことしてるアホな人がいるんですか。
気付きませんでした。
自分達は正しいと思っているのかもしれませんが、少数派であることに
早く気がついて欲しいものですね。
本当に正しければ、多くの人が支持しますから。
こそこそネットで動くのが、みっともない。

犬達のルールは、一貫性がありますよね。
その行動にも理由があります。
おそらく、コッカー君にも言い分があったのでしょう。

自分の犬をコントロールも出来ない飼い主ですから、リーダーとしては
認められていなかったに違いありません。
だからコッカー君、一所懸命に自分のテリトリーを守ろうとしていたのでは。
本来飼い主がしっかりしたリーダーであれば、仮に吠えかかっても
呼び戻しは効くはずですもん。

だいたい呼び戻しがきかないのに、放すなっての。

近所のおばあさんに呼ばれて行っちゃうのも、不思議です。
飼い主は誰なんじゃ。


2012/05/21(Mon) 15:07 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可