要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曖昧な定義
2012年05月01日 (火) | 編集 |
GWですね~
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

我が家は、私の誕生日があるにも拘らず、何のイベントも
ございません。

金なしヒマありのワタクシは、かあちゃんのお守を兼ねて
おダンス教室に行くくらいです。

気分的には、何だかあまりパッとしません。

イベント三昧のご家庭が、ちょっと羨ましいです。

ところで最近、車による悲しい事故が相次いでいます。
ディズニーランドに向かう途中の、高速バスの事故もそうですね。

私はかねがね、高速バスだけでなく、観光バス・長距離トラック
運転手のスケジュールはどうなんだろうと、疑問に思っていました。

コストを下げる為に、一人の人間を酷使する。
その結果、無理を重ねてきた体は悲鳴を上げ、居眠りや、過労により
判断力が鈍るなど、安全な運転が困難になる状況になります。
事故にならない方が不思議です。

そのつど、聞かれる言葉があります。
適正」「適宜」「適切」などと言う言葉です。

運転手には適宜休憩を取るよう指導していた。
運行は、法律上問題なく適正だった、云々。

それなら何故、このような事故が起こるのでしょう?

同じ事は、他でも言えます。

身体障害者補助犬法もそうです。
「自ら身体障害者補助犬の行動を適切に管理することができる者が
扱う」
「犬を苦しめることなく愛情をもって接すること等により、これを
適正に取り扱わなければならない」

適切・適正って、何なんでしょう。
こんな曖昧な言葉では、法的に意味がないと思うのです。

「犬畜生なんて、昼間は繋いで飼って、夜になったら裏山に
放しておけば良いさ」
と言う飼い主と、
「犬は家の中で飼って、運動や食事には人間同様に気を使う」
と言う飼い主とでは、「適切」の定義が違うでしょう。

日本には、曖昧な定義が多過ぎると思います。

曖昧ゆえに、感情の摩擦が起きない場合もあります。
しかし法的な事となると、曖昧表現では困ります。

何故曖昧か。
それは、行政や機関のトップが責任を取りたくないからでは
ないでしょうか。
つまりその決断を、現場に丸投げしているのです。

私はこれを、「日本人の大好きな性善説」と呼んでいます。
まあ大雑把に決めておけば、あとは皆良心でやってくれるさ、と。

でも、人の感覚に依存する法律では、法律としての意味をなしません。

ループさんの記事にもありましたが、盲導犬の入店拒否をしては
いけないという法律も、そのあとに「ただし」で続く文章があります。

「障害者補助犬の同伴により、当該施設に著しい損害が発生し、または
当該施設を利用する者の著しい損害を受ける恐れがある場合、その他の
やむを得ない理由がある場合はその限りではない」

著しい損害って何なんでしょう。
毛が散る云々と言う意見もあるそうですが、服を着たおとなしい
盲導犬が、空中に舞い散るほど毛を撒き散らすのでしょうか。

私は、個人的には躾けの悪い子供が走りまわる方が、よっぽど
不衛生だと思います。

しかしこんな曖昧な表現では、店側の責任者が著しく犬嫌いであった
場合など、
「ウチにとっては損害がある」
と判断すれば、入店拒否が出来ると言う事になってしまいます。
実際そのように拒否され、問題になったケースが、ループさんの
記事には書かれていました。

立場の弱い人達、またもの言わぬ動物達を守るための法律には
曖昧な表現ではなく、きちんとした規準を示して欲しいと思うのです。


見つめるでし
ねえねえ

ちろり
何でしか

最近キミ、態度大きいよ




良かったら…

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
多分、後々お役所が管轄省庁として動かなくていいように
とりあえず作ってる法律だから、なんでしょうね。

動物愛護法のみだりに殺してはならない、とかのみだりに、とは
なんぞや、という話と同じです。

適宜にとかみだりに、とか特に日本語は異常なほどに柔軟で、例え誤用であっても、多数派がそうした使い方をしていれば、そうなってるなら仕方ないと、そうした用法が日本語として定着してしまいます。

ペットショップにしても平米数やバックヤードの広さに準じて数値を出し、飼養できる頭数を制限することもできるのに、
適宜に適切に、としてし まう事で、熱意ある人がお役についても大ナタを振るえない。

深夜営業の規制がようやくにきまった動愛法改正も未だに許認可制にもなっていない。

補助犬法にしても、ユーザーに盲導犬の世話をおしつける6条などは障害者への負担ではないか、といったような意見もあるようですが、それはおかしな話で、

盲導犬は命ある動物であり、犬であるので、ユーザーがきちんと自分の望むとおりに仕事をしてもらいたいのであれば、犬の身心の健康維持は不可欠。さらに世話を通してきずなも深まる。

義務というと=負担と十派ひとからげで敬遠する人もいますが、
業務について貰うための最低限の担保なんですよね。

そうしたユーザー側に求められる世話というのはユーザーに還元される。

さいきん補助犬法というと入店拒否に対しての糾弾行動の際の表看板的側面ばかり強調されますが、
ユーザーと盲導犬の良好な関係の為に、また、さまざまな公共空間の中に入っていくために何をすべきか?といった部分も
見て欲しいと思いますし、

またそのためにも具体的な法律であって欲しいと思います。

とりあえず性善説、ってのは小賢しいですよね。
角がたっても動かないで済むように予防線はってるだけにしか見せません。

2012/05/01(Tue) 20:33 | URL  | さらら #A93u/B5U[ 編集]
Re: No title
さららさん

そうですね。
私はこの「性善説」が、個人的には嫌いです。

こう言うと目くじらを立てる人がいるかもしれませんが、盲導犬というだけで
全てを「善」にしてしまう全体主義的な偽善が、実際に起きている問題を
見えにくくしているのだと思います。
盲導犬育成は世のため人のための、正しい清い行為であり、そこに不正など
あるはずがないと、信じている方達は多いと思われます。

その陰で、杜撰に扱われている盲導犬が何頭もいたこと、いい加減なユーザーも
存在すること等など、私達は長い間知らずにいました。

でも、所詮は人間の行っている行為であり、そこに公金が絡んでいる以上
全ての人が清く正しく絡んでいるわけではないと想像するのは、容易いことです。
ましてや今回のように、前代未聞の事件が起きているのですから、あり得ない
と断言するのは現実から離れていると思います。

盲導犬の世話を負担としか思えないのであれば、そもそも盲導犬とパートナーには
成り難いのではないか。
確かに大型犬の世話ですから、機械のようにはいきません。
それを承知で、取り組もうとしないのであれば、私は個人的に盲導犬を渡すべきではない
と思います。

もう一つ、面白いデータがありましたよ。
施設連合の盲導犬情報や、財団図書館の資料によると、盲導犬を貸与されても
実際にはほとんど使っていない人が2%もいる、とか実際の申し込み人数は
1年に150名ほどだとか。
まあこれは平成10年の資料なので、現在はどうなのかわかりません。
ただ、この頃から待機人数は4700名とか7800名と言われているんですよね。
他の数字は出てこないのかしら。

それからほとんど使用していない2%の人は、どうしていたのかも気になります。
今はゼロ%なんでしょうかね。

生きている盲導犬とユーザー、そしてそれを受け入れられる柔軟な社会を目指すには、
具体的な法律と、きちんとした最新のデータを公開する事ではないかと思います。
「曖昧」な法律と古いデータでは、意味がありません。

2012/05/01(Tue) 21:54 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
師匠から一言。
「日本の法律で 曖昧では無い法律が 一つだけある。
 道路交通法だ!しかも日本全国一律で厳しい取締りと罰金!
 命に関わるからと言うのならば 動物愛護法だって同じ!
 これって おかしくない???」

結局の所 日本の法律は 国民の為ではなく
役人の為の法律なんですね。
間違っている法律は 変えていくべき!
それが「民主主義」と言うものでしょう!!!
一番の根っこは ここでしょうね。
2012/05/02(Wed) 00:44 | URL  | エコちゃんの母 #oBH5jSAY[ 編集]
Re: No title
エコちゃんの母さん

取り立てる際の法律は、実にキッチリしていると思います。
でも私は、ネズミ捕りに捕まる度(そんなに捕まっているのか)に思いました。
やるんなら、100%全部取り締まってくれ。
空いている道路で、物陰に隠れておとなしそうなヤツだけを捕まえないでくれ。
ベンツも外務省ナンバーも、公平に捕まえてくれ、と。

日本の法律は、本当に国民目線ではないですね。
役人にとって、彼らの逃げ道が始めから用意された、彼らに都合の良い法律です。

今回のバス事故でも、一日の上限が670キロって、何だそれ?と思いました。
やった事のない人間が、机上でてきとーに決めた数字としか思えません。
実際に走ってみろよと。せいぜい500キロ、それも連日は無理です。

本当に命を大切に考えて、国民の事を考えて法律を決めるのであれば
現場の声をきちんと取り上げて、本当に頭の良い人が決めて欲しいです。

曖昧な言葉、そして小難しい言葉の羅列では、活きた法律には程遠いものに
なってしまいます。
問題が起きてしまったらなおの事、変えるべきは変えて欲しい。
トップダウンを期待出来ないのであれば、気付いた人達で働きかけるしか
ないですね。




2012/05/02(Wed) 09:46 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。