要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
福祉ってなんだろう
2012年02月06日 (月) | 編集 |
いつまでもしつこくこの話題を引っ張るつもりはないんですが
一つだけ、書いておきたい事があります。

それは、「障害のある方と、どう接したら良いのか」と言う事です。

私は健常者です。
それも、人一倍丈夫な方です。

だから、何らかの障害がある方の、本当の気持ちはわかりません。
ただ、何かしら不自由な部分があるかもしれないので、出来る事は
お手伝いしようと思っています。

盲導犬のボランティアも、少しでも視覚障害者のお役に立てるなら
と思って参加しています。

障害があっても、それに負けずに頑張っている方がたくさん
おられるだろうから、と。

しかし、世の中にはそうではない人もいると言う事に気づきました。

ターミ兄の姪っ子は、聾唖です。
母親が妊娠中に風邪薬だか何だかを服用したせいだとかで、耳が全く
聞こえません。

その事は、不自由で大変だとは思いますが、だから何をしても良い
ということはありません。

姪っ子は傍若無人な子です。

まだ私達が結婚する前、姪っ子はターミ兄の家に身を寄せて
いたのですが、ある日ボーフレンドを家に連れ込み、二人で
イチャイチャしたあと、風呂場に向かって、居間にいた私達の目前を
裸で横切っていきました。

彼女と一緒に、上半身裸のボーイフレンドも横切っていきました。
この子も、聾唖でした。

私は、恥知らずで礼儀知らずな若い二人に、目がテン。

ターミ兄によると、この子の母親の口癖は、
「だって障害者なんだからしょうがないじゃないの
だそうです。

そうでしょうか?
聾唖だったら、挨拶しなくても良いんでしょうか。
裸で人前を横切っても良いんでしょうか。

何年か前、某盲導犬協会の引退犬のボランティアに関して、
お友達がトラブルに撒きこまれた事がありました。
一度決めた引退犬の引き取りを、ユーザーの一方的な都合だけで
取り消したのです。
お友達はその子の為に、いろいろな準備をして楽しみに
待っていたのに。

私はその時、ボランティアをなめるな、と協会に抗議しました。
ユーザーは客でもなければ、上司でもない。
勝手な事をするな、と。

その時、協会の人が言った言葉が、忘れられません。
「ああ言う人達は、言ってもわかりませんから

これって、どういう意味なのでしょう。
視覚障害者は、常識がなくて当たり前なのでしょうか。
通常の話し合いが出来ないのでしょうか。

随分失礼な話です。
これこそ、差別じゃないですか?

障害があるから、少々の身勝手は許されると思う、
甘ったれた障害者。
障害があるから、どうせわかりゃしないと決めつける健常者。

私は、どっちもどっちだと思います。

不自由があるから人の手を借りることはあっても、だから
何を言ってもやっても良いという事はありません。
人として、間違った事をした時には、抗議をすべきです。
場合によっては、その責任を取ってもらう事は、当たり前です。

変な特別視はかえって失礼であると、私個人は思います。

長崎の疑惑のユーザーと、管理が出来なかった協会こそ、
勘違いと差別の関係ではないでしょうか。

下手な言い訳をしていないで、即刻改めていただきたいと
思います。
常識と良識のバランスが取れていない関係の上には、正常な
福祉など成り立ちませんから。


カラスだ~
カラスの声に??なきいちゃん


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
私も思います。逆差別じゃないかと…
盲導犬の虐待事件の時も、今回の盲導犬失踪事件も
そういう甘やかし的な逆差別が招いた結果だと思います。

言っても分からない!なんてことはありませんよ。
精神疾患ではなく、目が見えない、耳が聞こえないだけなんですから…
対等な人間同士として接することから、本当の福祉は始まると思います。
犬は物じゃない…命なんだと言う事を理解させてから盲導犬を与えるべきです。
2012/02/07(Tue) 02:45 | URL  | vanira #aIcUnOeo[ 編集]
Re: No title
vaniraさん

そうですよね。
何らかの障害があっても、第一線で活躍している方達は
皆さん仰います。
親御さんが、障害に甘えることなく自立出来るようにと
育ててくれたからだと。
特別な才能がなくても、当たり前の常識人として生活する事は
当然の義務だと思います。
周囲の変な気遣いが、かえって私は不親切になっていると思います。

言ってもわからない、なんて職員の言うべき言葉では
ないと思います。
間に入って調整するのが役目じゃないですか。

そんな意識で、たらたら職務に当たっているからこういうことに
なるんです。

聞きました?本当か嘘かわかりませんが、このエロジジイ
愛人がいて、そいつがとんでもない女だったとか。
何にせよ、ユーザーの環境について、何も把握していなかった
という事実はありそうですね。
やはり、怠慢です。


2012/02/07(Tue) 09:57 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
言ってもわからない、言わなきゃもっとわからないですよねー!

言ってもわからない、なんて言うのは、相手を馬鹿にし過ぎです。だって言い換えたら『あいつら頭悪いオバカだから』て決めてるのと同じ。

逆に考えれば、意見でも文句でも、とにかく面と向かって言われるって事は、有り難いと私は思いますね。(単なる恨みそねみとかの誹謗中傷とかは別ですが、そーゆーのは内容聞けばある程度すぐ解りますよね)

良くしていきたい!の信念が根底にある意見がどうかうやむやにされないように…と願います。
2012/02/07(Tue) 11:41 | URL  | しろくろニャンズ #-[ 編集]
ご無沙汰しております☆
7日の本日はラブ爺さまの命日ですね☆
お誕生日も命日も愛しい大切なスペシャルな日ですよね。
ラブ爺さん、幸ちゃん、楽しくやってるかなぁ。


先週、夫と散歩をしていたら白ハスキー犬のお爺ちゃんを見かけました。
その白ハスキー君はお母さまとお子さま(小学校高学年くらい)と一緒にお散歩をしていました。
お母さまがスーパーの中に入ると、お子さまがを無理矢理ワンコを引きずり蹴飛ばして…私は思わず『どうしたの?!』と少し離れていたので大きな声をかけました。
白ハスキー君が私達夫婦をジーッと見て動かなくなり、歩み寄って頭を撫でました。
くそガキに『どうして蹴るの?』と聞いたら『だってーお母さんもこうやってるもん』と。
私は『大変だと思うけど、この子もがんばってるし、蹴るのは良くないよ、この子をよろしくね』と話しました。
白ハスキー君には、心の中で『がんばってるね、いきたくなったらいっていいんだよ、大丈夫だから、祈ってるよ』と伝えました。
この後、家に帰るまでずっと涙が止まりませんでした。

だからなんだ?(笑)
長々とすみません^^;


障害者のお話し、頷きながら読ませていただきました。
赤ちゃんやお年寄り、妊婦さんも同じかなと思います。

私、先週重症のぎっくり腰ちゃんとなりまして…
不自由な生活の中で改めて学ばせてもらっています。

父も事故で特級の障害者です。父のお陰で障害者や健常者の対応にも色々思うとこのある日々です。
2012/02/07(Tue) 14:57 | URL  | 幸太lab #-[ 編集]
Re: タイトルなし
しろくろニャンズさん

言ってもわからない、って失礼ですよね~
言ってもみないで決めつける、その段階でもうどこか
おかしいと思います。
健常者の驕りですよね。
別に視覚障害がある人は、脳がおかしいわけじゃないんですから。

反対意見は、あって良いと思います。
ここのコメントにも、たまに「私はそうは思いません」
って方がいらっしゃるけど、それはそれで意見ですから。
ただ、明らかに私の考え違いだったり、勘違いの場合は
謝ります。
人間ですから、食い違いもあるし、間違いだってありますもんね。

確かに、頑固な障害者もいるかもしれないけど、そういう人達に
関わる仕事をしているのであれば、やっぱり投げやりになっては
いけないと思います。
でないと、いろいろな事が良くなるどころか、悪くなりますもん。

2012/02/07(Tue) 15:15 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
Re: ご無沙汰しております☆
幸太lab さん


そうなんです。今日は爺様の命日なんです。
よく覚えていてくださいましたね~
ありがとうございます。
爺様、きっと喜んでいると思います。

弱い者に優しさを持てない人間って、私はどこか壊れていると
思います。
子供の場合は、100%親ですね。
子供なんて、親の言った事じゃなくて、している事をマネしますから。
このクソガキの親は、どんな人物か推して知るべしでしょう。
こうして育った人間が、盲導犬の虐待も平気でするようになるんだと
思います。
人間的に欠落しています。
どこかに障害がある方でも、ずっとずっと人間的に優れた方は
たくさんおられると思います。
恥ずかしいでね。五体満足のくせに、中身が欠けているなんて。

何でもそうだと思います。
だから不良老人もいますし、子供連れなら何でも許されると
思っている母親もいます。
みんな、自分勝手から出てくる甘えですよね。

わんこの方が、生きる事に関してはずっと心得ていると思います。


2012/02/07(Tue) 15:24 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
なかちゃんには もう 30年からの お友達で障害児のお母さんがいます!
障害にも いろいろあり それを取り巻く環境も また さまざまです!
私は その お友達も その障害の子供も 尊敬しています
お友達は とても 愛情豊かで いろんなことから 決して逃げません
その子にも わかる言葉で わかるたとえで いろんなことを 教えています
その子の 尊敬できるところは なかちゃんが 遠い昔に無くしてしまった すばらしい 感性があるところ!
いつも う~~~んと 唸ってしまい ときには 涙が出そうになります

障害児だから わからないのではなくて わかってもらう 努力をしないのだと おもうんです!

盲導犬だけでなく 虐待する人間は どこか 壊れている気がします

今日は 爺さまの 命日だったんですね
きっと ターミ姉さんのそばで アトムくんの話に ためいきをついている気がします
2012/02/08(Wed) 00:08 | URL  | なかちゃん #-[ 編集]
Re: No title
なかちゃんさん

そうですねぇ。
爺様、ガッカリしていると思います。
わしの命日に、なんじゃその話題は、って。

いろいろな情報が交錯していますが、ただ一つ言える事は
皆が常識と良識をもって、それぞれの役目に真摯に向き合えば
何の問題もないことだと思うんですね。
なにかトラブルが起きそう、と言う時にリーダーシップを
発揮すべきセクションがシャキッとしてくれれば良いんです。
それがいい加減だから、こう言う事になる。

こんな話が出れば出るほど、盲導犬なんてやめちゃえ
と言う意見も増えると思います。
責任者の怠慢です。

障害があっても、そんな事をものともせず、本来の輝きを持って
生きておられる方もたくさんいらっしゃいます。
考え方、捉え方の問題だと思うんですね。
私は健常者なので偉そうなことは言えませんが、何かを理由に
身勝手な人間にはなりたくないと思います。

そうですね。虐待を平気で行える人間は、どこか壊れていると
思います。
たとえ五体満足であったとしても、人間としては不満足です。



2012/02/08(Wed) 00:23 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
普通に
障害者と接するですが、普通でいいんだと思います。
目は見えないけど、勘は鋭いです。
健常者の方が偏った考え方をしがちだし、小さいころからの障害者への教育と接し方が必要だとも思います。
障害者の気にしている部分に対して、気持ち悪いとか言わないようにして頂きたいです。
こういう方は心が障害者ですね。
私のいとこはこれでかなりめげました。小さかったために受け止められなかったのでしょう。
でもエレクトーンを一生懸命習い、それこそ辻さんではないですが、テープから音を聞き取って級もとっていました。
とにかく普段は普通に接して、サポートが必要だと思うところで手をさしのでべくれればいいんだと思います。

車いすで通行する方の為歩道をふさぐような自転車を動かしたり、ゴミをどかしたり。
皆が気持ちよく生活できるように・・・
知らない相手でも思いやる心を持つということが必要なんだと思います・・・・なかなかできないけど。

我が家のわんこ達も爺様のように長生きしてほしいなぁ。

2012/02/08(Wed) 19:36 | URL  | チャキママ #JkMvrjgc[ 編集]
Re: 普通に
チャキママさん

そうですねぇ。要は普通の思いやりを、誰に対しても
当たり前に持てれば良いんだと思います。
健常者同士でも、何でそんなことで?と思うような
些細な事で取っ組み合いになったり。
何だか、世間全体がトゲトゲしているのが、ちょっと
嫌な感じですね。

障害があろうがなかろうが、頑張っている人はちゃんと
頑張っていると思います。
逆に、何も問題はないのに、ダラダラ過ごしている健常者も
たくさん。
それこそ、甘ったれんなと思います。

甘える理由はいくらでもあります。
年だから、世間が悪いから、子供がいるから、障害があるから。
でもそこに胡坐をかいてはいけないと思います。
だから私は、自分がババアになっても絶対に「年だから」
のセリフは言わないようにしようと思っています。

甘えない、当たり前の思いやりを持つ。
簡単だと思うんですけど、どうして人間はややこしく
なってしまうのかなあ。

わんこは自然ですよね。

み~んな元気に長生きしてくれると良いと思います。
爺様の年齢を、バンバン越してくれる子が出てきて
くれますように。


2012/02/08(Wed) 23:18 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
またお邪魔します!
私の生徒さんで、弱視の男性がいらっしゃいます。
(見た事あるかも?)

年々視力が落ちてきていて、全盲になるのも時間の問題だと本人がおっしゃってますが、
その方の良い所は、視覚障害者だからと言って、それを理由に甘えず逆に自分から健常者に歩み寄る所です。もう年齢も年齢なので、これまで大変な苦労をしてきたのだろうと思います。
ダンスにもかなり前向きで、『先生、僕は頭を真っ直ぐにすると、もう下が全く見えないんです。だから不安になって下が視野に入るように頭が入っちゃって姿勢が悪くなるから、そうなっていたらビシバシ言って下さい!』って言うんです。教室にいらした時も、わずかな段差などがありますから手を貸そうとしますが『ははは(笑)先生、大丈夫だよ〜!ありがとう』と笑顔。

私はいかにも障害者扱い(腫れ物を触るような)は、したくないので『何かあったら言って下さいね!』と、スタンスにしてます。その方との間柄だからそのスタンスが出来るのかもしれませんが。

あと、『へー!』と感心した事がありまして、その方は街を歩く時は、指示棒はまだそんなに必要ないそうなのですが、指示棒を持ってると、周りの人がそれを見て『あ、視覚障害者なのだな』とわかって、ぶつかる事も無いし、一応外に出る時は周りの人に迷惑をかけない為に指示棒を持つと言ってたのですね。

周りへの気配りなんですよね〜。

私それを聞いて、『はは〜』と。

その方、以前デモにも出演された事がありましたが、『先生、周りの方に迷惑になるとイケないから、僕は胸に目印のリボンとか着けるから、司会の人に今日は視覚障害者が居て、胸にリボンをつけてるから、って会場の皆さんに敢えてお知らせしてくれないだろうか?でもダンスは踊れるからぜひ遠慮なく誘いに来て欲しいと』とお申し出下さいました。実は片方の耳もあまり聞こえないらしく、そっちの方向から話かけられても聞こえないから、結果無視した事になっては相手に失礼だから…と。

パーティーではその旨を司会の方にアナウンスしてもらいました。他のお客様にも後日になって『お知らせされてよかったわ、だってやっぱり知っていたら、私達も配慮出来るから!』と言ってくれた方が居て…(泣)あ〜、自分から歩み寄れば、事態って乗り越えられるんだな〜って心に沁みました。
この方の、『先にわかってもらっておこう』的な行動って、私達にとっても有り難いと思いました。

色々な苦労を経験してきての、この方の行動って前向きでしかも周りへの配慮もあって…、その方は、公表してもらった方が自分のキモチも楽なんだよ、と(^^)迷惑かけずに済むからって。
私はそこから、何だか凄い事を学んだ感じがしてます。

2012/02/09(Thu) 10:14 | URL  | しろくろニャンズ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
しろくろニャンズさん

もしかしたら、私その方を見た事があるかもしれません。
以前、やっぱり弱視の方がいらしてましたよね。
ダンスは、ブラインド部門があると言うのと、自分がダンスを
始めるまで知りませんでした。
健常者って、そんなふうにそうじゃない人のことに、気付きも
しなかったりするんですね。

でも、体のどこかに不自由な事があっても、人生を楽しもうと
する人達って、いっぱいいると思います。
言い訳なんて、いくらでも出来ますもんね。
男だから・女だから、年だから、環境がこうだから…
「オメエはどう生きたいんだよ!」
って言いたくなります。
結局は、その人がどこを向いているか、なんでしょうね。

自分が苦労をしてきたからこそ、周囲に配慮出来る人と、
苦労してきたから、反面何をしても良いと勘違いしている人と、
その差はものすごく大きいと思います。

年齢や障害のせいにしないで、出来る事を進んでやる方って
素敵です。

ターミ兄の姪っ子なんて、甘やかされて育ってきたので
平気でいぬたま君のものも盗んだりしたそうですよ。
母親もそれを叱らない。
心優しきいぬたま君は、目茶目茶腹が立ったそうですけど、
「女だからぶん殴れない」
を目をつむったそうです。
それを良い事に、やりたい放題の礼儀知らずだったそうです。

そういう彼女が結婚して、子供を持った時が恐ろしいです。

健常者もそうだと思いますが、言い訳と甘えの上に
胡坐をかく人間には、なりたくないと思います。



2012/02/09(Thu) 10:37 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
過去記事に失礼します
ターミ姉さまこんばんは。

私はアトムの問題を知ってから盲導犬や障害者福祉など少しずつですが考える事が増えてきました。

犬の犠牲があって迄障害者の福祉の為に盲導犬が必要なんだろうかとさえ思っています。

でも犬も幸せ人も幸せなら盲導犬の制度自体はあっていいと思いました。

今ライフアニマルさんの署名がユーザーを選択する差別になるみたいなブログを見ましたが、私は犬を適切に適正に管理出来るユーザーを選ぶのは間違っていないと思っています。それを差別というのなら差別でもいいです。犬を大切に出来る人を選んで貸与してほしいです。

アトムの事を知ってから毎日毎日悲しくてたまりません。
2012/02/28(Tue) 20:28 | URL  | りんちゃん #NkOZRVVI[ 編集]
Re: 過去記事に失礼します
りんちゃんさん

こんばんは

私も含めて、多くの方が知らなかった事が、表面に
出てきたのだと思います。
どのユーザーも、きちんと審査されて指導を受けているわけでは
ないとわかった以上、ユーザーを選ぶ事は差別ではありません。
しいて言うなら、ただの区別です。

署名とユーザーの選別は、何の関係もありません。
こういう論点をすり替える人に、惑わされないでくださいね。

盲導犬は道具ではありません。命ある存在です。
障害があれば誰でもOKと考える人がいたら、その方がおかしいと
思います。
適切に管理できる人に貸与する。
当たり前の事です。
2012/02/28(Tue) 21:19 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可