要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷いなく生きる
2012年01月29日 (日) | 編集 |
一時的であれ万年であれ、他人に対して不満がゼロ、
ということはまずないと思います。

不満があると人間、無意識にブツブツ独り言を言っていたりします。
「まったくもお…○○ったらどうでこうで…」

私もたまに、洗濯物を干しながら一人でぶつくさ言っていたりします。

そうすると、きいちゃんは私を避けて、部屋の隅っこに行ってしまいます。

きっと、私から発せられる負のエネルギーを感じるんでしょうね。
そして、それが嫌なのでしょう。

動物が偉いなあと思うのは、彼らはネガティブな思考を持ちません。

「そんなの、動物は本能しかないんだから当たり前だよ」
と言う人もいると思いますが、はたしてそれだけでしょうか。

ならば、マイナス思考は進化の証なんでしょうか。
だったら、進化なんかしない方が良いんじゃないかと思ってしまいます。

妬み・嫉み・憎しみ・恨み、などなど。
それが自分に向けられるのであれ、他人に向けられるのであれ、
あまり良い結果は出しません。

でも、わんにゃん達には、そういう感情がほとんど見られない。

可愛い嫉妬心くらいはあります。
でも人間のように、それが元で大きなトラブルになることはまずない。

ヒドイ飼い主だからと言って、恨んだり呪ったりもしません。

ある方が仰っていたんですけど、明日をも知れないわんにゃん達の
気持ちを聞いてみると、ほとんど感謝の気持ちだけなんだそうです。

今までお世話してくれて、ありがとう。
可愛がってくれて、ありがとう。

決して、「もっと散歩に行きたかった」とか
「ご飯が少なくてまずかった」なんて、言わないそうです。

でも人間は、いっつも不平不満、文句ばっかり。

私もそうですけど、もし明日死ぬ、となったら
「あれも出来なかった、これも出来なかった」
と、まず後悔が先に来ると思います。
感謝の気持ちなんて、一番最後、いや来ないかもしれません。

何よりもその時、自分の事しか考えていないでしょう。

人間って、そのくらいエゴの塊なんですよね。

今年はおそらく、誰にとっても「今までの生き方を見直す
年になると思います。

そして、今年浮上できない人、あるいは向上しようと思わない
人達は、今後変わる事はないだろう、と言うのが私の予感です。

死を前にして、ぐだぐだ言わないわんこ達のように、
なるべく心の中に余計なものを入れずに、潔くしていたいものですね。

シマウマきいちゃん 006
シマウマきいちゃん


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
本当ですね‥、今日死ぬって分った時にも「一緒にいてくれてありがとう」とかの感謝の気持ちを言えるって素敵ですよね。
私も死を前にグタグタ言わないワンコの様に…そんな人になれる様にしようと思います。
素敵な課題をありがとう。
2012/01/29(Sun) 22:00 | URL  | Yoko #l/VZmCVM[ 編集]
Re: No title
本当に、見習うべきですよね。
私はまだリーディングは出来ませんが、そんな言葉を聞いたら
泣けちゃいます。
~してくれない、と言う感情は人間だけなのかもしれません。

自分の人生が終わる時が来たら、私も「ありがとう」を忘れずに
言えるようにしたいと思います。

2012/01/29(Sun) 22:36 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
No title
つい最近 知り合いが亡くなりまして それも 体調が悪いので 検査入院中 お散歩してくると 外に出たら 雪にすべって 転んだらしく・・ 打ちどころが悪くて そのまま・・・
人生 何が起こるか わかりませんね

人は 明日は こうしょうとか 先のことの予定をたてるのですが
本当は それすら わからないことなんですよね!
ワンコ達は 明日のことなんか 考えないで 今 このときだけなんでしょうね!

なんて 潔いのかしらって おもっちゃいます
でも なかちゃんは そうはいきませんね
今度は あそこへ・・
次は これ食べたいだとかね・・<笑>

せめて 最期の時は 後悔しないよう ありがとうって言えるように
ワンコ達を 見習います・・・・できるかな?
2012/01/31(Tue) 19:00 | URL  | なかちゃん #-[ 編集]
Re: No title
本当に、人生なんていつどうなるか、誰にもわかりません。
病気にしろ怪我にしろ、なろうと思ってなる人はいませんもの。
無茶苦茶な事をしていても、平気な人は平気ですしね。

すんごくハッキリ言わせていただけば、「なんでこんな奴が
いけしゃあしゃあとのさばっているの」って輩が、長々
生きていたりしますから…

ある意味不公平ですよね。

動物達は本能で生きていますから、人間のようなよけいな感情が
ない分、ピュアです。
彼らを見ていると、自分勝手で自分の事しか考えない人間の
なんとみっともない事か。

せめて最期の時くらい、恥をさらさずに逝きたいものです。
感謝…誰にしよう…?

2012/01/31(Tue) 19:58 | URL  | ターミ姉ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。