要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
お葬式
2006年02月07日 (火) | 編集 |
今日は実のところ、話題をどうしようか迷ってしまった。
昨日までは、
”よし、明日は爺のあの癖を書こう”
なんて思っていたのだが・・・

実は友人の旦那さんが亡くなってしまったのである。

もともと胃がんを患っていたのに、先月から再入院してしまったと言うので
あまり良くはないと思ってはいたのだが、それにしてもこんなに早く
亡くなるとは思わなかった。

この友人は看護婦さんなので、既にいろいろ覚悟は出来ていたのだろう。
以前から
「もう老後はないのよ」
と言っていた。
それでもせめて今年いっぱいくらいは、と思っていたのだが。

思えば、初めて人様のお葬式に参列したのが、この友人のお母さんが亡くなった時だった。
当時私達は高校生で、授業をサボって、いやお休みして参列したのを覚えている。
意外にもこの友人がテキパキして、しっかりしていたのが印象的だった。
このとき初めて人様のお骨を拾うという経験をさせていただいた。

その次に参列したのが、近所に住む生徒のお母さん。
しょっちゅう月謝袋をなくし、時間はいい加減で練習もしてこない余り良くない生徒だったのだが
近所なので参列しないわけにはいかない。
40代半ばで病気で亡くなってしまったお母さんの父親なる人物が、
お見送りの際に当人と全く関係のない話をとうとうとしていたのが、妙な印象だった。

それからしばらくして参列したのは、自分の友人の告別式だった。
ものすごく親しかったわけではないが、ドイツに留学経験もある優秀なバイオリニストで、
日フィルの団員でもあった。
時々彼の生徒の発表会を手伝ったりして交流があったのだが
あるとき飛び込み自殺をしてしまった。
日フィルの海外公演が彼には重い仕事だったらしく、公演後ノイローゼのように
なってしまい、
ちょっと遠ざかっていた時だった。

彼の告別式では、儀式が終わるや否や葬儀屋が棺を運び出してしまったのを憶えている。
人様に見せられないお顔だったのだろう。
当時まだ小さかった彼の娘が、その辺をちょろちょろしていたっけ。
”子供がまだ小さいのに・・・”
何とも言えず後味の悪いお葬式だった。

その後は、今度は生徒のお父さんの告別式だった。
10代で結婚したと言うそのお父さんは、出張先で突然心不全で亡くなってしまった。
まだ28歳の若さだったのに。
若すぎる人のお葬式も、何とも言えないものがある。

その後、26歳で未亡人になってしまった生徒のお母さんは、旦那さんの
友人と再婚した、と風の便りに聞いた。
今どうしているか全く知らないのだが、あの生徒ももうとっくに成人したことだろう。

こうして思い出してみると、寿命で亡くなったという人は少ない。
正確には、私のばあちゃんだけかもしれない。
ばあちゃんは97歳だったし、概ね自分の思ったように生きてきた人だから
悔いはなかったと思う。
それでもお葬式は決して楽しいものでない。

明日は御通夜だ。
久しぶりに喪服を着る。
友人のことだから、きっとお母さんが亡くなった時のようにテキパキしっかりしているに違いない。

一段落したら一杯付き合おう。

・・・さて、ラブ爺は寒いのでひたすら寝ている。
最近の彼のブームは”犬恵方巻き寝
ほとんど太巻きと化している。頭がどっちだかもわからない。

でも御飯時になれば頭が出てくる。

「飯はまだか?」

まだまだだっちゅうの。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お見送り・・
ターミ姉さんはいろんなお知り合いを見送ってこられたんですね・・・。
どのお別れも辛いけど、28歳の方をお見送りというのは胸が詰まる思いです・・・。

志半ばで・・っと思うと切なすぎます・・。

だけど自分だっていつまで生きられるかわからないし、ワンコ達と同じように今を精一杯生きたいと思いました。

嬉しい時には腹を抱えて笑い、敵には牙を剥き、悲しい時は涙が枯れるほど泣いて、楽しい時にはスプリンクラーのようにシッポを振りたい・・(無いけど・・)

そんな風に生きてみたいです。
ラブ爺とは「そんな風」の集大成に見えます。
2006/02/07(Tue) 19:46 | URL  | キヨキヨ #79D/WHSg[ 編集]
Re:お見送り・・(02/07)
キヨキヨさん

そうですねぇ。
お葬式って、ある意味人生の縮図のような気がします。
そしてお葬式のその後にも、いろいろな人生があるようです。
26歳で未亡人となり、その後旦那さんの友達と子連れで再婚した彼女、
いまはどうしているのかな、なんて余計なお世話ですが
思ってしまったりします。

死ぬ時間をコントロールするする事は出来ません。
でも人生の内容をコントロールすることは、多少出来ます。

わんの犬生は飼い主次第です。
ラブ爺のように飼い主をコントロールすれば、かなり
意のままの犬生を送れると思います。

爺は生き方上手だなあ~と思いますわ。
わんに見習う事って結構ありますよね。
2006/02/07(Tue) 20:14 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
お友達
お母様も早くに亡くされ、ご主人まで・・・
何か「不公平」を感じてしまいます。
お子様はいらっしゃるのでしょうか?

私は長生きしたいとは思わないし、「自分が死ぬ」ことの恐怖もあまりありません。
ちゃっぴーを亡くしてから、ずいぶん変わりました。
でも、今はまだ行けませんね。
2006/02/07(Tue) 21:08 | URL  | こまま #79D/WHSg[ 編集]
記憶
それにしてもターミ姉ちゃんの記憶力はすごいですね。
やはり、お葬式は印象に残り覚えていられるのかな~私は覚えていませんが・・(歴史が長いから?)

近所の方の旦那さんが亡くなりました。とっても質素に暮らしている方でした。
お葬式後、家のローンも無くなり、車も買い替えて新車になってました。
母子家庭になったわけですが、奥様は派手になり明るい人に変身していました。これってどう?

長生きの秘訣はおおらか、わがまま、かな?
人間もワンも一緒かもしれない。

この前医者からワンは穏やかに天寿を全うするケースは少ないと言われました(悲)

ラブ爺は人間も見習うべき所が一杯あるような気がします。
2006/02/07(Tue) 21:27 | URL  | wmama #79D/WHSg[ 編集]
Re:お友達(02/07)
こままさん

そうなのです。彼女、お母さんもいないし、実は
お父さんもいないんですね。
なんと自宅で亡くなってしまったのです。(だから
警察が来て不審死扱いだったそう)
でも看護婦さんなので、あわてふためかず冷静に
処理したんだそうですが。
普通パニクりますよね。
お父さ~んって行ったら冷たくなってた、なんて。

彼女を見ると、イラクで亡くなったジャーナリストの橋田さんの奥さんを思い出すの。
毅然としてたでしょう。
カッコいい女性だと思いましたわ。

子供はいます。ちゃんとしっかりした子達がおりますわ。
でもね、姑が残っちゃったの。

だから今後がちょっと心配なのです。
2006/02/07(Tue) 21:45 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:記憶(02/07)
wmamaさん

そうなんですわ。何で憶えているのかって、やっぱり
変わったお葬式ばっかりだったからかもしれません。
普通に爺様ばあ様だったら、それほど印象も深くなかったのかも。

旦那が亡くなってから羽振りが良くなった奥さん、
保険金がたんまり下りたんでしょうか。
でもそんなにパ~と使っちゃって良いんでしょうかね~
もしかして、よっぽど嬉しかったのかしらん。

わんは穏やかに天寿をまっとうしない事が多いのでしょうか。
そうだとしたら残念です。

でも爺にはなるべく天寿を全うしてもらいたいなあ。
ワガママでも何でも良いから。

と思ってるから、良いように(コキ)使われるんですね。

2006/02/07(Tue) 22:01 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
寂しいですね
私も夕べ、私が小さいときお隣に住んでいらした、「おばちゃん」が亡くなったと実家から電話がありました。

とても私を可愛がってくれた「おばちゃん」でしたので、今日は一日寂しくて仕方がありませんでした。

そんなとき、ターミ姉ちゃんのブログが「お葬式」だったので、なにか不思議な物を感じました。

おばちゃんは70過ぎていましたが、ターミ姉ちゃんのお友達のご主人はまだまだお若かったのに。。

気丈なお友達のようですが、日ごとに寂しさが募ってくるのではないかとおもいます。
どうぞ、おちからになってあげてくださいね。
2006/02/07(Tue) 22:19 | URL  | ルルまま #79D/WHSg[ 編集]
偶然
ワタシも、お友達のおとうさんが4日に亡くなられ、
近所のわん友達のおかあさんも危篤状態なんです。
ワタシの父も入院したりして。
なんだかこんな事が続いてしまって、、。
なので、ターミ姉ちゃんのブログを読んで
少しおどろきです。

色んな死を見てきたんですね。
若くして亡くなったり、自殺だったりは
重いですね。
ワタシも中・高の同級生だった子が高校の卒業
式の後、自殺したのです。今でも考えると
重いし、苦しいです。

ラブ爺の生き方をお手本にしたいです。
もんじゅんも、わがまま言って、
ワタシ達を振り回して~~って
思ってます。
ラブ爺も、ラブ爺を育て、育てられたターミ姉ちゃんも、ワタシには魅力ですわ!!





2006/02/07(Tue) 22:36 | URL  | 太陽 #79D/WHSg[ 編集]
Re:寂しいですね(02/07)
ルルままさん

本当に、年だからイイなんてことはないんですよね。
たとえ100歳だったとしても、寂しさは絶対あると思います。

たしか、友達の旦那さんは56歳くらいのはず。(ちょっと年が離れていたから)

もう結婚して長いので、良く彼女が言ってましたわ。
「愛情はないけど、同情はある」
って。
あんまり仲むつまじくなかったとしても、複雑な思いは
きっとあると思う。

今後の事もあるし、できる事はしようと思ってますわ。

遠くの親戚より近くの友達、だもんね。
2006/02/07(Tue) 22:38 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:偶然(02/07)
太陽さん

本当に、生きてるといろんな事がありますわ。
自分だって明日のことはわかりませんもんね。
いくらタフだって、頭の上から鉄筋でも落ちてきて
おしまいになるかもしれないし。
(それでも助かったらホントにターミネーターだ)
だからなるべく悔いのないように生きたいわけで・・・

爺は生き方上手だと思いますわ。
持って生まれた性格なんでしょうけど、とっても要領が良いの。
ストレスの発散も上手だし、人に取り入るのも上手いし、
自分に有利な人物を見分けるのも確かだし。

「だから丈夫で長生きなんじゃ。
見習えば良いんじゃ。」(ラブ爺)
2006/02/07(Tue) 22:46 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
う~ん・・・
どんな最後であれ…その方の天寿なんでしょうね~
命あるものは、必ずゴールがあるんですよね・・・
「ピンピンコロリ」私の願うゴールであります。
痛いのはいや!苦しいのもいや!当然脅かされてヒヤヒヤするのもいや・・・
神様はどんなストーリーを生き物にあたえ楽しんでいるんでしょうね~

見送るのも嫌いですが、見送られるのも・・・

「ラブ爺!今日のオババは珍しく感傷的なの~明日はきっとお散歩日和よ!アタチは今日は伊達巻寝してましたわ~」by.コア

2006/02/07(Tue) 23:31 | URL  | 湘南のkoa #79D/WHSg[ 編集]
Re:う~ん・・・(02/07)
湘南のkoaさん

そうそう、やっぱり天寿ではあると思います。
もう少し長く生きて欲しかった、と言うのはもちろん
あるんですが、
でも考えようによっては、友人がケアマネの資格を取ってからでよかった、
娘が大学に入ってからで良かった、家のローンが
かなり終わっていて良かった、
等助かった部分もあるのです。

そして、亡くなった旦那さんにとっても、友人がとてもしっかりした人物であったこと、
看護婦さんであった事など、プラスの面がたくさん
あったと思うのです。
長くはなかったけど、決して悪い人生ではなかったよね、と。

私もピンピンコロリでありたいと思いますわ。
やたらに長くなくても良いです。
ただ、死ぬ時に
「あ~嫌な人生だった。あれも出来なかった、これも出来なかった」
と文句は言いたくないです。

爺は文句言わないだろうなあ。いや言うかなあ。
「もっと鴨が食いたかった。ヒラメの刺身が食いたかった。
嫁が欲しかった。」

だってさあ、お前振られたじゃん・・・
2006/02/08(Wed) 09:11 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック