要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
横浜駅で
2011年12月01日 (木) | 編集 |

FCの英語教室の先生であるワタクシ、月に一回、渋谷まで研修に行かなくては
なりません。

昨日がちょうどその日だったので、いつもより1時間早く起きて出かけました。
ウチから渋谷までは、横浜駅経由で東横線を利用しています。
で、その横浜駅で、イエローラブの盲導犬を見かけました。

ホームに降りるエスカレーターで、ワタクシのすぐ後ろに乗ったその盲導犬、
ちょうど私の手の辺りにその子の顔があって、とっても可愛い。

なでなでしたい衝動にかられましたが、もちろんお仕事中の盲導犬を触っては
いけませんから、ただ見ていただけでした。

きいちゃんよりも一回り小さな子だったので、♀だったのかなあ。

結構混み合っていた時間だったので、どうか何事もなく目的地までお仕事が
出来ますようにと、心の中で祈りました。

ちょっと前にも、やはり東横線の中で盲導犬を見かけた事があります。
ユーザーさんは若い男性だったので、この方とは違いました。

ドアの近くに立ったそのユーザーさんの傍で、ちいさく伏せていた盲導犬。
少し離れた所から見ていたのですが、間もなく近くの方が席を譲ったので
良かったなと思いました。
それほど混み合っていた時間帯ではありませんでしたが、ドア付近は人の出入りが
多い場所です。
しっぽでも踏まれたら、可哀想ですもんね。

カナダのバンクーバーでも、スカイトレインと言う電車の中で、盲導犬を見かけた事が
あります。
スカイトレインはゆりかもめなどと同じ、全自動で運転士のいない小さな電車です。
その中で、混み合った時間帯ではありませんでしたが、日本の盲導犬よりもはるかに
大きいその盲導犬くんは、のびのびと通路の真ん中に転がっていました。

周囲の人も何も気にしていない様子で、通る人達は静かにその盲導犬くんを
よけて通っていました。

何となく微笑ましかった印象があります。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、ちょっと前に、テレビや雑誌などで
ものすごく細い(痩せた)盲導犬を何頭か見たことがあります。
きいちゃんが来たばかりの頃のように、細細

そういう体質なのか、仕事の合間にものすごく運動をしているのか、
それはわかりません。

ただ、盲導犬は女性のユーザーでも扱いやすいように、体重を25キロ程度にしておく
と言う話を、ちらっと聞いた事があります。

もしそれが本当だとしたら、それぞれの骨格を考慮しないで、体重だけで決めるのは
犬にとっては良くない話です。

盲導犬協会が、そのような乱暴な考えを持っているとは思いませんが、きいちゃんが
来たばかりの頃、ものすごく痩せていたので、個人的には細細の盲導犬は
気になってしまいます。

今、きいちゃんの体重は約33キロ。ちと多いかもしれませんが、この骨格で
30キロ以下では、かなり痩せた体型。
25キロではスリムと言うより、栄養が足りていない感じがしてしまいます。

人間のためにお仕事をしてくれている盲導犬。
ベスト体重で、ベストコンディションを保つようにしてあげたいものです。

カナダの盲導犬くんがぼてっと大きかったのが、私にはとても自然に思えました。
盲導犬も、盲導犬を取り巻く環境も、おおらかなのは見習いたいです。

そう言えば、アメリカかイギリスか忘れましたが、盲導犬はどこでうんpをしても
良いそうです(何年か前の話ではありますが)。
お国柄かもしれませんが、その辺りも国によって考え方が違うんですね。

私個人は、おおらかな方が良いと思います。
使役犬やそのユーザーさんが、小さくなっていなければならない社会は、
なんだかちょっと冷たいですもん。

昨日見かけた子、今日もユーザーさんと一緒に、一所懸命お仕事してるのかな。

走る~走る~
おもちゃをくわえて、こちらに走ってくるきいちゃん

お気楽きいちゃん
お気楽きいちゃんは、可愛いのがお仕事だからお気楽なのです
(きいちゃんは、エスカレーターには乗れないだろうなあ)

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

 

こちらも発送が始まったそうです。楽しみ~

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re:横浜駅で(11/30)
盲導犬と出くわすとすごく胸がキュンとしてしまいます。
そこには様々な気持ちが含まれるのですが...
大きな交差点など、信号の変わり目とかすごく気になります。

そうですよね、カナダのその盲導犬のお話を聞くと、
お国柄がそれだけでわかるような気がするんですよね。
私もおおらかなほうがいいな!

そしてきいちゃんごはん!! いいですね。
何事にも偏りすぎることのない(何が何でも生でなくてはみたいな)
ターミ姉ちゃんのこの考えは凄く好きです。
一番大切なことって、そのこの被毛状態だったりウンチだったりですものね。
その状態を見ながら試行錯誤するのが親の責任かと...。

わはは、
昨日のきいちゃんの悪戯お顔と違って今日のこの
おもちゃをくわえて走ってくる可愛すぎるお顔は何だ~?? 
おこちゃま時代かと思っちゃった。
こういういろんな表情があるというのは満たされた毎日だからこそ
なのでしょうね。
2011/11/30(Wed) 13:00 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
盲導犬love
私もyukoさんと同じく、盲導犬に出会うと胸がキュン
としてしまいます。お仕事頑張ってるね。しっかりね。
ターミ姉ちゃんさんと同様、なでなでしたい衝動を内
心にかくして、ついつい熱い視線(笑)を送ってしま
います。
ユーザーさんにも君にも、良い一日でありますように
と心の中で手を振って見送ります。
盲導犬の子たちは(私が見かけた子たちは)体格は小
さめの血統が多いのでしょうか?痩せているというよ
り小さめな感じがしました。

私がよく出会ったユーザーさんは、母の通っていた病
院に通院されていた方なので、母が亡くなってから数
年会う機会がありません。いつも玄関ホールでレイン
コートを着脱していらしたのが印象的でした。抜け毛
に配慮して、病院内はコート着用でした。これは「お
おらかに」とはいかなかったのでしょうね。
あの子はまだ元気にユーザーさんと歩いているのかな
?とふと気にかかります。
2011/11/30(Wed) 14:14 | URL  | 莞太まま #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:横浜駅で(11/30)
yukoさん

そうですね。
私も盲導犬を見ると、複雑な思いでキュンとします。
盲導犬がいるから、一人で出かける事が出来ているユーザーさん。
その、盲導犬をパートナーに頑張っている姿には
「良かったですね」
と心からエールを送ります。
一方で、人間の為に盲導犬になることを義務付けられた子の生涯も
気になります。
そして、おそらくは盲導犬にはなれなかったその子のきょうだい達や
同期に訓練を受けたであろう子達の事も。

盲導犬の存在で人間が幸せになれるのであれば、人間も盲導犬を
幸せにしなくてはいけませんよね。
お見かけしたコンビが、是非そうであってねと願わずにはいられませんでした。

ユーザーや盲導犬が、遠慮しながら生きていかなくてはいけないような社会では
ちょっと寂しいです。
私がカナダで見た盲導犬は、若いユーザーさんが連れていました。
その方は、健常者のお友達と座っておしゃべりをしていました。
大きな盲導犬くんは、その二人の前でごろんと横になっていたんです。
周囲の人も、だ~れも気にしない。特別視もしない。
自然な感じがして、なんか良いな~と思いました。

わんこご飯については、いろいろな考え方があると思います。
一番大事な事は、その子が健康である事ですよね。
様子を見ながら、少しづつ試しながら、その子にとって一番良いと思われるものを
用意するのは飼い主の義務です。
yukoさんちは、手作り食でウィリーくんもぶーちゃんも、みんな長生きでしたよね。
何を選ぶのであれ、心のこもった食事は大切な事なんだと思います。

きいちゃんは、永遠の赤ちゃんわんわんです。
何が面白いのか、狭い廊下を行ったり来たりしていましたわ。

2011/11/30(Wed) 15:53 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:盲導犬love(11/30)
莞太ままさん

日本ではまだまだ普及しているとは言えない盲導犬ですから、
見かけると言ってもたま~にですね。
今まで見たのは、ほんの数頭でした。
おそらく、欧米に比べたらとても少ないのでしょう。

国によって、犬そのものに対する考え方も違いますから、どこが良いとは
言いきれないかもしれません。
ただ、犬の一生を人間に提供させるのですから、それにたいする人間の義務も
当然あって然るべきだとは思うのです。
何でも人間寄りで考えてしまうのはどうなんだろう、と。

小柄な盲導犬も、日本人の体格に合わせてそう作っているのかもしれませんね。
私が見た子も、決して大きくはありませんでした。
おそらくは、25キロ前後くらいの、きいちゃんよりはずっと小さい子でした。
そのくらいの子の方が、日本人には扱いやすいのかもしれませんが
もし人間の都合で傾向を作ってしまっているのだとしたら、ちょっと違う気もします。

きいちゃんのパパは、イギリスから来た盲導犬候補の繁殖犬ですけど、
あんなに大きい(40キロ)と言う事は、イギリスでは大きさよりも
適正なのかもしれません。

視覚障害のある方と、支える盲導犬が、ともに自然に幸せな社会であって欲しいです。

2011/11/30(Wed) 16:12 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:横浜駅で(11/30)
NZで実はまだ盲導犬みたことありません。私のいる街で盲導犬ユーザーがいないのかな?その代わり介助犬なら2度ほど。一頭はニューファンでもう一頭はワラマイナーです。両方でかいですよね(笑)しかもニューファンは若い子の、ワラマイナーはおばあちゃんの介助をしています。両方ともサイズは普通の大型犬サイズです。私が思うに別に体重制限しなくてもいいのでは?と思うんですよね。もっと犬を信用しては???と。ワーキングドッグほど仕事に、ユーザーに忠実な子たちはいないと思うし。それに小さめのサイズがいいのなら犬種を変えればいいのではないでしょうか?ラブしか盲導犬の仕事ができないわけじゃないんです。NZはいろんな犬を盲導犬に使います。シェパードやダルメシアン、ミックス犬まで。先に述べたワラマイナーなんかシェルター出身んなんですよ。それを介助犬として訓練してもらったらしいのでユーザーさんの希望に添って犬を選べばいいと思うんですが。

NZで空港の検疫、ドラッグ探知の犬についてやってる番組があるんですが仕事している犬の楽しそう&誇らしそうなこと。も~きらきら輝いているんです。犬って仕事好きだなぁと思うんですがハンドラーと一緒に仕事しているってところが好きなのかもしれません。は~可愛い。

きぃちゃ~ん、かわいいお尻だね~。なでなでしたいです。ベストショットです、ターミ姉ちゃん!!
2011/12/01(Thu) 12:55 | URL  | いのり #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:横浜駅で(11/30)
いのりさん

NZでは、いろんな犬種を盲導犬にするんですね~
体重制限は聞いた話なので、真偽のほどはわかりませんが、大きな盲導犬を
あまり見かけないのは確かです。
以前私がテレビで見た細細の子は、きいちゃんのように体高が高い子だったので
本来はもっと大きな子なんじゃないかなと思いました。

毛が抜けないようにラブラドゥードゥルを作ったり、F1を作ったりするのは
私的には「それって人間の都合なのでは?」と言う気がします。
盲導犬の適正があるかどうかは、犬種だけでは決められないと思うんですよねぇ。

日本では、何でも小さいのが好まれる傾向なのかもしれません。
最近では、チワワやトイプードルの警察犬なんかも出てきました。
あんな小さい子達に何をさせるのかと思ったら、狭い場所での探索とからしいです。
スタミナ的に、大丈夫なのかな?と言う気もしますが…

ラブも、日本では小さくなっている気がします。
昔のラブって(たぶん欧米では今も)、♀でも普通に30キロくらいありましたよね。
今では20キロそこそこの子も結構見かけます。
ミニラブなんて言葉も聞くようになりましたが、それってどうなのかな~と思います。
実際、あんまり小さくしてしまって、いろいろ健康上の問題を抱えた子なんかも
出てきているみたいだし…
そうなるとちょっと人間のエゴなのでは?と言う気もします。
小さい犬が欲しかったら、ラブを小型化するのではなくて、最初から
ビーグルとかコッカーとか、小さめの子を選べば良いんじゃないかと。

犬に対する接し方は、いろんな意味でまだまだ日本は遅れていると思います。
何でも欧米が良いとは思いませんが、良いところは見習った方が良いですよね。

きいちゃんは、時々廊下を行ったり来たり、楽しそうにしています。
わんこのおちりって、ホントに可愛いですよね。
2011/12/01(Thu) 16:39 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[2]:横浜駅で(11/30)
ターミ姉さん

え~ラブとかレトはあの大きさだからいいのに...で、ちょっと皮がたるたるで細身じゃなくてどっしりしてるから可愛いのに...そんなに小さいのが欲しければほんと、スパニエルとか飼えばいいのに。それにターミ姉ちゃんの言う通り変に人の手が入るといつも嫌な思いをするのは犬なんです。ある犬種は腰が下がっているのがいいと言われていてそういう風に交配した結果腰や関節に奇形や問題を抱えた子たちが増えたんです。

人間のエゴで自然に反することをするのは反対です。その大きさを受け入れられない、そのままの良さを受け入れられないなら飼わなければいいだけですから。

ワンコはワンコらしく無邪気にいるのが一番だと思います。
2011/12/01(Thu) 18:45 | URL  | いのり #79D/WHSg[ 編集]
Re:横浜駅で(11/30)
きいちゃん、なんとも可愛いお顔で走ってますね(#^.^#)
お気楽バンザイ\(^o^)/良いの良いの、お気楽も大変だものねー

ウチの近所の駅を利用するユーザーさんとパートナーがいるんですよ、それはそれは早いスピードで歩くのですよ(^o^)
いつも車の私は良く見る事が出来ませんが、見た日はなんだかほっこりしますね。

ウチも試行錯誤で手作りを始め、いまに至ります(^з^)-☆ 加熱も生も良いとこどりでやっていまーす
2011/12/01(Thu) 19:32 | URL  | ジラママ #79D/WHSg[ 編集]
Re[3]:横浜駅で(11/30)
いのりさん

ですよね~私もそう思います。
レトリーバーは、首っ玉にしがみつける大きさだから良いんですわ。
多分ね、ラブ=盲導犬の犬種・賢い・性格が良い・訓練性能が良い、と言うイメージがあって
でも大きい犬は飼うのが大変、だからミニサイズにしようみたいな
そんな発想なんじゃないかなと思います。

知り合いにミニラブを飼っておられる方が何人かいますけど、
皆さん保護犬や飼育放棄犬を受け入れた方ばかりです。
あるチョコミニラブさんなんて、ペットショップで売れ残っていて
しかも大きくしないためにロクに食事も与えられなかったそうですよ。
そんなの許せないって、その方が引っ張り出してきたそうです。
その方の家には、もう一頭保護ラブさんがいました。

トイプーをさらに小さくして、ティーカッププードルとかにするのも
私はどうなのかなと思います。
もう犬じゃなくなってしまうような気がするんですよね。

アクセサリーや洋服のデザインじゃないんですから、無意味に小さくしたり
形を変えたりするのは、私は邪道だと思います。

だいたい、どんなに訓練性能が良くたって、飼い主がアホだったら
良さは発揮されないですもん。
大きさの問題じゃないと思います。


2011/12/01(Thu) 19:37 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:横浜駅で(11/30)
ジラママさん

甘甘きいちゃんは、どこかできっちりお仕事をするなんて無理です。
だからきいちゃんのお仕事は、可愛いことです。
お気楽で、可愛くて、元気でいてくれればそれで良いんです。

そうそう、盲導犬を連れた方って、結構早いスピードで歩きますよね。
私が見た方も、普通にエスカレーターに乗って、普通に歩いていかれました。
盲導犬がいればこそなんだと思います。
だからこそ、視覚障害をお持ちの方にとっては、盲導犬はなくてはならない存在。
ユーザさんだけでなく、社会が盲導犬を大事にしたいですよね。

手作り食、いろんな考えの方がいると思いますが、その子に合っているのが一番です。
フードと併用している方もいるし、いろいろ混ぜている方もいるし。
一昔前は、フードは完全栄養食だから他のものは要らない、みたいに言われていましたけど、
今はいろいろな情報もありますからね。
フードの添加物が問題になったこともありますし。
私は本村先生の考え方が一番理にかなっているかな、と思います。
何にせよ、ウチの子が元気で健康であるのが一番大事なことですよね。

2011/12/01(Thu) 19:50 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:横浜駅で(11/30)
私はキュンより悲しい気持ちになっちゃう
フィリーはのんびり余生楽しんでるのにこのコはお仕事なんだって。
犬は飼い主の為に仕事するのが生きがいみたいに言う人あるけど
そうかなぁ・・・ワンコに聞いてみた?って言いたい

この前お山で出遭ったF1のコは子供産まされ盲導犬して・・
ストレスで体調壊して引退・・・パピーウォーカーんトコに戻ったの
凄く幸せなお顔に戻ってたよ

いいユーザーさんに出会えるかは運だしね~
お仕事してるコにはどうかよい老後がありますように・・
2011/12/02(Fri) 19:17 | URL  | フィリーママ #79D/WHSg[ 編集]
微妙ですね
ガリガリな盲導犬は、ユーザー同士の間違った情報交換にあることが多いです。
自分の犬の骨格も考えずに26キロ以上は太り過ぎだと思い込んでいる、もしくは思い込まされているケース。
ちょっとうるさ型のユーザーが訳知り顔で言いまわるとそれが悪影響を及ぼしますね。
こちらがいくら言っても、一応「はい」と言うけれどユーザーはユーザーを信じてしまう。
私の知る限りの訓練士は肋骨が触れなくなったら太り過ぎだと教えています。

愛犬家も様々なように、ユーザーも様々。
私はいろいろな場面で出会うことが多く、場合によっては、もっと太った方がいいとか、ダイエットが必要だとか、耳掃除してるかとか、健康診断に行ってるかなど健康について話すことが多い。
カレンダーのおかげで、名前を知ってもらえているので、わりと話を聞いてもらえますので、できる範囲でアドバイスすることにしています。
いろいろと思うところ、言われることはありますが、カレンダーを通じて何らかの見守りのよりどころになるなら、続けるのも必要かなと思っています。
話すときは、応援してくださった皆さんだったらこう思うだろうと思いながら話します。

家庭犬も盲導犬もほかの補助犬も、飼い主次第なんですよ。
なんて、ここに書いたらやばい?
やばかったら、削除してくれたらいいよ。

2011/12/02(Fri) 22:21 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:横浜駅で(11/30)
フィリーママさん

確かに、人間の為に犬の一生を拘束しているわけですから、その点では
私も可哀想だと思います。
もう少ししたら、もしかしたら視覚障害のある方の為の、画期的な杖の代わり
(盲導犬ロボ?)なんかも出来るかもしれません。
そうしたら、本当に盲導犬を必要とする人だけが、生活を共にするかも…

犬の一生を拘束しているのですから、人間にも仁義ってもんがあると思うのです。
きちんとしたブリーダー、良心的なPW、優秀な訓練士、整った環境、
そして適合するユーザーさんのみに盲導犬を「貸与」する。
引退後の生活の保障、キャリチェンのフォロー、などなど全てをきちんとする
義務があります。
そうでなかったら、視覚障害のある方には申し訳ないけれど、
盲導犬は作らない方が良いです。

今の体制は決して万全とは言えず、良心的なユーザーさんのために、
心あるボランティアさんが支えている状況だと思います。

人の良心が支えなければ不都合が生じるシステムは、問題ですよね。

人間さえ良ければ良い、という考えは傲慢です。
弱者を隅っこに追いやる社会も、問題です。

盲導犬に関しては、いろいろな問題が含まれていますよね。

皆が、幸せをシェア出来る社会であって欲しいです。

2011/12/02(Fri) 22:35 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:微妙ですね(11/30)
ワンコのかあさんさん

いいえ、全然やばくないです。
だって、知らない人が多過ぎるのは事実だし、知らされていない事も問題です。
だから、ワンコのかあさんのような方が、水面下でいろいろ行動してくださる事は
ものすごく重要なんだと思います。

ユーザーの都合だけではいけないし、協会の都合だけでもいけない。
愛犬家の立場からすれば、犬の事を第一に考えたいですよね。

私、きいちゃんが来るまで、盲導犬に関しては「健気な良い子」のイメージしか
ありませんでした。
でも、実際には問題がいっぱい。
問題のほとんどは、人間が状況をコントロールしきれていないことだと思うんです。
と言うか、コントロール出来る指針がない。
だから、ユーザー同士の誤った認識が、一人歩きしたり出来てしまうのでしょうね。

良識あるボランティアが手を引いてしまったら、協会だけに犬の管理を任せてしまったら
どうなるんだろうと思います。

今のところは、もの言うボランティアの存在が、犬達の味方かもしれません。



2011/12/02(Fri) 22:45 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:横浜駅で(11/30)
盲導犬もそうですが わんこを取り巻く日本の考え方自体が 日本は遅れている気がします
たとえば 家庭犬でも マナーの悪い飼い主や いまだに 放し飼いをする人
平気で 保健所に持ち込む人
病気だからと言って 捨ててしまう人などなど・・

盲導犬を見かけるたびに 引退後はどうしてるのかな?って 考えてしまいます
人に尽くしてくれる分 人はこの子たちを最後まで 幸せにしなければ いけないと思うのです!
2011/12/04(Sun) 00:28 | URL  | なかちゃん #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:横浜駅で(11/30)
なかちゃんさん

仰る通りです。
動物に対する日本人の感覚は、一般的にまるでガキのように遅れています。
先日も散歩をしていたら、チワワを犬小屋に繋いで外飼いしている家がありました。
自分が飼っている犬がどんな種類なのか、考えようともしない浅はかさに
腹が立ちます。
ポストに匿名で投書しようかとも思いました。

障害のある方が、何かによって人生を大きく変えられる事は意義のあることです。
ただ、その為に大きな犠牲を他に押し付けてはいけないと思うのです。
今のところ、盲導犬を取り巻く環境は万全とはとても言えません。
だから、「もの言うボランティア」がうるさくしているしかないと思います。
何と思われても。


2011/12/04(Sun) 10:24 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック