要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブ爺と子供
2006年02月04日 (土) | 編集 |
ラブ爺はとっても性悪だが、子供をいじめたり襲ったり威嚇した事はナイ。
と言って大好きだというわけでもなさそうで、ただ怒らずに見ていると言う感じだ。

10年位前だろうか、友人が小さな子供を連れてウチに遊びに来たことがあった。
その4歳くらいの女の子は、ラブおじさんを怖がることなく背中にまたがって遊んでいた。
やがてパタッという音がしたのでふとそちらを見ると、
「あっ・・・」
一瞬漫画の一コマかと思った。
女の子の2本足と爺の4本足が、全部天井に向いていたのである。
それから二人とも反対側にごろんと転がった。
「何してるの?!」

しかし女の子はニコニコしている。
どうやらまたがっているうちにバランスを崩して倒れ、爺も一緒に
転がってしまったようだ。
爺はと言うと、何事も無かったように黙って寝そべっている。
驚きはしたのだろうが、別に怒ってもいないようだ。
”子供はしょうがないねん”

怒られなかったからか、この子は全く犬を恐れない子になったそうだ。

この女の子がもっと小さい時のこと。
ラブ爺があまりにも台所で悪さをするので、私達は台所の入り口に
バーベキュー網を置いた。
踏んだ感触が嫌らしく、この網一枚で爺は台所に入らなかった。
私達はわざとらしくこの網を避けてまたいで台所に入り、嫌な物だと言う
印象を爺に与え続けた。

ところが、である。
この子が何気に、この網の上をハイハイして越してしまった。
気が付いていませんように・・・そう思ってラブ爺の方を見ると、
彼はその様子をじ~っと見ていた。
しまった、見ている・・・

案の定、爺は網を歩いて渡ってしまった。
”こんな子供に渡れる物なら大した事なかんべ”
そう学習したのだろう。
私達は仕方なくバーベキュー網を片付けた。

公園を散歩していた時の事。
通りの向こうから20人くらいの小学生の集団が、こちらを目指して
走って来るではないか。
「なにを目指してるのか?」
後ろを見たが、別に何もない。
「何だろう?」
と考える間もなく、私達は子供達に囲まれてしまった。
この子達の目的は私達だったのだ。
わ~犬だ犬だ犬だ~
「かわいい~」
「真っ黒だ、でっか~い」
オイオイ、キミ達は何なんだね??
子供達は私に何も聞かず、ラブ爺をさわりまくり始めた。
ラブ爺は最初、
「なんじゃらほい?」
とびっくりしていたが、この時も怒るでもなくされるがままになっていた。

課外学習か何かだったのだろう。
でもさ、センセイも何か言ってちょうだいよ。
いきなり囲んでさわりまくるのはないでしょう?
神経質なわんだったら、噛み付かれているかもしれないぞ。

きっとこの子供達は
”わんは触れる生き物”
と思ったことだろう。
でもどのわんもじゃないからね。

子供が犬を好きになる。
これは良いことだと思うのだ。
爺もちょっとは役に立つ事があるようだ。

ご飯を待機するラブ爺。
定刻30分前から並び、30秒で完食する。
そのあとのおたかりも大事なイベントだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
優しいのぉ。
うんうん。
ラブ爺は、女・子どもには優しいだろうと思ってました。
バーベキュー網の事、笑えました。
ラブ爺だったら、子どもたちの人気者だろうなぁ。

定刻30分前からアナウンスしなくても、自発的に並ぶのね。笑
そして30秒なんだ。笑
さすがラブ爺!まだまだ現役だよ!!


それと、質問♪
最初から男の子飼おうって思ってたの?
2006/02/04(Sat) 22:13 | URL  | 太陽 #79D/WHSg[ 編集]
Re:優しいのぉ。(02/04)
太陽さん

な~んも考えていませんでした。
先先代のわんが♀だったんだけど、♂わんに追っかけられたりして
面倒だった記憶があって・・・
なんかその程度で♂に決めたような気がするなあ。

♂と♀でこ~んなに性格が違うと知っていたら
もちょっと考えたかもしれません。

でも私自身がバサバサ男っぽいから、良かったのかもしれましぇんわ。
2006/02/04(Sat) 22:20 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
大人なラブ爺
ワンコは基本的に子供が苦手、のような気がするけど、「ピレネー犬は子守犬としても活躍」と本には書いてあり、実際どうかというとルーク自体がまだ子供なので3歳の姪が遊びに来てもラルフは監視役でルークは本気でおもちゃやお菓子の取り合いをしていますわ~。それで遊びつかれてゲージの中で一緒に寝てるの(^^;
ラブ爺はまたがられても集団で囲まれてもちゃ~んと状況わかっていたんだねぇ。大人じゃのぉ~(^^)
バーベキューの網事件、ハイハイする子供をじぃ~~~っと見つめる当時のラブ爺、見たかったなぁ~♪
2006/02/04(Sat) 22:37 | URL  | ラルママ #79D/WHSg[ 編集]
ラブ爺!偉大じゃ~
子供がわさわさ寄ってきても、動じないラブ爺!
コアは、尻尾を丁重に仕舞い込みびびりまくる…
家の中では、犬が変わったようになるから、友達の子供は繋がれている犬にコアと同じ様に接して、手を噛まれてしまいました…
ラブ爺みたいに裏表の無い行動が取れればよかったのにな~

ラブ爺は、遅刻が嫌いなんだね♪
早めに出社して、てきぱき仕事を片付ける!
おまけに残業?も嫌な顔しないで請けるんだね!(^^)!


2006/02/05(Sun) 00:01 | URL  | 湘南のkoa #79D/WHSg[ 編集]
優しいラブ爺!!
やっぱり ラブ爺と似たとこあるかも?

姪っ子が遊びに来ると必ず ジャッキーにまたがって「エーベーシーデーエーエフジー(ABCDEFG)」とお歌を歌ってくれます。まだジャッキーとは言えなくて「ジャッジー」と呼んでます。

本人は困った顔をしながらもされるがまま・・・

ラブ爺ってもしかして外面が良いタイプでは?

我が家はジャッキーもナヴィも外面が異常に良いタイプです。ただし・・・食べ物をくれる人だけだけどね(笑)

2006/02/05(Sun) 00:13 | URL  | あやの #79D/WHSg[ 編集]
心が広い!
ラブ爺は嫌な顔もせず子供に触られてるんですね。
サンタも嫌がりはしないけど、子供のお相手は疲れるみたいです。
なぜか近所の幼稚園の散歩で園児達が「サンタとキリ♪サンタとキリ♪」って叫びながら歩いて行きます。
2006/02/05(Sun) 00:35 | URL  | でめきんとと #79D/WHSg[ 編集]
紳士的
ラブ爺ってジェントルマンなんですね~♪

子供と一緒のラブ爺を見た人は、心が広くて、やっぱり盲導犬になるワンコだな~って思うと思いますよ~~。

しかしそれですまされないのがラブ爺・・・。

食に対するこだわりは気迫を感じさせますね!私だったら「す・・すみません、今準備しますので・・」ってうろたえそうです。

2006/02/05(Sun) 05:36 | URL  | キヨキヨ #79D/WHSg[ 編集]
Re:大人なラブ爺(02/04)
ラルママさん

ルーク君は子供の3倍くらい体重があっても
中身は子供とおんなじなんだよね。
でも大きい犬の方が優しいと思うわ。
それにラルフ君がちゃんと見ててくれそうだし。
結構ルーク君が羽目はずしたら、
「コラコラ、本気になっちゃいかんよ」
とか言いそう。

そうなの、ラブ爺は人の事を見ているから嫌なの。
子供のやる事もじ~と見てたから、
「あ~きっと考えてるなあ」
と思ったらやっぱし・・・直ぐトライしてました。

何でもないとわかったら、わざと行ったり来たりしてたわ。
2006/02/05(Sun) 09:18 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ラブ爺!偉大じゃ~(02/04)
湘南のkoaさん

小さめの女の子の方が、子供嫌いだったりしますよね~
先先代の♀は臆病で子供が嫌いでした。
キャ~とか黄色い声を出されると、ビビってたし、
突然触られたりするととっても迷惑そうだった。
幸い噛んだ事は無かったけど、きっとしつこくされたら
噛んでたかも。

ハイ、ラブ爺は食に関する仕事が大好きです。
最近では大声で歌って仕事の催促しますわ。

「もっと仕事はないか~いくらでもやるぞ~
人の仕事もやるぞ~」(ラブ爺)
2006/02/05(Sun) 09:23 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:優しいラブ爺!!(02/04)
あやのさん

うん、ラブって外面良いかも。
褒められたりすると余計良い子になっちゃったりして。
だからよその人は、爺がウチでとっても悪いと言うことを
ほとんど知りません。

そういえば、お客さんが来ているときとかは
あんまりイタズラしなかったなあ。
(ぞうきん盗みとか、スリッパかっぱらいとか)

でも過剰サービスして嫌われたことはありましたわ。
お調子者なのね、きっと。

ジャッキー君も優しそう。
「やだなあ~」
とか思っても絶対怒ったりしないよね。
だから子供も大きいのに怖がらないのかな。
2006/02/05(Sun) 09:29 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:心が広い!(02/04)
でめきんととさん

サンタ君は病気があるからホントは嫌なのかも。
でも怒らないところが優しいよね。
レトリーバーは概ね優しいと思います。
特に子供みたいに弱い者はいじめないよね。
人間は弱者を狙って攻撃するヤツがいるのに。
(けしからん)

だから子供もわかってて、大きくてもラブやゴルには
寄って来るんだと思います。

サンタ君とキリちゃんみたいに2個揃ってれば
子供はきっと喜んじゃうわ。
2006/02/05(Sun) 09:36 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:紳士的(02/04)
キヨキヨさん

ラブ爺は絶対わかってて演出してると思います。
だから見てる人が多ければ多いほど、観客好みのわんを
演出しているような・・・

「すご~い」
なんて誰かが言おうものなら、
「ま、ね。ざっとこんなもんよ」
とでも言いたげにめちゃくちゃ得意そうですもん。

ウチではなんと思われても、身を取る方針らしいですわ。

最近おたかり催促がうるさくて・・・
おたかりってもっとおずおず来ませんか?
「早くおたかりさせろい!」
なんて言いませんよねえ。
あ~うるさい。
2006/02/05(Sun) 09:43 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
弱気を助け・・・
ラブ爺かっこいいよ~☆
ラブ爺が子供と暮らしていたら、なにか危険が迫った時は助けてくれそうな気がする・・

こまめはにーにが赤ちゃんの時は、大事なものを見つめるまなざしだったな~ たまにペロペロしたりして。
でもちゃっぴーは「完全無視」でした。
「なんにもしないから、あなたも私にかまわないで!」って感じ。
2006/02/05(Sun) 13:11 | URL  | こまま #79D/WHSg[ 編集]
ふふふっ・・・・
絶対、ぜったぁ~い、ラブ爺の背中にはジッパーがついているぞょっ。(爆)
なかなかここまでいい味出せるラブちゃん、いないと思います。(*^。^*)
バーベキュー網のこと、めちゃうけ。なんて頭がいいのかしらん。
ぜひぜひ動画でラブ爺を拝見してみたいです。
母のこと、ご心配頂いてありがとう。
今も爆睡しております、白黒のかわいい孫娘と一緒に、いびきをかきながら・・・・笑えますよっ。
2006/02/05(Sun) 14:38 | URL  | ラブドル #79D/WHSg[ 編集]
Re:弱気を助け・・・(02/04)
こままさん

うん、もしかしたら子供は助けるのかもしれません。
でも大人は助けませんでしたわ。(きっぱり)

もし助けるとしたら、
”ここで助ければ褒められる、何かもらえる、
ヒーローになれる・・・”
などと計算した上で助けるのかもしれません。

だってお風呂に入れてあげると、必ず何か貰いに来るの。
「入ってやったで。約束のブツや」
そりゃあ言ったわよ。
「お風呂から出たらかまぼこあげるからね」
って。(最近トシのせいで面倒臭いらしく、ただではお風呂に入らない)
忘れないところがニクイと思うのです。
だいだい誰のためのお風呂なんじゃ。
2006/02/05(Sun) 14:42 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ふふふっ・・・・(02/04)
ラブドルさん

お母さん、良かったですね~
わん効果の癒しも加わって、きっとバッチリ熟睡です。
なんでわんて一緒に寝るのが好きなんでしょうね。

爺は考える犬らしいです。
きっと前々から、どうやって台所に入ろうか考えていたんでしょう。
でも痛い思いをするのは嫌だから、様子を見ていた。(意外と慎重)
そしたら幼児が通ってるではないか!
な~~~んだ。

嫌な予感はしたの~
でも子供はそんな事知らないもんね。
一度バレてしまった手は二度とつかえませんわ。
2006/02/05(Sun) 15:01 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。