要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男の子♪女の子♪
2011年09月21日 (水) | 編集 |

台風の影響で、あちこち被害が出ているようですが、わん友の皆さんのところは
大丈夫でしょうか。

きいちゃん地方、雨はだいぶ止んできましたが、交通機関がストップしてしまったため
19時30分現在、ターミ兄が帰宅難民になっています。
まだ風がひどいので、今しばらくは動かないのかなぁ・・・

自然災害だから文句を言っても仕方がないと言えばそうですが、なんだか西も東も
災害だらけで嫌になってしまいますね。

さて、私事で恐縮なのですが、ワタクシ、今年の春からピアノの先生をやめて
英語の先生に鞍替えしました。

英語は一応喋れるのですが、教え方のメソッドがないので(英文科卒でもないし)
FCの英語教室のやり方を使わせていただいてます。

こちらなんですが・・・

http://www.corelibrary.jp/

(興味のある方は、メッセージをくださいね。大人のやり直し英語も出来ますよ~)

何故ここの教室を選んだかと言うと、こちらのカリキュラムだと、語順訳と言う
他では使っていないやり方を、小学生から教える事が出来るからなんです。

語順訳と言うのは、従来の後ろから訳していくやり方ではなく、文章を頭から訳していく
やり方なんですね。
これを早くしたものが、同時通訳になるわけです。

それでまあ、研修を受けながら子供達(中学生もいますが)を教えているわけですが
生徒達を見ていると、男子と女子の違いが明確でとても面白い。

こちらの教室では、始めて3.4カ月程度の子供たちにも、英語劇をやらせるんですね。
「そんなん、出来るかい」
と思うかもしれませんが、子供ってこれが結構出来ちゃったりするんです。

でも、そこに至るまでの進み方が、男子と女子では若干違いがあります。

もちろん、個人の性格の差が一番大きいとは思いますが、ウチの教室で一番成果を
あげているのが小4の女子。

余計なおしゃべりも、余計な事も一切しないで、黙ってやる事をやっています。
言われた事はさっさと書き取って、劇の練習も家でちゃんとやり、ソツなくこなしています。

ですからこちらも、一番難しい長いセリフを彼女に与える事になります。

ちょっと長かったか・・・と思っても、子供は何の疑いも持ちませんから、やるものだと
思って覚えてきます。

対する男子は、ちょっと課題の量が多いと、「これ長いよ、オレ無理だ~」
じゃあ、セリフを○○ちゃんに譲っちゃうよ、と言っても
「あ、良かった~」
それはちょっと悔しいゾ、にはあまりならないらしい。

そして教室に見慣れないものがあると、そっちにまず気が行ってしまいます。
先に来れば、後から来る仲間をどうやって脅かそうか、なんてそんな事を一所懸命に
考えているのが男子諸君のようです。

それでも英語劇は楽しいらしく、いつも時間前にいそいそやってきます。

終われば、自分のセリフにはなかったのに覚えた言葉を使って、
「ウェイト、ウェイト(waitとはビミョーに違うところが御愛嬌)」
なんて仲間を呼び止めたりしているのは、なかなか可愛い。

これって、ラブの♂♀にも当てはまる事があるなあ、と思ってしまいました。

ラブは頭が良いですから、その分雌雄の性格の差のようなものが表れやすいのかな
と勝手に思っているのですが、ラブの男子と女子って結構違うと思いませんか?

もちろん一般論であって、そうじゃない子もたくさんいるとは思います。
だからあくまでも、傾向のようなものに過ぎませんが・・・

きいちゃんの親戚オフ会に行くと、全くウチの生徒と同じ感じです。

女子はつるまず、無駄な事もしない。
男子は何故か団子になって、いつまでも他愛のない遊びに興じている。

そんな男子集団は、お馬鹿と言えばそうなんですけれど、無邪気で可愛いです。

そして、ホントに本気になった時は、成果が大きいのも男子かもしれません。
ただ、なかなかその本気にならない所が、人間もわんこも似ているような気が
するんですけどね。

さて、ヘタレのきいちゃん、今日も大雨の音が怖かったらしく、カミナリは鳴っていないのに
とうちゃんの膝に乗っかってしがみついていたそうです。

体は大きいのに、胆っ玉は梅干しのタネくらい小さいんだね・・・

人間も、女子の方がしぶといもんなあ。

れろれろ2

れろれろ1

おおあくび

可愛いのが仕事だから、良いんだけどさ。


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



あ、チャリティカレンダーの方もよろしくです。
今回は、黒ラブさんの飼い主さんにもおススメだそうですよ~
爺様が、いいちゃんのところに居座ったのかも・・・

http://guidedog.web.fc2.com/

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かに・・・
確かに男の子・女の子、人・ワンちゃん共に
違いますよねー。
実は、わたしも塾をしていて、小中学生を教えているので、
すごーくよくわかります。
でも、ここだけですが(笑)、おちびちゃんよりは、
こもくの方がだんぜん賢い・・・!
ただの、親バカでーす^^

ターミ姉さんなら、わかってくださいますよね~(笑)

ぽちっ☆
2011/09/22(Thu) 03:51 | URL  | こもく母 #79D/WHSg[ 編集]
Re:確かに・・・(09/21)
こもく母さん

こもく母さんは、塾長(?)さんなんですね。

子供って集団でいると、確かに傾向がありますよね。
もちろん、物静かな男子や、お茶目な女子もいるんですが、いざとなった時の
対応の仕方のようなものは、やっぱり男女で違いがあるような気がします。

ラブは賢いので、ある意味お子ちゃまよりお利口かも、と思える事も
ありますね。
と言うか、大人より思慮があったり観察力があることがあるじゃないか
と思う事さえあります。
心に寄り添うことならば、鈍感な人間よりも確かなのではないかと。

ええ、もちろん親馬鹿ちゃんりんこです。

いつもありがとうです。

2011/09/22(Thu) 15:09 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:男の子♪女の子♪(09/21)
前に女性のほうが男性より言語習得能力があるということを聞いたことがあります。(女性のほうが柔軟性があるかららしいんですが)よく見れば女性のほうがうまくなるのが早いし、発音もまあまあですが男性のほうがいつまで経ってもくせのある英語を話しているような気がします。あとですね、音楽に接しながら育った人は発音が上手らしいです。特にクラシックがいいとのこと。やはり耳の発達を助けるんでしょうか。ということで暮らすのBGMにクラシックなんてどうでしょう?あ、でもモーツアルトは眠くなるのでお気をつけください(笑)

私実家にいたころのGRはメスで前まで飼っていた子がオスだったんですがオスのほうがアホでおもしろいです(笑)ど~しようもない馬鹿なことをしてくれます(笑)何かに夢中になって電柱に激突してたのもオスでした(笑)メスはしつけも入りやすいしアホなことしないので犬初心者さんにはお勧めですがオスのアホ楽しさを考えるとオスもおいしいと思うのです(笑)
2011/09/22(Thu) 18:27 | URL  | いのり #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:男の子♪女の子♪(09/21)
いのりさん

そうそう、そう言えば同時通訳はみんな女性ばっかりですもんね。
右脳と左脳の通信が早いからだとか言いますが、柔軟性に欠けるのも
あるかも。
男性の方が自分のスタイルを頑固に保って、人の意見を聞き入れない事が
多いですから。

それと、音に対して鈍感な人は、確かに発音がなかなかそれらしくなりません。
ああ、だから少年たちは不思議な発音をしたがるのかなあ…
彼らにはそう聞こえているのでしょうね。
まあ、子供だからすぐに直るとは思いますが。

音楽をやっていたから、と言うのは自分が実感しています。
普段耳を鍛えていると、音を細かく分析出来るのかもしれません。
教材のCDに必ずBGMが入っているのも、音と一緒に覚えさせるためなのかも。

わんこの男子は、可愛いですよね~
女の子は、話がわかってとても扱いやすいですけど(だから盲導犬も
♀の方が多いのでしょう)男子のアホっぽいところも捨てがたいです。
親戚オフ会で、甘甘男子達が揃ってママの膝に乗っかっているのなんか
超可愛いです。
女の子は、茶飲み友達になりますけどネ。

2011/09/22(Thu) 18:52 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。