要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一度傷ついた心は、なかなか元には戻らない
2011年09月08日 (木) | 編集 |

久しぶりに、きいちゃんの「うがっ」が出ました。

昨夜、ターミ兄が帰って来た時の事です。
廊下で待っていたきいちゃん、ターミ兄について部屋まで来たのですが、そばまで来ると
何故か「う~

ちょっと噛みそうな勢いだったので、
「きいちゃん、どうしたの?」
と言うと、きいちゃんはソファに座っていた私の所に飛んできました。

が、すぐにスゴスゴと降りて、自分のベッドに行ってしまいました。

廊下でターミ兄を迎えた時、私はその様子を見ていませんでした。
なので、何がきいちゃんの気に入らなかったのかはわかりません。

ただ、考えられる事は2つあります。

一つは、ターミ兄が帰ってくる30分くらい前に、また米軍(と思われれる)飛行機とヘリ
音がうるさかったのです。
きいちゃんが、何らかのストレスを感じていた可能性はあります。

それから、ターミ兄の出していた波動がマイナスだった可能性もあります。
どうしてかと言うと、今彼の仕事はあまりうまくいっていません。
なのでやや不機嫌で面白くない、或いはきいちゃんにとっては少し怖いと感じる
何かが出ていたと思います。

きいちゃんは普段、あまり私にコビコビしたりしません。
どちらかと言うと、ターミ兄の方に行きます。

でもそれはイコール、ターミ兄の方に懐いている、と言う事ではないと私は考えています。

じゃあ何なのさ、と言うと、ヘタレのきいちゃんならではの「おあいそ」なのでは
ないでしょうか。

「ボク、可愛いでしょ?だから仲良くしましょうなのでし」
「ボク、良い子でしょ?だから怒らないでなのでし」
といった具合です。

私にそういった行為をする必要はありません。

このウチで自分を理解してくれるのが誰なのか、誰を信用したら良いのか、きいちゃんは
ちゃんと知っています。

でも、私への信用も100%ではありません。
たぶん、98%くらいだろうと思っています。

100%にならない理由は、人間から受けた(きいちゃんにとっては)嫌な事の記憶が、
どこかに残っているからではないでしょうか。

だから私は、「もうこんな事しても平気だよね~」ときいちゃんをからかったり
激しく抱きついたり、しつこくしたり、驚かせるような事は、絶対にしないように
しています。

「ボクが嫌な事は絶対しない人」でないと、きいちゃんのからの100%の信用は
得られないと思うからです。

何かの拍子に、人間不信のスイッチが入る可能性があるきいちゃん。
今はぐうぐうイビキをかいて寝ていますが、私はきいちゃんの心のすきまが完全に
埋まったとは思っていません。

クイールの訓練士・多和田さんは仰いました。
「犬は根に持たない動物だから、犬と3日越しのケンカなんてあり得ません」

通常であれば、その通りだと思います。
ただ、一度心に何かへこみや傷を負った犬は、なかなかそれをぬぐい去る事が
出来ません。

例えば、虐待された犬が、生涯その傷を完全に癒す事が出来ないケースがあるように。

きいちゃんは、別に虐待されたわけでもなんでもありません。
でも繊細な彼ならではの、何かがあったのだと思います。

ウチに来て、もう3年半。

まだきいちゃんの心は、愛情いっぱいで育ってきたきょうだい達とは少しだけ違うのです。

その微妙な心の変化を理解してやるのは、私の義務だと思っています。

ベロ出し甘甘~
何事もなければ、全然問題ないんだけどねぇ

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うんうん、めっちゃかわいいね♪
大きな体のきいちゃんが、ほんの少しのいろいろなことに神経をすり減らしているかと思うと、不憫で涙が出ます。
でも今は、良き理解者がいて幸せだね、本当によかったね、とも思います!

私は初めて暮らした犬が保護犬でしたので、パピー時代からずっと一緒にいて、いわゆるトラウマのない犬というのを知りません。
だから比べようがありませんが、うちの次女(ラブ8歳)は置き去りにされて山中をさまよっていたので、いまだに分離不安でパニックになることがあります。
長男(シュナ7歳)は虐待されていたので、訳のわからない時に殻にひきこもってしまうことがあります。
癒され、治るような部分もあるでしょうが、精神科医にかかっているわけではなく、一般家庭で根こそぎトラウマを拭い去ることは不可能なのではないかと6年目にして実感しています。
だから人間への100%の信頼を願いつつも、ターミ姉さんのように、90%でも50%でもいいから、私はあるがままのその子を精一杯大事にしていたいと思っています。
それに・・・、50%の信頼が52%になるだけでも、私はとても大きな喜びを感じます。
2011/09/08(Thu) 20:29 | URL  | ティオ松 #79D/WHSg[ 編集]
Re:うんうん、めっちゃかわいいね♪(09/08)
ティオ松さん

どんなに血統の良い子でも、育て方が合わないとその良さが半減してしまう。
だから、犬を飼うと言う事はものすごく責任ある事だと思うのです。

自分の都合で、犬達の発している言葉を無視してはいけないと思います。
人間だってそうですけど、嫌なものは嫌だし、合わないものは合わないんですよね。
それを、人間の都合だけを押し付けると、犬達の心のバランスが崩れてしまいます。

きいちゃんが盲導犬センターで何が合わなかったのかは、見ていたわけではないので
わかりません。
多分、平気な子だったら平気だったであろう事なのでしょう。

爺様は警察犬訓練所に1年通っていましたが(あまりにも悪かったので)
良くても悪くても、全然変わりませんでした。
そういう精神的な強さが、きいちゃんには、きっとなかったのでしょうね。

98%の信頼でも、今のきいちゃんにとっては精いっぱいの事なのでしょう。
だから絶対に、からかったり試したり裏切ったりしてはいけないと思います。

ティオ松さんのように、もっと深刻な子達をあえて受け入れる方達がおられる事は
せめてもの救いです。
ゼロだった信頼がたとえ50%でも、その意義は大きいですよね。



2011/09/08(Thu) 21:13 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
だいじょうぶだよ~きいちゃん
あれっ・・・インソムニアの記事にコメントを入れたつもりが・・・!
夢でも見てたんでしょうか私・・・(爆)
自分が見た夢のことについてとか色々書いたはずなのに・・
自分の記憶がこわい~(笑)


そっかぁ・・きいちゃん、まだ傷ついた部分が完全には
元通りになってないんですね・・。
写真で見るきいちゃんは、いつもおなか全開だったり、リラックスムードまんまんなのに・・・。
でもきいちゃん、きっと大丈夫ですよね。
ターミ姉さんがいるものね!!
きっと心からくつろぎきって暮らせる日も近いですよ^^
がんばれきいちゃん!!!

そうか~私もこもくにしつこくくっつきまくるのは
やめた方がいいなぁ~(無理だなぁ 笑)

ぽち☆

2011/09/08(Thu) 21:17 | URL  | 巳雪 #79D/WHSg[ 編集]
Re:だいじょうぶだよ~きいちゃん(09/08)
巳雪さん

こもくちゃんは、平和に育っているから良いんですよ~
べたべたブチュブチュくっつきまくっても。
他人がやったら、こもくちゃん嫌な顔するかもしれませんが…

きいちゃんは、私に対しては多分ほぼリラックス出来ているのだと思います。
でも他の人に対しては、彼なりにいろいろ考えた揚句に失敗する事も
まだあるんですわ。
きいちゃんの
「嫌なんだけど…」
のサインが、普通の人にはわかりませんし、普通のラブだったら
問題ないような場面ばかりなんですもん。

難しい子だなあと思います。
でも、だからウチに来てくれたんだな、とも思います。

唸られたターミ兄は、ヘソ曲げて散歩に行きませんわ。
そういうところが、マイナス評価なんですけどね。

巳雪さんのいろんな夢話、聞きたかったな~

いつもありがとうです。
2011/09/08(Thu) 22:39 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
はじめまして
あまりにかわいくてつい初コメしてしまいました!
黒ラブ7ヶ月男子とくらしています。
なんどもきいちゃん写真を見るにつけ「うう~さわりじゃくりたい!!」と思ったりもしてしまっております~。

そして、100%の信頼のために、、感動しました。きいちゃん、とっても幸せもんですね♪
わたしも自分は犬をハッピーにしてあげられているだろうか?と
自問自答した次第です。

またきいちゃんのベストショットを楽しみにしています♪
2011/09/09(Fri) 19:03 | URL  | スパーキーママ #79D/WHSg[ 編集]
Re:はじめまして(09/08)
スパーキーママさん

訪問ありがとうございます。

7か月の黒ラブ男子ですか~
可愛いでしょうねぇ。
大好きです、黒ラブの子犬。
もうどんなに悪くても、見ているだけで時間を忘れてしまいいます。

普通のご家庭で、生涯変わらず愛情を受けて過ごせる子は、それだけで幸せです。
でも、何らかの紆余曲折があっても、最終的に温かい家庭に落ちつければ
その子の命も意味のある事になるような気がします。

私は、きいちゃんが最後の時を迎えるまでに、出来るだけ人間を信用出来るように
なって欲しいと考えています。
きいちゃんは、恩返しと言うわけではないでしょうけれど、お世話の代わりに
たくさんの良いご縁を持ちこんでくれました。

だからそのご縁を大切にしながら、きいちゃんを通して自分に与えられた
宿題のようなものに、きちんと取り組もうと思っています。

きいちゃんって、本当は実物の方が可愛いんですよ~
でもカメラマンの腕が最悪なのと、古い出痔亀なのであまりうまくいきません…
だからもっとイケメンだと思ってくださいね。
2011/09/09(Fri) 20:02 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。