要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘタレは罪の意識がない?
2011年04月29日 (金) | 編集 |

きいちゃんは、自他共に認めるヘタレです。
怖い事は嫌い。
ビックリする事も嫌い。

だから、スリルとサスペンスを求めて冒険なんてしません。

ここが、ラブ爺と全然違うところです。

ラブ爺は、イタズラや嫌がらせを、ある意味楽しんでいました。

しかけたイタズラがいつバレるか、ちょっとドキドキしながら様子をうかがっていたり、
怒られたら逃げ切れるか、人間の顔色をうかがっていたり。

そして気に入らない事(おもに留守番)に対しては、人間が反論出来ない程度の
嫌がらせをしていました。
これも、「どの程度してやろうか」という選択の段階を、楽しんでいたのではないかと
思います。

でも、きいちゃんはそういう事は一切ありません。

怒られるのは嫌ですから、怒られるとわかっている事はしません。
嫌がらせも、意思表示として自分の敷物をぐちゃぐちゃに丸めるくらい。
人間の許容範囲内でしかやりません。

ドキドキなんてしたくないようです。

そのきいちゃんが最近ちょっと覚えたのは、スリッパやサンダルをくわえる事、
それからゴミ箱あさりです。

サンダルくわえは、イタズラでも嫌がらせでも何でもなく、ただ楽しいからくわえて
飛び跳ねているだけで、「出しなさい」と言えば出します。
だから、同じくわえて走りまわるにしても、ラブ爺とは全然迫力が違います。

きゃつは、悪いと知りつつやっていたので、逃げ方も凶悪でした。
追いつめられれば、体当たりして強行突破です。

何度吹っ飛ばされた事か。

きいちゃんも、何かをくわえて逃げて追いつめられ、強行突破を試みた事がありましたが
私にぶつかった段階で、簡単にあきらめてしまいました。
以後、同じイタズラはしません。

きいちゃんの最近のヒットは、ゴミ箱(屑かご)あさりのようです。
たまに、ティッシュなんぞが廊下に落ちている事があります。

ラブ爺の場合だったら、それは明らかに嫌がらせだったのですが、きいちゃんの場合は
ゴミ箱をのぞいてみたけれど、あんまり面白いモノがなかったので、一つ拾ってみて
途中で捨てた、と言う感じです。

ある時きいちゃん、ゴミ箱からトイレットペーパーの芯を拾ってきた事がありました。
きいちゃんには、罪の意識は全然ありませんから、それをくわえて誇らしげに
私の所に見せに来ました。
「あのね、あのね、こんなの見つけちゃったでし」

どうして怒れましょう。

「ああ、そう。良かったね」
と言って頭をなでなですると、きいちゃんはとても嬉しそうにそれをベッドに
持って行きました。

こういうきいちゃんなので、基本的に
くぉら~!!
と追いかけまわす必要はありません。

かつて、一日に一回は怒っていたのと大違いです。

ヘタレちゃんは、悪いと知りつつ悪い事をする、と言う事がないので、平和です。

日向ぼっこ
趣味は、食べることと日向ぼっこ

お外に出たい
悪のオーラはありません

 

 

いろいろよろしくです。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きいちゃん、えらい子やね♪
きいちゃんはほんとに全身から、まなざしから、すべてにイノセントオーラが出てます!

それにしてもラブ爺様はすんごい男だったんですね。
パピーならともかく、子供のうちならともかく、一生ですか?
自分を曲げず貫き通した、大した男ですね!

うちのヘタレ長男(ミニシュナ)も、全然いたずらはしません。
「怒られるかもしれない」と考えただけで腰が抜けるほどヘタレなので。
ヘタレ万歳!!
2011/04/29(Fri) 14:18 | URL  | ティオ松 #79D/WHSg[ 編集]
Re:きいちゃん、えらい子やね♪(04/29)
ティオ松さん

きいちゃんはホントに、悪ぅにはなれない子です。
引っ張りっこ一つにしても、へなへなと善良過ぎて迫力がありません。
その代わりとてもシャイなので、怖がらせたり追い詰めたりすると
精神的にこたえてしまいます。
なので、人間も平和に努めないといけません。

ラブ爺はある意味、すんごいヤツでした。
晩年、体が若い時のように動かなくなったらなったで、アタマを使いました。
そして、生涯人間を振りまわしました。
きっとご満足いただけたことでしょう。

ヘタレは、お世話するには楽ですねぇ。
「怒られる事をする」なんて、そんな事考えたくもないのでしょう。
知恵比べをしなくて良いので、人間がボケそうなくらいです。
でも可愛いので、良しとします。

2011/04/29(Fri) 15:18 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
悪戯かどうかはこちら次第
きいちゃん、やっぱり可愛いですね。そして、やっぱり
莞太と似ています(あ、ここにも親馬鹿が・・・)

スリッパもゴミ箱のティッシュも、きいちゃんにしてみ
たら「悪戯」ではなくて「面白いこと」「遊び」ですよ
ね。サンダルをくわえていると、ターミ姉ちゃんが来て
「出しなさい」って言ってくれるんですもの。
そしたら、きいちゃんは「だせ」ができて、よい子なん
ですもの。
莞太の場合はキッチンのタオルか私のTシャツ(洗濯か
ごの中から選りだしてきます)です。ただし、単純に楽
しいのではなく「こんなの持って来ちゃったよ~、どう?」
「ダメでしょ?」という顔をしています。
「アウト」と言うとシブシブという演技(?)で近づい
てきて出しますが、そうするとこっちは褒めなきゃなりま
せん。
たまに無視していると、さもつまらなそうにため息をつい
て、タオル(Tシャツ)を枕にして寝そべります。
しばらくたって、顎の下から引き出して黙って片づけると
落胆と後ろめたさのまじt



2011/04/30(Sat) 01:15 | URL  | 莞太まま #79D/WHSg[ 編集]
途中でした(汗)
落胆と後ろめたさの混じった表情になるので、かまって
やる余裕のなかったことを、反省したりします。
2011/04/30(Sat) 01:16 | URL  | 莞太まま #79D/WHSg[ 編集]
Re:悪戯かどうかはこちら次第(04/29)
莞太ままさん

莞太君も、善良なヘタレちゃんなんですね~
写真を拝見する限り、絶対悪ぅではなさそうですもの。

莞太君にとっては、「ボク、いけないことわかってるよ。」の
確認なんでしょうか。
「ちゃんとわかってるボクは、良い子だよね?」って。
ここで、何もわからない飼い主だったら叱ってしまうかもしれません。
でも、そうしたらとっても傷ついちゃいますよね。
ちゃあんとわかってコミュニケーションをとれるままさんだから、
莞太君はまた、ままさんのTシャツを選んで持ってくるんだろうなあ。
そういうところが、わんこって賢くて可愛いと思います。

きいちゃんは、大きな声とか怒鳴り声が大嫌いです。
そんなことは全くお構いなしだった爺様とは、大違いです。

爺様も、私の靴下とかを選別して持ってきました。
でもその様子は、いかにも
「へへへ、これで追いかけてくれるかな」
で、期待通り追いかけまわすと、とても楽しそうでした。
(今思えば悪~いしつけをしていたようなものでした)
悪い事はわかっていたので、本当に本当にいけない貴重なものには手を出しませんでした。
つかまっても、お尻ペンくらいで済むのを承知していたんですね。
そして爺様の場合は、ヘタレちゃん達がお話したいのと違って、
構う=激しく追い回す
だったので、無視していると追いかけるまでアピールしていましたっけ。

性格の違いで、表現の仕方が全然違うのが面白いですね。
でも共通しているのは、構って欲しい事。
いつも人間と一緒にいたがって、いつも構って欲しいわんこは
本当に可愛い存在です。
人間が同じ事したら、ものすごくウザいと思うんですけど、わんこならOKですわ~


2011/04/30(Sat) 09:17 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
ヘタレで良い子でし…
基本的にこの血筋の子達は悪い奴っていませんよね…それに手の混んだ悪さをする子もいない様な気がするなぁ。
今日のきいちゃんもかわいい?
基本、この子達は超かわいいでし?

我が家のティピが一人っ子の時には、トイレットペーパーの芯の中にお手紙を入れて主人のいる部屋まで持たせたり…そんな遊びをしたりしました…なんだか思い出しちゃったぁ~
2011/04/30(Sat) 17:43 | URL  | Yoko #79D/WHSg[ 編集]
Re:ヘタレで良い子でし…(04/29)
Yokoさん

そうですね~
この一族は、基本みんな善良です。
悪ぅになろうと言う遺伝子が入っていないみたいですね。
きいちゃんと爺様が、遠い遠い親戚だと言うのが、笑えます。
どこでどう変わったのかしらん。

きいちゃんは、褒めてもらうのが大好きで、優しくしてもらうのが大好き。
だから、イタズラをしかけてそれを楽しむと言う発想がありません。
「それは嫌だよ」と言う意思を示せば、すぐに引っこんでしまいます。
平和そのものなので、ホントに可愛いとしか言いようがありません。
きっとルナさんも、そうなんだと思います。

ティピさんは、Yokoさんの相棒なんですね。
爺様もそうでした。
きいちゃんが、守ってあげなくてはいけない幼児のような存在なのに対して、
爺様は、対等と言うのはおかしいかもしれませんが、人のようにからんでいました。

どちらも大切な存在ですね。


2011/04/30(Sat) 19:32 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ヘタレは罪の意識がない?(04/29)
隣で一緒にねっころがってチュッチュした~いと思わせるような写真ですな。ラブ、ゴールデンはお口の形がチューしたときにいい感じなのがいいです。あの感触は今でも忘れてません。

へタレなほうが育てやすいっていうのはあるけれど悪いのはそれはそれで味があるような気がします。デクスターを買うまでは犬は絶対飼いやすいメスがいい!!って思ってたんですが今はオスのお馬鹿らしさ、無邪気さ、へたれさにぞっこんで次にご縁があるときはまたオスがいいなぁと思っています。
2011/04/30(Sat) 20:49 | URL  | いのり #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:ヘタレは罪の意識がない?(04/29)
いのりさん

大型犬は、膝に乗せてと言うよりは、一緒にゴロゴロ出来るのが良いですよね。
お口がちゅ~向けかあ。
それは考えた事がなかった。ゆるんだゴムパッキンみたいだなあと
いつも思っていたくらいで…
いのりさんの愛には負けます。

爺様がスルメのように味で勝負するヤツだったので、対照的なきいちゃんは
なんとも不思議です。
極悪からヘタレへ、広く経験出来るのは楽しいですね。
でも共通してるのは、男の子は甘ったれでちょっとお馬鹿でかわゆい。
女子はしっかりしていて話がわかって、それも体験してみたいとは思うのですが、
なかなかご縁がありません。

いのりさんにも、超ヘタレの可愛い甘甘お馬鹿坊っちゃんとご縁があると良いですね。

2011/04/30(Sat) 21:17 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。