要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
わんこのストレス、人間のストレス 
2011年03月22日 (火) | 編集 |

未曾有の大震災から10日ほど経ちました。

余震はやっと少なくはなってきましたが、まだ100%安心は出来ません。
それと、原発の問題もあります。

かなり神経の図太いワタクシでも、精神的疲労は全くゼロではありません。
慌てたり騒いだりはしませんが、計画停電の混乱・買い物がしづらいことなどは
それなりにストレスです。

地震当日、前にも書きましたが、私は隣街にいました。
そしてその時、きいちゃんはジジババと一緒にいました。

ジジババはどうしてしていたかと言うと、ジジはぶらんぶらん揺れるシャンデリアの下で
座っていたそうです。
別に腰が抜けたわけではなくて、移動するのが面倒くさかったらしい。

で、ババはきいちゃんを連れて、玄関のドアにスリッパをはさんで、(全開にしてしまうと、
きいちゃんが外に出てしまうと思ったからだそう)窓の少ない北側に座り込んで
いたそうです。

窓の少ない北側と言うのは、窓が多い方が家の強度が弱いからですね。

きいちゃんは、「ナニナニ?なんか変でしよ?」
と言う顔はしていたそうですが、人間が大騒ぎしなかったせいか、時間になったら
バクバクとご飯を食べ、私が徒歩で帰宅した時は、薄暗がりから留守番のご褒美を
貰いにイソイソ出てきました。

それからずっと、きいちゃんは特に変わりありません。

ちょっと嫌そうにしていたのは、計画停電で真っ暗になった夜のお散歩です。
この辺りの区分が複雑でイマイチよくわからない私は、探索を兼ねて
(じっとしていると寒いし)歩きまわろうと思っていたのですが、暗闇に入ると
きいちゃんが後ろから私の足の間に入って来て、
「ボク怖いでし、もう帰りましょうでし」

う~む、ヘタレやのう。

まあ、きいちゃんはそんなもんで、特にストレスは感じていないようですが、中には
ご飯を食べなくなってしまったり、吐いたり下したりしてしまう子もいるようですね。

異様な空気を、わんこはいち早く感じるのでしょう。
だから、人間が動揺すればするほど、その波動も伝わってしまうのかもしれません。

被災地の方々には、動揺するなと言う方が無理です。
でも、いくらかでも被災地から離れている我々は、必要以上に動揺してはいけない。

むしろ、心が乱れれば乱れるほど、肝心の事が出来なくなり、正しい判断が
つかなくなります。

ストレスを感じているわんこに出来る事、それは人間が人間のストレスをわんこに
伝えない事ではないでしょうか。

大丈夫、ちゃんと守ってあげるから。
万が一守れなくなるような事があった時でも、絶対一緒だから。

そんな気持ちを常に向けてあげる。
そして、自分達も出来るだけ無用な心を動かさない。

今だから、必要な事ではないかと思います。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうだそうだ!
お前さんたちを見捨てるなら、しがみついて共倒れの方がいい。
一人で残されるなんて寂しくっていやだ!
って、本音はそこか?
へい、そこでおます。
2011/03/22(Tue) 21:05 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
Re:そうだそうだ!(03/22)
ワンコのかあさんさん

あはは
そうですね。そうとも言えます。
かあさんちは4姉妹の若草物語ですから、ぞろぞろ繋がって固まっているんでしょうか。
私は、一人でくたばるなら、きいちゃんの下敷きになった方が良いです。
ターミ兄の下敷きは苦しそうなので、嫌です。

2011/03/22(Tue) 21:30 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
震災への備え
まだ微妙な余震が度々ありますねぇ。イヤな感じです。そちらでは余震の影響はいかがですか?

私の会社の会長・社長がヘタレ・・・じゃなくって慎重な性格だったおかげで、先週1週間は自宅待機でした。ルークは2-3日はまだどこか怖がっている?と思わせるところもありましたが、今は完全に元通りになりました。そんなわけで今日からは、普段のタイムテーブルどおり、昼間は自宅で留守番・夕方前に姪っ子甥っ子が来てくれ・夜は母の家で私の帰りを待つという生活に戻りました。

久しぶりの留守番にもなんの問題もなかったようで、本犬は既にストレスからは解放されているようです。なのに・・・今回の経験にこだわってしまうのは飼い主の方。

私が会社に行っている間、どうしても何時間かは1人で留守番していてもらわなくてはならない・・・ということは、もし東京直下型の大地震などきたら・・・家が壊れてしまうかも・・・生き残ってくれても壊れた家の隙間から逃げてしまうかも・・・と悪い想像がいくらでも沸いてきます。これまで外出先で迷子にさせる状況が想定外だったので考えたことがなかった"マイクロチップ"を真剣に考えてみようか?なんて思ったりしてます。
2011/03/22(Tue) 23:40 | URL  | ルークママ #79D/WHSg[ 編集]
Re:震災への備え(03/22)
ルークママさん

こちらもまだ、微妙な余震があります。
今朝もゆらゆら、時々揺れています。天気もどんよりだし、なんだか
パッとしません。
富士宮の地震はどうなったのかなとも思いますし、嫌な気分ではあります。

でもこういう時は、ヘタレ社長の方が慎重で良いと思います。
ターミ兄の所なんて、翌日電車が動かなくて行かれないのに
「どうして来なかったんだ」
とか文句言ったそうですよ。
しかも翌々日は普通に残業があって。馬鹿会社ですよね。
まあそういうところは、業績も悪いんでしょうけど。

留守番は心配ですよね。
地震じゃなくても、心配になります。案外、本犬は慣れているのかもしれませんが。
留守番の多い子は、マイクロチップもアリかもしれません。
若しくは、首輪に連絡先(携帯とか)を必ず着けておくとか。

そんな大災害に遭いたくはないですけど、今回の事でやはりいろいろな事を
考えて用意しておいた方が良いのかな、とは思いました。
でも、まずは一度落ち着いて欲しいです。

余震も、1カ月くらいはなかなか止まらないそうですね。
なんだか、地震酔いしちゃいます。
2011/03/23(Wed) 09:18 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
飼い主は犬の鏡
ですね。
人間たちが何かの理由で騒いでいると、いっしょになってコーフンして(スリッパ引き裂いてるし)、陰気臭いムードのときは、ため息ついて寝そべってるし、たぶんこちらが不安になるときは、やはりこちらを不安そうに上目使いで見てるだろうし。
だから、あんまり犬に負担をかけないように、ストレスにならないように平常心を保とう、と心がけてるんですけど、
まー平常が「喜!」「怒!」「哀!」「楽!」なもんで...

気をつけよう。
2011/03/24(Thu) 07:59 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
Re:飼い主は犬の鏡(03/22)
Purdyさん

そうですね~
他の動物もそうかもしれませんが、犬って特に人間の心に寄り添う動物だと思うんです。
飼い主が嬉しければ(わけもわからず)一緒に喜んでくれたり、
めそめそしていると様子を見に来てくれたり…
だから不安な心を犬に向けると、よろしくない気がします。
頼りにしている飼い主が何かにおびえている、という状況は
何が怖いのかわからない事も加わって、犬達にとっては二重に怖い事なのではないでしょうか。
ポジティブな感情は良いと思うんですけど、ネガティブなものは犬に伝えたくないなあ。

でもそう思うと、爺様はなにゆえあのような性格になったのだろう…?
やっぱり私のせいなのかしらん。

2011/03/24(Thu) 12:30 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック