要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きいちゃんがウチに来たワケ
2010年11月27日 (土) | 編集 |

爺様ときいちゃんは、全く違う。
まるで悪魔と天使のようだ。

爺様は完全に犬離れしていて、悪ぅを極めた極悪わんこ。
対するきいちゃんは、いぬ可愛い犬そのもので、気の小さい善良なわんこ。

この二人が、ず~っとたどっていくと遠縁だと言うのが不思議だ。

共通しているのは頭が良いこと、そして人を良く見ていること。

最近、なぜ爺様がきいちゃんを選んだのか、少しだけわかってきたような気がする。

きいちゃんは訓練性能の良い、しつけのしやすい子だ。
でもキャリチェン時代は、もらってくれる人がいなかった問題児でもあった。
何故なら、シワシワの顔で唸って噛みついたから。
この大きさで唸ったら、それだけでリジェクトされても仕方がない。

きいちゃんが最初から普通の家庭犬だったら、私と出会う事はなかったと思う。
問題を抱えていたから、爺様が目を付けたのではなかろうか。

そして、ワンコのかあさんに耳打ちした。
ワンコのかあさんは「わんこの母さん」だから、ちゃんとその言葉を受け取って
こちらに伝えてくださった。

それで、きいちゃんは我が家にやってきた。

爺様の思惑は、
「悪ぅを極めたわしが鍛えてやったから、このくらいなんでもなかろう」
「本当は、この子は良い子なのじゃ。
わしの一生に付き合ってくれた姉ちゃんに、普通のわんこライフを味あわせてやろう」
だったのではないか。

そして爺様とはまた違ったご縁を、きいちゃんが後ろにたくさん持っている事も、
爺様はきっと知っていたに違いない。
おかげで、私の悪い頭では把握できないほど、全国にいろんなご縁が広がった。

何度も言うけれど、きいちゃんは本質的に良い子だ。
ノーリードでどこでもOKになるまで、もう少しだと思う。

歴代のわんこの中で、打てば響くように反応するのはきいちゃんだけだ。

爺様は、知っててやらんかったもんな。
それから思えば、言えば聞くって何と感動的な事か。(これも爺様の思うつぼか?)

でも、爺様と付き合わなかったら、私も勉強不足で「う~パク」きいちゃんには
付き合えなかったかもしれない。
極悪爺に手こずったからこそ、少しくらいの悪癖には驚かなくなった。

こうしていろいろ考えると、やっぱりラブ爺は偉大だ。
先日のお友達の訃報を、誕生日に知らせてくるあたり(勝手にそう信じている)も
只者ではない。

介護の経験もしっかりさせてくれたおかげで、老犬のお世話ぺットロス対策
学習させていただいた。

きいちゃんの訓練性能を引き出す課題をパスすれば、ほとんどわんこについては
学ばせてもらった事になる。

あとは、子犬の育児をもう一回かなあ。

このご縁も、爺様におまかせだ。
適当な時期に、適当な子を選んでちょうだいね。
もちろん、ご縁があれば、だけど。

若き日の爺様
若き日の爺様

おマヌケ顔
そしてきいちゃん。同じラブとは思えないほど、きいちゃんはお子ちゃま顔やね


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re:きいちゃんがウチに来たワケ(11/27)
若爺様ってばカッコイイ!!!きいちゃんは相変わらずかわいい(^^♪

つい最近、ラブ爺様の本を読み直しました。実は以前にこちらのサイトを知って直ぐに購入したものの、サイト内の昔の記事を読んでいるうちに、すっかり本を読んだ気になっちゃって、ちゃんと読書してなかったことに最近気づきまして・・お恥ずかしい・・・(^^ゞ

で、改めて読み直してみたのですが、ターミ姉さんがどんなに"悪う"だと書かれても、私には悪うには思えなかったで~す(^^♪ ラブ爺様にも一人になりなくないストーカーで甘ったれの一面もおありだったようで・・・また若かりし頃のエピソードの中で、ご友人がラーメンを両手で持ち上げた一瞬のスキを逃さず台ふきんをゲットしたっていうのに、一番ウケちゃいました。やっぱり愛すべき素敵なラブちゃんだったんだなぁと思いました~

頭がよくってカッコ良いラブ爺様の若き日の写真が見れて嬉しかったです。
2010/11/27(Sat) 15:27 | URL  | ルークママ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:きいちゃんがウチに来たワケ(11/27)
ルークママさん

こうして見ると、結構若爺は精悍でしたねえ。
いわゆる昔の英国タイプのラブで、顔だって正統派なんですけど、目付きが悪かった。
若爺(きいちゃんとたぶん同じくらいの年)に比べると、きいちゃんは童顔です。
しかも女の子みたいな顔。
血が繋がっているとは思えないですね~

本は、昔の記事を整理しただけですので、昔からお付き合いくださっている方達にとっては
な~んも新しい事はありまへん。
ただ、まとめて手元に置いておけたらなあと思って本にしただけなのでございますよ。
ブログを読んでくださるだけでも、ありがたいことです。

ラブ爺もラブなので、「一人でおられへんのや」が口癖のストーカーでした。
でも悪ぅも悪ぅだったんですよ~
老犬を一方的に襲ったり、訓練士さんも引きずり倒したり、柱をトーテムポールにしたり…
革張りの応接セットも破壊しました。
被害総額を計算するのは、恐ろしいです。

それでもいとおしい存在のラブ爺、何でなんでしょうね。
人間が同じ事をしたら、ぶっとばしもんです。
私だけを信じて、疑うことなくくっついていた爺様。
たくさんのお金に変えられないものを残して言ってくれた爺様。
ハイ、悪行も数々ありましたが、良いヤツでもありました。
少なくとも私にとっては。

2010/11/27(Sat) 17:00 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
はじめまして!?
先日、ニューファンを連れていたものです。^^
Tinakoさんつながりで以前から読み逃げばかりしておりました。
今いる犬たちも何らか御縁があって存在するんでしょうね。
我が家の姫を迎え入れた6年前のことを今考えると???ですがこれも何かがそうさせたんだろうと思います。きいちゃんを見た時、我が家のハルと似てるなぁ・・・って思ってしまいました。
2010/11/27(Sat) 17:23 | URL  | 京@名古屋 #79D/WHSg[ 編集]
Re:はじめまして!?(11/27)
京@名古屋さん

姫ちゃんのママですね。
私的には、姫ちゃんをなでなでしたかったのですが、きいちゃんが愛想が悪いので
あまり近づけませんでした。
訪問してくださって、ありがとうございます。

昼食の時、ママの正面にどんと座っている姫ちゃんを見て、とっても
微笑ましく思いました。
この存在感は圧巻ですよね。
やっぱり大きい子って良いなあ。

わんこの繋がりは、全て必然性があるのかなと言う気もします。
この子が来なかったら、私は23日に富士宮には行かなかったかもしれない。
そもそも、ブログなんか書いていなかったかもしれない。
わんこが持ってきてくれるものって、不思議ですね。
だからこそ、飼育放棄したり途中で捨てる人が許せません。

せっかくわんこが持ってきてくれたものを、大切にしたいと思います。

2010/11/27(Sat) 19:44 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
姫とQUEEN
あのぅ・・・・・先日の相棒ワンコはQUEENで姫は6年前にレスキューしたニューファンなんです。現在我が家はイエローラブのハルとニューファンの姫とニューファンのQUEENの3頭が仲良く暮らしています。^^;
2010/11/27(Sat) 20:21 | URL  | 京@名古屋 #79D/WHSg[ 編集]
Re:きいちゃんがウチに来たワケ(11/27)
そうや、なぁ…。
ラブ爺様って、こんな顔だったのですよね。
慣れ親しんだ?ラブ爺様の写真を見直して、また若い姿の写真を見て…。
お二人の長い年月をあれこれ思いました。

もう既にですが、きいちゃんとのこれからも、きっとあれこれ…ですよね。


2010/11/27(Sat) 20:45 | URL  | リリー #79D/WHSg[ 編集]
Re:姫とQUEEN(11/27)
京@名古屋さん


あ、そうか。失礼しました。
先日、姫ちゃんというお名前のグレピさんと遊んだので、なんだか大きい=みんな姫ちゃん
と言う変な図式が出来上がってしまいました。
思い込みは、老化現象ですなあ。

ニューファンとかグレピとかグレートデンとか、結構大きな子がレスキューされたりするんですよね。
本当に本当に、飼えない人には飼って欲しくないです。

ハルさん、女の子ですよね。
きいちゃん、良く女の子に似ていると言われます。
ピンクの服を着せようかなあ。
2010/11/27(Sat) 21:30 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:きいちゃんがウチに来たワケ(11/27)
リリーさん

そうなんですわ。
ラブ爺って、こんな顔してたんです。普通にラブの顔ですよね。
これが、本の表紙みたいになるんですなあ。
ってことは、自分の顔もそれなりに変化しているわけですね。
そうは思いたくないんですが。

一頭のわんこが、こんなふうに変貌する間、共に過ごせたことはとても嬉しい事です。

きいちゃんは、どんな爺さんになるのかな。
あんまり変わらないのか、それとも意外にすごい顔になるのか。
そしてその頃、自分はどうなっているのか、結構楽しみだったりします。
犬と刻む歴史って、過ごした人にしかわからない宝物ですね。


2010/11/27(Sat) 21:38 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re.きいちゃんがウチに来たワケ
言葉が足らなくて…申し訳ございません。
ハルは10歳7カ月の♂なんです。お時間があるときにでもまた、覗いてみてくださいなぁhttp://kmtwinclestar.blogspot.com/
2010/11/27(Sat) 22:50 | URL  | 京@名古屋 #79D/WHSg[ 編集]
たしかに...
う~ん、確かに...

いやあ、このラブ爺様はどっしりとしてますね~^^
で、なんかいろいろ考えてるお顔だわ。

ラブ爺さまからターミ姉ちゃんに贈った最大のプレゼントがきいちゃんなんですね^^

ラブ爺様を育て上げたからこそ味わえる”きいちゃんとの生活”

こんどはどんな生活が待ってるかな^^
2010/11/27(Sat) 23:05 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
Re:Re.きいちゃんがウチに来たワケ(11/27)
京@名古屋さん

いいえ~
早合点おばさんは脳軟化症ですから…
かあちゃんに「思い込みはいかん」とか言いながら、自分もソックリなのが反省です。

はあい、あとで伺いま~す。

2010/11/27(Sat) 23:07 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:たしかに...(11/27)
yukoさん

私には何の霊感もありませんが、爺様の写真はどれも見るとビンビン来るものがあります。
亡くなった子の存在なんかあるか、と言う人がいるかもしれませんが
あるんですね~
私は今も爺様と繋がっています。それは他の誰にもわからない、私にしかわからないものです。

きっと、yukoさんにしか感じられない、ウィリーくんやぶーちゃんの波動と同じですよね。

きいちゃんとの生活は、先日セミナーに行って感じました。
この子は、どんぴしゃの良い子になるだろう。そして、私が爺様としたかった
いろいろな事をさせてくれるだろう、と。
それが爺様のプレゼントなんですね。

爺様は生きたいように生きたかった。そのお返しが、きいちゃんなんです。
爺様らしくひとひねりあって、やっぱりきいちゃんも私しか扱えないんですよね。

最高のプレゼントです。
2010/11/27(Sat) 23:17 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
爺様ときいちゃん
本当に黒ラブ~って言う感じの爺様ですね、カッコいいわ~!私もラブの中では黒ラブしか考えられないくらい黒ラブが大好きでした…九州の母さんの所の犬達を見るまでは(笑)
先日、ターミ姉ちゃんにティピをご紹介できなかったがとっても残念。ぜひお次の機会を作ってご紹介したいです…おばあさんですが。
ホントだね…カッコいい爺様とかわいいきいちゃん…でも何となくこれでバランスがとれてきているように思うなぁ。

2010/11/28(Sun) 18:26 | URL  | Yoko #79D/WHSg[ 編集]
Re:爺様ときいちゃん(11/27)
Yokoさん

私も黒ラブは大好きです。今も大好き。
だからきいちゃんがイエローだと聞いた時は、正直
「イエローかあ」
なんて思ったものです。
でも、これも爺様の計らいかなと。

爺様と真逆のきいちゃん。だからきいちゃんの良さも見えるし、爺様と比べなくて済むんですね。
新しい出会いなのだから、いつまでも過去の経験にしがみついていないで、
先に進みなさいと言う事なのかなと。

ティピさん、会いたいです。
黒ラブのシニアって、本当に可愛い。
若くてつるつるの子も良いけど、ゴマ塩は黒ラブならではですもんね。

粋で悪ぅな爺様と、可愛くて良い子のきいちゃんと。次にご縁があるとしたら
どんな子かな~なんて、最近ちょっと考えたりしますわ。
2010/11/28(Sun) 20:58 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。