要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
きいちゃんは良い子
2010年09月15日 (水) | 編集 |

ワルワル街道を突っ走った爺様とは、対極にいる温和なきいちゃん。
本来、ラブとはそういうものだ、とあこがれて飼ったのに、爺様と付き合っているうちに
ラブってなんだけ?」となっていたワタクシ、きいちゃんがあまりにも扱いやすいので
ちょっと驚きすら覚えています。

だいぶタフになったかと思われたきいちゃんと、遊んでいた時のこと。
珍しく、スリッパをくわえて目を吊り上げて逃げたきいちゃんを、寝室に追いつめました。

爺様若かりし頃は、こんなことは日常茶飯事でした。けど、きいちゃんとしては
目を三角にして逃げるのは珍しい事です。
しかも、おもちゃではなくてスリッパをくわえてなんて、懐かしくてワタクシの方が
ハイになってしまいました。

「オラオラオラ~!」とベッドの向こう側に追いつめると、きいちゃん、チンピラわんこ風
お尻を突き上げ1回転します。
さあ、どうする?向こうの扉は閉まっているぜ。

この時点で、ワルワル爺に鍛えられたワタクシには、すぐ2通りの行動が先読み
出来ました。
一つは、禁断のベッドに飛び上がり逃げる。もう一つは、私を突き飛ばして
強行突破する。

さてどうするかな、と思ったら、きいちゃんは強行突破を選びました。
珍しく、ワタクシの方に突進してきて頭から突っ込んできたのです。
きいちゃんにしてはかなり強く、多分一か八か、一大決心をして。

・・・が、それでおしまいでした。
「つかまえたぞ~」
と、がしっとお尻をつかまえると、きいちゃんは固まってしまいました。

「ボ、ボク、出来ない事をしてしまったのでし」
ヘタレのきいちゃん、それであっさりお縄です。スリッパも簡単に没収。

爺様だったらそこでロデオまがいのプロレスです。首にしがみつくワタクシを
振りもぎるか、そのまま人間ごと逃げるか。
何にせよ、簡単にはつかまりませんでしたし、スリッパは没収した時にはたいてい
歯型だらけになっていました。

体は大きいけれど、良くても悪くてもきいちゃんは迫力がありません。
だから、小さな子に赤ちゃんわんわんと言われたのかも・・・

さて、また別の日のことですが、家に電気屋さんがやってきました。
この電気屋さん、爺様若かりし頃から出入りしていて、しかも大のわんこ好き。
爺様が騒いで仕事を妨害しても、少しも動じない方なのです。

きいちゃんも、わんこが好きな人はわかるので、大歓迎で走ってお迎えに行きました。
でも、まとわりつくと作業の邪魔なので、
「きいちゃんはこっちの部屋においで」
と呼びました。
きいちゃん、ちょっと納得できなそうな顔をしていましたが、素直に来ました。

頭ごなしに命令するだけでは、理由がわからないと思ったので、説明しました。
「これからおじさんはお仕事なんだよ、きいちゃんと遊びに来たんじゃないの。
だから邪魔しちゃいけないんだよ」

たぶん、「お仕事」と言う言葉に何かを感じたのかもしれません。
それからきいちゃんは、隣の部屋でずっとおとなしくしていました。
引き戸だったので、開けようと思えば開けられたのですが、大人しく伏せていました。

爺様だったら、いくら説明したって、
「嫌じゃ、わしは行きたいんだもんね~」と勝手に扉を鼻で開けて、突入したでしょう。
そして、「わしが一番、わしが一番」とアピールをして、仕事の邪魔をしたに
違いありません。

だから、きいちゃんが「言えばわかる子」なのが、ちょっと驚きです。
聞きわけが良いのですね。
頭の良さは、爺様もきいちゃんも同じくらい良いと思いますが、決定的に違うのは
きいちゃんは、「やだ!」とほとんど言わないのです。

抵抗するのは、「退場!」と言われた時くらいです。

自分を通す事よりも、「良い子だね」と優しく褒めてもらったり、その場の空気が穏やかで
ある方が好きなきいちゃん。

お世話が楽ちんだわ~

ホントに悪ぅな顔
チョイ悪じゃなくて、本ワルだった爺様

チョイ悪の顔
ヘタレのきいちゃん。一緒に飼ったら、面白かっただろうなあ

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きいちゃん、いい子いい子♪
きいちゃんは本当に聞き分けの良い子なんですね。
電気屋さんなんていうラブの大好物(!)がいても
いい子にできるなんて、ホンマモンですわっ!

それにしても、爺様が先で良かったですね。
もしいい子のきいちゃんが先で、爺様が後だったら
「ラブってこんなはずではない?!何が悪いの?」なんて
悩んでしまいそうですね。爺様は偉大なり!!

私も最初の犬がわがままラブだったので、犬ってこんなものと
インプットされてしまったので、後から来る子はみんな
「ありがたい子じゃ~」と思うくらいいい子に見えました。

ちなみに、いい子も悪い子と一緒にいると
だんだん悪くなってくることが多いようです(笑)。
2010/09/16(Thu) 09:15 | URL  | ティオ松 #79D/WHSg[ 編集]
Re:きいちゃん、いい子いい子♪(09/15)
ティオ松さん

えっ、そうなんですか。
良い子も悪い子と一緒にいるとだんだん悪くなる…
やっぱり悪のパワーが勝つのでしょうか。
うへ~一緒じゃなくて良かった。
もっともヘタレのきいちゃん、悪ぅになろうとしてもなれなくて
妙なストレスを持ったかもしれませんね。

本当に、爺様のような子と暮らしたおかげで、大抵のわんこは良い子に見えるようになりました。
当時はまだ私も20年若かったので、かなり体当たりで付き合えましたが
今だとちょっとしんどいかも…
ちゃんと、適正な時期にふさわしい子がくるようになっているんですね。

ところで思ったのですが、電気屋さんをはじめ、業者の方達ってわんこは全然OK
若しくは、でかい子大好きと言うツワモノが多いと思いませんか?
爺様の前の子なんてかなり狂暴だったのに、お構いなしに庭に入ってきたガス屋さんがいました。
あまりに堂々としていると犬も困るらしく、鞄にガジガジしていましたが、
ガス屋さんは全く動じていませんでした。
慣れなんですかねえ。



2010/09/16(Thu) 09:33 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
ホントにいい子だね~♪
きぃちゃん偉いな~
電気屋さんが来ても我慢できるなんて・・・!!
でもでも、目を吊り上げて遊ぶ楽しさも覚えたみたいで良かった!
たまにはターミ姉ちゃんをギャフンと言わせないとね。
修行しなさ~い!きぃちゃん♪

ビビは悪い子ではないんですが、
空気の読まなささはピカイチなので、
どんな時でもお客さんにも遊んで遊んで~攻撃です(笑)
何より自分の可愛さを知ってるみたいで
人が自分にメロメロになるって方法を使う?ので
いつも人が「可愛いな~」とビビのペースに巻き込まれてしまいます(笑)
可愛がりすぎたかしら。
2010/09/16(Thu) 10:18 | URL  | sayaka #79D/WHSg[ 編集]
ぅん、もうっ
ラブ爺だって、ラブちゃんのころは「ワシ」じゃなくて「オレ様」でしょう!って突っ込み入れながら笑っちゃいました
2010/09/16(Thu) 18:31 | URL  | ぷり #79D/WHSg[ 編集]
ぅん、もうっ
ラブ爺だって、ラブちゃんのころは「ワシ」じゃなくて「オレ様」でしょう!って突っ込み入れながら笑っちゃいました
2010/09/16(Thu) 18:31 | URL  | ぷり #79D/WHSg[ 編集]
Re:ホントにいい子だね~♪(09/15)
sayakaさん

時々ね、頭の後ろから指令が来るのか、きいちゃんなりにちょっとハジケてみようと思うらしいです。
でも根がヘタレちゃんなので、
「はっ、こんなことをしてはいけない」
と思うのか、すぐにヘタヘタと終わってしまいます。
引張りっこもそうなんだけど、爺様みたいに目を三角にしてムキになって引張らないで
負けそうになるとすぐにポロっと離しちゃうし…
迫力ないの。

その代わり、聞きわけは良いです。
きっと平和主義なんでしょうね。穏やかに何事もないのが好きなきいちゃん。
対する爺様は、刺激が大好きでした。
同じラブなのに、全然違うのがおかしいです。

女の子は、これまた違ったアプローチをするよね。
自分は可愛いという自信を前提に、甘え上手だと思います。
目付きが違うもん。
男の子は、そこまで考えられないみたいで、計算は出来ません。
だからお馬鹿な事もいっぱいするし。
茶飲み友達になりそうな女の子も可愛いし、ちょっとお馬鹿な男の子も
それぞれ可愛いね。

2010/09/16(Thu) 19:39 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ぅん、もうっ(09/15)
ぷりさん

ラブちゃん…そんな頃はあったのかしら。気が付いたら大阪弁だったような…
でも少なくとも、「ボクちゃん」ではなかったわね~ヘタレ君達と違って。
この写真も悪そうでしょ。
2010/09/16(Thu) 19:42 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
可愛いきいちゃん♪
爺様って、若い事から、イカシてたんですね。
お写真の眼光が鋭くって・・・セリフがピッタリで笑っちゃいました。
爺様が爺様らしくいられたのは、ターミ姉ちゃんのお陰でしょう。
それに感謝している爺様は・・・
今も、監視してくれてるんですねぇ(納得!)

おぉ~!同じです。
ハウルも、お尻突き上げて、1回転しますよ~(リムもプッツンしたら、やります)

裏庭に出して、オシッコが終わったら“帰るよ~”と、言うと、大体は戻って来るのですが・・・
人の顔をジーっと見つめて、目が三角になってる時はヤバいんです。
“ほら~!早く!”・・・なんて言うと、お尻突き上げ、猛ダッシュで回転しまくり~
追いかけていると、こっちの目が回ります。
“イカン!遊ばれてる”・・・という訳です(笑)
仕事に戻らなきゃいけない時は、焦るんですが、無視すると、『あり?』ってな、顔してます。
上手くいく時は、お尻捕まえると、身動きできなくなるハウルです。
捕まえられない時は、時間も無いので、置いてけぼりです。
そういう時のハウルは、一人寒い状態か・・・
あとは、日光浴ですな~(笑)

そっか~
爺様育てた、ターミ姉ちゃんにとったら、きいちゃんは、楽ちんの良いコなんですね。
爺様に勝るワンコなんて、いるんでしょうか?

爺様ときいちゃんが、一緒に暮らしていたら・・・
考えるだけで、楽しいですね~
2010/09/16(Thu) 21:20 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
Re:可愛いきいちゃん♪(09/15)
チャム・リム・Yさん

爺様の若かりし頃の写真を見ると、それもこれも目付きが悪いです。
愛くるしい写真はほとんどありません。
私には可愛い写真もありますが、普通の人が見たらヤクザのような写真ばっかりです。
あまりに悪かったので、根気のない飼い主だったら保健所送りになっていたかもしれません。
そういう子だから、ウチに来たのかなあとも思います。
しょうもなく迷惑はいっぱいあったけれど、一度も手放そうとは思いませんでした。
そのお返しが、本に出来るくらいのネタとたくさんのご縁なのでしょうね。
そう思うと、悪ぅだったけれど良いヤツでもありました。

きいちゃんは、最近あんまりプッツンしませんが、たま~にやります。
先日は、お友達のビビちゃんに向かってお尻を立てて、床をバンバンたたいて
とてもカッコ悪く遊びに誘っていました。
あまりブザマだったので、ビビちゃんは「なに、このヒト?」と言わんばかりの
冷やかな目で見ていました。
もちろん遊んではもらえず…

ハウたんは結構逃げまくりなんですね。
今度遊んでもらおっと。
きいちゃんはあんまり逃げないんです。すぐ捕まっちゃうので、
エキサイティングに遊べません。
諦めが良いのか、覇気がないのか…
私は、たまにはロデオごっことかしても良いんですけど、きいちゃんは
途中で泣きそうなので、こわくて出来ません。

なので、きいちゃんは楽チンです。
爺様と一緒にいたら、どうなっていたんでしょう。
悪い方に感化されるという説もあるのですが、きいちゃんはチンピラにも
なれなそうな気がします。
やっぱり赤ちゃんわんわんですね。



2010/09/17(Fri) 19:45 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
良い子だね~、き~ちゃん
フセして待ってるなんて、おりこうさん。
「お仕事」って言葉に反応しちゃったってのが、なんだかかわいそうでもある様な…

でも2匹一緒だったら、間違いなく2匹でイタズラっ子になってたはず(笑)
2010/10/15(Fri) 20:43 | URL  | Tinako/Yoko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック