要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体重18キロの想い出
2010年09月02日 (木) | 編集 |

ちょっと前に、お友達のゴルゴルがただ今体重18キロです、とブログに書いてあったのを
読んで、思い出した事がある。
それは18キロだったの子ラブ爺を、ずるずると引きずって寝床まで運んで行った事。
なぜ運んで行ったかと言うと、とうちゃんの部屋で寝てしまったからである。

悪さがハンパじゃない子ラブ爺は、本にも書いたけれど一日の大半をイタズラをして
過ごしていた。
大人しく寝ていたのは、たぶん4時間くらい。
それ以外は、ほとんど暴れていた。

レトリーバーのイタズラがこれほどひどいとは知らなかった私達は、本当にどうして
良いかわからず、ハッキリ言って途方に暮れていた。
当時はまだ、飼い主に教えてくれる躾け教室なんてものはなかったし、仮にあっても
ものすごく少なかった。
少なくとも、ウチの近所にはなかった。

ある日、一日中昼寝もしないで大暴れしていた子ラブ爺は、まるで機械の電源が
切れたように、夜の8時頃、父ちゃんの部屋でパッタリと寝込んでしまった。

暴れるのが普通になってしまった我々は、正直どうしたのかと思ってしまった。
どこか急に悪くなったのか?
それとも、なにか新しい悪さ(って何だ?)の前触れ?

何だか良くわからないが、とにかくゆすっても起きない。
まるで麻酔銃で撃たれたかのように、ぺろ~んとして起きない子ラブ爺。

とうちゃんの部屋で寝てしまっては困るので、しかたなくずるずる引きずって
きたわけである。

私にイラストが描けたら、その時の光景を絵に描きたいくらいだ。
ちょっと想像してみてください。子供のくせに泥酔して寝込んでしまったクソガキのように、
無抵抗でぺろ~んとしている18キロの黒ラブを。

結構重いのよ、18キロって。
しかも力が抜けちゃってるし。

それで朝まで寝てくれたのかって?
いえいえ、間もなく起きてもうひと暴れしてから寝ましたわ。

麻酔銃寝は、その時だけだったように思う。
それから徐々に、夜の10時くらいには寝てくれるようになったけれど。

自分で自分の体力がわからなかった子犬だったから、めいっぱい充電無しで動いて
電池切れになったのだろう。

かなり燃費の良い電気自動車が、突然エンストしたような感じだった子ラブ爺。
ハイパーな子にはありがちな事なのかもしれない。

爺様が残してくれた、楽しい想い出の一つです。

若い爺様
3歳頃の爺様。テカテカで悪ぅでした

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あはは~
悪そうだ・・・!
でも、カッコイイですね~。
若き爺様。
2010/09/02(Thu) 14:20 | URL  | sayaka #79D/WHSg[ 編集]
Re:あはは~(09/02)
sayakaさん

見るからに悪そうでしょ?ホントに悪かったんだから…
見た目は、由緒正しいラブなんだけどね。

こういう(どういう?)オーラが出ている子は、悪くて長生きだと断定出来ますわ。
2010/09/02(Thu) 15:36 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
それでも・・・
年取ると扱いやすくなっちゃうんだよねぇ~

ニンゲンは、扱いにくくなるけど!

家もよく突然のエンストあったよ・・・
どうした?と心配するくらい(そうなるまでニンゲンは大変だったけど)
今また突然のエンストがあるけど
麻酔銃で撃たれたようなのはないなぁ
二代目は肝っ玉が小さいよ。





2010/09/02(Thu) 20:06 | URL  | 湘南のkoa #79D/WHSg[ 編集]
Re:それでも・・・(09/02)
湘南のkoaさん

う~ん、年取ったら別の意味で扱いにくくなったでない?
体が動かなくなった分、狡猾になったと言うか、ワケわからなくなったと言うか…

コアちゃんもエンスト?
やっぱり悪い奴らは目一杯活動するんやろか。
キッドは、安全運転しかしないよ~
なんかさ、エコカーで超のろいの。ガスは、半分無くなったら入れるタイプかなあ。
だからとっても楽なんだけど、スリルはないねえ。
晩年、違うスリルを持ってくるのかしら。

2010/09/02(Thu) 21:07 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
可愛いクソガキ?
ワハハハ~
爺様って、子犬の頃から並みのワンコじゃ無かったんですね?
すっごくハイパーだったんですね!
しかも、何事も手抜きしない!
何事も、イケるとこまで頑張っちゃう(笑)
そんな爺様を育てたターミ姉ちゃん・・・
きいちゃんは・・・とっても楽チンなんでしょうね♪

爺様って、本当にカッコ良かったんだなぁ~
誰にも媚びず、自分の生き方を全うしたんだもの。
今も、指令出してらっしゃるし~
あぁ、ハウルも指導してほしかったなぁ(*^m^*)
2010/09/03(Fri) 07:09 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
Re:可愛いクソガキ?(09/02)
チャム・リム・Yさん

ラブを良く知らなかった愚かな私達にとって、爺様は目がテンになる子でした。
もう頭がおかしくなっちゃったのではないかと思うくらい、滅茶苦茶に暴れて…
普通に椅子に座っていた私の足を噛んだりもしてくれたので、
テーブルの上に避難したこともあります。
なにしろノンストップ。止めようにも止められないんですわ。
この日はあんまり暴れ過ぎて、勝手にストップしたんでしょうね。
今思えば笑えますけど、当時は被害甚大でしたわ。

それから比べたら、きいちゃんのなんと良い子なこと。
言えば聞いてくれるし、「なんでじゃ?嫌じゃ」なんて言わないし。
同じラブなのに、何たる違いなのか。

多頭飼いをしようとは露ほども思いませんでしたが、ハウたんみたいな子と一緒だったら
面白かっただろうなあ。
教えても教えても悪ぅになれない弟に、爺様どうしたんだろう。
案外、優しい兄貴になってくれたかもしれませんね。
人間のワルと違って、ちゃんと義理人情があった爺様でしたから。

2010/09/03(Fri) 11:00 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
凛々しいわ
あああ~!!!真っ黒なラブ爺だー!お座りしているラブ爺だー!って失礼?

うん、男前だよん。
2010/09/03(Fri) 13:52 | URL  | ぷり #79D/WHSg[ 編集]
Re:凛々しいわ(09/02)
ぷりさん

うん、真っ黒でしょ?テカテカでしょ?お座りも出来たんだよ。
晩年はいつも、前足が開いたフセくずれだったけど…
結構男前だったんです。でも、レオンやキッドみたいな、あどけないお子ちゃまっぽさは
3歳ですでになかったような…
2010/09/03(Fri) 14:53 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
もぉ~最高のコンビ!
わっはっは~
ラブの半端じゃないいたずらってわかります。
あの頃は飼い主を訓練してくれる訓練士は確かにあまりいなかった。
そして訓練してる犬を飼い主が見てもいけないというのがあったし...(なんじゃ??って思うよね)
どうしても見たかったら風下からって(爆 

ラブ爺様、ほんとテカテカで綺麗ですね~~、しかも何処もかしこも若い!!
好奇心の塊の顔してますね(笑
電池切れでパッタリっていうところはとても子供らしいけれど、
これ一回こっきりですか~^^

もぉ~、
ラブ爺様とターミ姉ちゃんって最高のコンビだわ♪
2010/09/03(Fri) 20:31 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
ラブ爺さまぁ~す・て・き!!
おぉ!3歳のラブ爺さまはめちゃくちゃかっこいいですね!
まるで黒豹!毛艶もすばらしいが、筋肉のつき方も素晴らしい!
これは相当動いている体ですね~!
それに「怖いものはないぜ!」っていうような不敵なお顔がまた素晴らしい!!
相当親を困らせてるお顔ですね(笑)。
でもそういう子が大大大好きです♪

「子犬は20時間寝るから」と騙されて(?!)初めて預かった子犬(2ヶ月)が1日4時間くらいしか熟睡しなくて、暴れ通しでした。育児ノイローゼになるような繊細な人間ではありませんが、睡眠不足と体力低下でフラフラしてましたっけ・・・。
その子犬は時々麻酔銃睡眠をとっていましたが、万年睡眠不足のせいか、体は3年近くかけてゆ~っくり成長しました。
中身はまだ成長途中で今でも暴れているそうですけどね。

2010/09/03(Fri) 22:05 | URL  | ティオ松 #79D/WHSg[ 編集]
Re:もぉ~最高のコンビ!(09/02)
yukoさん

そうそう、いなかったですよね~家庭犬のしつけをしてくれる訓練士なんて。
爺様が2歳の時に、初めてアメリカ帰りの、飼い主ごと面倒をみてくれる訓練士さんに会ったんです。
それでもまだ、リードを使っての訓練が残っていたかなあ。
今は良いですよね。動物行動学などに基づいた、いろいろな訓練法があって。
こんなに選択肢があるのに野放しにしているのは、ハッキリ言って飼い主として怠慢です。

何にも知らないお馬鹿な飼い主と、超ハイパーなラブと。
良くやったと思います。
しつこさだけは、お互いに良い勝負だったのが良かったんでしょうか。
でも思うんです。爺様の生涯を通して、楽だった事は一度もないのに
こんなに大事な思い出になったのは、お互い常に真正面を向いていたからかなと。

神様は、しょうもないラブだから、しつこい私に巡り合わせたのかもしれませんね。

2010/09/03(Fri) 22:10 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ラブ爺さまぁ~す・て・き!!(09/02)
ティオ松さん

おや、爺様ソックリの子がいるんですね。
20時間騒いで、4時間だけ寝る。
まるでナポレオンのようなヤツが。
その子は大物になること間違いなしです。そして、嫌というほど長生きするでしょう。

若き日の爺様は、黒光りするカッコイイヤツでした。
だからお見合いの話もありましたが、この遺伝子を誰が責任持ってくれるのか
全く自信がなかったので、超もったいなかったんですけど、お断りしました。
その前に、爺様が女子に嫌われていましたが。

無茶苦茶な子は、付き合えば付き合うほど味があって良いですよね。
その良さを見ないうちに、手放すのは馬鹿げています。
爺様ばりの悪ぅな子を見ると、愛おしくてスリスリしたくなります。
いっぱい長生きして、飼い主さんを困らせろよ、と応援したくなります。
だって、素敵な思い出を残してくれる事請け合いですもん。

2010/09/03(Fri) 22:23 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
ほほう
たしかに、ツヤツヤですね。

ちゃちゃもツヤツヤでしたよ~

ツヤツヤは長生きかな?

ところで、爺様の視線の先は??
2010/09/05(Sun) 19:03 | URL  | STEP #79D/WHSg[ 編集]
Re:ほほう(09/02)
STEPさん

最近はいろんなじじい犬がいて、嬉しい限りです。
爺様の頃は、極悪犬の特権が長生きみたいでしたけれど、最近は好々爺から
おとぼけ爺までいろんなタイプの子がいて、楽しいです。

のらくろタイプの茶々くんも、超良い味出してますよね。
良い子なのか狡猾なのかわからないところがグーです。

爺様の視線の先…なんだったんだろう?
たぶん食べ物ですね。それか、獲物になりそうなおもちゃかなあ。
何を見ていたんでしょうね。


2010/09/05(Sun) 22:06 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。