要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
またまたしつけの話
2010年08月12日 (木) | 編集 |

先日テレビのある番組でで、わんこのしつけの話をちょこっとやっていたのだけど、
その中で、しつけをするのに必要な主従関係が出来ているかどうかをチェックする、
こんな4つの項目をあげていました。

・散歩の時、飼い主の横をピッタリついて歩けるか
ソファやベッドに乗せない
キスをしない
甘がみをさせない

これって、よく一般的に言われている事ですよね。

別にこれが間違っているとか、そういう事ではないのだけど、疑問が一つあります。
それは、全てのわんこにこれが当てはまるのかどうか、と言う事です。

この話をされていた訓練士さんは、あくまでも一般の目安としてこれらの項目を
挙げていたのでしょう。
でも見る側によっては、誤解するかもしれない。

例えば、散歩の時の脚側歩行ですが、番組ではリードでショックを与えて
訓練しているように見えました。

ある種のわんこには、これは効果的だと思います。

でもきいちゃんにこれをやると、ものすごく嫌な顔をします。
嫌いだったお勉強を思い出すのかもしれません。

じゃあどうするのかと言うと、きいちゃんの場合は話をします。
そっちは行かないよ。」
そんなの食べちゃダメだよ

向こうから他の犬が来たら、「マテ

それ以外、多少ふらふら歩いていますが、あまり厳しくしては散歩の楽しみが
なくなるので、私はそれは良しとしています。

きいちゃんがの方に行ったからと言って、別に私より優位に立とうとしているわけでは
ありませんから。

ソファもそうです。
きいちゃんは、ベッドには乗りません。留守中でも乗りません。
でもソファには乗ります。それは、私にくっついて、膝枕でヘソ天をするためです。

もしそれを追い払ったら、きいちゃんの場合は、
「甘えさせてくれなかった」
と言う事になるでしょう。

わんこにちゅーをする事はありますが、口だけじゃなくて顔でも頭でもあちこちしますから
多分これもちょっと違うかも・・・(ただの変態?)

甘がみに関しては、きいちゃんの場合、甘えたいけどちょっと怖かったり、なんて時に
あぐあぐやります。
もともとガジガジが好きなタイプなので、噛む行為が出やすいのでしょう。

これは厳しく叱ったらやめるかもしれませんが、きいちゃんの心に何かしこりが残ると
思います。

だから私は叱りません。
あえてやらせないだけで、たまに甘えて噛み噛みするのは適当に付き合っています。
本気で噛まなければ、怪我をする事もないので...

ところで、私は基本強制訓練にはあまり賛成していません。
性格によっては、きいちゃんのようにものすごく弊害が出る場合があるからです。

子供だってそうじゃないですか。
かなりビシっとやっても平気な子もいるけれど、言葉を選ばないと、効果がないどころか
心の傷になってしまう子もいる。

わんこだって同じです。
だから、こんなに様々な訓練方法が知られている今の世の中で、どの子にも
強制訓練しかしない、と言う訓練士は、私はあまり腕が良いとは言えないと思います。

まして、殴ったり体罰で教えるなんて訓練士は、私に言わせれば勉強不足。
どこかにそんなモグリみたいな訓練士がいるそうですけどね。

その観点から、向かない子に向かない仕事を強要するのも、どうかなと思います。

話は変わりますが、警察犬候補の「きなこ」の映画を今やっていますね。
私は、あれは美談ととらえて良いのかなあ・・・と疑問に思っています。
観ていないので、偉そうなことは言えないのですが、あまり体が丈夫でなくて
警察犬に向いていない、とされた子を訓練するのはどうなんでしょう。
警察犬なんて、タフじゃないと出来ないのでは。

一つの目標に向かって、わんこと人間が頑張るのは良いですけど、その目標が
人間の独りよがりなものだったら、わんこにとっては迷惑です。

わんこは心優しいので、頑張る人間に一所懸命つきあってくれている。
もしそんな印象を受けたら嫌なので、この手の映画は見ない事にしています。

違ったらごめんなさい。
でも、きなこは家庭犬の方が幸せなんじゃないかなあ。
そんなへそ曲がりな事を考えるのは、私だけかもしれませんね。

それはともかく・・・しつけはその子に合わせたようにするのが一番良いと思います。
犬は犬、人間は人間。それは賛成です。
でもその方法は、一つだけではないはずです。

何よりも大切なのは、信頼関係。
前の記事で書いたスーパークソジジババわんこ達は、別にボスではなかったと
思います。
ただ、私達を100%信用し、私達に面倒を見て欲しかっただけの、ちょっとワガママ
爺ちゃん婆ちゃんだったのではないでしょうか。

おそらく彼らは、私達がいなかったら生きていかれないことくらい、承知していたと
思います。

頭の良い子は、ボスと子分だけではない関係をも持てる存在なのだ、と
私個人は感じています。
それは親子のように、あるいはきょうだいのように、そんな感じなのかもしれません。

まあ、隣のチワワなんかは、ちょっと強制訓練をした方が良いかもね~と思いますけどネ。

お手手を握って

手を握ってもらって、ターミ兄の足によっかかって、口が半開きのきいちゃん
ボス向けの顔とは思えません

良かったら、お手数ですがぽちりと
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いつも楽しく拝見してます。
私がきいちゃんの話をするからなのか、我が家では「おたかり」「ヘタレ」という単語が最近多く使われている気がします。

うちの子はミニチュアダックス(というよりスタンダードに近いくらい)ですが、
・散歩の時、飼い主の横をピッタリついて歩くのは行きだけ。それは飼い主の顔色うかがいつつ、道を曲がるタイミングを計り、早く帰り道に出たいから。そして、一度帰り道になったと判断したらダッシュ!
・ソファやベッドには乗るし、乗ったら舐めるの儀式は欠かさない。
・甘がみはしないけど、大きく開けた口の外側を私の手にぶつけてヴーヴーいうのが好き。
とまぁ、その訓練士さんに言わせれば「全くしつけがなっていない」訳ですね。

でも、甘えてるだけで、優位に立とうとしているのでも、ボスになってるのでもないです。おたかりしていても、「おしまい」と言われれば引き下がるし。ウチは親子みたいなカンジだと思います。それぞれの個性に合ったしつけ方法ってあると思います。
2010/08/12(Thu) 18:04 | URL  | ルークママ #79D/WHSg[ 編集]
Re:はじめまして(08/12)
ルークママさん

コメント、ありがとうございます。
「おたかり」と「ヘタレ」が流行りつつあるのでしょうか。
いかに、きいちゃんの毎日がおたかりとヘタレで彩られているか(?)ですね。
もっと高貴な言葉も似あうようにしなければ。

しつけって、まず大事なのは人に迷惑をかけないことだと思うんです。
特殊な仕事をする子は別として、家庭犬は多少のゆるみがあっても
私は良いと思います。
コマンドに100%従っても、その子のしっぽが下がって覇気がなかったら
果たして良いことなのか。
信頼関係ではなく、力関係で成り立っているとしたら、ある日それはどこかで壊れると思います。
わんこって、それほど低能ではないですし、情もありますから
大好きな飼い主さんと一緒に暮らすためのマナーさえ出来ていれば良いのではないかと。

隣のチワワんずのように、近所迷惑になっている子はいけませんが…
(あいつらこそ、ビシっとやったほうが良さそうです)

2010/08/12(Thu) 20:01 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
またまた大変興味深いお話
わが家にはラブとミニシュナがいます。預かった保護犬の犬種はいろいろです。
そんなにたくさんの犬を見たわけではありませんが、やっぱりラブは飛びぬけて「人間をよく観察し、家族の気持ちに沿うように(もしくは反発するように)行動する」のではないかと思いました。人間に対して時に過剰なほどに反応するからこそ使役犬にもなりえるのではないかと思います。
だから信頼関係がきちんと築けていれば、上の4つの項目が少々、または全然出来ていなくても深刻な問題に発展するようなことはないのではないかな?
ティオ(ラブ8歳♀)は普段はフラフラ歩きですが、たまに人や車の多いところに行って、私が少し緊張しているのがわかるとピタット横につきます。
万事において「必要な時に必要な事を」というのがわかっているようです。

しかし!ボンボン(シュナ6歳♂)はダメです・・・・。「一番やってほしくない事を一番やってほしくない時に」やります。
4歳まで虐待を受け、外にも出られない状況にいたので、出会った頃は厚い殻に閉じこもり無表情でうんともすんとも言わない子でした。それが今では力いっぱい吠えてます。それも「僕の母さんに近寄るな!僕の母さんを見るな!」と・・・。
犬種的なもの、元々の性格、育った環境、すべてが合わさって今のボンボンがあると思ってます。矯正することは可能かもしれませんが、もうボンボンに何かを無理強いすることはしたくないのです。
だからボンボンは私の永遠の赤ちゃんとして、人に迷惑をかけないよう、究極の秘蔵っ子として隠し(散歩は夜、犬好きでない来客時はケージなどなど)、ボンボンがのびのび出来るところにだけ連れて行ってます。

私は基本的に異種である犬に対して「家にいてもらっている」と考えているので、なるべく犬の都合に合わせたいと思っています。
おそらく世間一般では「犬バカ」と言うのでしょう(笑)。

2010/08/12(Thu) 21:37 | URL  | ティオ松 #79D/WHSg[ 編集]
大切なのは信頼関係でしょう
我が家は、4項目ぜ~んぶOKです。
OKですけど、「ノー」と言った時に「わかったでし」と言うのが前提。
誰がボスか分かっていれば、そんなことギャンギャン言わなくても、利口な犬たちはちゃ~んと分かってますって。
使役犬じゃないのだから脚側歩行できなくったって、リードを引っ張って、ガンガン歩くのでなければ良いじゃないですか。
うちなんかユルユルのタルタル。
その代わり、よく話しかけます。

びしっとしたしつけをしなければいけない子ほどしてないんだよなぁ。
ひょっとしたら、その子たち向けチェック項目か?
2010/08/12(Thu) 22:13 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
その通りですね。
我が家も、4項目・・・全部OKです。
ま、ハウルの場合、私達以外には、調子こいて甘噛みしちゃうんですが・・・(怒らないから、図に乗るんです)
最近、多少空気が読めるようになったハウルは、私達の言う事は、よく理解しています。
NOよ~!・・・というと“マズイのでし”って顔して止めます。
ただ、車の中から、ワンコや猫を見るとワンワン言っちゃうんです。
ただ、注意したら、吠えるのを止めるのが早くなりました。
もっと、1発で止められるようにしなくちゃいけませんね。
これは課題ですので、頑張って継続中です。

ターミ姉ちゃんのように、ワンコの個性(性格)を見て訓練しなくちゃいけませんね~
無理強いをして、良い結果が出るわけありませんもの。
ただ、小型犬の飼い主さんは、甘い方が多いかなぁ~
可愛いければ、きちんとしつけしなくちゃいけないと思うんですが・・・
2010/08/12(Thu) 22:48 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
主従関係は大切だけれど
う~ん、なんでかな?
主従関係は大切なことだけれど、
うちはソファにも乗ってたしベッドにも乗ってたし(っていうか一緒に寝てたし)
ブチュ~って普通にしてたしね(笑

それに番組見てたけれど、カリスマ訓練士って最初から最後まで言ってたね。
リードを長く持ってかなりきつくグイグイ引っ張ってたね。
これはたぶん視聴者がわかりやすいようにしてたんだと思うけれど...
それよりもまずリードは短く持って危険をより少なくすることでしょって思ったりもしたよ。
長く持ったらそれだけワンコの運動量が大きくなって危険でしょって思ったりしました。

ウイリーの場合はあの訓練士さんのやるように例えばリードをグィって引くことをしても
あまり動じないけれど、同じことブラッキーには決して出来なかった。
そんなことブラッキーにしたら気持ちが萎縮してしまってたよ。
大声出すこともウイリーは大丈夫だったけれど、ブラッキーはダメだった。
というようにそのコそのコで性格は全然違う。
そんなわけで
初めて犬を飼う人があの番組を鵜呑みにすることが怖いなあと思ったりもしました。
2010/08/13(Fri) 03:04 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
Re:またまた大変興味深いお話(08/12)
ティオ松さん

そうですね。私もあらゆる犬種を見たわけではないので、偉そうなことは言えませんが
ラブはやはり、特別人間と通いあえる種類ではないかと思います。
もちろん、他にもたくさんそういう子はいると思います。
レトリーバー種やシェパード、知能が高いとされているボーダーなどなど…
ミックスわんこだって、時々すごく賢い子がいますしね。

逆に訓練し難いタイプもいると思います。例えばチャウチャウとか。
もしそういうわんこを飼うのであれば、事前に良く勉強して欲しいと思います。
テレビで見かけたから、流行りだから、そういう理由で飼わないで欲しいなあ。

そういう人が、このような番組を見る事が怖いと思うんです。
知っている人は、ウチの子はウチの子で考えますけど、そうじゃない人が見たら
どうとらえるのか。

これで良いのか?と思いなおしてしつけ教室にでも行ってくれれば良いんですけどねえ。
隣のチワワんずのおうちなんかは、逆に観て考え直してほしいとも思います。
わかって甘えている甘がみじゃなくて、あいつらは本当に他人も噛みつきそうですもん。

保護犬はいろいろな経過がありますから、特に見極めが難しいですよね。
やっぱりその子に幸せになって欲しいし、その為にその子の性格やクセ・習慣と
飼い主さんが折り合い点を見つける必要があると思います。
それはマニュアルはないので、飼い主さん次第になっちゃいますね。
「犬馬鹿」の飼い主さんに当たった子は、幸せだと思います。

2010/08/13(Fri) 10:06 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:大切なのは信頼関係でしょう(08/12)
ワンコのかあさんさん

そうですよねぇ。
信頼関係がないのにビシビシやるほど、犬にとって迷惑な話はないと思います。
そもそも、犬に心がある事を忘れていなければ(と言うか知っていれば)
無意味は強制訓練は必要ないはずなんですけど…
力でねじ伏せるやり方って、絶対どこかで綻びが出ると思うんです。
だから、使役犬ほど、見極める事の出来る優秀な訓練士がやるべきですよね。
体罰訓練士がいまだに偉そうにしている事が、動物後進国の証だと思います。

話が出来る関係であれば、細かい事はそんなに神経質にならなくても良いですよね。

そうそう、思いました。隣のチワワんずの飼い主こそ見て欲しいって。
もちろん4項目全部ダメだと思いますが、そのダメの内容が違うんですよね。
鵜呑みでも良いから、取りあえず反省しろい!って。
でもそういう人に限って見ていないか、
「ウチはまあ小さいから」
とかなんとか理由をつけて、考えてくれないんだよなあ。

2010/08/13(Fri) 10:17 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:その通りですね。(08/12)
チャム・リム・Yさん

あははは
そういえばハウたんも、ガジガジ星人でしたよね。
この子達のクセなんだろうなあ。
でも本気で噛んだりするわけではないので、私もあまり神経質にはならないです。
あんまりそういう事すると「相手してあげないよ」という
意思表示をしたりするくらい。
本当は犬同士でその辺の加減を学ぶと良いんでしょうけど、なかなか
成犬になるとその機会がないので、人間が代理をするしかないですよね。

どうしてもして欲しくないクセに関しては、根気よくそれがいけない事を
教えるしかないと思います。
何故叱られたのかわからない、と言う事ほど効果のない事はないですもんね。

きいちゃんの悪いクセは、遊んでくれそうな人に飛びつく事、
猫を見ると血眼になる事、そんなことくらいかなあ。
なかなか直りませんけどネ。

チワワんずは、ビシビシやって欲しいです。
2010/08/13(Fri) 10:32 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:またまたしつけの話(08/12)
こんにちは♪
私の思ってる事を全部ぜんぶ書いて下さった!
ワンコそれぞれに性格が違うから、
その子に合う教育すればいいんですよね♪
長女犬(ラブラドール)クールな大人 
次女犬(ラブラドール)甘えん坊のヘタレな子供
性格が違うけれど、
それぞれに可愛い良い家庭犬だと思っています。

人間もワンコも他人に迷惑をかけないって基本の守れるように愛情と信頼で育てる事でしょうね♪

いつも納得できる良いお話を有難うございます。
2010/08/13(Fri) 10:37 | URL  | なぁ~ぴょん #79D/WHSg[ 編集]
Re:主従関係は大切だけれど(08/12)
yukoさん

私は、主従関係って言葉自体が、あんまり好きじゃないんです。
なんだか殿と家来みたいで、それこそ馬鹿殿に当たったら不幸以外の何ものでもありません。
(そういう子も、残念ながらいますけど)

番組は、一般視聴者にわかりやすくしたつもりなのでしょう。
視聴者の中には、動物を飼っていない人もいるでしょうし、
チワワんずの飼い主みたいなのもいるでしょうから…
でも、テクニック的な事を端的に紹介するよりは、根本的な事を
説いて欲しかった気もします。
番組の趣旨や、時間的なもので無理だったのかもしれませんけどネ。

動物には心も知能もある。まずこれをきちんと認識して欲しいです。
だから性格の違いもあるし、(ウィリー君とぶーちゃんのように、爺様ときいちゃんのように)
それを全部同じように対処するのはおかしいですよね。
人間だって、きょうだいで性格も違うじゃないですか~
まともな親だったら、接し方も変えますよね。
それと同じなんだけど、何だか「動物は全然違うモノ」としてとらえているのが
間違いの原因かな、なんて気がします。

2010/08/13(Fri) 10:44 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:またまたしつけの話(08/12)
なぁ~ぴょんさん

今朝の新聞の本の広告欄を見ていたら、多分子供用の絵本なんでしょうけど
犬の本を紹介していました。
その帯の推薦文を、タレントの優香さんが書いていたんですけど
「犬にも心があるんだ」
と言った様な内容だった気がします。(正確でなくてごめんなさい)

犬に心があるって、こんな当たり前の事を改めて考えないといけないのかな、
とその広告を見た時、ちょっとガッカリしました。
子供に考えさせるのには良い本なのかもしれませんが、本屋で見かけたら
立ち読みしようかと…(買わないところが性格悪)

犬と人間と、同じではありませんよね。それを混同するのも、またおかしいと思います。
でも、動物を「心も情もないモノ」扱いするから、いろいろな事がうまくいかないのでないでしょうか。
心は「通う」し、情は「通じ」ます。通じれば、信頼関係も成り立ちます。
それなのに、力で上下関係を結ぶのは、時代遅れだと思うんです。

そういう訓練士が、いてはいけないところにいたりなんかするので
困りものです。

ちゃんと見極めてくれる飼い主さんに当たった子は、幸せですね。


2010/08/13(Fri) 11:06 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
躾って・・・
お久しぶりですぅ~^^
バタバタしてました・・・激しく(汗)

躾って何が正しいのか?疑問ですね。
良い子・・・って言うのも どういう
のが?って やっぱ疑問です。
ママゴン家なんて同じ様に育ててる筈
なのに血筋でありながら同じ様には
育ちまへん!!
個々の性格でしょうね? ガツンとやって
もOKな場合もあれば それで悪化する子も
居ます・・・あ、我が家の話ですが^^
人に迷惑さえかけなけりゃ~別に何でも
良いって事にしちゃってるので躾云々の話
は苦手なママゴンですm(__)m
2010/08/13(Fri) 14:46 | URL  | ママゴン #79D/WHSg[ 編集]
Re:躾って・・・(08/12)
ママゴンさん

どうもです~
先日の川遊びに参加出来ず、なかなかお会い出来ませんなあ。

正しい躾け、良い子って、そもそもなんなんでしょうね。
人間の子供もそうですが、大人にとって都合の良い事が躾けではなく
大人にとって都合の良い子が良い子ではないと思います。
でも結構、そういう意味合いもありますよね。

犬だから人間にとって都合良く、と言うのは微妙な気がします。
そういう部分もあるかもしれませんが、それだけでは賢いわんこ、優しい情のあるわんこの
意味がなくなってしまうと思うのです。
どこかで折り合い点をつけて、人に迷惑をかけないように、犬らしさをなくさないように
上手に付き合っていきたいものです。
その為の躾けは必要だと思いますが、それは各家庭でいろいろですよね。
それで良いんじゃないかなあ。

隣のチワワは、人に迷惑をかけている、と言う点で要反省だと思います。
それ以外は、鵜飼い散歩が好きならそれも良いでしょう。
でも吠えながら、他を攻撃しながら散歩するのは迷惑ですから
やっぱり普通に散歩した方が良いと思うんですけど、今日もクルクルわんわん
散歩してましたわ~

2010/08/13(Fri) 23:45 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
個人的意見
ご無沙汰でした。
書きたいことはいろいろあれど、全部書いたら、ものすごく長くなりそうなので、てきとーに。
まず、大前提として、「誰それが言ってたから」こうしなければならない、というのは止めましょう。日本人にすごく多いけど、テレビ番組で言ってたから、とか、どこそこの大学教授が本に書いてたからとか。自分の考えのほうが正しいことだってあるんだから。ましてや、自分の犬のことなんか自分が一番よく知っているはずだし、テレビや本は最大公約数の話しかしないんだから。
うちのワンコだって、ベッドにもソファにも堂々と上がるけど、一言降りろって言ったらちゃんと降りるし、お散歩だって(うさぎがいなければ)先頭きって歩いてるし、行きたくない方向にはお座りして拒否するけど、私が立ち止まったら「どうしたんスかぁ」って人の顔みるし。(基本、お散歩は犬のためにしてるんだから、わりとワンコの行きたいほうに行ってやるんですけど)
100対の飼い主と犬がいれば、100通りのしつけってあると思うんですよねー。どれが絶対に正しいとかじゃなくて。
ついでにいうと、リードを強くひっぱるというのは私は嫌いです。ずっと繰り返しされると、年取ったときに、体のあちこちに支障がでると聞きました。とーぜんだと思います。犬の首のほうが人間よりも強いでしょうけど、人間が首輪をされて、しょっちゅう無理に引っ張られてることを想像してください。いいわけありませんよね。(猫ちゃんに遭遇したら、首が抜けそうな馬鹿力で引っ張っていかれるのは別にして)

てきとーに書いたつもりがこんなに長くなってしまいました。すんまそん。
2010/08/14(Sat) 04:30 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
Re:個人的意見(08/12)
Purdyさん

ウチにいるんですわ、日本人の典型の老人が。
TVで何かやるとそれを鵜呑みにして、翌日とうとうとその話をする、
誰それが言ったとかで、昨日までの自説をあっさりくつがえす、等々。
しかも年を取っているので、その情報が間違っていたり、理解しきれていなかったり…
自分で判断する、と言う事をしないんですねえ。
そのくせ、誤ってインプットしてしまった情報を頑固に思いこんで
絶対に変えなかったりするので、厄介です。
…とまあどこかのお婆さんの悪口になってしまいましたが、この傾向がある人って
多いと思います。
自分の意見を持つと言う事は、それに責任を持つと言う事ですよね。
でも日本人は、責任転嫁が大好き。
それに、自ら考える訓練を学校などでもしていません。
だから流されやすいんでしょうね。

日本のTVでわんこの話をすると、大抵ガッカリします。
作り手があまりにもわんこについて知らないので、その視点で番組を作ると、
とても薄っぺらなものになるからですね。
そして受け取る方も、そういう情報を鵜呑みにしがち。
もっとちゃんとした情報を、TV局もきちんと勉強してから放送して欲しいんですけどねえ。
まあ、先日の番組は、ペットから感染する病気の話だったので
躾けの話はおまけだったのかもしれません。

でも、ビシっと躾け直して欲しいわんこの飼い主に限って、これすら観てないんじゃないかなあ。
隣のチワワんずんちは、見て欲しかったんですけど多分見てませんね。
まあ、見ても「ウチのは小さいから」とか勝手な理屈をつけて
インプットされないのでしょうけど。

2010/08/14(Sat) 09:26 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:またまたしつけの話(08/12)
他人に迷惑かけなければ、それぞれのルールでOKかな?

私もマイルにはGRとは違うところをたくさんみつけました。
でも、年寄りっこだし(笑)いい子、いい子と育ててます。
まだ元気がいいから、引っ張ることもあるけど、
コントロールできればいいかな~~~と。

でも、たまにはこのように、いろいろ考えてみることは
とても大切だと思いました。
2010/08/15(Sun) 11:01 | URL  | dandyママ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:またまたしつけの話(08/12)
dandyママさん

そうですよね。まず人に迷惑をかけないのが、最小限必要な事だと思います。
うるさく吠える、他人・他犬に攻撃的、などは飼い主の躾けの問題ですよね。
子供と同様、教えなければわかりませんから、やはり教えなくては。

飼い主さんにコントロール出来ないまま、公共の場所に来てほしくないなあと思います。
散歩もそうですが、ランなんてもってのほかですよね。
でも結構そういう人がいるのは残念です。
だから、TVでそういう躾けの提案が出るのだと言う気もします。

マイルくんはおチビだけど、ダンママ家は大型犬の経験もおありなので
全然違うと思います。
なんでかなあ、大きい子から小型犬にシフトした飼い主さんちの子は
たいていフレンドリーで、大きな問題はないように見えます。(小さい問題はあるかもしれませんが)
犬種の問題と言うより、やっぱり飼い主さんの問題ですよね。
TVで時々躾けの話などを取り上げるたびに、あれこれ考えます。

2010/08/15(Sun) 19:50 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:またまたしつけの話(08/12)
そうですよねえ 訓練 より しつけ が 大事です
してはいけないことは きちんと 制止する
悪癖は早めにやめさせる 
とまれ まて 来い 引っ張らない コレができるとたいていの事はできます
今 ナショナルジオグラフィックで シーザー・ミランというひとの カリスマドッグトレーナーというのを見てます
すごく面白いです 道具もほとんど使わず ご褒美も使いません
ただ きちんと リーダーになるのです
コレがすべてで基本です 叱ったり大声を上げたりもしません
あっというまに 悪癖を治していきます 
犬の本能に基づいて 治していくのです 面白いですよ
今 本も読んでます
犬は人の心 エネルギーと彼は呼んでますが 読みます
穏やかで毅然とした態度これが 大事だそうです
それは 支配的な犬でも 神経質な犬でも同じだそうです
神経質犬は 信頼と安心を得られると落ち着くそうです
2010/08/17(Tue) 18:41 | URL  | DOGLAB #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:またまたしつけの話(08/12)
DOGLABさん

しつけの本質をわかっていないと、訓練は出来ないと思います。
してはいけない事は教えないといけないんですが、そのやり方が問題です。
(教えない人は、問題外ですな)

ご褒美も、使い方によっては効果があるかもしれませんが、限度があるような気がします。
怒鳴るとかたたくというのは、どんな性格の子にもあまり意味がないですね。
少なくとも、私の知る限り効果はないです。
弊害はありますが。

それを盲導犬など使役犬にしている訓練士って、アホじゃないかと思いますわ。
いない事を祈りますが、噂ではいるらしい…

最近では本当にいろんな訓練法が出てきていますよね。
シーザー・ミランと言う人は知りませんでした。検索してみますね。

リーダーである事は大切だと思います。
でも、それは主従関係とはちょっと違う気がします。
馬鹿殿でも何でも従う、というのはお利口な子には辛いですよね。
特にラブのように、人間に寄り添う子には。
だから飼い主がしっかりしなければいけないと、つくづく思います。
毅然と出来ないなら、飼うな!です。
毅然というのは、暴力的と言う意味ではないですよね。
やはりそこには、包容力や深い愛情がなくてはいけないと思います。

2010/08/17(Tue) 23:21 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック