要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M・ジャクソンときいちゃん
2010年08月05日 (木) | 編集 |

このタイトルで、「マイケルときいちゃんに何の接点が?」と思った方も多いでしょう。
ハイ、関係ありません。
しいて言うなら、たぶん動物好きのマイケルがきいちゃんを見たら、
可愛がってくれただろうな~と言うことくらい。
それと、まなざしが似ているかなと。

きいちゃんは美形ですから、整形後のマイケルに似ているとも言えます。
ええ、全くの偏見です。

でも、ワタクシ、マイケルのファンでしたのよ。
コンサートにも、2回ほど行きました。
アルバムも、「Off the wall」の頃から持っています。レコードの時代からですな。
(年齢バレバレ)

もう15年以上前でしょうか。
かなり熱くファンだった頃、マイケルの夢を見ました。
それはそれは長~い夢で、なんと彼と楽しくデートをしている夢でした。
目が覚めた時、
「チッ、日本じゃね~か」
とガッカリしたものです。
ふらふらとカナダに行ってしまったのは、その後だったか。

何でこんな話をしているのかと言うと、去年マイケルが亡くなってから、様々な映像が
TVなどでも流れるようになりました。
彼が音楽活動からちょっと離れていた頃の映像などなど、懐かしいものから
「へぇ~、そうだったんだ
と思えるものまで、いろいろあります。

で、今彼を見ていると、「きっとこの人は、良い人だったんだろうなあ」と
つくづく思うのです。
ある意味、お人好しとも。

それが故、傷ついたり悩んだり、はたまた腹黒い人達に利用されてしまったり。
図太く図々しくなれなかった彼の人生は、その優しさや親切がアダとなって
結局終わりを早めてしまったのかもしれない、そんな気もします。

繊細であっただろう彼の映像を見ていると、それがきいちゃんとダブるのは
私の頭の中が偏っているからでしょう。

きいちゃんはウチに来たので、ガードしてくれる人がいますが、マイケルには
守ってくれる人がいなかったのかなあと思うと、何だか寂しいです。

優しくてお人好しで信じやすくて、才能豊かなんだけど図太くなれなくて、
弱~いところがあって・・・
マイケルがもし、爺様みたいな性格だったら、きっと実業家としてバリバリやって、
ガンガン生き抜いていたかもしれません。
でも、もしそうだったら、こんなにアーティストとしては優秀ではなかったかも…
(なんじゃと?と言う声が聞こえてきそうですが)

わんこと比較したら失礼なんだけど、最近マイケルの音楽や映像を良く見るので
ふとそんな事を考えてしまいました。

遊んでなのでし
ボクは整形していないでし

イケメン
生まれつき、白くてイケメンでし

暑いでし1
でも暑いと・・・

暑いでし2
だんだん溶けてくるでし

暑いでし3

日向ぼっこ
だったら、日光浴はやめれば?


マイケルが好きな方も、そうでない方も
良かったら・・・ 
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も好きでした♪
わぁ、嬉しい!
ターミ姉ちゃんもファンだったんだ~
しかも、コンサートも行った事があるんですか?
羨ましいなぁ~

中学生の時に、モンキーズの再放送を見て、洋楽にはまり・・・
高校生になって、マイケルのPVを見てファンになりました。
なんといっても『スリラー』は、衝撃的でした。
TDLで見た『キャプテンEO』!
友達が『マイケル格好いいけど、整形なんだよね』
と言った言葉が忘れられません(笑)
スリラーの頃の顔が1番好きですわぁ。

1年前の朝・・・
ニュースからマイケルが心肺停止・・・という飛び込んで来て・・・
でも、絶対助かるよな~って、思ってたのに亡くなってしまって・・・かなりショックでした。
同年代の友達からは“私たちの若かりし頃のスターがいなくなって寂しい”
・・・なんてメールが来ました。

夜中にNHKでマイケルの特番をやっていて、寝ていた私はオヤジに起こされました。
オヤジは・・・『こんなに才能があるのに、アホやなぁ』
って、言ってました。
勿体ないなぁ~って意味だったんでしょう。
オヤジはマイケルと同い年です。

マイケルはとっても繊細でしたね。
お金はあっても、本当の愛情には満たされてなかったんでしょうねぇ。
そう思うと、きいちゃんは、ターミ姉ちゃんに出会えてよかったね~ほんと、良かったぁ。

ふふふ~
あづい・・・の顔が、可愛くて笑える~!
暑いのに、天日干しに自ら行くってのは、ハウルも同じです。
裏庭は砂利なんで、石が熱いんですよ~(リムは時々、足を上げてます)
『火傷するから、入りなさい!』
・・・と、ハウルを追い立てています(笑)
2010/08/05(Thu) 21:02 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
きいちゃんはマイケルというより、オーランドブルームかな?
私もマイケルがとっても好きでした。
生前は音楽を聴くだけのファンでしたが、亡くなってからアレコレ聞いたり見たりするようになって、ステージ上以外のマイケルのシャイで繊細な表情や話し方に、密かに「ワンコのようだ・・・しかも辛い過去のあるヘタレ(マイケルごめんね!)保護犬?!」と思ってました。
特に自然保護を訴えている様子は何だかとっても痛々しくて、胸が絞られるようでした。誰かマイケルの事をもっと大切にしてくれる人はいなかったのか?何なら家で預かったのに~と思いました。
美味しいもの食べて、お散歩に行って、歌いたいだけ歌わせてあげたのに~と・・・。
あれ?大変失礼なこと言っちゃいましたか?

それにしても、一度でいいからコンサートに行ってみたかったです。ウラヤマシ~!!!
2010/08/05(Thu) 21:16 | URL  | ティオ松 #79D/WHSg[ 編集]
Re:私も好きでした♪(08/04)
チャム・リム・Yさん

はい、ファンでしたよ~
そんなに熱狂的ではありませんでしたが、アルバムは好きでした。
だからコンサートも行きましたわ。
ちなみに、マドンナもプリンスもシーラEも行きましたことよ。

マイケルは「Off the wall」でファンになりました。
今考えると、Qジョーンズと組んだ事で、従来の黒人のディスコサウンドに
プラスされたものがあったんですね。(Jazzyな感じとか)
その後、白人のサウンドや16ビートを取り入れ、よりマイケルらしいサウンドを
作りだしていきました。
ビジュアル的には、私もスリラーからBadのあたりが好きです。
あの辺でやめておけば良かったのかもしれませんが、アメリカならではの
加齢との戦いもあったのかなあ。
でも最後まで一度もデブデブにならなかったのは、偉かったと思います。
ジャネットは、ドスコイになっちゃいましたもんね。

父上はマイケルと同い年ですかあ。
私は、ちょっとだけ下ですけど、ほぼ同世代です。
だからよけいに思い入れがありますねえ。
最近のポップスを聞いても、あんまり魅力を感じないです。
自分のトシのせいもあると思いますが、新鮮味がないんですわ。
ほとんどの土台はマイケルがやっていたよ、と思うと、あまり魅力的なアーティストに
お目にかかれません。

あんなに恵まれた部分もあったのに、どこか欠落していたところがあって
それがとても残念です。
家族にも恵まれていたし、友達だっていたんだろうけど、それでも
彼の死を止める事は出来なかったんですね。
ロンドンのツアーだけは、やって欲しかったです。

きいちゃんの日向ぼっこは、私も5分で回収します。
午前中限定なんですけど、ウチもベランダはコンクリートなので
石焼き芋になっちゃいますもん
ハウたんも、焼き芋が好きなんですね。ラスくんも好きだとか。
焼き芋兄弟ですなあ。

2010/08/05(Thu) 23:14 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:きいちゃんはマイケルというより、オーランドブルームかな?(08/04)
ティオ松さん

そうそう、そうなんです。全く同感です。
非常に失礼なんですけど、誰かマイケルを保護してあげられなかったのか。
そんな気がしてなりません。
彼のようなシャイな人は、日本で暮らした方が良かったんじゃないかなあ
とも思います。
でも、そういう導きはなかったんでしょうね。
ホント、ウチで良かったらいつでもお預かり(?)したのに残念です。
ベジタリアンならそのように、何でもお好みのものを作ってあげたし
代わりに薬物は取り上げてヘルシーライフを送らせてあげたのに…

ロンドンのツアーは、やって欲しかったです。
でも、志半ばでいなくなってしまったから、伝説になってしまったのかな。
伝説と普通の生活とどちらが良かったのか、それはわかりませんが
少なくともわんこ達には、普通の幸せな生活を送らせてやりたいですね。
2010/08/05(Thu) 23:31 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
私も好きだったなぁ
私は息子が貸してくれたアルバムを聞いてからだったのですが、彼の踊る姿に魅了されましたね。
同じものを何度見ても見あきない。
いまだにそうです。
『We Are The World』が発売され、それにまつわる話を聞いた時に、こんなアーティストもいるんだと衝撃で、ますます好きになりました。

彼は保護するよりは、多分保護される側のヒトだったような気がします。
お金が、彼をではなく、周囲の人を惑わしてしまったような気がしてなりません。
本当に惜しいヒト。

マイケルが爺様のようにふてぶてしかったら…
イメージがわきません(悲)

弱い優しさを持っているヒトも、強い優しさを持っているヒトも、優しいヒトは生きにくい時代なのかもしれません。

きぃちゃん、良かったね、あんたの保護者が強い方の人で。
2010/08/06(Fri) 11:05 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
Re:私も好きだったなぁ(08/04)
ワンコのかあさんさん

マイケルの名前を知らない人はあまりいないと思うし、意外に
世代を超えて隠れファンだった人も多いみたいですね。
好みはあると思いますが、ある種の天才ではあったと思います。
そして、今映像を見ても少しも古びていないし、何度見ても飽きない。
エンターテイナーとしては一流だったと思います。

確かに彼は守る側より守られる側にいるべきだったのかもしれません。
度重なる裁判も、優しさゆえにどんどんつけ込まれてしまったような感じもします。
お兄さんがインタビューで言ってましたわ。
「マイケルは、1ドル借りたら20ドル返すような人間だったんだ」
って。
だからホントに良い人だったんでしょうね。
でもお人好しでいるには、お金持ち過ぎました。
すごく残念です。

マイケルが爺様のようだったら、アーティストとしては全然違う方向に行っていたか
アーティストではなかったような気がします。
「なにおぅ~」と言う声が聞こえてきますが…

逆に、きいちゃんが人間だったら、マイケルっぽいところがあるかな~なんて
勝手に想像しています。

きいちゃんは別に天才ではないし、お金も稼いでくれませんけど
可愛いから良いんですわ。
2010/08/06(Fri) 16:20 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:M・ジャクソンときいちゃん(08/04)
私も映画3回、TV放映されたものは録画し、これまた3回…
忙しいけど、ちゃんと外しませんよ!!!

ターミ姉ちゃんのご意見、同感♪
繊細で優しい、これってかなり魅力的だよね~~

関係ないけど、ジムのストレッチ教室はいつもマイケルの
音楽に合わせてやります。
インストラクターもかなりのファンらしい(笑)
2010/08/07(Sat) 09:51 | URL  | dandyママ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:M・ジャクソンときいちゃん(08/04)
dandyママさん

皆さん、結構見てるんですね~
日本で最後に公演した時、もう人気のピークが過ぎていたので
チケットは楽勝か、なんて思って買いに行ったら、半日かかったことがありました。
根強いファンは多かったんですね。
やっぱり魅力的だと思うし、昔のアルバムも少しも古びていません。
むしろ、最近の音楽はもう新鮮味がなくなってしまいました。(私には、ですが)

ファンが好きだったのは、彼の音楽はもちろんですが、人柄も好きだったんですね。
物静かでシャイで、アメリカ人なのにあまり押しが強くなくて…
守ってあげたくなるような感じが、私も好きでした。

ウチのダンスの先生もマイケルが好きで、マイケルの曲でチャチャを踊ったりしてました。
メチャクチャかっこ良くて、いつか私もマイケルの曲で踊りたいなあ
なんて生意気な事を考えています。
2010/08/07(Sat) 11:16 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。