要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わんこは何でも知っている
2010年08月01日 (日) | 編集 |

犬だけではないかもしれないけれど、動物の観察力を馬鹿にしてはいけない、
と思う。
とりわけ、頭の良いわんこは、人も状況も実に良く見ている。
どこかのボンクラ人間よりも、はるかに良く観察していると思うのは、私だけでは
ないだろう。

きいちゃんは、いまだに唸る事がある。
でも、とっさのパクはほとんどなくなった。
なくなったけれど、ある状況下ではまだ唸る。
それの意味するところは、
来ないで」「構わないで」「あっちへ行って
などなど。

で、たま~に唸られるターミ兄は、内心これがご不満なわけよ。
「なんで唸るんだ。散歩だって時々行っているし、毎日顔を合わせているじゃないか」

確かにそうなんだけどサ。
チッチッチ、違うんだなあ。
キミは、きいちゃんの観察力を侮っとるよ。

ぶうぶうを一番正しく解釈して、即動いてくれるのは誰か?
ご飯を調達して、用意してくれるのは誰か?
病院を選んで、適切に連れて行ってくれるのは誰か?

そして何よりも、きいちゃんにとって信用出来る、一貫性のある人間は誰か?

そりはワタクシですよ。(エッヘン)
貴方は、ご飯の作り方も、毎日きいちゃんが何グラム生食を必要としているかも
何肉を好んでいるかも、ご存じないでしょう。

朝食用のわんこおじやを作った事があるかね?
カイロに連れて行った事があるかね?

わんこは、ちゃあんとそう言った事を見ているのだ。
そんなことはいつだって出来るぞ、ではなく、今してくれている人をちゃんと見ている。

観察力は、わんこ達にとって生きていくために必要不可欠な能力だろうと思う。
だって、判断を誤ったら、生きていかれないかもしれないじゃないか。

もちろん、選択の余地のない可愛そうな子もいる。
お馬鹿な飼い主に当たってしまって、とんでもない目に遭う子も、不幸にして
天寿をまっとう出来ない子も。
でも、選べるのであれば、自分にとって都合の良い方を選ぶ。
それに、何の問題があろうか。

人間なんて、選択の自由があるのにしょっちゅう間違えているよ。

それはさておき・・・そんなわけで、きいちゃんは良く見ている。
だから私は、きいちゃんにインチキは出来ない。嘘もつけない。
ラブ爺にもそうしてきたように、常に正面を向くようにしている。

わんこに背を向ける人は、彼らのガッカリした目に気づく事もないんだろうな。
それは、とても愚かなことだと思う。

動物はモノなんかじゃない。
馬鹿な人間よりも、よっぽど優れた部分もあるのだよ。

と言うのが、私が動物好きな理由の一つです。

見ている

ヘソ天
ヘソ天だって、安心しないと出来ないよね

 

動物は良く見ているぞ、と思う方
良かったら・・・

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
激しく同意!
本当にそうですね。ワンコはよーーーく見てます。
夫は「ティオ(ラブ8歳)は俺のことが一番好きなんだ」と心底思っているようですが、ティオにとって夫は「大好きな遊び仲間」に過ぎないんです。遊び仲間だからもちろん大喜びでついて回りますが、困った時淋しい時落ち着きたい時、そしてわかってほしい時は必ず私の所に来ます。
それは当たり前です!だって夫はティオのことを私の1/1000くらいしかわかってないですもんっ。
遊び仲間とは絆の格が違いますっ!!

保護犬の預かりをしていますが、保護犬のお世話は私しかしないので、みんな私だけを信頼してくれます。
遊び仲間にもなれない夫。ウシシシ。
2010/08/02(Mon) 10:37 | URL  | ティオ松 #79D/WHSg[ 編集]
Re:激しく同意!(08/01)
ティオ松さん

そうですよね。
一所懸命自分の世話をしてくれる人、どうもそうではなさそうな人、
ちゃんと見分けていると思います。
わんこのお世話は、出来る時だけでなく毎日ですもんね。

ダンナさんは遊び相手ですか~
そういうお宅は多いですね。
仕事のあるダンナさんは、ある程度仕方がないと思いますが、
それでも空き時間の全てを、わんこのかけているダンナさんもいます。
時間が長い短いだけではなく、密度の問題もあるのでしょうね。
そりゃあ遊び相手と、お母さんとは違いますとも。

でも遊び相手にもなれないなんて…ちょっと可哀想ですなあ。
まあお世話しなければ、当然と言えば当然ですが…

2010/08/02(Mon) 20:26 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
はいっ!我が家も同感。
やっぱりよーく見てると思います。
(手元を見られるのはちょいと困りますが…)
私の機嫌が悪い時はパパのとこへ行ったりするけど
最後には私の近くに居ます。

私は真っ暗な中でも2ワンがどちらかわかるけど
パパは無理だろうなぁ。

ただ…遊びは私が音痴だからパパと一緒の時の方が楽しそう
ボールだって遠くに投げてくれるし…
足も私より速いし…
ちょっとジェラシーを感じる瞬間もあるけど…(笑)

でも心が落ち着くのは私かと。
姉さんがおっしゃるように正面から向き合って 出来るだけ
彼らの言い分 理解しようとしてるもの。
2010/08/02(Mon) 23:46 | URL  | あやの #79D/WHSg[ 編集]
Re:わんこは何でも知っている(08/01)
いやあ~、きいちゃんのヘソ天...
幸せそのものですね^^

なんだろう??
男の人と女の人と役割分担みたいな、
それとも性の違いなのかな??
出来ることと出来ないことってあるよね。
決め細やかな関わりは絶対に女性にしか出来ないと思う。
かといって男の人が皆出来ないかというと、そうでもない。
女性も然りですよね。

この子達はちゃんとそれを知っている。
うわべだけだとちゃんと見抜かれるものね。
生まれながらに出来ること、出来ないこと、そういうのってあってしょうがないのかな??
しっかり観察していると私も思うもの、決してあなどれないですよね。
2010/08/03(Tue) 00:31 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
Re:はいっ!我が家も同感。(08/01)
あやのさん

そうだよね、良く見てるよね。
え~そんなところまで…っていうくらい、見ていると思う。
だから、ナヴィっちみたいに知恵の回る子は、手元も足元も見てるよね。
それは見なくて良いっちゅうのに。

そして人を区別(差別とも言う)しています。
遊び相手には、男性の方が良いのかな。
きっと同じ目線で、ムキになって遊んでくれるからだね。
ウチは私が機嫌が悪いと、離れて見ています。
これは爺様が教えていると思われます。
そして、私が怒り疲れた頃を見計らって(これもヤツが指示していると思われる)
へらへらやってきます。
ヘタレのキッドにしては、だいぶ成長したかと。

いつも自分を見てくれている人間を、ちゃんと犬達は見極めているのだと思う。
時々自分の事に没頭しちゃったり、そっぽを向いてしまう人は
全面的には頼れないんだなあって、判断しているんでしょうね。

そう言えば、爺様はいっつもこっちを見ていたなあ。
だから私も見ないわけにいかなくて。
わんこに後ろ向きは出来ないっす。
2010/08/03(Tue) 09:44 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:わんこは何でも知っている(08/01)
yukoさん

きいちゃんは、階下でジジババといる時は、ヘソ天にならないそうです。
二階の自分の寝床か、私の膝枕でしかしません。
どこかにお泊まりして、他の人がいる時にも、そう言えばあまりしなかったような…
どこでもひっくり返って爆睡していた爺様と、そんなところも違うのですね。

役割分担は、あって良いと思います。
だって、そうでないと男性と女性に分かれている意味がありませんもん。
ただ、力仕事以外は、女性はほとんどの事が出来てしまうんですね。
気配りや観察力は、脳の違いだから仕方がないのでしょうけれど
女性の方が優れていると思います。
でも、おとうちゃんのように、かなり気配りして何でもやってくれる男性も
いるわけですから…
男性だってやればできるのだと思います。
ただ、往々にして、男性の方がサボリ傾向があるのかな~?
そして、わんこはその辺のところも良く見ていますよね。

ラブはかなり雄雌の違いがある犬種だと思いますけど、でも観察力はどちらもありますね~
ハイ、侮れないです。

2010/08/03(Tue) 10:24 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
「無」の境地
人間はかえって邪念があるからダメなんでしょうねー。
ワンコは「メシ」と思えば、そのことしか考えていません。打算的なことを考えて行動している人間たちとは集中力が違います。
私、よく目が合うのです。食後の片付けをしているとき、相手が床に寝っ転がって、そっぽを向いているから、今のうちぢゃ!と食べ残しのから揚げとかをそ~っとパクついて、振り返るときっちり見られているのです。ごまかしたりできません。
ちなみに、旦那くんはこないだ、ベッドに寝そべる愛犬の毛の乱れを直してやろうとちょっと触ったらGrrrrと重低音でやられて凹んでました。寝てるときに邪魔するからなのぢゃ。なはは。
2010/08/03(Tue) 16:41 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
Re:「無」の境地(08/01)
Purdyさん

そうなんですわ。
私、爺様を見ていてつくづく思いましたもん。
人間って、どうしてこう、どうでも良い事にふりまわされるんでしょうって。
もっとシンプルに生きるべし。そう言われている気がしましたが、
人間社会でそれを貫くのは難しいっす。

ハーディ君も、目で追いかけるタイプなんですね。
爺様もそうでしたよ~
だから別名、腰越銀行頭取でした。ええ、腰巾着を丁寧にお呼びしたんですが。

きいちゃんは、それほどストーカーではありません。
まだ目覚めていないのかもしれませんね。
つかず離れずタイプでいます。

だから、一人でいたい時に触る人は、同じく唸られています。
その状況判断のまずさに腹を立てているのかもしれません。
もっぱらやられているのは、とうちゃんです。
旦那さんはそうではないでしょうけど、とうちゃんは、
相手の状況を見ない事においては、ピカイチですから。


2010/08/03(Tue) 21:08 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。