要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
ラブ爺からのメッセージ
2010年06月23日 (水) | 編集 |

私は、アニマルコミュニケーターでも、霊感の強い人間でも何でもありません。
でも、時に何らかの波動を感じる事があります。
それが何なのかは、正直わかりません。
ただ、「そうだ」と確信する事があるのです。

その一つが、爺様からの波動です。

誰だって、愛していた者がいなくなったら悲しくて寂しい。
鉄面皮の私だってそうです。
爺様がいなくなった後は、何とも言えず空虚な感じがしました。

でもそれと同時に、全身でゾクゾクと感じていた波動があったのです。
それは、爺様からのものだと確信しました。

もちろん、科学的根拠は何もありません。ただ、私がそう感じていたに過ぎないものです。

だから、そんなものは気のせいだ、と言う人もいるかもしれませんね。

爺様からの波動はとても強くて、実体はなくなったにも拘らず、その存在感
少しも薄れる事がありませんでした。
それは今でもそうです。

爺様から一番強く感じたメッセージは、「めそめそタラタラするな」でした。
いつまでも落ち込んだり、空っぽになって何も出来なかったり、そんなふうに
なって欲しくない。
湿っぽいのは嫌いじゃ
と言う、爺様らしいメッセージです。

うじうじしている暇があったら、もっと有意義に時間を使え。出来る事をしろ。
そんな波動を感じたので、私は爺様との時間を本にしてまとめようと思いました。

それから、爺様の残してくれたご縁を大切にしようと思いました。
そのご縁から、今までとは違った自分の役割を見出したりもしました。

「これで良いかい?」
と、私はいつも爺様の写真に語りかけています。

「ふん、まあ良いじゃろ」
と偉そうに答える爺様がいます。

直接触れないのは寂しいけれど、爺様はいつもそばにいると確信しています。
そしてそれは、私の原動力の一つになっている気がします。
だから頑張れる自分がいる。

家族の事も、きいちゃんの事も、自分自身のことも、そして他のわんこのことも。

まだ頑張るからね。
見ていておくれ。

love336
凹んでる暇なんかないのじゃ

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re:ラブ爺からのメッセージ(06/23)
私も時々、波動なのか何なのかわかりませんが、ルルを感じます。
でも、はっきりでもないし、強くもない。かなり自信なげ…。
でも、きっと、何かある(ような気がします)。
ラブ爺様の波動らしきもの、私の心にもやって来てくれます。
…ような気がします。
ぐずぐず・めそめそしている時や迷っている時なんかに、です。
2010/06/23(Wed) 22:09 | URL  | リリー #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:ラブ爺からのメッセージ(06/23)
リリーさん

ルルちゃんは、爺様のように「何やっとるんじゃ、ボケ!」と言えない
優しい子だったのでしょうね。
というか、そういう子の方が多いのだと思います。

極悪同盟系のシニアは、強烈です。
でも強烈ゆえに、飼い主にとっては凹む暇もなくて、飼い主孝行です。
爺様が、物静かで良い子だったら、私もそれほど頑張れなかったと思います。
特に他の犬達の為に…

リリーさんには、会えそうで会えなかったから、爺様も気になっているのではないでしょうか。
「喝を入れ損ねたのじゃ」って。
2010/06/23(Wed) 22:39 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
そうなのよね
人様から笑われようが何しようが、ふとその存在が感じられるときがある。
成仏するなと言って送り出しているから、必ず私の周りにいるはずだからあたりまえと言えばあたりまえ。
時には、えぇ!!と言うような要件を運んだり、時には虹の橋で知り合ったワンコさんとともに帰ってくる時もある。
たいていは、ふと振り向きたくなる時や空気の動き。

いつだってここにいるからね。
そう言われているような気がする。

あの日爺様に会えたのは、3代目が仕組んだと思ってる。
2010/06/24(Thu) 11:55 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
Re:そうなのよね(06/23)
ワンコのかあさんさん

目に見えないものですから、感じない人は感じないし、信じない人は信じないのでしょう。
でも私はそう感じるし、そう信じていた方が自分も幸せなので、それで良しとしています。
私が幸せな方が、絶対爺様も喜ぶと思うし。

いろんな課題が来ますね~
ホント、時には「えぇ~??」と思うような事も…
特に、犬関係に関しては、爺様が持ち込んだものは大きいです。
爺様がいなかったら、一生関わる事もなかったようなことも来ました。
でも後できっと、
「ホラ、わしの思った通りじゃろ」
という結果になるのだと思います。

だから、目の前に来た事は何でも、精いっぱい対処していきたいと思っています。
でないと爺様に、
「何やっとるんじゃ」
って言われそうですもん。

爺様、絶対かあさんちの面々とつるんでいますよね。
何を相談しているのかなあと思うと、いつか私も仲間に入れてもらうのが楽しみでもあります。

2010/06/24(Thu) 18:38 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック