要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれやこれや
2010年05月30日 (日) | 編集 |

せっかく再開したのだから、真面目に更新しようと思いつつ、すでにネタ切れで
おさぼりしてしまいました。
なので、小ネタ集でいきます。


その1:ジェシー君のお母さんに会った
ジェシー君と言うのは、ラブ爺の弟分みたいだった近所のイエローラブの男の子です。
ラブ爺より6歳下だったかな。
威張り放題にさせてくれる謙虚なジェシー君と、威張りんぼうのラブ爺は、散歩で会うと
良く遊んでいました。
唯一、取っ組みあって遊んだお友達かもしれません。
でも引っ越してからは何年もジェシー君に会う事もなく、爺様は引っ越し先で
亡くなりました。

それから実家に戻ってきて暫くしてから、きいちゃんを連れて散歩している時に
お爺ちゃんになったジェシー君に会った事がありました。
14歳になったジェシー君はお爺ちゃんではありましたが、まだ元気で足取りもしっかり
していて、しつこいきいちゃんの相手をしてくれました。
30分くらい遊んでもらってから、また会えると良いね、と挨拶を交わして別れたのですが
その後1カ月くらいして、ジェシー君の訃報を聞きました。
その時、たとえ一回でもきいちゃんに会ってもらう事が出来て、本当に良かったと
思いました。
「へえ、お前さんが例のキッドかい。ラブ爺さんから聞いてるよ」
なんて話をしてくれたのかもしれない。
ラブ爺が引きあわせてくれたのかな、と言う気もするのです。

その後、お母さんには時々近所でお会いするようになりました。
「きいちゃんのお預かりもするわよ~」
なんておっしゃってくださるので、私は密かに「きいちゃんお預け先台帳」にお名前を
追加させていただきました。

その2:若者達、自立へ
いぬたま君とあにたま君の話は以前にちょろっと書いた事がありますが…
あまりに呑気な若者達に腹を立てた私がぎゃいぎゃい文句を言ったので、ターミ兄も
少し考えたらしい。
アラサーの若者が、パートみたいなバイトで他人の家にいつまでもぬくぬくしていては
いけない、と結論を出したようで、来月から自活をすることになりました。

意地悪のように見えるかもしれませんが、26歳と29歳の五体満足な男子、やっぱり
自分で生活力を身に着けなくてはいけません。
冷蔵庫を開ければ何か入っていて、石鹸もトイレットペーパーもいつもどこかに
置いてある、といった生ぬるい生活をしていてはいけないと思うのです。

と言うわけで、ただ今アパート探しをしています。
まあ、自分達の実力を知るにはちょうど良い機会なので、頑張りたまへ。
飢え死にしそうになったら、食べに来れば良いんだしね。

その3:オタツさんオハナさん
昨日の志村けんの番組で紹介されたので、見た方もいるかもしれません。
オタツさんには、実はコア家で一度だけお会いした事があるのです。
明るい、元気の良さそうな青年でした。

その若いオタツさんが突然亡くなったのは、もうだいぶ前です。
ゴルの女の子・オハナさんは、突然倒れてしまった飼い主・オタツさんのそばで
5日間一人で過ごしていたそうです。

何を見て、何を考えていたのか。(番組では、アニコミュのハイジさんと言う方を呼んで
お話を聞いていました)

わんこですから、何が起こったのかもわからないし、救急車を呼ぶ事も出来ない。
ただただ、じっとオタツさんが起きるのを待っていたのかもしれません。

オタツさんだって、きっとオハナさんの事が心配でならなかったでしょう。
何だかとっても悲しい、せつないお話です。


その4:健気なわんこを守るために
こういうお話を聞くと、ますますこの子達の権利を守ってやりたいと思うのです。
それで前にも書きましたが、動物愛護管理法改正に向けて、何らかの活動をしている
団体とコンタクトをとるようにしてみました。
詳しい事はmixiで書きましたが、現在7・8の団体に「使役犬の権利を守る法律を」
と訴えています。
多くの団体でも、使役犬のことはあまり触れていません。
ですから、知ってもらうことから始めていこうと思っています。

各政党にも、動物愛護管理法改正に取り組むグループがあります。
機会があれば、こういった活動に理解を示してくれる議員にも、ダメ元でコンタクトを
試みたいと思っています。
たとえ小さな小さな一歩でも、始めなければ始まりませんからね。

可愛いきいちゃんです
寝るの2
寝るのでし

寝るの
カメラはあんまり好きじゃないらしい・・・

 

良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re:あれやこれや(05/30)
海外にいるので志村けんのTV見れないんですがオタツさんの話を読みたくてHPで読んだら涙ダーダーでした…。オタツさんの横にずっといたオハナさんの不安な気持ちとか頑張って暖めようとするところとか想像しちゃって涙とまらなかったです…。彼女のせいじゃないのに責任感感じてたりとか犬ってやっぱりすばらしいなぁ~って思いました。少しでもオハナさんの気持ちが軽くなるといいなぁって思いました。

使役犬の権利を守る法が出来ることを強く願ってます!!犬は道具じゃない。感情だってきちんとあるんだから…。それと同時に去勢、避妊手術の促進にも力を入れてほしいなぁと常々思ってます。殺処分を減らすために。大人が命について行動を起こさなかったら子供にどうやって命の尊さを教えることが出来るのでしょう。千里の道も一歩から…ですね!!

2010/05/30(Sun) 20:22 | URL  | いのり #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:あれやこれや(05/30)
いのりさん

あ、そうか。海外の方は見られなかったですね。
でも録画したので、見てみたい方にはお分け出来ます。
良かったら、メッセージをいただければお送りします。
遠慮なく仰ってくださいね。

オタツさんが亡くなった時、リアルタイムでお友達からお話を聞きました。
一度しかお会いした事はなかったのですが、ものすごく悲しくてせつなかったです。
わんこと、わんこを愛する人との関係は、わからない人にはわからないかもしれませんが
人間同士の愛となんら変わりないのだと、強く思いました。

だからこそ、人間とこうした関係を持てる生き物を「道具」として扱う法律を
そのままにしてはいけないと思うのです。
平気で人を殺す人間、自分の子供を殺す親よりも、はるかにまともな心を持ったわんこ達が
モノだなんて、どう考えてもおかしいです。
モノだと思う方が、どこかおかしいのではないか。

同じ思いを持った方は、たくさんおられると思います。
だから私は行動をやめません。
たとえ遅遅として進まなくても、多くの団体から真摯に相手にされなくても
訴え続けます。
人間の為に働いてくれる動物達に、正当な権利を与えるべきだと。

2010/05/30(Sun) 23:26 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
ワンコって、ほんとに一途・・・。
きいちゃん、ジェシー君に会えてよかったね。
それにしても・・・
ついこの間、会ったコが旅立ってしまうなんて(#´ο`#)
ワンコの一生は短か過ぎますね。
特にシニアになってからは、本当に早いと思います。
オヤジが言っていましたが・・・
“ワンコは天国に行ったら、若い元気な時の姿に戻るんやって”
なんかの本に書いてあったのか、誰かが言ったのかは知りませんがU^ェ^U
ま、お空の上で姿は爺さんのまま(若返るコもいるのか?)でも、ハイパーな頃に戻っているんですよね!
だから、旅立った後、しばらくは寂しいけど、ずっと側にいてくれてるんだ~って、思えるんですよね?

中々、リアルタイムでテレビを観る事が出来ない私としては・・・
オタツさんの話は、初めて聞きました。
読んだだけで涙が・・・
オハナさん、すごく不安だったでしょうね。
オタツさんだって、どれだけオハナさんが心配だったか・・・
“犬ごときで”・・・みたいな事を言う人は沢山いますが・・・
人間が何よ!・・・って感じです。
人間ほど薄情でズルイ生き物はいないでしょう?
ワンコは、絶対裏切らないし、邪心も無い純粋な動物です。
ヤツラが計算するとしたら・・・
美味しいモノ食べたいとか、遊びたい!・・・って事なんですから。

使役犬の為の活動、ターミ姉ちゃんなら、突き進むって思ってました。
きっと良い方向に進むでしょう。
アニタマ君達も、前に突き進め~!


2010/05/31(Mon) 09:19 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
Re:ワンコって、ほんとに一途・・・。(05/30)
チャム・リム・Yさん

近所のわんこさん達もどんどんいなくなってまい、爺様のお友達は
ヘタすると爺様より先に亡くなってしまって、ジェシー君は爺様を良く知る最後のわんこだったんですね。
だから会えて良かったです。
きっときっと、きいちゃんに何か話してくれたのだと思います。
ただ、もう何回かは会いたかったなあ。

知ってるわんこがいなくなると、寂しいです。
でも、知ってる人が亡くなるのも悲しいです。
オタツさんとオハナさんは、純愛ですよね。
損得や計算が何にもない関係。愛しかない関係。
人間同士では、かなり難しい関係かもしれません。
相手が純粋なわんこだから、築ける関係なのかも…

そのわんこが、どうしてモノなのか、どうしても納得できません。
ましてや、人間の為に働いてくれるわんこを道具としか思えない人間は
傲慢以外の何ものでもありません。
だから何かせずにはいられないのです。
一歩でも半歩でも進むために。
2010/05/31(Mon) 14:53 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
ホンと
同じ時間を生きたワンコがいなくなるの切ないね・・・
ワタクシは、お隣のワンコがいなくなったのが一番応えたわ
「あぁ~コアの時代が終わっちゃった」みたいな
若いオデブちゃんは健在だけど、あんなにオデブで我が仔じゃないけど心配

若者諸君!頑張りたまえ
思うように行かない事が多いと思うけど
生きている事に感謝して、絶対夢が実現する事を信じて
それに、親はいつまでも元気で君たちを守れるわけじゃないから

小さい一歩
ガイアツに頼るのも手だよ~
日本の企業もガイアツに負け動物実験を中止するとことも出てきてるから
なにしろ、我が国はガイアツに弱いから

オハナのおかげでコアの犬嫌いの原因が確信に変わったよ

それにしても、やっぱりニンゲンが一番情けない生き物だね



2010/05/31(Mon) 23:54 | URL  | 湘南のkoa #79D/WHSg[ 編集]
Re:ホンと(05/30)
湘南のkoaさん

そうそう、時代の象徴なのかしらね。戦友がいなくなった感じがするの。
み~んな思い出の中に入っちゃって、寂しいね。
そしてあちこちに2代目がきて、新しい時代が始まって…
でもその時一緒に生きた想い出は、ずっと色あせないと思う。

若者諸君、あんまりしゃかりきに頑張らないんだなあ、これが。
そのままにしておくと、いつまでもそのままでいる感じよ。
だから可哀想だけど、お尻を叩きました。
それに、ターミ兄にも子離れしてもらわないとね。
みんないろんな意味で自立してくれないと。
自立しなくて良いのは、わんこだけじゃ。

外圧は、私も考えたよ~
海外メディアにチクってやろうかと思った。
ガイドウェルって、イギリスの盲導犬をたくさん輩出している犬舎があるんだけど
(キッドのパパもそこ出身)そこに言ってやろうかとも思った。
でもさ、そうするとホントに真面目なユーザーさんや、心から盲導犬を待っている人達に
迷惑が及ぶと思ってやめました。
どこか、うまく外圧をかけてくれそうな所があったら、コンタクトをとりたいね。

人間が一番情けない生き物、ホントそう思う。
立派な人もたくさんいるけど、ピンキリ。
サイテーなヤツは、理解に苦しむほどサイテーだもん。
動物保護団体なんて、なくてすむならそれが一番だよね。


2010/06/01(Tue) 10:13 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。