要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
ネット社会に思う事(追記あり)
2010年04月27日 (火) | 編集 |

いろいろな人が、世の中にはいるのですね。
今回の件で、つくづく感じました。

心配のあまり、何度も問い合わせてきた方。
辛口の意見でも、きちんとメルアドを残して発信してきた方。
メッセージの内容は様々ですが、ある程度ご自分を明らかにして伝えてきた方々、
それから主旨のハッキリしている方々には、私も出来るだけ対応したいと思い、
一つ一つお返事を書いていました。

けれど、中には何が目的なのか良くわからない人もいました。

足あとを消しながら、ピンポンダッシュのように言いたい事だけを書きなぐって
立ち去る人。

いくつものHNを使い、相反する意見を一人で書きこむ人。 

それから、2ちゃんねるもどきのあげ足取り名人達も、たくさんいました。
何をどう応えても言葉尻を捉え、あげ足を取る。
真実がどうこうというよりも、人をやり込めることに意義を感じているのではないか
と感じられるような方々。
ある種の素晴らしい才能だとは思いますが、この方達とのやり取りは全てが否定的で
かつ論点がよくわからない。

始めは全て対応していましたが、途中からこういった方達にお答えするのはやめました。
申し訳ないけれど、お互いにあまり意味がないと思われたからです。

きっとそのような方達は、今もどこかで私の悪口を書いているのでしょうね。
逃げている、騒ぎを起こしてけしからん、責任はどう取るんだ、etc.

そしてその方達もまた、別のところで悪口を書かれています。
わけがわからない、礼儀知らずだ、何様だ、などなど。
顔の見えないネット社会の、嫌な一面だと思います。

本当に心からジョニーを心配してくださった方々へ。
結論から言うと、この騒ぎの為に、今回ジョニーの救出は失敗しました。
ただ、この騒ぎがユーザーにも伝わったおかげで、今のところ虐待する様子は
見られないそうです。(悲鳴が聞こえてきたりしない、など)

個人的には、決して納得はしていません。一度虐待に走った人間は、信用も
していません。
救出出来なかった事は、悔しいです。

ですから、探偵でも雇って探りを入れてやろうか、それとも自分が現地に赴いて
A氏を尾行して、全てネット上にさらけだしてやろうか、といった極端な考えも
浮かびました。
しかし今現実にそれをして、何かに、或いは誰かにプラスになるのだろうか。

ならないと思いました。
現実的に困難なうえ、また無用な騒ぎにつながって、違う方向に向かってしまう可能性が
大きいだろうと。

だから今は、このまま見守る事にしました。
もちろん、今後もしまたこのユーザーが問題を起こした場合、黙っているつもりは
ありません。
その時は、何としてでも表に引っ張り出してやる。そう思っています。

今回、盲導犬に関していろいろな意見を述べてくださった方々、また情報を提供して
くださった方々。
ありがとうございました。
これらの貴重なご意見は、何らかの形で縁のある協会には届けていくつもりです。

そして、今後もこの件に関して何か報告があれば、その都度お知らせします。

ご協力いただいた方々には、心よりお礼申し上げます。

盲導犬・使役犬については、やはり見直す時期に来ている。
折に触れ、その事は発信していきたいと思います。 

 

*読者の方からお知らせがありました。
Twitterでまた、何か騒ぎがあるそうですね。
過去の記事の言葉尻を捉えて騒いでいるようですが、ラブ爺は私と晩酌するのが
好きだったのですよ。
いつも傍で舐めていました。
別に無理やり口をこじ開けて飲ませたわけではありませんし、嫌がるのを無理に
飲ませたわけでもありません。
この時は、自分から興味があってたまたま飲んだだけです。
がぶ飲みは一度で懲りたようですが。

あげ足取りさんは、騒ぐのがお好きなようですが、ラブ爺と私の関係は、こういう方には
理解出来ないのでしょう。

虐待と言うのは、暴力をふるったり、食事を与えなかったりすることじゃありませんか?

あげ足も取り過ぎると、名誉棄損になります。程々になさる方が良いと思います。

 

 

 

 

*この記事の無断転載は固くお断りします。

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック