要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
ボケ
2010年03月18日 (木) | 編集 |

ボケと言っても、爺様の口癖の「ボケ!」ではありません。
呆けです。
つまり「ボケちゃった」のボケですね。

私が記憶している限り、今まで4頭のわんこと暮らしてきましたが、幸い晩年に
ボケてしまったわんこはいませんでした。
だから、認知症による異常行動とお付き合いしている飼い主さんは、本当に
大変だろうなあと思います。
人間の軽~い認知症もどきだって、結構大変な時がありますからね。

でも人間同様、ぼ~っと過ごしていたらちょっとおかしくなってしまった、というわんこは
いました。
爺様の先代、柴雑のクリ爺さんです。

クリ爺さんは、私が中学生の時に、クラスメイトが私に嘘をついて押しつけたわんこです。
そのクラスメイトは、「柴犬の子犬がいるよ」と言って、ある日お父さんの車で
クリ爺を連れてきました。
でもクリ爺はその時、すでに子犬ではありませんでした。体重は10キロ程度、
半年以上は経っていたように見えました。

「子犬じゃないじゃん」
「まあまあ、でもその犬、賢いから」
とかなんとか言って、お父さんは車から降りることもなく、そそくさと犬を置いて
走り去ったのです。

残された犬は、玄関に座り込んで近づくと唸りました。(きいちゃんも最初は
そうでした)
ガリガリに痩せて、耳も半垂れで、すさんだ目をしていました。
可愛がってもらっていない事はもちろん、ご飯も満足にもらっていないのは、
一目でわかりました。
そこでかあちゃんがホットケーキの残りをやると、ガツガツ食べてまた唸る始末。

そんなこんなのクリ爺さんでしたが、ご飯をたくさん食べて普通の生活をしているうちに
半立ちの耳もきちんと立って、かなりっぽくなりました。
子犬の頃満足に栄養を摂っていなかった割には丈夫な子で、特に獣医さんのお世話に
なることもなく(この辺はラブ爺と同じ)推定15歳くらいまで生きてくれました。

でも14歳を過ぎた頃からでしょうか。
それまで玄関で門番の仕事をしていたのをリタイヤして、庭で日向ぼっこをしながら
1日の大半を過ごすようにしたら、クリ爺さん、だんだん夜鳴きをするようになったのです。

当時、独身イケイケのワタクシは深夜族だったので、夜11時以降の
わんこ緊急対策委員会の責任者は、ワタクシでございました。
そこで、深夜1時半くらいにクリ爺がピーピー鼻鳴きをすると、彼を連れて人気のない
近所を徘徊しなくてはいけなかったのです。

もしかして老犬だからおしっこ?と思い連れ出すのですが、本犬は何やら嬉しそうに
ウキウキ歩いています。
そして忘れもしない、クリ爺が元気よく30cmほどの高さの所に飛び乗ろうとした時の事。
勢いは良かったのですが、ジャンプ力が足りなかったクリ爺は、お尻からズルズル
すべり落ちて尻もちをついてしまいました。

その時の彼のガッカリした顔、今でも覚えています。
「なんでわし、乗れなかったんじゃ?」と情けない顔をして、私を見上げたクリ爺。
私は、見なかった事にしてあげました。

その頃から、「なんだかヘンだなあ」と思う事がしばしばあったので、思い切って
クリ爺に仕事に復帰していただくことにしました。
再び玄関先に置いて、番犬をさせておいたのです。

するとクリ爺、背筋をシャンと伸ばして日中ずっと外を監視しているではないですか。
時々、怪しいと思う人や犬を吠えたりして。

そうして復帰してから、クリ爺の夜鳴きはほとんどなくなりました。

番犬の仕事が大好きだったクリ爺。それから介護を必要とするまで、彼はずっと
番犬を勤めていました。
そして半年間の介護の末、家族皆がいる土曜日に旅立ったのです。

その時、私は学習しました。
犬だって、生き甲斐がなくちゃダメなんだ。脳を刺激をしないとボケるんだ、と。

ラブ爺は、自分を犬だとは思っていなかったので、番犬には全く興味がなく
生涯人間につきまとう事が仕事でした。

きいちゃんは、何をしたいのかな。
キッチン・パトロールかな。ヘタレだから番犬は向かないね。

何でも良いから、好きな事を見つけて充実した犬生を送ろうな。

きいちゃん in the kitchen 3

きいちゃん in the kitchen 2

きいちゃん in the kitchen 4

きいちゃん in the kitchen 5


御用とお急ぎでなければ、ポチポチもよろしくで~す。 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうね
確かに生き甲斐がなくちゃ!きいちゃんもレオンもキッチン・パトロールが適任だと思います。

と思いつつ、きいちゃん!またBIGになってない?まだまだ成長期かぁ?
2010/03/17(Wed) 19:47 | URL  | ぷり #79D/WHSg[ 編集]
Re:そうね(03/17)
ぷりさん



そうだよね。犬だって、生き甲斐が欲しいよね。
ヘタレ君達は、キッチンパトロールやおたかり隊がピッタリかな。
でも「あの」ルビー婆も、キッチンパトロールが仕事だったんだよ~
あ、あれは趣味で、仕事は用心棒か。

きいちゃん、そんなに大きくなってる?
でも図体ばっかりで、門番にも用心棒にも向かないわあ。

2010/03/17(Wed) 20:52 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
やはり刺激がないと
人も犬も同じですね。使わないと頭がサビますね。うちのおばあさんもそうでした。(人です。)
足が弱って、外に出ないので話相手はじいさんしかおらず、そのおじいさんが亡くなったら、いっぺんにボケました。
体も大事だけど、頭も使わないと、車のエンジンはかかってるけど運転席に誰もいない状態になってしまうのですね。キモに命じておきませう。うちなんか下手したら、10年くらいしたらボケ犬とボケ老人両方介護する羽目になるやもしれませんので、それだけは避けたいです。

前記事の、ガセネタが多いから、気をつけないといけないっていうの、本当にそうですね。激しく同意。
爺婆の話はもとより、他の人から伝え聞いた話、ひいてはニュースなんかも、少なからず主観が入っているから、怖いです。捏造も多いし。自分がしっかりしていないと、振り回されてしまいますよね。
2010/03/18(Thu) 23:34 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
ワンコも同じ♪
そうなんだ~
爺様の前に、クリ爺さんがいらしたんだ。
中々(大概とも言う)の親子に押し付けられたのに、ターミ家の皆さんは、温かく迎え入れてくれたんですね。
日本犬で、唸るコを・・・難しいと思いますが、さすがですね!

ワンコも同じですね!
人間も、シニアになって、目的(やりがい)を失うと
ボケちゃったりしますが・・・
クリ爺さんも、門番する事で、生活にハリが出ていたんですね。

フフフ~
きいちゃんは、キッチンパトロールかぁ(笑)
ハウルって何が出来るのかなぁ?
接客???
いやいや・・・
あれは、自分の大切なモノを見せびらかす行為ですからねぇ(笑)
あのヘタレ具合は、一生治りそうにありません・°°・..・°°・・
2010/03/19(Fri) 07:20 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
Re:やはり刺激がないと(03/17)
Purdyさん

そうですね。アタマも体も、使わないと完全になまってサビると思います。
老人は特に、意識して使わないとダメですよね。
ウチのとうちゃんなんかは、仕事以外は他力本願で、誰かに何かをしてもらおうとしているので
これからボケるのではないかと心配してますわ。
足もなまりそうだし…

アルツハイマーのような病気は仕方がないと思いますが、自分でコントロール出来るところは
努力していきたいですよね。
わんこだって、出来る事はさせたり、好きな事を積極的にさせてあげないと
心身共に早くダメになってしまうと思います。
だから、わんこを繋ぎっぱなしにして構わないでいるのは虐待の一種ですね。

ハーディはボケないと思いますよ~
おとボケはするかもしれませんが、ちゃんと使い分けて
飼い主を上手に使うと思います。
彼のように「うっしっし」という目をした子は大丈夫です。
爺様もそうでしたから…

最近の情報は、専門家と称する人が言っているから信用出来るとも限らないので
受け取る側が賢くなるしかないのかもしれませんね。
時には、悪意を持って情報操作をする奴もいるので、ひっかからないように気をつけたいです。
日本人はお人好しでおっちょこちょいですから、特に世界の中では
注意したいですね。

2010/03/19(Fri) 09:20 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ワンコも同じ♪(03/17)
チャム・リム・Yさん

ハイ、ラブ爺の前はクリ爺でした。
ウチは代々、癖のあるヤツが来るようです。きいちゃんもクセモノの部分がありますしね。

このクリ爺をウチに押し付けたクラスメイトは、学生時代何か問題を起こして
停学処分を喰らったりしていましたが
卒業後風の便りに、早々に結婚したと聞きました。
その時、「ああ、あの親子なら誰かお人好しの男性を騙したのかなあ」
とマジで感心したものです。

でもクリ爺は、彼女の所でいい加減に飼われているよりも、ウチに来て良かったのだと思います。
ちゃんと長生きしてくれましたもん。
まあラブと違って、躾も訓練も行き届きはしませんでしたが、
でも番犬の役には立ってくれました。
そして、本犬も番犬としてのプライドを持って、楽しく仕事をしてくれたと思っています。

きいちゃんは、絶対キッチンパトロールですね~
よそのおうちに行っても、頼まれもしないのにパトロールしてます。
「今日のメニューは何なのか、何がもらえそうなのか、誰をターゲットにしたら良いのか」
などを一所懸命考えているようです。
そんな時のきいちゃんは、ニコニコして活き活きと楽しそうです。

ハウたんは何が良いのかなあ?
破壊のお仕事?それともお笑い?
でもハウたんは、ウケ狙いでやってるわけじゃないんですよね。
わーーーーって拍手喝さいしたら、いろいろやってくれるのかな。


2010/03/19(Fri) 09:35 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:ボケ(03/17)
はいっ、久し振りに来たのでポチポチしますよ~^^

クリ爺様もしあわせな犬生を送れたのですねえ。
しかも推定15歳なんて、今の15歳と訳が違うと思うのですごいです。

ターミ姉ちゃんって
きっとそこらへんのお金貰ってお仕事してる”なんちゃって訓練士”よりも
ずっとずっと犬と通い合える人だと思います。(褒めすぎか~^^

それも犬にとってお仕着せとか無理強いとかじゃなくてね。
それだけ言葉をしゃべらない犬に耳傾けているし心で会話してる??? みたい。

みんな同じじゃないですからね...
10頭いたら10通りの違ったワンコがいるんですから、
何でもかんでも当てはまるわけ無いのですから。

ん~ボケを見事にクリアしたクリ爺様
ターミ家に来てほんとうに良かった^^
2010/03/19(Fri) 14:56 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:ボケ(03/17)
yukoさん

ポチポチ、ありがとうございま~す。
ランキングはどっちでも良いとはいえ、順位が上がると嬉しいものです。

クリ爺は、昔の日本犬タイプのわんこだったので、あまり世話が焼けず、飼うのは楽でした。
爺様に比べたら待遇もそれほど良くはなかったのですが、
日に二回のご飯さえきちんともらっていれば、それで文句は言いませんでした。

なんちゃって訓練士よりましですか~?
お褒めいただき恐縮です。
多分、儲けようとか実績をあげようとか、何も考えていないからかもしれませんね。
どうしたらこの子が良くなるのか、楽しくなるのか、幸せになるのか
それが一番気になります。
人間にとって都合の良い子でなくても、扱いやすい子でなくても
適当に折り合いをつけてくれればそれで良いと思うんです。
クリ爺も、決して「良い子」ではありませんでしたが、楽しい想い出をたくさん残してくれました。
そしてたくさん勉強させてくれました。
どんな子も、真剣に向き合えば必ず何かを残してくれる。
私はそう信じています。

それはそうと、アイビーちゃんとキッド、誕生日が同じだったんですね~
すんごい偶然。
うふふ、4月7日生まれはイケメンが多いのかしら~
2010/03/19(Fri) 20:42 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック