要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん
2010年02月15日 (月) | 編集 |

わんこ仲間さんの中に、とっても若いのに、なりふり構わず老犬介護をせっせと
頑張っていた(残念ながら過去形です)女性がいます。
マイミクさんのwoodyちゃんと、ご近所さんのsayakaさんです。

woodyちゃんは、爺様のラブ爺号を受け継いでくださり、17歳のラン子ちゃんを乗せて
夜な夜な怪しい散歩に行っていました。
sayakaさんは、つい最近11歳の黒ラブ・インディーお婆ちゃんの介護係を
解雇されたばかり。

このお二人には、共通点がいくつかあります。
まず、イケイケの20代の独身であること。(うらやましいですな)
そして、礼儀正しく(挨拶やお礼などをきちんと律儀にしてくる)、だけど自分の意見も
きちんと言える女性であること。
つまらないご意見・ご忠告などをブログにコメントしてくる人達に対しては
感情的にならず、冷静に自分の意見で反論が出来るのです。
(私の方が、よっぽど感情的で暴力的)

さらにすばらしい事に、二人ともルックスが平均値より可愛い

それなのに!それなのにですよ!
どうしてニッポンの男性陣は、こんな素敵なお嬢ちゃん達をほっとくんですか??
私は常々不満に、いや不思議に思っていました。
叶恭子の周りにいつもイケメンのメンズがいるように(?)、こういう頑張っている
女性の周りはもっと賑々しくて良いんじゃないのか?

もちろん彼女達にも男友達くらいいるとは思うけれど、でも意外に浮いた話が
少なそうなのです。
こういう骨と中身のある女性に限って。

え、話がそっちに行っちゃうの?と思った方。
だってそうじゃありませんか。
世の中でチヤホヤされている女の子って、アホっぽい子が多いでしょ。
タレントだってそうだけど、馬鹿が売り物になっているご時世です。
ちょっとだけ見てくれが良くて、アタマが空っぽな子ばかりがもてはやされているような
気がするのは、私だけでしょうかね。

それってつまり、
1、現代男性は情がない(犬のことなんかこれっぽっちも知らない、もしくは関心がナイ)
2、ヘタレである(賢い中身のある女性に太刀打ちできない)
3、見る目がない、もしくは自分の事しか見えない
と言う事じゃないですか。(独断と偏見に満ちた観察ですが)

もちろん、男性だって老犬・病犬、はたまた老齢の両親を一所懸命介護している
心優しい方は、たくさんおられると思います。

そういう方は、どんなに可愛い女性でもナンパなどしている暇などないのかもしれません。
それはそれで、やむを得ないと思います。

でも、人間の手を必要としている動物たちに、惜しみない愛情を注いでいる女性に
賛同したり、何らかの手伝いをしようと思いつかない男性陣って、どうなのよ?

ちなみにsayakaさんは、かつてお付き合いしていた男性が
「犬なんかどうでもいいじゃないか」
と言った意味の事を言ったので、振ってしまったとか。

私はその話を聞いた時、思わず
なんと素晴らしい!
と心の中で拍手喝さいしました。

何故って、命に対する価値観が違ったら、絶対人間関係はうまくいかないと思うのです。
病気の老犬を前にして、「どうでもいい」と言う人と、わんこ大好きの人とでは
価値観が違いすぎます。

よく聞くのが、老犬介護に旦那が非協力的だ、と言う話。
奥さんが腰を痛めながら介護しているのに、知らんふり出来る旦那さんに
わんこ好きなら多少なりとも怒りを感じるのではないでしょうか。

感情的なワタクシは、
「そんな亭主にエサをやる必要はない!
と思ってしまうのですが、心優しい奥さんは、そのような旦那さんをも見捨てる事が
ないのです。

ちなみに、ウチではそのような薄情な態度を取ったら、翌日から食事は与えません。
お茶一杯だってあげないわ。
そんな奴は、飢えてしまいなさい

私の思う理想の形は、前出のyukoさんご夫妻です。
二人がそれぞれの役割をきっちりこなしている。そしてお互いがお互いを思いやる
心の余裕を持っている。
このバランスの良さが、居心地の良い空間を生み出し、わんこの長寿にも
つながっているのではないでしょうか。

それは人間にとっても、健全で居心地の良い空間となるのです。

犬だけが大事で人間はどうでも良い、と言う事ではありません。
先のyukoさん宅にはyukoさんのお母さん(90歳)もおられます。
それでも、素敵な空間を保っていられるのは何故か。
私は、おとうちゃんが素敵だからだと思います。(もちろん、yukoさんが素敵なのは
言うまでもありません)

幸い、woodyちゃんにもsayakaさんにも、彼女達と同じように優しい姉妹がいました。
そして二人とも、姉妹で頑張っていました。

ただ残念だと思ったのは、sayakaさんの前出の元彼さんが
「大変だね、手伝うよ」
と言ってくれなかった事です。(余計なお世話なんですが)
こういう男性は先々、介護に忙しい奥さんを手伝う事もなく
「風呂、飯、お茶」
などとほざく、私に言わせれば気の利かない亭主になるんでしょうね。

別に悪気はないのだと思います。ただ単に犬の事を知らなかっただけなのでしょう。
でも人間として、優しさや暖かさは感じられません。

介護を頑張れるうら若き優しい女性と同じ数だけ、心優しき若い男子がいる事を
私は心から望みます。 

love407
懐かしいラブ爺号

 




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
そうだ、そうだっ。私も独身だっ。

様々な場面で価値観の違いって感じます。
違う価値観を持つ人に対して、
「そういう価値観もあるのですね、私とは違いますが」と考えます。
でも、わんこの介護・看病(元気な時の日々の暮らしでも)に関して価値観が違うと、
私としてはかなり辛いですね。
ダンナ様や恋人でなく、親子や兄弟姉妹で違っていても、
これは辛いものがあります。
大きな違いでなくて微妙な違いでも、キツクなる時があります(ありました…)。
介護や看病は、精神的・肉体的に厳しい事がありますが、
心を合わせて、わんこに優しい、
そして、ニンゲン同士が互いに思いやりを持つ日々を、
送りたいものです。
2010/02/15(Mon) 10:45 | URL  | リリー #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
リリーさん

そうでした。リリーさんも独身介護だったんですよね。

価値観が全て全く同じ、と言うのは稀なる事だと思います。
モノによって意見は違って当たり前。でも一番こだわりたいこと
(多分、ここに来てくださる方のほとんどは、それはわんこだと思うんですが…)
に関して価値観が違うと、仲良くするのはちと難しいですよね。
同性でも、親兄弟でもそうだと思います。
特に同居していたりすると、とても辛いです。

そうでなくても、介護って心身共に大変なんですから、それ以上に人間関係で
消耗させられたくはないです。

大変な時にこそ、思いやりをもったり互いに協力し合える、
身近な人とはそういう関係でありたいですね。
わんこに優しい家庭(わんこだけという意味ではなく)は
人間にも優しいと思います。



2010/02/15(Mon) 14:07 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
共感しながら読みました。
ワンコに対する温度差は常に感じています。
(主人に対して・・・)
私、主人に対して反論したり
しないんですけど・・・。
「今度はトイプーにしたら?」って言った
一言に激怒しました。
謝るまで攻撃(言葉攻め)の手をゆるめません
でしたよ(笑)
ペットの域を超えてもう家族ですものね。
2010/02/15(Mon) 16:20 | URL  | さくらちん777 #79D/WHSg[ 編集]
Re:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
わかります わかります!!
最近の若者オスとは話をしないので(おばはんや~)
最近の若者人間オスがどんなのかは直接には体感できませんが・・・・
おじさんオスはあきません 
我が家はルーシーを肺がんで14歳目前で看取り ルビーを17歳目前で看取り約一年ぷち介助介護?をしました。
ルーシーのときはひどかったです。こないだもお話したとうりです。千枚通しで刺したろかと思いましたよ。
少し反省したのか ルビーのときは留守の時はオシッコにだしたり シートを変えたりはしてくれました。
ここはすばらしい進歩だったと思います 
家にカメラをつけ(ネットでみれて パソコンでカメラが動かせるやつです)でルビー(と旦那の?)動きを監視していたので?! してないとすぐに電話して怒鳴られるからかもしれませんが・・・
もちろん私がいたら一切しませんでしたが・・・
きつかったのは夜が寝れなかったこと これは誰も変わってくれません。旦那もかわってくれません 
何日もほとんど夜が寝れませんでした
昼はそうそう眠れません。
亡くなる二日前に数時間旦那は怒りながらみてくれただけでした。夜が眠れなくなり、一人で老犬介護(病気も含め)はほんとに辛いです
犬も含め 妻が一人でフラフラになっているのが平気である事に 人間性を疑う部分はありました
まあ 店番をしてくれたりはしてましたけどね・・・・ ホントに困って手伝ってほしいといったときに してくれないとき かなりがっかりしますね。
これからもしそういうことで困った友達がいたらお手伝いしてあげれるといいな と思います
2010/02/15(Mon) 18:53 | URL  | DOGLAB #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
さくらちん777さん

そうですよ~
私、ペットという呼び方はあまり好きではないんです。
長年一緒に暮らしている子は家族であり、場合によってはパートナーですよね。
だから「犬なんか」と言う人とは、絶対お友達になれません。(きっぱり)

次はトイプー…はちょっとまずかったですねぇ。
トイプーだからいい加減に飼って良いと言う事はないし、
ご主人の意図するところが、わかるようなわからないような…
きっと私も怒ると思います。犬全般をちょっと軽く見ている(失礼)ように思えてしまいます。
たとえ本来それほど犬に興味がなくても、そこにいて一緒に暮らしていたら、
やっぱり愛情をかけてほしいです。
溺愛しなくても良いですから、普通の思いやりは持って欲しい。

ウチは犬に関してロクでもない事を言ったら、本当に兵糧攻めにします。
でもターミ兄達はおでぶなので、一ヶ月くらい攻めてもあまり堪えないかも…
2010/02/15(Mon) 19:45 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
DOGLABさん

そうですねえ。
おぢさんオスはもはや教育出来ないので、若いオスに期待しているわけであります。
たぶん、いぬたま君はかなりやってくれると思います。
もし彼女が出来て、その子のわんこに介護が必要だったら
手伝えると思います。
自分がかな~りわんこ大好きですから…
でも兄貴は無理だなあ。まず自分の事が出来てないし、人の事も出来そうにないから、
わんこの事など絶対無理でしょう。興味もないし。

要するに、男性は脳みそが単細胞なので、自分の事以外あまり考えられないんでしょうね。
(そうじゃない人もいると思いますけど、一般論として)
だから人が今どうなのか、何を必要としているのか、なんて想像も出来ないのでしょう。
あ、想像力も観察力も豊かとは言えませんからねえ。

介護は大変です。特に大きい子は。
それと寝不足は本当に辛いです。
私も、3時間で良いから続けて眠りたいと良く思いました。

それで前から思っているんだけど、互助会ネットワークみたいなのが出来ないかなあって。
そうしたら、辛くなった人を余裕のある人が助けてあげるシステムが出来るんじゃないかと。
旦那が当てにならない人って、結構いるんじゃないでしょうか。
(何故か反対のケースはあまり聞きませんが)
yukoさんちみたいなのは、珍しいんですよ、きっと。

助け合い運動はきっと奥方が9割でしょうね。

やっぱり若いオスを教育しましょう。
2010/02/15(Mon) 20:12 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[2]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
ターミ姉さん

ターミ姉さんのおっしゃる『互助会ネットワークみたいなの』ができると、
本当に良いと思います。
私も「数時間、眠りたい」と思いました。
ただ、誰にでも任せられるというものではなくて、
価値観が同じで、信頼できる人にしか任せられません。
あの頃、物凄く苦しかった。
今、こうしている時も、あの頃の私のように苦しくて寂しくて…、
という方がいらっしゃるのだろう、と思います。
不安な時に、(理解してくれる)誰かに傍に居て欲しかった…。

周囲の人に協力してもらえなかった時、理解してもらえなかった時、
怒りではなく、とても悲しかった事を思い出しました。
孤独感でいっぱいだったなぁ…。
2010/02/15(Mon) 22:11 | URL  | リリー #79D/WHSg[ 編集]
ありがとうございます。
私の事を書いてくださって、ありがとうございます。
嬉しいです。
そしてあの伝説の?元カレの話も・・・(笑)

でもホント、何故私より叶恭子の方がモテるんでしょうか。分かりませんね(笑)

結局、犬がどうのこうのってのもありますが、[好きな人の大切な物(人)]を大切に出来ない男はダメなんです。
私の場合はたまたまインディーだったんですけどね。
その思いやりがないところが人間的にいけません。
私と一緒にいられればそれでいいのかい!って。
あの頃はまだ元気な婆ちゃんだったのですが、「そんなに大切にしているワンコに俺も会いたい!一緒に散歩したい!」
とか言ってくれればポイントあがったのに・・・。

それから、[介護の解雇]って言い方いいですね。好きだな。
私はインディーに解雇されちゃったからニートになりました。

後、今日か明日かメール送ります。
2010/02/15(Mon) 22:18 | URL  | sayaka #79D/WHSg[ 編集]
Re[3]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
リリーさん

ですよね。
それ、ず~っと考えているんです。でもアタマが悪いので、良い案が思いつきません。
仰るように、誰でも良いわけじゃないですもんね。
やっぱり経験豊かな方だったら安心できるけど、犬を飼った事がな~い、なんて人だったら
怖くて預けられません。
シニアわんこって、そのくらいデリケートな存在だと思います。
大小に関わらずですが、特に大きい子は。

経験のある方が、ほんの数時間で良いから看ていてくれたら…
そして家事の一部でも良いから手伝ってくれたら。
そんな「出来る事」助け合いネットワーク、考えたいです。

もし何か出来そうだったら、その節はぜひ手伝ってくださいね~
2010/02/15(Mon) 22:34 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[4]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
ターミ姉さん

手伝います。
2010/02/15(Mon) 22:42 | URL  | リリー #79D/WHSg[ 編集]
Re:ありがとうございます。(02/15)
sayakaさん

そうよ~
叶恭子も結構好きだけど、でも普通の社会でsayakaさんがモテモテにならないのはおかしい。
自分の意見を持った女性を敬遠するヘタレが多いんですかね。
そうだとしたら、おばさんは喝を入れたいです。

その人にとって何が大切なのか、それがわからないようでは、人間として修行が足らんです。
そしてそれに対して、sayakaさんが女性として流されなかった事が素晴らしい。

良くいるじゃないですか。小さな自分の子供を、新しい恋人や亭主の暴力から守れない馬鹿女。
親として人間として、まともな判断力を失うから悲劇が起こるわけで
でもそんな風に情に流される女性って多いと思うんですよ。

情には通じるけれど、流されない。
私はそんな女性がカッコ良いと思います。
だから、すぐに適切な判断をしてスパっと切ってしまったsayakaさんは、
若いけれどカッコ良いと思うわけです。

私もお世話係を解雇されてからしばらくは、ほけらか~っとしていました。
ニートになっちゃわないで、出ていらっしゃいよ~

あ、こういう時はyukoさんちが癒しの館かな。(と勝手に決める)

メール、お待ちしてま~す。

2010/02/15(Mon) 22:49 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[5]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
リリーさん

よろしくで~す。
でもその前にアタマが良くならなければ…
2010/02/15(Mon) 22:51 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
たくさん言っちゃって下さい。
最近ね。Jパパがよーく姉さんのブログを読んでるの。
私より新着をよーく知ってます。

私が仕事をやめてから ほとんど2ワン一緒散歩。
お散歩が辛いと思った事はないんだけど…
姉さんの記事見て「散歩しなくっちゃ~」と(笑)

いつでもワンコ優先で動く私。
恥ずかしいですが大ゲンカした事、何度もあります。
(どっちが大切なんだ~って。※ 勿論ワンコですが…)
でも今は…お前が2ワンを家族のように可愛がる気持ち。
一緒に行動してわかったような気がすると。

姉さんの記事見て、刺激される男性もこのようにいるんですよー。
なのでこれからも思いっきり言っちゃって下さいネ。
2010/02/16(Tue) 00:07 | URL  | あやの #79D/WHSg[ 編集]
Re:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
犬の介護も人の介護も、全部じゃなくとも
少しの手助けがあるだけで、随分気持ちも体も楽になるもんです。
相方の洗脳は、結婚前から行い、今も続行中だけど
やっぱりまだまだ「足りない」です。
一生「足りない」ような気もする(笑)
やっぱり、”若いオス”ですかね

それと、親の介護や看病なら、仕事を休む理由にはなるけど
犬を介護する看病するは、理由にならない、現状。

身近な協力者と理解ある社会があれば、最高なのになぁ。
なんてこと、考えてしまいました。

yukoさんのところにも訪れて
お散歩きーちゃん見てきました^^
愛らしい表情!いっぱいで!
あー、ワタシも一緒にお散歩したい~
2010/02/16(Tue) 01:54 | URL  | sachi #79D/WHSg[ 編集]
パチパチパチ!
今日の記事、はじめっから終わりまで、「そう!そう!」と大きくうなずきながら読ませていただきましたわ。
だいたいねぇ、対象が犬であろうがなかろうが、相手の価値を尊重できない人は逝ってよし。
大の大人のくせに、子供までいるくせに、共働きの嫁はんに家事全部押し付けて、自分のことしかできないお子ちゃまもいらん。
日本の男子はまだそういう人が多いですね。
だったら、自分だって、できることならワイフに全部やらせてホッケーの試合とか、パブとか行きたいさーと言いたい気持ちをぐっと抑えて「2人で築く家庭なんだから、家事・育児・育犬は分担して当然です!」といい格好して言い切る欧米人の男性のほうがいいわい。

あ~書ききれない。また後ほど。
2010/02/16(Tue) 09:04 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
Re:たくさん言っちゃって下さい。(02/15)
あやのさん

あやのさんは、もう十分すぎるくらい散歩してるよぉ。
きいちゃんだったら、音を上げていると思います。
「ママ、ボクもうてきとーで良いでし」
良くしたもんで、代々ウチの子達はあんまりアクティブじゃないから
助かるわ~(悪ぅ爺様も運痴だったし)

んで、パパ、つまらない日記を定期購読していただいて、ありがとうございます。
思うに、女性の方が洗脳しやすいんだと思う。良くても悪くても
新しい事を受け入れやすい。
でも男性の方が頑固なんだよね。悪く言えば、他をいけ入れない、頭の固い人が多い。
たぶんそれは、脳みそのつくりの違いなんでしょうけど…

変われるJパパって、きっと柔軟性があるんだよ。
(あやのさんが強烈と言えるかもしれないけど)
でも柔軟性があった方が、絶対男性も幸せだと思う。
だって、いつもいつも自分のパターンで世の中生きていかれないし、
実は内心奥方に馬鹿にされたり憎まれたり、はたまたいつ捨ててやろうなんて
思われなくてすむんだもん。

Jパパも、yukoさんちのおとうちゃんみたいになってくださいね~
おとうちゃん、とっても幸せそうですもん。
仕事も出来て、わんずのお世話や介護も出来たら言う事なしですよ。
2010/02/16(Tue) 10:23 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:老犬介護を頑張る、美しき若き介護士さん(02/15)
sachiさん

そうそう、何も全部やってくれなんて言いません。
時間のある方がやるのは構わないんです。
でも無関心はいけませんよね。同じ家庭内の事なんですから。
俺は仕事をしているから、と言うのは言いわけだと思います。仕事するのは当たり前じゃ。
そのセリフを言って良いのは、年収3000万円以上あったら言っても良いと(私は)思うけど…

結婚前から洗脳を始めたのは、正解だったと思います。
出来れば幼少の頃から教育するのが、一番かもしれませんね。
男の子をお持ちのおかあさん、もう旦那は見捨てて、青少年の育成に力を注いだ方が、効率が良さそうです。
男性の頭って、年をとればとるほど、カチカチに固まるみたいなので…

でも、家庭に対して柔軟な方が男性だって幸せだと思うんですけどね。

もしネットワークみたいなものを作っても、参加してくれるのは8割以上女性でしょう。
困った経験があるから、同じような人をお手伝いしたい。
でも困った事がない人には、どうもその発想がないみたいですから…

きいちゃん、yukoさんちで楽しそうでしたよ~
あのヘタレ川遊びから、だいぶまた変わったでしょ?
今年はどこかでお会い出来ると良いですね~

あ、楽くんは頑固でも何でも良いんですよ~可愛いから。

2010/02/16(Tue) 10:35 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:パチパチパチ!(02/15)
Purdyさん

そうなんです。相手にとって大切なものを否定するって事は、
相手の価値観をも否定することになりますよね。
そう言う人って、結局は相手をちゃんと受け入れていない証拠だと思うんです。
若い彼女が偉いなと思ったのは、その判断をきちんとして、きっぱり断ったことなんです。
だって日本の女性って、情に流されやすいのが多いじゃないですか~
「○○さんが言ったから…」なんて、じゃあおみゃ~の意見はどうなのよ!って
お姉さんは突っ込みを入れたくなります。
この判断が出来ないお馬鹿が、自分の子供を馬鹿男と一緒になって殺すんでしょうね。

欧米の男性は、母親に教育されて「こうしてはいけない」という観念を持つくらいのところまでは
進化したんだと思います。実行に移せるかどうかは、また次の世代なのかもしれませんが…
でも理論だけでもしみついているだけ、日本の石頭男よりははるかにましですね。
大分日本でも変わってきたと思うし、yukoさんちのおとうちゃんみたいに
若者じゃないけど柔軟な方もいます。
でも少数派かなあ…



2010/02/16(Tue) 10:44 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
不器用がゆえに
ごめんねえ、私ゲラゲラ笑わせていただきました~。
だってこういう文章って絶対にターミ姉ちゃんしか書けないもん(笑 まさにターミ姉ちゃん節です~♪

woodyさんのことはあまり存じ上げないのですsayakaさんはなんて清々しかったんでしょう。思わずに何か力になりたいって思ってしまいましたよ。

子育てもそうだけれど介護って...
思うんだけれど、女の人は生まれつき持ち合わせた(性の違い)ものがまずひとつあるんだと思うの。
男の人は悲しいかな そういう点不器用でいまひとつ噛み合わない。あっ、生まれつき出来る人ももちろんいるにはいるんだと思いますが。

でもね、可愛い我が子となったら、出来ないながらも愛情が勝って”ここ一番”ってときに頑張っちゃうことが出来るんだ!

そういうところブラッキーの父ちゃんはすごく不器用でしたよ。でもウイリーとブラッキーから溢れんばかりの思いを貰ってそれに応えたくてもウイリーが小さなときはどうやって応えてよいか分からなかったんですよ。

形で応えなくちゃわからないよって一方通行じゃだめって、不器用がゆえにウイリーが父ちゃんに一生懸命に近づこうとしてるのに、どう応えてよいかそれがわからなかったようです。そうするとウイリーは(気持ちも体も)どんどん父ちゃんから遠ざかっていくのです。

そのときに気が付かなかったらきっと今は無かったでしょう。そのときに努力したからこそそのあとの坊主たちとの生活が充実に値したものになったんだと思います。

命に対する価値観は絶対に同じレベルでありたいです。直接手を出すことが無理ならば、せめて介護してる側の力になってあげる、精神面で支えになってあげれれば、どんなにか介護している人が救われることか...
今現在介護されてる人たちが少しでも穏やかになれますように。ときにはふ~っと力を抜くことが出来ますように。そんなふうに思いました。
2010/02/16(Tue) 16:21 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
登録お願い致します。m(__)m
互助会に入会したいです。
まだまだ茶々君には頑張ってもらわないといけませんが、もしもの時にそんなシステムがあったらどんなに心強いか・・・。

ワンコの介護の経験は無いけど、私にもできる事はきっとあると思います。
家事のお手伝いだっていいんですものね~。
ホントに実現したらすばらしい事です。

我が家も人もワンコも居心地の良い場所になるように努力したいと思いました。

2010/02/16(Tue) 19:08 | URL  | char-rin #79D/WHSg[ 編集]
Re:不器用がゆえに(02/15)
yukoさん

笑っていただいて恐縮です。
でもまた言いたい放題勝手な事を言うと、どこからかお叱りが来るといけないので
気をつけなくちゃ。
程々にしま~す。

woodyちゃんは、明るくて楽しくて面白可愛い女性です。
17歳の黄ラブ・ラン子ちゃんのお世話をしていました。
ルビー婆に会いに行く時にも、岡山からわざわざ自分で運転して来てくれました。
なかなかアクティブで義理堅くて個性的なお嬢さんです。
sayakaさんよりちょっと年上かな。
でも自分を持っているという点では、共通したものがありますね。

男性と女性の違いは、脳が違うそうですから仕方がないと思います。
同じだったら、2種類に分かれる必要ないですもんね。
何かのお世話をする、という点ではきっと男性の脳みそは向いていなくて、不利なのでしょう。
その不向きや不器用さをカバーするのが、愛情だと思います。

おとうちゃんも決して器用ではなかったのですね。
でも努力してウィリー君達の良きおとうちゃんになった。
これって、やっぱり愛情のなせる技ですよね。

ターミ兄も、ずいぶん変わってはきたんですよ。(あれでも)
もっともっと気が効かなくて、他に対して悪い意味で無頓着だったんですね。
最近、少しだけ他を見る事が出来るようになってきました。
でもまだまだ、おとうちゃんレベルになるには試験を3つくらい受けてもらわなくては。

ただ、動物に対する価値観はかなり近いものがあるので、その点を買っています。
私は、動物を粗末にしたり、虐待するなんてヤツには、即跳び蹴り食らわしたいです。

そういうところはターミ兄と同じなので、二人で警察のお世話にならないよう、
気をつけなくてはいけません。

同じように、小さな命を大事にする人たちに、何らかのお手伝いが出来ればな、
とはいつも思っています。

2010/02/16(Tue) 21:02 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:登録お願い致します。m(__)m(02/15)
char-rinさん

「老犬・病犬介護互助会」、何とか出来ないかなあと思っています。
最初はしょぼくても、内輪だけの小さなものでも良いので、何か考えたいです。

話し相手になってくれるだけでも、お茶を入れてくれるだけでも、
介護の時には嬉しいんですよね。
「3時間見ていてあげるから、昼寝して」なんて言われてみたかったですもん。
だから、今はそれを誰かにしてあげたいんです。

それによって、少しでも誰かが楽になったり、家庭がトゲトゲしなくなったりしたら
良いですよね。

動物って、人間の都合で後回しにされがちだから…
人間も動物も平和なのが良いですね。


2010/02/16(Tue) 21:09 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
ありがとうございます!!
こんなにステキに書いてもらえるなんてぇ~♪
何回も読み直しては、ニヤニヤニヤニヤ(笑)
PC見ながらニヤニヤしてるから、浮いた話がないんでしょうか??(笑)

価値観の違いは、介護生活にとっては致命傷です。
我が家の3姉妹、同じ環境で育ったのに、長女は若干価値観が違うんですよね。。。
下2人すなわちラン子のしもべは、そこの所の価値観が一緒で良かったぁ。

互助会、いい案ですねぇ~。
2人でも辛い時ありましたもん。
1人で頑張ってる方のお手伝いができるなら、どこでだって行きますよ~!!
あの、ボロボロ軽四で(笑)




2010/02/17(Wed) 19:04 | URL  | woody #79D/WHSg[ 編集]
Re:ありがとうございます!!(02/15)
woodyさん

あらん、だってwoodyちゃんは素敵ですもん。

でもこんなの見て、にまにましてちゃいけません。
人間のイケメン狩りもしなくちゃ。

人間の価値観って、他は良いんだけどこれだけは譲れない、というラインがありますよね。
そこが違っていると、深いお付き合いは出来なそうです。
人間の命はもちろんですが、動物の場合は結構価値観が分かれることもありますよね。
でもお姉ちゃんがwoodyさんの味方で良かった。
ラン子ちゃん、しもべ姉妹がいて絶対幸せだったと思います。

何かネットワークが出来たら良いですねぇ。
これは経験してみないとホントにわからないと思うんですが、
理解者がいるかいないかだけでも結構気持ちが違ってきますもん。
足りないアタマで考えます。

2010/02/17(Wed) 22:40 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック