要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おたかりの館へ再び
2010年02月12日 (金) | 編集 |

「先日の写真をCDに落としましたよ~」
という連絡をいただいて、またまた図々しくyukoさんとブラッキー君ちに遊びに
行ってきました。

その日は爺様の命日。
本当はその前々日に、「あぢゅさんの所へ行くので、一緒にどうですか?」と
お誘いいただいたのだけど、残念ながら都合が悪くて参加出来なかったのです。
それならば、爺様の命日に行かせていただこうかなと勝手に思い、日曜日の鎌倉に
お出かけしたのでありました。

休日の鎌倉は、天気が良い事もあってちょっと混雑。
八幡宮の前が軽く渋滞していて、約束の時間を10分ほど遅刻してしまいました。

きいちゃんは、yukoさんちを「おたかりの館」と認識しているので、車を降りると
わき目も振らず、うきうきと玄関に走っていきます。

そしてyukoさんがドアを開けてくださると、足も拭かずにさっさとお宅にあがりこんで
しまいました。(行儀悪っ。飼い主の顔が見たいですな)

きいちゃん、早速お茶の友をして、おたかり三昧です。
この日は、おとうちゃんもいらしたので、もはや私の所には来ません。
おとうちゃん、何でもくれますから。
おじちゃん大好き

でも、何でもと言ってもちゃんとルールがあります。
それは、おたかりの順番はブラッキー君が先、と言う事です。
先輩犬ですからね。きいちゃんの3倍も4倍も生きているんですから、当然先です。

きいちゃんに取られまいとして、ものすごい勢いで食べるブラッキー君。
来月16歳とは思えない食欲です。
競争相手がいるって、良い刺激になりますね。
ぶーちゃん

さて、お茶っ子したあと、yukoさんご夫妻とブラッキー君と我々2匹で、お散歩に
行く事にしました。
ブラッキー君は、毛布にくるまってカートに乗って。
日曜日の人ごみの中、おとうちゃんがカートを押して、どんどん歩いていきます。
yukoさんと

おじいちゃん、大丈夫かな

途中、外国人の観光客がビックリして見ていました。
たぶん、お国にはない文化なんでしょうね。老犬をカートに入れて散歩するなんて。
でもいろんな人に声をかけてもらったり、さわってもらったりして、ブラッキー君
とっても楽しそうでした。
yukoさんのブログ、「ねえ、お散歩に行こうよ」のタイトルそのまんまのお散歩です。

ちょっと歩いたあと、小さなイタリアンレストランで遅いランチをいただきました。
そこでいろんなお話をして・・・
ふたたびyukoさんちで1

ふたたびyukoさんちで2
寝ているように見えて、実はきいちゃんだけがおたかりをしていないかどうか
すごく気にしているブラッキー君

で、ワタクシ、ふと思いましたのよ。というか気付きましたのよ。
何故ブラッキー君の時計の針は、ゆるゆる進むのかって。

それはですね、yukoさんご夫妻がとても仲良しだからです。
ブラッキー君の介護も連係プレー、ランチのサラダも分け合って、(細かい観察でしょ)
常に仲が良いのです。

ウチと微妙な差だなあ…と思いつつ、でもこれってわんこにとっては実はものすごく
大事な事なのではないかと思いました。

家族の不協和音、夫婦のきしみ・・・敏感なわんこは、必ず感じ取っています。
爺様のように強い子は、あまりその影響は受けなかったのかもしれませんが
きいちゃんのように繊細な子には、悪いオーラはよろしくありません。

わんこにとって一番の長生きの秘訣、それは愛情豊かな家庭ではないでしょうか。

いえ、別に独身の方だって全然構わないと思いますよ。
そこに豊かな思いが(物質的と言う意味ではなく)あれば。

愛情豊かであれば、当然そこには美味しい食卓があるし、優しいケアがあるし。
わんこ達にとって何よりも嬉しいのは、そこに込められた気持ちだと思うのです。
飼い主の自己満足で与えられるものは、ないよりも良いけれど、最高なものではない。
yukoさんちに来ると、そんな事を考えます。

だからきいちゃんはここが好き。

帰ってくると、当然のように玄関が開くのを待ちます。
開けてくださいでし
コラ、おみゃ~の家か

再び図々しくお茶っ子させていただいて、それから可愛い貯金箱のお土産もいただいて
(これは後日写真UPしましょう。面白いので)のんびりこんと夕方遅くに戻ってきました。

長くなっちゃうのでこの辺にしますが、yukoさんちってホントに「犬の館」に近いです。
犬がたくさんいる、と言う事ではなくて、犬達にとって居心地が良いと言う意味で。

でも犬達にとって居心地が良い場所は、人間にとっても居心地が良い空間である
と言うことなのですよ。

また遊びに行かせてくださいね~
yukoさん、ごちになりました。

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
arigatou
ターミ姉ちゃんにそんな風に言っていただくと、ちと恥ずかしいですよ(汗

あのとき、
今日ってラブ爺様の命日ってお聞きしてしまいましたよね。
大切な日に来て頂いてちょっと申し訳ないような...
でもとても嬉しくもありでした^^ どうもありがとうございました。

きいちゃんのあの”はつらつうきうき”を見ていると
無条件で嬉しいです。ニコニコ顔はいいもんです。
父ちゃんにナデナデされてるきいちゃん、なんとも満足~なお顔ですよねえ。

お散歩できいちゃんのリードをひかせてもらったとき、
久し振りの感覚を覚えましたよ。
なんていうか、懐かしい感覚! ありがとね~きいちゃん。

またブラッキーに会いに来てやってくださいね~。
2010/02/12(Fri) 23:13 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
Re:arigatou(02/11)
yukoさん

うふふ~だってホントのことですも~ん。

本音を言うと、あぢゅさんの所にも、とっても行ってみたかったんです。
でもウチは私しか主婦がいないので、前もっての段取りに時間がかかるのが難点なのです。
ジジババだけだったらなんとかなる。お荷物青少年部隊だけだったら、これもなんとかなる。
でも両方だと、なかなかうまくいかんのです。

それで、おとうちゃんって素晴らしいなって思ったんですわ。
殿方って、自分の事で頭がいっぱいの人が多いじゃないですか。(特にウチ)
なのに介護だって積極的だし、お婆ちゃんにも正面向いてるし
それがごく自然で、んでまたそれをサポートするyukoさんが素敵で
ああ、これが長寿犬の元だ~と思ったのです。

実は、あんなに寛いででいるかに見えても、私はきいちゃんがおとうちゃんに
「うがっ」っとやらないかどうか、目を光らせていました。(多分やらないとは思いましたが)
きいちゃんの「う~ぱく」は、本当に良く見ていないと予測不可能なのです。
その前兆は、多分私にしかわからないと思います。(ウチの人達はわからんどす)

私も爺様介護の後、若い子の面倒がとっても楽しかった想い出があります。
yukoさんはリードも良くわかっているので、お任せしました。
きいちゃん、私よりyukoさんの方が上手に歩いていましたね。

まだまだ先のありそうなブラッキー君に会いに、また行かせてくださ~い。
sayakaさんも拾ってね。

2010/02/12(Fri) 23:52 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
いいですね~。
おたかりの館。
我が家のワンコ共も、おたかりは大好きです。
何より、ブラッキー君のお顔がいいですね~。
人の(犬の?)良さそうな優しいお顔です。
いつもブラッキー君の写真を見るたびにそう思っていました。
若々しくて、とてももうすぐ16歳には見えません。

きいちゃんは前回会ったときよりお兄ちゃんのお顔になりましたね~。
一段と男前になりましたよ~。
今度会う楽しみが増えました♪







2010/02/12(Fri) 23:58 | URL  | char-rin #79D/WHSg[ 編集]
Re:いいですね~。(02/11)
char-rinさん

良いでしょう、おたかりの館。
これって、人間にとっても美味しいものの館を意味するんですもん。
それでね、おとうちゃんとおかあちゃんが、一緒に接待してくれるんです。
おかあちゃんがコーヒーをいれてくれて、おとうちゃんがそれを出してくれる、といった感じで
早い話が「寛ぎの館」なんです。

ブラッキー君って、表情豊かですよ~
シニアわんこの表情って、ホントに可愛いです。
言いたい事がわかるんですもん。
特にyukoさん達にとっては、全てわかるんですね。
それがまた、素晴らしいです。

ブラッキー君は、ゆるりゆるりと時を重ねています。
茶々くんもこんなペースで、のんびりいって欲しいなあ。

2010/02/13(Sat) 00:22 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
笑える~♪
“うまうままだでしか?”・・・の顔、ハウルそっくり~ゞ(^。^ゞ
こうやって見上げる時の表情が、同じなんですもん!
可愛いですよね~

フフ、きぃちゃんも、ハウル同様・・・中々、要領が良いですね(笑)
楽しい事・美味しい事は、すぐ覚えちゃう♪
ちょっと、ビビリな所も一緒なので・・・余計、親しみが湧いてしまいますわ!

きぃちゃんは、お友達が多くていいですね。
しかも、歩く時も落ち着いてるから、人ごみでもOKなんですね。
そこら辺は・・・ハウルは、まだまだでして。ダメですよねぇ。

ブラッキーさんって、いい味出してますね~
シニア犬って、なんともいえず可愛いです。
きぃちゃんを監視しているあたりは、さすがです!
鎌倉にお住まいなんですか?いいなぁ~
私が小5の時(埼玉在住)、ちょうど鎌倉時代を勉強中で(大河ドラマも鎌倉時代)、家族で行ったんです。
子供ながらに、あの町に感動しましたね~
鶴ヶ丘八幡宮の太鼓橋が面白くて(笑)
助走つけないと、渡れない~なんて言いながら、走ってましたっけ。
随分昔なのに、鮮明に覚えているあたり・・・相当、感動したんですよね(笑)
高校生、大人になってからも何度か行きました。
お金持ちになったら、鎌倉に住むのが夢だったんですが・・・一生、ムリです(笑)
ま、ハイパー犬達と、田舎暮らしを楽しみま~す!

最近、ブログ更新がしょっちゅうで、めっちゃ楽しいです。




2010/02/13(Sat) 20:32 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
家族は仲良くだねぇ~
きいちゃんってブラッキー君の弟みたいに馴染んでるね。
とても『う~ぱく』するような子には見えまへん。


“家族の不協和音、夫婦のきしみ・・・敏感なわんこは、必ず感じ取っています。”って、ターミ姉さんが言ってる事分かります。
私も最近ありましたもん。
私と母が喧嘩したり、イライラして口さえも聞きたくないと思った時期からエヴァの態度が微妙に変化してきました。
母がエヴァのサークルの前を通る度に寝てても『うぅ~』って唸ったり、たまに吠えついたりしてましたもん(サークルを出てると甘えに行きますけどね)
今は時々唸りはするけど、以前よりマシになりました。
私が母を嫌うとワンも感じ取るんだなぁ~って、その時思いましたもん。
やっぱり家族仲良く暮らさなきゃいけないんですね。
でも、私修行が足りないからダメだぁ~(泣)

2010/02/13(Sat) 23:19 | URL  | エル #79D/WHSg[ 編集]
Re:笑える~♪(02/11)
チャム・リム・Yさん

このわんこ達の、「まだでしか?」って見上げる顔、可愛いですよね。
でもきいちゃんは、来たばかりの頃こんなお顔は見せませんでした。
おねだりの仕方を忘れてしまたように、ちょっと悲しい顔をしていました。

ハウたんは、必ず応えてもらっているから、屈託ないですよね。
それがまた笑えるのだけど…
やっときいちゃんも、ハウたんのレベルに近づいてきましたよ~

この時きいちゃんのリードを持っていたのは、yukoさんだったんです。
yukoさんはちゃんと訓練を知っていますから、私も安心しておまかせしました。
だからリードの扱いが上手だったと言う事もあります。
でもね、一回鳩を見てきいちゃんがダッシュしてしまって、そばにいた人をびっくりさせてしまった
と言うハプニングもあったんです。
きいちゃんはその人には関心なかったんですけど、いきなりでかいわんこが突っ込んでくれば、大抵の人は驚きますもんね。
yukoさんも、久々に肉体労働を楽しんでくださったようです。

ブラッキ-君は、もともとはおとなしい子なんでしょうけど、
年を取って少しづつ頑固になり我がままになり、それが良い味を出していると思います。

そしてシニアになればなるほど、どうやって人間達に伝えるかもわかってくるところが、また可愛いです。

鎌倉って良いところですよ~
ウチは車で30分くらいなんですけど、なかなか行かれなくて…

お友達がいるとこうして出かける口実にもなるし、ジモティ情報も教えていただけるしで
助かります。

ブログ、ランキングの登録してしまったので放置するわけにもいかず
せっせと書いています。
ネタ探しに馬鹿なアタマを使うのは、ボケ防止にもなって良いですわ~
楽しんでいただけるよう、ちょっと頑張りますです。
2010/02/14(Sun) 11:26 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:家族は仲良くだねぇ~(02/11)
エルさん

ヘタレのきいちゃんは、ブラッキー君が肉体的には怖くない存在だと言う事が
わかっているみたいです。
だけど決して馬鹿にすることもなく、良い意味で対等じゃないところが
うまくいってる理由なのかもしれません。
そして、皆がブラッキー君を立てている事も、気が付いているのでしょうね。
位置づけが決まってしまうと、わんこ同士も安心するような気がします。

でもねえ、絶対う~が出ないと言う保証は、まだないのですよ。
だから、目は離さないようにしています。

家族間の嫌~なオーラって、鈍感な人は感じないけど、犬は感じますよね。
人間なんて、「オマエ、感じろよ!オマエの事だぞ」って嫌いオーラを出していても
ぜ~んぜん感じない人は感じませんから…

爺様みたいに、知ってても「へ~」で済ませられる子もいますが、
きいちゃんは悲しくなってしまうみたいです。
エヴァさんも、そういう空気が無視を敏感に感じとってしまうんですね。
エルさんがお母さんを「嫌い」と思うと、エヴァさんにとって
お母さんが敵になってしまうのでしょうか。

でも肉親だって、腹立たしい事はたくさんありますよね~
私だってしょっちゅうです。
「んも~このKYババア!」
「ジジイだらしなさ過ぎ!」
と内心思う事は、1日1回以上あります。

そ~んな仏のようになれましぇん。
ウチはそこに、さらに世話の焼けるのがいますし…
なるべくきいちゃんの前で、露骨に嫌な顔をしないようにしていますです。
2010/02/14(Sun) 11:47 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:おたかりの館へ再び(02/11)
はじめまして^^あぢゅです!
実は、ずーっとこっそり読ませていただいてました。
いろいろと気づかせていただく事が多いのです。
私は、去年あたりからMICKEYに対する気持ちが変わりました。
ちゃんと向かい合うようになったというか。。。
そんなお話しも出来たらいいなと思います。
近いいつか、ぜひ遊びに来てくださいね^^
yukoさんちで。。。なんて勝手に考えてたりしてます^^;
2010/02/14(Sun) 13:14 | URL  | あぢゅ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:おたかりの館へ再び(02/11)
あぢゅさん

おお、ようこそおいでくださいました。
ワタクシも、影でこそこそブログやHPをのぞいたりしていました。
お豆腐お願いしようかなあ、それとも買いに行こうかなあ、MICHKEYさん、看板犬してるのかなあ…
などと考えながら。

MICKEYさん、若々しいですよね。
とても良いペースで、年を重ねているんだなあと思います。
爺様も15歳くらいの時は、爺さんではありましたけどまだまだ元気でした。
MICKEYさんも、17歳18歳と長く時を重ねて欲しいです。
出来るだけ穏やかに楽しく長く…

良いですね、またyukoさんちで。
勝手に賛成しま~す。
2010/02/14(Sun) 14:03 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
お犬様専用カートは文化かも
こちらの番組で見たことがありますが、下半身不随のピットブルを引き取って、献身的な介護をしているおじいさんが、お散歩に連れていくとき、車椅子とかじゃなくて、下半身だけ(さすがに専用の器具は使ってたけど)自分の手で持ち上げて歩かせていました。猫なんかに遭遇したら、ダッシュするから大変だよ~、と笑っていましたが、そういうのも北米らしいっちゃあらしいと思いました。
老犬のお散歩もお国柄があって、おもしろいです。

彗星のように、いきなりランキングに爺様の顔が現れてびっくりしました。これでさらに有名になったら、爺様本の追加出版も考えないといけませんね。
ブログにも書いてある内容でも、いつでも、どこでも、ベッドに寝転がっても、好きなページがすぐに読めるっていうのは本ならではですからね。
2010/02/14(Sun) 15:26 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
Re:お犬様専用カートは文化かも(02/11)
Purdyさん
そうですね。
昔まだ爺様がご存命の頃、欧米の方がペット文化が進んでいるのではないかと思い、
介護用品を検索したことがありました。
ところが、たいしたものがないじゃないですか。
ハニカムバンドのような物もなかったし(今はどうかわかりませんが)
足腰の弱った子の為のハーネスも、普通のハーネスとそんなに大差ないようなもので
いかにわんこに肌触りが良いか、負担が少ないか、なんて事を研究したようには
思えませんでした。
それで、文化の違いなんだな~なんて思ったものです。
日本の介護用品を輸出したらどうか、とも思いましたが、きっと欧米の人は
老犬にこんな高いものを買ったりは、あまりしないような気もして
やめました。

ランキング、興味なかったんですけど突然参加してみました。
皆さんのご協力の甲斐あって、3日でベスト10に入りました。
本人もちょっとビックリですが、これで否応なしにブログを放置出来なくなりました。
もちろん、お友達の所を訪問した時にはポチポチしていますで~
だってさ、内緒の話、可愛い楽しいのお気楽日記ばっかりじゃつまんないですもん。
読む意味のあるブログが増えたら良いなと思います。

そして、もうちょっと本の事も知っていただけたらと思います。
(爺様がそうしろと言っているような気がするので)
2010/02/14(Sun) 20:05 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:おたかりの館へ再び(02/11)
ブラッキー君の「若いもんにゃ、負けやせん!」というほどの“ぼくんちだぞ”の目力、素晴らしいですね。嬉しくなっちゃいます。
協会で訓練を経験すると、“自分”を殺さなくてはいけませんよね。全く平気な子もいればそれが多大なストレスになる子もいます。きいちゃんもうちのパブロも繊細なんだと思います。CCになって懐かしい我家へ帰ってきてるのに、半年ほど不安げな表情を浮かべていました。最近になって、やっと、「美味しそうですね」と、言える様になりました。ここ迄1年余り・・。
おたかりのきいちゃん、それでいいのよね!
素直に自分の気持ちが言えること、その言葉に耳を傾けてくれる人がいること、しあわせなことですものね。
2010/02/14(Sun) 20:23 | URL  | プレママ #79D/WHSg[ 編集]
Re:おたかりの館へ再び(02/11)
はじめまして♪
素敵な館があるなぁ~と
うらやましく見ました。
また参ります。
2010/02/14(Sun) 20:59 | URL  | さくらちん777 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:おたかりの館へ再び(02/11)
プレママさん

そうですね。訓練に向く子・向かない子は、絶対あると思います。
爺様はあまりにも手を焼いたので、警察犬訓練所のお世話にもなりましたが、性格は良くも悪くも全然変わりませんでした。
きいちゃんは、極端に変わるタイプなんでしょうね。
今でも車の音に敏感なのは、家族のお迎えを待っていたのか、
それともセンターからの迎えがちょっと嫌だったのか…
言葉が話せたら聞いてみたいです。

tikilove母さんの子供たちに対する教育方法は、お話することなんですね。
リードで躾するのではなく、お母さんの目を見て集中する、そしてお話をする、聞く。
その方法で育ってきたきいちゃんには、センターでの訓練は合わなかったのでしょうね。

パブロさんも訓練が合わなかったのかな。
でもおうちに戻れて良かったね。
おうちわんこは、ちょっとくらいお行儀が悪くても我がままでも、人に迷惑をかけなければ
良いと思います。
これからどんどん楽しく暮らしてね。

2010/02/14(Sun) 22:11 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:おたかりの館へ再び(02/11)
さくらちん777さん

訪問、ありがとうございます。
はい、素敵な館があるんですよ。
人間もわんこも、長寿でゆったり暮らせる館です。
美味しいものもいっぱいです。
私もうらやましいです。

ぜひまたお暇な時にいらしてくださいね。


2010/02/14(Sun) 22:15 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。