要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爺様の命日に思う事
2010年02月07日 (日) | 編集 |

2月7日は、私にとって忘れられない日です。
楽しい想い出ではありません。かと言って、嫌な想い出でもありません。
ただ淡々と、爺様のロウソクが消える様を見ていた、あの日であります。

去年が3回忌ですから、もう4年目になるのかな。
早いものです。

最近は鴨が手に入りにくくなってしまったので、本マグロにしようか。
それともお供えなんか、もういらないかい?
んなことないよなあ。
アンタだもんなあ・・・

そんな事を爺様の写真に語りかけ、一人想い出にふけっているワタクシです。

さて生前の爺様ですが、アニマルコミュニケーターの方が面白い事を言いました。
「ラブ爺はね、旦那さん(ターミ兄)の事はちょっと頼りないと思っていたみたい。
姉ちゃん(ワタクシ)を任せて良いのか、ちゃんとやってくれるのか、大丈夫なのか。
そんな事を、今でも心配していますよ」

そう言われて、ワタクシ、不覚にも涙が出てしまったのです。
アニコミュが100%本当かどうかは別として、爺様ならそのくらいの気配りは
してくれただろう。
そう思ったら、泣けてきました。

爺様が心配してくれているように、ターミ兄はキウィハズバンドではありません。
ハッキリ言って、彼が持ち込んできたものは、"楽"よりも"重"な事の方が多いです。
(体重もね)

それを知っていた爺様。
やっぱり只者ではなかったんだね。

わんこの観察力って、人間なんかよりもはるかに優れている事があります。

前回、きいちゃんが男性陣にアピールする理由について、気が付いた事がある
と書きました。
男性陣はそれをどう解釈しているのかと言うと、
「首をなでで欲しいのだ」とか
「構って欲しいのだ」

でも本当にそうなのか?
私はずっと疑問に思っていました。
だって、甘えたいのならば、一番信頼している人間の所にくるはずじゃないですか。
そりゃあ構って欲しい時もあるかもしれないけど、それだけじゃないはず。
その証拠に、ガシガシなでていると「うがっ」とやられることもあるのです。
だからこれは絶対違うと思いました。
きいちゃんは何かを伝えたいのだ。それなのに、見当違いなナデナデを続けるから
ブチっとキレてしまうのだろう。
違うのでし!」と。

じゃあ何が言いたいの?
それに対する明確な答えは、わかりませんでした。

でも先日、ふとひらめいた事がありました。
ひらめいた、と言うより何か声が聞こえたような気がしたのです。

それは私がとても疲れていた日の事。
あまり疲れていたので、昼間時間の合間をぬって横になったり、休んだりしていました。
いつもそうですが、きいちゃんは私が横になると、ベッド脇の自分の寝床に行って
寝ます。
爺様も同じように傍に寝ていましたが、添い寝のつもりなんでしょうね。

その後、いぬたま君に散歩に行ってもらって帰ってきたきいちゃん、ターミ兄の所に
走って行くと、さかんに何かを言っていました。

「なんだい、なでで欲しいのかい」
とターミ兄は話しかけていたのですが、きいちゃんは私の方をちらちらと見て
それからまたターミ兄に何かを訴えてました。

その時、ふっと私の頭の中に聞こえた言葉があったのです。
「なんだか姉ちゃんの様子がいつもと違うのでし。調子が悪そうなのでし。
気がついてなのでし。」

それから私と目が合うと、きいちゃんは自分のベッドに戻って行きました。

犬が人間の心配なんかするかい、気のせいだ、と仰る方もいるでしょう。
でもそうでしょうか。
わんこは、飼い主が具合が悪そうにしていれば1日中添い寝をしてくれたり、
悲しくて泣いていれば傍に来てくれます。
身近な人間が、何も気づかない時でも。

今日は一日中、爺様の事を考えていました。
そして、命日に何をしたら一番ふさわしいかなと思って、実はyukoさんちにまた
お邪魔していたのです。

その話はまた次回にゆっくり書きたいと思いますが、今日爺様の命日に改めて
気付いた事は、
「わんこは愛と思いやりに満ちた動物だ」
と言う事です。
それに気がつくと、もっともっとわんこ達が求めている事が理解できるのでは
ないでしょうか。

これは爺様からのメッセージでもあると思います。
love409

「わかったか、ボケ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
爺様
お達者ですか。
新参者がそちらへ渡って行きましたのでよろしくお願いいたしますね。

そうなのですよ。
ワンコは分かるのです。
そして寄り添ってくれる。
今日は、アランの犬生を想って1日中メソメソと泣いていたら、ワンズは寝ているにもかかわらず、時々頭をあげて「だいじょうぶかいな」と様子をうかがっていました。

あれほしいにでし。
これしてほしいのでし。
なんて言う意思表示はちゃんとできる。

おっしゃるとおり!
「わんこは愛と思いやりに満ちた動物」です。
2010/02/07(Sun) 22:44 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
Re:爺様(02/07)
ワンコのかあさんさん

たった今、かあさんのところに参拝(?)してきました。
今日はいろいろとクロスオーバーしているようですね。
今ここにいるわんこ達、あちら組、そして旅犬組。
爺様が何をしているのか、今日はずっと気になっていたんですが
今頃わかりました。
今日は「わんこの愛祭り」をやっていたんですね。

爺様が言いました。「愛がわからないボケが多くて困るんじゃ」

ワタクシ、人間の愛はどうでも良いんですが(と言うと語弊がありますが)
わんこの愛にはもっと気付かなくてはいけないと思いました。
自己主張だけじゃなくて、いろんなことをわんこ達は発信してるんですよね。

そう考えると、きいちゃんの言いたい事をさらにディープに理解してあげられます。

旅立つわんこも、すごく深い想いを残してくれるんですね。
ああ、やっぱりわんこは愛と思いやりに満ちた動物だ。

人間も見習ってほしいでし。

2010/02/07(Sun) 23:44 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
爺様は、頼りになるなぁ。
爺様って、めっちゃイイヤツなんですね~
オレ流だったけど、1番ターミ姉ちゃんの事を心配してくれてたんじゃないでしょうか?

ワンコって、人間が感じないような自然界の事も感じるじゃないですか?
だから、人間の些細な行動や雰囲気から、何かを感じたりするんだと思います。

以前、オヤジと大喧嘩して、大泣きして部屋に駆け込んだら、ハウルが付いて来てたんです。
耳を後ろにして、ビックリした顔して固まってるんですが、私に付いて走って来てくれてたんです。
お子様だった(今も?)ハウルにしたら何が起こってるのか分からなかったと思いますが・・・
それでも側にいてくれたんですよね。
リムは嫌な雰囲気を感じると、顔を背け、何かをガジるか、身を低くして伏せています。
チャムは、私をなだめてくれて、ケンカにならない様にしようとしてましたっけ。

いかん、いかん!
人間の方が感情的で、器が小さ過ぎですわ!
ワンコの様に、すべてを受け入れる(許す)度量が無さ過ぎなんですよね。
いつも純粋に・・・ただ、大好きな人間の側にいたい・・・というワンコを、なぜ裏切れるのでしょう?
人間も、ワンコの気持ちを理解しなければいけないんですよね!
そうそう・・・
我が家のオヤジは、人間(私)より、ワンコの気持ちの方が理解できるのかも。
だからといって、完全な飼い主じゃないですよ(笑)
ターミ兄さんは、豪快な方のようですから・・・
もうちょっと繊細に・・・(スイマセン)
きぃちゃんを見習わなきゃいけないのかも(笑)


2010/02/08(Mon) 09:15 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
爺様かっこいい。
何とか爺様の命日を越えることができました。
爺様ってめっちゃ男前ですね~。
どんだけターミ姉さんの事をコキ使っても(?)、ターミ姉さんのことめちゃくちゃ愛してたんですね。
(今回のエピソード前から分かったことですけどね♪)
でもホント「わんこは愛と思いやりに満ちた動物だ」と私も思います。

元気な頃は私が泣いているといつもペロペロしてくれてたな~
たとえ映画で泣いているだけの時も(笑)
なーんて思い出しちゃいました。優しい気持ちになりました。

きぃちゃん、早くターミ兄さんに気持ちが分かってもらえるようになるといいですね。
2010/02/08(Mon) 09:37 | URL  | sayaka #79D/WHSg[ 編集]
愛と思いやりに満ちた...
ワンコの母さんもおっしゃってるとおり、

>「わんこは愛と思いやりに満ちた動物だ」

まさにその通りかと思います。

ターミ姉ちゃんとラブ爺様の間には誰も入ることの出来ない関係が築かれてるんですね。
それはそうですよね、愛して止まない愛しい我が子ですものね。
もっと他の人にもこの子達は一生懸命に伝えようとしているのだと思います。
けれど悲しいかな、そのことに気付いてやれない人間のほうが多いのですね。

この一日をちゃんと真正面から向かって語りかけて思って...
ラブ爺様どんなにか幸せでしょう。そしてターミ姉ちゃんも。

そうそう、思い出しましたよ。

ポーカーフェイスのウイリーは何時だって”カッコつけ”でした。
ボク心配なんかしてないよ~、ってそ知らぬ顔するんです。
いつだったか仲間と出かけたとき、私たち夫婦は用事で部屋を空けました
その様子は同室した友人が一部始終見てたのです。
部屋を出てから帰る寸前までみんなの輪に入らずに一人私たちが出た扉の前に待ってたそうです。
そして帰る寸前に(テレパシーでわかるのか?)安心したのでしょう、
ウイリーは奥のみんなの輪に入ったのです。
で、玄関にはブラッキーが入れ替わり待ってたのです(笑

何も知らない私たちはウイリーを薄情者と思い、ブラッキーをなんて愛おしいと思ったのです。
その友人が知らせてくれなかったら、ずっとわからなかったことなのです。
ウイリーはその後もずっとポーカーフェイスを貫き通したのです。
2010/02/08(Mon) 12:57 | URL  | yuko #79D/WHSg[ 編集]
思いやりにあふれた生き物犬
あぁ・・・ターミ姉さん 我が家も一緒です
我が家のオス(一匹しかいませんが)も思いやりにかける動物です
そして理解をしようとしません オスはそういうもんでしょうか?
先日るぅるぅが亡くなった時 ルーシーのときもルビーの時も泣かなかった父が 小さな声を上げて泣きました 「こんなことに・・・」と
年がいったからもあるでしょうが 父はるぅるぅが亡くなったことに怒っていました
父は心から犬が好きで優しい人です すべてのオスがそうだというわけではないですよね・・・
ルビーも私の事をすごく心配しているそうです
先日話したようなことがある我が家ですから 二人の事ではなく 私を 心配してくれているようです
それは今でも肌で感じる事ができます
きっと我が家のオスより ずっとずっと心から私を想い 心配してくれていると思います
前回アニマルコミュニケーションを受けたときに思いました
犬達は亡くなってからも飼い主を想い 気にかけているんだと それはなんとなく感じていた事を確信にしたことでもありました
るぅるぅが亡くなって数回私は声をあげて泣きました
すると茶色チームはすぐに私にかけより 顔をなめ
心配してくれているようでした。
あまりに舐めるのでおかしくなって笑ってしまいました。
いとおしい犬達です 
2010/02/08(Mon) 13:12 | URL  | DOGLAB #79D/WHSg[ 編集]
命日によせて。
前略 ターミお姉様、ラブお爺様、きいちゃん
 虹の橋の向こうで、きっとご活躍のラブお爺様が導いて下さり、きいちゃんを通じて伯父さんのラルゴに伝わり、我が家へと道を示してくださったのでしょうか。

 昨日の午後、某局でとあるドラマが放映されておりました。何気なく母が「○○というドラマのチャンネルにしてくれる?」と言いまして、流していたのです。

 CMにもしょっちゅう注目する私は、途中に流れる「文芸社からの出版タイトルと作者様」のCMにフと反応致しました。そうですよね、ターミお姉様が執筆されたラブお爺様のご本の出版社さんなのですよね。

 慌てて母に「ラブお爺さんのご本の会社!」と、TVボード横の”ワンコさん親族つながりのご本専用棚”から、件のご本を差し出したのでした。

 「何とも、いとおしいご本ね。」と、感涙しながら、何度も、何度も読み返しておりました。

 2008年11月に”ゆあさ”でターミお姉様ときいちゃんとお兄様にご挨拶させて頂いてから、怒濤の一年が過ぎました。

 耳下腺癌(2004年摘出)の腰椎転移の除去手術,放射線治療に副作用,副作用悪化による十二指腸潰瘍,肺転移への抗癌剤投与に副作用、と、あまりにも厳しい状況ながら何とか踏ん張る母ですが、「何と癒されるんでしょう・・・」と、感激しております。

 改めまして、出版ありがとうございました。きいちゃんを通じての親戚関係でいさせて頂けること、光栄です。
                    草々
2010/02/08(Mon) 14:09 | URL  | エヌ家 #79D/WHSg[ 編集]
Re:爺様は、頼りになるなぁ。(02/07)
チャム・リム・Yさん

ハイ、爺様は良いヤツですよ~
ただ生前はちょっとお茶目だっただけで、人間の極悪人のように
救いがたいほどの悪い性根の持ち主ではありません。
人間の悪いヤツって、どうしようもないのがたくさんいるじゃないですかあ。
政治家然り、人殺し然り、詐欺師然り…
わんこの悪ぅは、悪可愛いです。
そこにちゃんといとおしさがありますもん。

爺様は、私がとうちゃんと怒鳴り合いをしても、へこたれることはありませんでした。
ただ、「お~っと、ヤバいヤバい。わし、先に寝るもんね~」
とさっさと自分の場所に避難していました。
でも、悔しくて腹立たしくて一人ブリブリ怒りまくる私を、
そ~っと見ていたに違いありません。
「しょうがないなあ」
と言う感じで。

きいちゃんは、私が怒りまくると(我が家ではケンカになると言うよりは
一方的に私が怒りまくり、「出ていけぇぇぇ~~~!!!」
とわめきます)おびえて震えてしまいます。
人間は徹底的に潰しにかかっても構わないのですが、きいちゃんが可愛そうなので
それはしないようにしています。

多民族国家(二世帯家族)の我が家では、小さなむかつき・がっかりはたくさんあります。
溜息をつきたくなることも、しょっちゅうです。
でもそんな時でも、きいちゃんの可愛い顔を見ると、ほっと心が緩むんです。
この子がいなかったら、私の血圧は確実に上昇していたと思います。

だからわんこの事は、ちゃんとしてやらないと…
愛情には愛情で応えてあげたいです。
2010/02/08(Mon) 16:34 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
三回忌
に、なるんですか。。
早いのか?遅いのか?わかりませんね。

確かに犬は、気持ちと雰囲気を察する力は人間よりありますね。
だまって、寄り添うということが、なぜか?
人間にはできない。

犬というより動物は、言葉とか屁理屈をいわないので
行動でしめしますよね。

命日という言葉が今年はわたしも出てきます。
その日は、黙って思い出にふけるの日なのかもしれません。
人間の命日って、なんか坊主の高い読経で終りにさせられますけど。。

今でも爺さまの眼光はうちで光っていて、爺さまの本はシャロンの前にありますよ。
2010/02/08(Mon) 16:41 | URL  | 鈴 真由 #79D/WHSg[ 編集]
Re:爺様かっこいい。(02/07)
sayakaさん

超えてくれましたね~インディさん。
1日でも長く、インディさんにはこの日を超えて欲しいです。
「命日なんかお揃いにしたくないわ」
と、どっちの爺さん婆さんも言っているのかもしれません。

爺様、結構男前でしょ?
爺さんになってからは、「何犬ですか?」ってラブを連れた人に聞かれるくらい
容貌怪異になっていた爺様ですけど、若い時はイケメンだったんです。
きいちゃんのような愛くるしいタイプではありませんでしたが、
正統派ラブの顔でした。(インディさんもですよね)

そしてとんでもないやんちゃくれでしたけど、心は優しい男気のあるタイプだったんでしょうね。
「外に出て悪さをしない」ということは信用出来ませんでしたけど、
一緒にいるのが当たり前であることは、お互いに信頼しきっていました。

私が酔っ払って床に寝てても、全然動じないで隣に寝てたし…
寛大で良いヤツだったんですね。

インディーさんも、ラブらしいラブですもんね。
きっと優しい、心の通じる子なんだと思います。
だから今、一所懸命頑張っているんでしょう。

わんこは、愛と思いやりに満ちています。
人間だってその思いはあるんですけど、それ以外の余計なものもたくさんあるせいか
あんまりピュアじゃないんですねえ。
だからわんこの気持ちがわからないのかも…
2010/02/08(Mon) 19:58 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:愛と思いやりに満ちた...(02/07)
yukoさん

わんこが大好きな人は、わんこが愛を知っている事を知っているからだと思うんです。
人間の愛は複雑ですよね。時にそれ以外の感情も混ざり合って、純粋じゃなかったりします。
でもわんこって、本当に人間が好きな生き物なんですよね。
だから、きいちゃんのように、寄り添いたかったのに、どこに寄り添って良いのか
わからなくなってしまった子は、ある時期迷子のようになってしまいます。
問題行動は、たいていそこから引き起こされるのではないでしょうか。
もちろん、全てがそうではないでしょうけれど、私はそんな気がします。

私、ぶーちゃんもとっても幸せだと思うんですよ。
わんこは、「それ以上」なんて求めませんから、お父ちゃんとお母ちゃんが
仲良く自分の面倒を看てくれる、それだけでとっても幸せなんだと思います。
人間だったら、「もっとたくさん」とか「もっと良いものを」とか思うじゃないですか。
それが発展につながると言う事もあるかもしれませんが、
愛情に関しては「満足して受け止める」ことも大事ですよね。

なんかね、ぶーちゃんの愛の器は、いっつも満足でいっぱいに溢れていると思うんですよ。
ちっちゃい文句や主張もするけれど、それも幸せそうで。
だから、ゆるゆると時計の針を進めているんじゃないかなあ。

ウィリー君は、結構プライドが高かったのかなあ。
クールなお兄ちゃんでいたかったのかもですね。
今思えば、爺様のやんちゃもそうだったのかも。好きな子にわざと意地悪する男の子みたいに、
それが彼流の甘え方だったんでしょうね。

いとおしいやつらです。


2010/02/08(Mon) 21:05 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:思いやりにあふれた生き物犬(02/07)
DOGLABさん

オスとメスでは脳みその構造が違うそうですから、こちらの期待する通りには
いかないのかもしれません。
オスのなかにも、かなりきめ細かい人もいるでしょうから、
全てひとくくりにしてしまってもいけないんでしょうけど…

けど、観察力は圧倒的に男性の方が劣ると思います。
あ、人間の場合ですけどね。
わんこはオスもメスも、動物の目でしっかり観察していると思います。
だから、爺様とルビー婆には共通するところがあるんですよね。
心意気と言うか、人を思いやる気持ちと言うか、それが人間のオスにはやや欠けている気がします。
まあ右脳と左脳の交信が鈍いそうですから、自分の事で頭が一杯なんですかねえ。

お父上、優しいんですね。
年を取って亡くなった子は、まだ自然の摂理を感じられますけど
事故では納得がいかなかったのでしょうか。
わんこ好きなんですね。

我が家の男性陣の名誉のために敢えて言うならば、ウチはみんなわんこ好きです。
そして家族を大事にしているつもりです。
でも方法がちょっぴり独りよがりだったり、偏っていたり…
だから私に言わせれば、「つもり」なんですね。
本人的には、すんばらしいと思っているのかもしれませんけど、
女性の目から見ると、それって当り前でないかい…の範疇だったりして。

わんこの方が深みがあると思うのは偏見ですかねえ。

2010/02/08(Mon) 21:18 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:命日によせて。(02/07)
エヌ家さん

ワタクシごときの拙い本が、少しでもお母様の気晴らしになれば幸いです。
どのような意味でも、どなたかのお役に立てばと思って書いた本です。
そんな風に言っていただけると、とても嬉しいです。

文芸社のCMですが、実はネタばらしをすると、ワタクシのところにも
何度かCMや新聞広告の宣伝のオファーは来たのです。
オファーは誰にでも来ていたわけではなく、30名ほどに限られていたみたいでした。
でも金額が高かったので、お断りしたのです。
これについては本当に家族に不満なんですが、私がもし独身貴族だったら
受けていたかもしれないオファーでした。
無理すれば出来ない事はなかったのだけど、今の自分がそこまでは出来ない。
そう思って断念したのです。
本当は、爺様を世に出すための投資をしたかったんですけどね。

でも爺様も「まあ地道にやれば良いのじゃ」と言ってくれたような気がしたので
自分ではそれで良しとしたのですが。

爺様本は、お陰様で在庫がなくなり、自分で細々とご希望の方にお分けしています。
でも、本当に読みたいと思ってくださる方にお渡ししたいので
それで良いと思っています。

爺様の命日にも1冊売れました。
「わし、いつまでせーるすまんをするんじゃ」
とぶーたれていそうですけど、でもアマゾンのランキングが上がったりすると
爺様がそばにいてくれるような気がして、ちょっと嬉しいのです。

お母様の心の癒しのお手伝いが出来て、爺様もきっと喜んでいると思います。
誇らしげに、ニヤニヤしている爺様が目に浮かびます。
こちらこそ、嬉しいお話をありがとうございました。




2010/02/08(Mon) 21:38 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:爺様の命日に思う事(02/07)
「わかったか、ボケ!」
あぁ、ラブ爺様、やはりスゴイです。
また、元気が出ました。

わんこはなんでもわかっている、感じている、と思います。
2010/02/08(Mon) 22:00 | URL  | リリー #79D/WHSg[ 編集]
Re:三回忌(02/07)
鈴 真由さん

3回忌は去年なのです。
だから4年になるのかな。
いずれにしても、日が経つのは早いものですわ。

そう、黙って寄り添うことが何故人間は出来ないんでしょう。
いや、出来る人もいると思うけど、なかなか身近にはおりまへん。
要らん口を出してかき回す人、寄り添うんじゃなくて寄りかかる人、
行動が伴わないひと、いろいろですけど、あんまり役に立ちませんわ。

言葉が通じないから、一所懸命伝えてくるのでしょうね。

シャロンさんと爺様、何か相談していませんか?
「鈴ちゃんたらさ」「いづこも同じじゃ。人間てのは…」
なんて。

シャロンさんが、鈴さんにピッタリのご縁を見つけられると良いなあ。



2010/02/08(Mon) 22:08 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:爺様の命日に思う事(02/07)
リリーさん

爺様に言わせると、人間は頼りなくて使えなくてボケなんだそうです。
別に命日じゃなくても、始終そこらへんをウロウロしていると思われる爺様ですが、
せっかく命日なので、訓辞を垂れに来たようです。
そして〆はやっぱり「ボケ!」で。

きいちゃんは修業が足りないので、まだ何でもわかるまでには至っていないようですが、
そのうち思いやりに満ちた、世にも優し~わんこになるような気がします。
「ボケ!」は言わないと思います。

2010/02/08(Mon) 22:13 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
月日が立つのは・・・
早いですね~
でも、ラブ爺様はいつも健在のように感じます。
本のせいでしょうか?
それとも・・・本当にボスとラブの所に遊びに来てくれているのでは?なんて考えてしまいます。

千人犬、ラブ爺様の写真は私たちにいつも何かを語りかけてくれています。
ワンコは愛情いっぱいの神様がくれた動物ですよね!(^^♪
2010/02/08(Mon) 23:11 | URL  | ベルグ0211 #79D/WHSg[ 編集]
Re:月日が立つのは・・・(02/07)
ベルグ0211さん

本当に月日が経つのは早いです。
でも、爺様との日々は昨日のことのように、何もかもが鮮明です。
そのくらいに、強烈だったのでしょうね。
だって他の事はスカスカに忘れていますから…

爺様は時折、あちこちに出向いているようです。
お友達わんこのレオン君が宙を見つめていたりするそうなので、霊感のある人には見えているのかも。
だからボス君達の所にも行っているかもしれません。
「ほほ~おまいさんがボスかい。でかいのじゃ。そこの黒いおなごも
ふくよかなのじゃ」
とか言って、見に行っているかもしれませんよ~
私たちが行ってみたいなあと思っていたところは、特に先回りして
見に行っている可能性大です。

そうですね、わんこって、人間が優しい心や愛を忘れないために
神様が遣わした使者なのかもしれません。
だから粗末になんかしちゃ、絶対いけないんですよね。


2010/02/08(Mon) 23:33 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
会った事ないのだけれど・・・
何だか会った事あるみたいに思えるのは姉さんの日記や本を読んだからなのでしょうか・・・。
それとも我が家にもいよいよお出ましに?

そうそう、我が家のワンコ達も、え?言ってることが分かるんだと思う事多々あります。
今日はちょっと忙しいから短めの散歩でガマンしてねと言うとちゃんと短いコースを選んでくれたりします。
言わずに短くすると拒否されますが・・・。

今月末のヘタレ会できぃちゃんと会うのが楽しみです♪。
お話できたらいいなぁ~と思います。


爺様のこの写真、とても立体的に見えますよね。
ふふ、TVだけじゃなく写真も3D。


2010/02/09(Tue) 00:12 | URL  | char-rin #79D/WHSg[ 編集]
Re:会った事ないのだけれど・・・(02/07)
char-rinさん

皆様の心に爺様が自由に出入り出来るようになったのは、
やっぱりこのホタパパさんの写心のおかげです。
この写真を見た時、ホントに「ありゃ、爺様そのまんまだ」と思いましたもん。
これはホタパパさんの傑作だと、勝手に思っています。
ふてぶてしい顔なんだけど、どこか愛きょうがあって、何かを語りかけているようで…
この写心を撮るに至るまでの経過も何もかもが、爺様が仕組んだ?と思えるくらいの記念すべき1枚です。
私の宝物ですねえ。

わんこって、ちゃんと言えばかなりわかりますよね。
人間の方が、日本語で話しているのに通じないヤツがいるじゃないですか。
それも何度言ってもわかんないヤツ。
知的生物とは思えません。

すべてのわんこが物分かりが良いわけじゃないですけど(隣のチワワは低能)
きちんと人間と生活している子達は、絶対コミュニケーションがとれると信じています。

よその子だって、「あのね、あのね」と話しかけてくる子、いっぱいいますもん。
可愛いですよね。

きいちゃんもお話は好きですから、たくさん話しかけてやってください。
特に食べ物の話は大好きです。



2010/02/09(Tue) 09:55 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:爺様の命日に思う事(02/07)
思わず、我が家のラブ爺カードに話しかけたわ~
いつまでも、忘れないこの日…
それぞれの飼い主の切ない、いちにちですね。

「ちびラブ爺」のマイルも普段は自己中ですが
さりげない優しさをくれます。
ちびながら男気の強いヤツですから私の涙には
かなり敏感ですよ~~~
大丈夫かいな?と言っているようにね。

ラブ爺の本は先日貸していたお友達から無事に戻って
我が家のお守りになっています。
いつかマイルも年をとり、dandyやラブ爺のことが
また身近に迫って来たとき、きっと支えてくれそう~
2010/02/09(Tue) 10:54 | URL  | dandyママ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:爺様の命日に思う事(02/07)
dandyママさん

そうですね。命日って、大切でせつなくて、いとおしい日です。
命日を持っている飼い主さんは、きっと皆同じ思いですね。

男の子って、人間もそうですけど独特の優しさがありますよね。
独特の問題もありますけど…まあ可愛いもんです。
わんこのさりげない思いやりって、本当にいとおしくて、人の心を和ませてくれますね。

嬉しい事に(と言うか発行部数が少ないからかな?)爺様本は中古がほとんど出回っていません。
と言う事は、買ってくださった方は
皆持っていてくださっているんですね。
すごく嬉しいです。

ダンママさんは、介護経験者ですから先輩です。
でも爺様本が、ダンディ君につながっていれば、嬉しいです。
いつかまた、マイルくんもきいちゃんも介護を必要とするかもしれませんけど
楽しんで出来そうですね。

2010/02/09(Tue) 23:33 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
爺様の肉キウが飛んできた
いえね。爺様のご命日だとか全く意図せずに、ふと2、3日前から、あの本を再び読ませていただいてたんですよ。(すごい偶然!いや、偶然ではなかったのかも。)
で、その本をコーヒーテーブルの上に置いてあったんですが、なんだか急にアホっ走りを始めたハーディが何を考えたか、その本を強奪して走り去ったのでございます。幸い、歯型がついただけの軽傷で済みましたが、一瞬ラブ爺様がおいでになったのかと思いました。おいでになると前もっておっしゃってくだされば、お供えのローストビーフくらい用意しておきましたものを、などと考えた出来事でした。


ワンコたちはしゃべれないから、しゃべれないけど、一生懸命工夫して言葉以外の方法でメッセージを我々に伝えようとしているのに、どれだけわかってやっているのかと思うと、まだまだ、日々精進です。
2010/02/10(Wed) 08:10 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
Re:爺様の肉キウが飛んできた(02/07)
Purdyさん

ありゃ、爺様バンクーバーまでひとっ飛びしましたか。
やりかねないです。
「また読め、ボケ」
とか耳元でささやいたのかも…
ハーディさんには
「行け、走るんじゃ!」
とかわけのわからない指令を出して、思わずハーディさん、走っちゃったんでしょうか。
ハイパーーイケイケタイプの子ほどひっかかるようです。
波長が似ているのかもしれませんね。

それはそうと、ほんの30分ほど前、グルコサミンの話を読んでコメントをしようと思いつつ
戻ってきたところであります。
時差があるのにクロスオーバーしているところが、爺様の呪いちっくです。
また後ほど伺いますわね。

わんこの何が可愛いって、コミュニケーションをとろうと一所懸命発信して
かつこちらの事も見つめている事だと思うんです。
うまく交信が出来ると、とても深くわかりあえる動物が(ある意味人間より)、わんこではないかと。
ただそれにはこちらも経験と熟練を必要とするので、私も毎日せっせと耳を傾けています。
まだ6割くらいしかわからないかなあ…要修行ですね。
2010/02/10(Wed) 09:28 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。