要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘタレと極道犬
2009年08月11日 (火) | 編集 |
爺様と付き合った17年の間、私はヘタレ犬の存在を知らなかった。
爺様はぶっ飛びタイプの悪悪犬で、ヘタレのイメージとは全くかけ離れたタイプのわんこ
だったし、神経質なわんこは「ヘタレ」とは違うからだ。

きいちゃんがウチに来てから、「はぁ?」と驚いたことがいくつかあったのだが、それは
彼のお育ちに関係することで、きいちゃん特有の事だと思っていた。
が、どうもそうではないらしいと言う事に、最近気がついた。
世の中には、「ヘタレいぬ」と言う犬種が存在するらしい。

先日、例の企みに関係する用事で、レオン君のおうちを訪ねた時のこと。
いつも外で見るレオン君は、ママのランチやデザートを強奪したり、飲み込んでは
いけないものを飲み込んだり、刺身の残りのトビウオの頭をかっさらったり、なかなか
やんちゃなお坊ちゃまである。
が、家の中ではそれほど爆裂もしないし、「ボク、ボク、ボクが一番なの!」と自己主張も
するものの、それは思ったより控え目だ。
スリッパをくわえて逃げる姿もキレがないし、引っ張りっこもしない。
一見悪そうな目つきもするけれど、その眼光はまったく鋭くない。
むしろ可愛いくらいである。
kid470
先日BBQの時の写真。野生味は、ナイ?

どこかにいるシトと、あんまり変わらないじゃあ~りませんか。
そう、我が家のヘタレのきいちゃんである。

で、ハタと思ったわけよ。
「ヘタレ犬は犬種を超えた犬種だ」

と言うわけで、今回はヘタレについて考察してみませう。
まずはその特徴から。

特徴その1・爆裂・炸裂するけれど、時間も短く規模は小さい。
レオン君もきいちゃんも、人が来ると一応騒ぐけれど、数分ですぐに元に戻る。
これが極悪犬だとどうなるか。
駆けずり回り騒ぎまわるのが、軽く30分以上続く。声でもアピールするので、うるさくて
話も出来ない。
ハイテンションを長時間維持出来るのはある意味すごいと思うが、飼い主にとっては
迷惑以外の何物でもない。
でもヘタレ達は、何をしてもたいして人の迷惑にはならない。

特徴その2・動作が鈍く、キレが悪い。
例えばスリッパを咥えていても、取り上げるのは比較的簡単。何故ならヘタレ達はトロくて
隙だらけだから。
あまりムキになって引っ張りっこもしないし、しても迫力に欠ける。
一方、極悪犬は咥えたものを何が何でも離さない。追い詰められれば、人を突き飛ばして
強行突破し、引っ張りっこにもつれ込んだ時は、歯が折れるんじゃないかと思うような勢いで
ぐいぐい引っ張りまくる。
そして負けそうになった時は、手元を噛みなおしたり、蹴りを入れたりして、奇襲作戦
出る。
勝つためには手段を選ばず、目が三角になるのが極悪犬なのだ。
でもヘタレ達は、たまにプッツンする程度で、目が三角になる前に面倒くさくなるか
疲れてしまう。

特徴その3・散歩がトロイ
何故トロイのかと言うと、におい取りに忙しいからだ。
そして念入りににおいを嗅ぎまくっている割には、マーキングはあまりしない。(自分より
順位が下のヤツのモノが少ないのか?)
だからおしっこが全部出きるのに、時間がかかってしまう。
その点、極悪犬は早い早い。じゃんじゃん他の犬の跡にかけまくるので、15分ほど歩けば
おしっこはすっからかんだ。
残して帰ってくるなんてあり得ないので、膀胱炎とも無縁なのである。
けれど、おしっこかけまくりの出来ないヘタレ達は、必然的にトイレ散歩の回数も多くなり、
結構お世話が焼けるのである。

特徴その4・天災に弱い
一昨日、関東地方には震度4程度の比較的長い地震があった。
私はシャワーを浴びていたので一階に、きいちゃんはエアコンの効いた二階の部屋に一人で
いた。
さて二階に上がってみると…
きいちゃんは自分の寝床に横たわっていたが、目が泳いでいた。
こういう時は我を忘れている事があるので、いきなり触るのは禁物。
「大丈夫だよ」「怖かったねえ」
と声をかけてやり、近くで何事もなかったようにふるまってやる。
彼の繊細な神経に対応するには、それなりの心づかいが必要なのだ。
しかし極悪犬爺様は、地震・雷・火事はわからないけど、親父は全て屁のカッパだった。
震度5の時も、ゆらゆら揺れながら寝ていたし、台風で家の瓦がぶっ飛んだ時も寝ていた。
悪天候の中を散歩していても、自分のマーキング以外気にするものはなかった。
アタマの上をトタン屋根が飛んでいっても、たぶん動じなかっただろう。
ヘタレ達は、紙が一枚飛んできても、おったまげている。

特徴その5・自己主張がヘタレ
最近のきいちゃんは、それなりの自己主張をするようになり、散歩の催促などぶうぶう
うるさくなってきた。
それでも、「まだだよ!」と言えば一応引き下がる。
極悪犬は絶対に引き下がらない。主張が通るまで、何らかの抗議をする。
でもヘタレ達にはそれが出来ない。
初めてきいちゃんのぶうぶうを聞いた時は、
「なんじゃ?」
と思ったけれど、なんとレオン君も同じようにぶうたれるではないか。
私が咥えたスリッパを取り上げようとすると、
ぶぅぅ~ぶぶぶ…」
と迫力のない抗議の声。
怖くもなんともない。
そして、スリッパに手を伸ばしても、怒るでもなし、抵抗するでもなし。
爺様は極悪な目つきをして、逃げまくりだった。
「ぜぇ~~~ったい嫌なんじゃっ!」
という主張が、全身からあふれていた。
でもヘタレ達にはそれがない。
「ちょっと、嫌なんでしよぉ…」
極悪爺様に対してかなり本気で怒っていた私は、ヘタレ達に対しては怒りのやり場が
ない。
と言うか、怒る必要がない。
「はいはいはい、良いですよぉ~」
とこちらもフヌケになるしかないのである。

特徴その6・常にドキドキ
ヘタレ達は呼吸が早い。きっといつもドキドキ緊張しているからだろう。
爺様の呼吸は長かった。一緒に呼吸をしてみると、呼吸法をやった事のある私でも
長っ!
と驚くくらい、静かで長~い呼吸だった。
ぜひ皆さんも、愛犬の呼吸を観察してみてほしい。
一生の呼吸数が決まっているのだとしたら、息が長い方が長生きに決まっている。
残念ながら、きいちゃんの呼吸は早い。だから
「ゆっくり呼吸しなさいね」
と言いながら、そっとなでてやるようにしている。
そんなにドキドキしなくても、ちゃんとオマエ一匹くらい守ってやるからさ。

とまあそんなこんなで、何が言いたいのかと言うと、ヘタレは情けない存在だけど、可愛い。
もちろん、極悪犬だって可愛いのは言うまでもない。
でも、極悪犬は可愛いと言うよりも、ある意味飼い主と対等とも思われる、強烈な
パートナーシップを飼い主との間に持ってくれる。
ヘタレ達は、人間と対等ではない。たぶん、対等になろうとも思っていない。
近所の幼児の言葉を借りれば、永遠の赤ちゃんわんわんなのである。


kid461
えへっ







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re:ヘタレと極道犬(08/09)
「永遠の赤ちゃんわんわん」
まさに、その通り!ヘタレ犬を説明する言葉として100%じゃーないでしょうか。

お出かけ時、我が家のヘタレは、
呼吸が早いなんて事を通り越して、まるで機関車だし
何十回、行った公園でも向かう車の中で
ひゃーひゃー、鳴きわめき猿化してます。

参加したかったヘタレ会、みんないいお顔で並んでるわー
楽が居ても、きっと並べず背景の一部になるのがせいぜいだったかも(笑)
2009/08/15(Sat) 00:20 | URL  | sachi #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:ヘタレと極道犬(08/09)
sachiさん

子供ってウマいこと言いますよね~
しかもその子、お母さんが「違うよ」と言ってるのに、
「ううん、赤ちゃんわんわん」と二度も言ったんです。
爺様も2歳くらいのときに、「大きい子イヌ」と言われましたが
子供には犬の本質が見えるのでしょうか。

楽ちゃんは、誰が見ても立派なヘタレですね。
ヘタレの集いの中でも、さらにひときわ浮いてヘタレですもん。
あの「わひーんわひーん」は、ホントに笑えます。
集合写真にも入れないなんて、もう楽ちゃんたらぁ~ですよね。
情けないけど、可愛いです。
そのままず~っと頼りないヘタレちゃんでいてください。
またそのうちお会いしましょうね。
2009/08/15(Sat) 16:01 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
はいはい
その1からその6まで、その通りでございます。

紙1枚にもおったまげているには笑いましたわ。

相手が赤ちゃんわんわんだから、こっちも赤ちゃん言葉になるのかな?

そういえばレオンが3歳ちょっと前、八景島の水族館の外側に、シロイルカが見れる丸い窓が3つくらいあるのです。
そこでベビーカーに乗ったお子ちゃまに「ほら、シロイルカさんが来たよ~。」と見せているママと同じように、レオンに「見える~?シロイルカさん大きいね~。」とやっていた私・・・きっと憐れに思っただろうなぁ。
2009/08/16(Sun) 10:27 | URL  | ぷり #79D/WHSg[ 編集]
Re:はいはい(08/09)
ぷりさん

でしょでしょ。
キッドがヘタレなのはわかっていたけど、レオンをおうちで観察して確信しましたわ。
こやつもおんなんじだ。ヘタレは犬種だと。
同じラブでも、ラブ爺とは大違い。いまさらながら、あれは酷かったなあと
懐かしく思うわ。

そう言えば、爺様の若かりし頃に赤ちゃん言葉はあんまり使わなかったような気がする。
その代り年中怒鳴って怒ってたっけ。だって悪かったんだもん。

レオンに語りかけるママ…傍目には、「きっとこの人は子供がいないから
犬を子供代わりにしているんだわ」なんて見えてたのかもね。
ちゃんと娘が二人もいるのにさ。
でも息子はいないもんね~
2009/08/16(Sun) 11:29 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。