要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きいちゃんのお勉強
2009年03月06日 (金) | 編集 |
前にもちょこっと書きましたが、キッドは今年に入ってからTタッチやトレーニングを
受けています。
セッションはこれまでに、3回受けました。

教えてくださっているSさんは、今資格を取るために勉強中だとかで、謝礼などはいっさい
受け取りません。
その代わり、私に断定的な指示を出すと言うよりは、一緒にキッド観察し、アドバイス
してくださる、と言う感じです。(ちなみに、キッドはなかなか面白いケースだそうです)

今までやってみたのは、噛み癖を直すために、口の周辺へのTタッチ、
ポール(棒状の器具)を踏まずに歩くトレーニング、噛んで良いおもちゃの与え方、
引っ張りっこ遊び、などなど。

チョークチェーンを使ったトレーニングや、コマンドに反応するための訓練はしていません。
何故なら、当面の目標は、噛み癖(特にう~パク)をなくすことだからです。

それでキッドがどう変わったかと言うと…
とうちゃんをガブリとやったトラウマからは、だいぶ抜け出たと思われます。

キッドがとうちゃんを一番苦手としているのは、とうちゃんのアプローチの仕方にも
問題があるかもしれません。
老人特有の猫背、いつもほろ酔い気分(のようにキッドには見える)、わけもなく突然
触る、タイミング悪く(私におたかりをしている時など)声をかける、などなど。
キッドにしてみれば、何が出るかわからない、得体のしれないお爺さんなのでしょう。
だから、近づいてこられると怖い。

それで、キッドが考え出した恐怖転換方法は、おもちゃを持ってくることです。

今までは、近づいてこられると唸ったり逃げたりしたのですが、最近はちょっと逃げても
気を取り直しておもちゃを咥えてきます。
これの意味するところは、
「ボクはこんなのを持ってるんでし。すごいんでし。だから怖くないんでし。遊んであげても
良いんでし」

どうしてこうなったかと言うと、これはSさんのアドバイスの効果だと思われます。

Sさんは、キッドに引っ張りっこをしてたくさん遊んであげるよう、私達にアドバイスしました。
ただし、最後は必ず勝たせてあげるように、と。

実はキッドは、あんまり引っ張りっこはしなかったんですね。
やってもすぐにやめてしまう。爺様のように、目を三角にして、腰を使ってぶんぶん引っぱる
なんて事はした事がありません。

これは単に性格や、好み・傾向の違いもあるかもしれませんが、キッドの場合は
自分に自信がないということの表れかもしれない、というのがSさんの意見でした。
だから、必ず勝たせてやる。
その時に、
「わ~きいちゃんすごい!強いねえ!」
などと大げさに声をかけてやる。
それをターミ兄と一緒に繰り返した結果、キッドなりに考えたのでしょう。
「おもちゃがあると、ボクは勝てるのでし。強いのでし。だからこれを持っていれば
怖くないのでし」と。

おかげで、今まであまり壊されなかったおもちゃも壊滅状態に近くなってきました。
また買ってやらねば…

でもSさん曰く、こうして自分で解決策を考えだす子は、かなり頭が良いのだそうです。
自分ちの子ですが、私もキッドは賢いと思います。
でも、頭が良いだけにやり方を間違えると、方向がどんどん違ってしまう。
そんなタイプなのでしょうね、キッドは。

キッドのう~パクは、過剰な警戒心からも来ています。だからワンクッション入れるために
話しかけたりして、キッドの過度の緊張が解けるのを待つようにすると、う~パクは
かなり出にくくなります。
なかなか解けないときは、おやつなどで気の転換をはかります。
おもちゃも、そのワンクッションの一つなのですね。

あとは、Tタッチの効果もあるのでしょう。
キッドは、自分の体に対しての認識がとても低いそうです。
口に対しての認識もほとんどない。だから思わず噛んでしまっても、自分では何をしたのか
全くわかっていない。
それで口周りのTタッチから始まりました。
まだ甘噛みのようなものは残っていますが、それでもだいぶ様子は変わってきたと思います。

余談ですが、きいちゃんの甘噛みは、どうして良いかわからなくなった時の、表現方法の
ひとつなのだそうです。
人間にとっては好ましくない方法ですが、きいちゃんは今のところこの方法しか知りません。
だんだん、これに代わる方法を自分で考えてくれると良いと思います。

さて今回の宿題は、後半身への認識を持たせることです。
何故かと言うと、お尻などを突然触られると、キッドはものすごく驚いたように
びくっとするからです。
これは後半身に対しての認識がないから。
とうちゃんをガブっとやったのも、この認識のない部分を突然叩かれたか何かして
ビックリしたからなのでしょう。
だから、今回は後半身に対して、ランダムなTタッチを繰り返します。
繰り返すと言っても、一日に5分程度。やらない日もあります。

体への認識、メンタルな部分へのアプローチ、今のところは大筋この二本立てです。
その他にも、たくさん話しかけるなど、日常でも心がけている事もいくつかあります。

そうそう、ターミ兄の声がでかすぎるので、コマンドを出す時にもう少し小さな声で
出すように頼んだら(ほとんど囁くように)、キッドはちゃんと一発で言う事を聞きました。
ただ怒鳴っても、キッドの場合は効果がないんですね。
ちゃんと目を見て静かにコマンドを出す。出来たらものすごく褒める。
これのくり返しだと思っています。

もちろん、いけないことをしたら叱りますが、このときも爺様の時のようにスリッパ
ぶん投げるとかではなく、
「あ~!」「いけないんだ~」
などと言葉の調子で伝えるようにしています。

大声を出すのは、危ない時だけ。
例えば、近所の森の中を散歩するとき(私はこれを「山犬散歩」を名付けていますが)など。
急にリスなどを追いかけようとして引っぱったら…けもの道のようなところを歩いていると
崖下に落ちてしまいますから、そんな時は大声で
「危ない!」
と叫びます。
まあ自分が崖下に落ちたくないからなんですが…

そんなこんなのきいちゃんです。

ところで、本は今のところ、出版社のお仕事待ちであります。
もう2週間もしたら、校正があがりそうです。
楽しみ楽しみ…

kid354
洗たくばさみを枕に、昼寝~


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
進んでますね
きいちゃん、賢いね。
ちゃんと自分で考えて、少しずつ折り合いをつけているのね。
良い子だ良い子だ、うん、良い子だね~。

オシリはね、アリサもびっくりするよ。
痴漢に触られたみたいにぶっ飛んで行く。
さすがにパクっはないけど、最初のころはヒトの方が何かしたか?どこか痛いのか?ってびっくり。
今ではかなり無くなったけれど、それでもぶっ飛ぶことはあるね。
じゃぁ、アリサも後半身にいまいち認識がないのかな?

ハマのキッド君とアリばばちゃんは「痴漢行為禁止Tシャツ」でも着せておくか。
想像しただけで笑えるわ~。

2009/03/06(Fri) 17:09 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
なるほど・・・
ウチのもひっぱりっこが苦手?だったな(最初は)
婆さんみたいにくらい付いたら離さないなんて雰囲気ではなかった
似たような感じなのかな~
最近は演歌歌手ばりにこぶしを鳴らして食いついてくる(これはちょいと行き過ぎ?)

おしりもやっぱり触られるのは苦手かな・・・
だけど、うん様をお生みあそばされた後は拭かないと長毛で肛門様がおかくれあそばされてるもので、おまけの報復が恐ろしいもので(^^)
がらっばちの私が猫なで声を出しながら触らせていただいておりますわ~

↑我が家の二代目も『痴漢行為禁止Tシャツ』着用メンバーに入れてください。



2009/03/06(Fri) 17:47 | URL  | 湘南のkoa #79D/WHSg[ 編集]
Re:きいちゃんのお勉強(03/06)
きいちゃんって呼び名可愛いですね。甘えたさんになった感じ。人間も甘えたいときに甘えられずに育つと、いつかそれをやり直すというから、きいちゃんも今が甘えるときなんでしょうね。
おもちゃを持っていれば大丈夫って考えたなんて賢いなぁ~すごくいろんなことを毎日学んでますねぇ。身体に触られるとびっくりするのは認識がないのですか。ラスラは有難いことにどこを触ってもなぁーんともないです。
きいちゃん、Tタッチの効果が期待できそうですね。次に会ったら、教えてください。
2009/03/06(Fri) 22:57 | URL  | ラスラママ #79D/WHSg[ 編集]
そうだったんだ・・・
ふむふむ、読んでる私も勉強になるね~。

茶々も、おシリを触ると『ビクッ!』とします。おシリ、触られるのが大好きなのに・・・。ナゼ?と思ってました。
↑の方達のコメントを読ませてもらって、そういう子は結構いるんだと安心(?)しました。

茶々が訓練をした頃はチョークチェーンでショックを与えつつ、ご褒美を使うという訓練でした。
最初の頃はスパイクも使いましたが、茶々はそれが大嫌いで、見るだけで逃げてました・・・。
もしかしたら、茶々も違う訓練の仕方の方がよかったのかも・・・。

おシリへのTタッチ、今から茶々にしても遅いですかね~。
次回お会いした時にでも、伝授してください。
そして・・・「痴漢行為禁止Tシャツ」の着用メンバーに我が家も加わりたいです~。
2009/03/07(Sat) 08:13 | URL  | char-rin #79D/WHSg[ 編集]
Re:進んでますね(03/06)
ワンコのかあさんさん

ハイ、きいちゃんは賢いと思います。
納得すれば、ちゃんと覚えます。
ただ、少々頑固なところもあるので、一回「嫌だ」のレッテルを貼ってしまうと、
なかなかはがしてくれませんが…
でも爺様と違って素直なので、嫌でなければ聞いてくれます。
右に曲がれだの、左に行けだの、爺様だったらたとえ言葉を理解していたとしても、
「嫌じゃ。わしはこっちへ行くのじゃ」
でしたけどねぇ。

体への認識、というアプローチは面白いと思いました。
ご存知かもしれませんが、Tタッチはもともと馬のトレーニングの為に考案されたそうで、
例えば自分の体の大きさがわからない馬は、十分に通れる道でも
怖くて通れないのだそうです。
だから自分の体に対して認識をさせてやると、その道に対する恐怖がなくなって
ちゃんと通れるようになるとか。
その発想から、体の各部に対してきちんと認識をさせることによって
変わることがある、と言う事のようですね。

爺様は、どこを触っても全然驚くことはありませんでした。
あのシトの場合は、認識も何も関係ないのでしょうけど…

ヘタレっ子には、良いかもしれませんね~
「痴漢行為防止Tシャツ」
ヘタレの集いで、みんなが来ていたらすんごくおかしいです。
2009/03/07(Sat) 10:16 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:なるほど・・・(03/06)
湘南のkoaさん

コワちゃんも、似てるようなところがあるかもねぇ。
何で2代目はヘタレなんだろう。
コアちゃんも、引っ張りっこなんて屁のカッパだったでしょう。
爺様なんて、すごい勢いで引っぱったよ。歯が折れるんじゃないかと思ったくらい。
力で敵わないと悟ると、飛び蹴り喰らわしたもん。
そのくらい、自信には満ち溢れていたねえ。
だから余計困ったことも、多々あったけどさ…

コアちゃん、お尻に触るとびっくりしたっけ?
「何すんのよっ!」
ってお怒りにはなったかもしれないけど、あんまりびっくりは
しなかったような…
やっぱりヘタレは、ヘタレだね。
またお勉強になりますわ。

『痴漢行為禁止Tシャツ』ヘタレ軍団は、みんな着用か?
笑っちゃうよね~
あ、ジャッキーみたいに、でもお尻からスリスリしてくる子は平気なのかな?

2009/03/07(Sat) 10:24 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:きいちゃんのお勉強(03/06)
ラスラママさん

やっぱり、ラスくんはどこを触っても大丈夫なんですね。
同じ兄弟でも、育ちが違うとエライ違いだなあ。
きっと、ハウたんも平気かもですね。もしかしたら、リム蔵さんは
ちょっとびっくりタイプかも…?
性格もあるのでしょうけれど、体への認識、という考え方は
面白いと思います。

キッドは、ようやく話が通じるようになってきました。
人間が何かを発している、それを聞くとコミュニケーションがとれる、と言う事が
わかってきたのかな。
何かきっかけがあれば、キッドはさらに良くなると思っています。
ラスくん達、きょうだいを見ると、本来のキッドを理解する参考になります。

2009/03/07(Sat) 10:37 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:そうだったんだ・・・(03/06)
char-rinさん

茶々くんの頃の訓練って、まだそれこそ「訓練」でしたよね。
今もまだ、そういう所もあるのかもしれませんが、Sさん曰く
チョークチェーンなんて60年前のもの、だそうです。
Sさんは、ハーフチョークも使いません。
合図は、リードを引っ掛けてやっています。私はそのやり方はまだ
よくわからないのですが…(散歩用のかけ方ではなくて、あくまでもトレーニングの時だけのようですが)

Tタッチは、老犬でも効果があるそうですよ。
爺様も昔、松江さんにやってもらいました。
ただ、Tタッチってなんだか漠然としていて、それに他の方法とすごく違うので
わかりにくいです。
指導者、と言うか、本当に出来る人も少ないみたいだし。

でも、茶々くんは別に緊張しているわけではないので
ランダムにタッチしてみたらどうでしょう。
効果があれば、Tシャツ着なくても済みますよね~

片手を必ず添えて、もう片方の手で、指を使って小さく円を描きます。
方向は時計の針の6時から、一週まわって8時くらいまでだそうです。
タッチは優しく、そこを認識できる程度です。
一か所円を描いたら、他の場所に移るのだそうです。

2週間くらいしたら、変化が出てくるのかなあ。
キッドも実験中です。
あと、キッドは後ろ脚強化のため、後ろに下がる動きも
教えています。

いろいろあるんですね~
犬学も奥が深いですわ。

2009/03/07(Sat) 10:49 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
偉い!
キッドは偉いなぁ~。ちゃんと自分で考えて答えを出してるのですネ。
やっぱりコレが血統なのかなぁ?

うちはその答えがどうも間違ってるようなので私の補助がかなり必要です。
そして私もおバカだから私の補助にトレーナーさんも必要だしー(;一_一)
あ~頑張らねば!!!。

Tタッチ。ぜひ今度私に教えて下さい。
コレはきっと色んな意味で役に立つはずだから・・・。

んで、ジャッキーもあんなんだけど、お尻を急に触られるとビクッとします。
勿論、ナヴィもそう。
ただ驚き方が2ワン違うんです。ジャッキーは
「あ~ビックリした。何だ~大好きな人かー」って思うんだけどナヴィは「敵か???」なんですよー。
私に対しては体臭とかでわかるみたいでビックリしないんだけど…

だから今は色んなトレーナーさんに触ってもらうようにしてます。
ジャッキーみたいにドンと構えていて欲しいです。
慣れも必要なのかな?

明日は競技会です。目標はナヴィを見ないでコントロールする事。アイコンタクトを外して競技します。
わざと試練を与えてみます。ナヴィにとってアイコンタクトが最高のご褒美になるように…
吉とでるか?凶とでるか…。
2009/03/07(Sat) 19:54 | URL  | あやの #79D/WHSg[ 編集]
Re:偉い!(03/06)
あやのさん

血統なのかなあ?
でもキッドは、頭は良いと思います。
それに、爺様よりも素直です。
ただ、
「わかっちゃいるけど、やだもんね~わし、こっちに行くもんね~」
と言った自己主張はしない代わり、嫌だと受け入れてくれないの。
最初の頃は、その反応がほとんと「う~パク」だったのだけど、
最近は子犬の甘噛みみたいなのが出たり、飛びかかったりして、
「やだやだ、ボクもうこれやりたくない!」
って自己表現してます。
Sさんに、「きいちゃんは、わかりやすいなあ」って言われちゃいました。

ナヴィっちは爺様タイプだから、自分で考えて自己解決しちゃってるのかな。

ジャッキーも、びっくりするんだ。
まあ後ろからふいに触られれば、人間だってびっくりするもんね。
「なんだあ」
ってすぐわかってくれれば良いんでしょうけど、キッドみたいに
人によってはパニックになってしまっては困るもんね。

Tタッチもいろいろあるみたいで、何か包帯みたいので縛ったりするのも
あるみたいだよ。
認識の薄そうなところは、試してみても良いかもね。
私も、良く勉強しておきます。

明日競技会なんだ。なんだかお天気もイマイチみたいだけど
良い結果が出ると良いね~
ナヴィっちの集中力と、あやのさんのコントロールが一致すれば
ケタはずれに良い成績になるのでは。
ただ、かみ合わないと世にも恐ろしい結果が…
なんて言っちゃいけませんね。
頑張れ頑張れ!
たとえ優勝出来なくても、ナヴィっちは、絶対良くなってるよ。
あやのさん、転ばないでね。
2009/03/07(Sat) 21:16 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
ハウルも持ってきます。
おぉ~!
快調ですね。
良い先生に巡りあえて、良かったですね。

フフフ~
ハウルも誰かが来たら、自分のオモチャとか骨ッコを咥えて持っていくんですよ!
お客様が『まぁ、いいわねぇ~』・・・なんて言って下さると、得意満面~!!
もぉ、得意気に尻尾プンプン振ってるんですよ~
でも、見せびらかすだけで、貸してはくれないんですけど(笑)
何でも咥えて持って行くのは、自分が優位に立っている?・・・とでも思ってるんでしょうか?
いやいや、そこまで頭は回ってないかな?(笑)
とりあえず、見せびらかしたいんでしょうねぇ~
人間が『いいの、持ってるね』とか言うと嬉しそうです。
やっぱり褒められる事が嬉しいんでしょうね!
ワンコのしつけが、“褒めて育てる”・・・に変わってきたのは、良い事なんですね。

今度の月曜日・・・
ハウル、最後のレッスンです。
ワンコ回避の練習です。
ですから、亀岡を脱出して山越えして、京都市内(洛西)でレッスンです。
亀岡って山を越えたら京都市なんです。
さぁ、どうなりますやらぁ~(;´・`)>
2009/03/07(Sat) 23:11 | URL  | チャム #79D/WHSg[ 編集]
Re:ハウルも持ってきます。(03/06)
チャムさん

ハイ、このところ順調で、唸りも出ていません。
悪い習慣をやめさせるためには、やっぱり出来るだけそれをさせない、と言う事に尽きるようです。
忘れてくれるのが一番なんですが、犬ってわりと執念深いようで
なかなか忘れてくれません。
(時々思い出させてくれる人もいるし)
まあ気長に、3年くらいかけて少しづつ変えていこうかなあと思っています。

何かを咥えて見せにくるのは、爺様もよくやりましたわ~
きちゃないヨダレでべとべとの骨なんか持ってきて、人にこすりつけたりして。
でもやっぱり見せるだけで、くれないんです。
得意だったのかなあ。
楽しそうでした。懐かしいです。

キッドは最初の頃、何にもしませんでした。イタズラもしなくて良かったんですけど、
なんだか若々しさがなくて、ちょっと変な感じでした。

何かを咥えて、褒められて嬉しくて、しっぽをブンブン振るのは、可愛いですよね。
たまに、「それを咥えちゃダメよ」ってものも咥えてしまうけど、
元気で楽しそうなのが一番。
キッドも、やっとそんなレベルになってきたようです。
もっともっと、ハウたんみたいに「天然」に戻って欲しいです。

ハウたんのレッスンは、一旦おしまいなんですね。
だいぶ進化しましたか?
キッドは、小さな犬とすれ違うのは、だいぶ問題なく出来るように
なりましたよ~
でも、柴系はイマイチかなあ。
あと、向こうが遊びたがっているタイプだと、これも無視出来ません。
猫が一番ダメです。(あ、リスとか小動物も)
嫌いなのは直らないでしょうから、ぶっ飛んでいくのを
やめさせたいです。ものすごい力なんだもん。
でもこれは難しいですね~

2009/03/08(Sun) 14:24 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:きいちゃんのお勉強(03/06)
たくさんお勉強して、どんどん賢いきいちゃんの姿が
はっきり見えてきますね~~
環境で染みついたことはきっとこうした努力でゆっくり変わっていくのでしょうね。
根気よく、ゆっくり…(苦手です~汗)

マイルも顔を触られるのは嫌いです。
近づくと顔を背けます。
犬種がらトリミングというものが切り離せず
諦めてやられているようですが…

一緒にいる時間が積み重なって、折り合いがつくことも増えますね。
最後は以心伝心だったとdandyを思い出しながら
マイルとの時間を大切に過ごさねばと思う日々です。

2009/03/09(Mon) 22:06 | URL  | dandyママ #79D/WHSg[ 編集]
Re:きいちゃんのお勉強(03/06)
はじめまして。妻に教えてもらって拝見しまして衝撃的でした。というのは我が家の黒ラブ『ルウ』とキッド君の状態が驚くほど同じなんです。僕も含めて家族全員咬まれてます。。。最初に来ていただいていたトレーナーさんの教えが合わなかったのにひたすら訓練に一生懸命になっていたことで悪化させてしまいご飯の前後やジ~ッと寝ている時などに“引きこり”のような状態に入ってしまい不用意に近づいたり触ったりするとパクッときます。もちろん体に触れたらビクッとします。しかし普段はそんな様子もなくどこを触っても大丈夫なんです。引きこもっている時だけなんですよね・・・しかもどこで何をきっかけにスイッチが入るのかよくわかりません。そんなだから人との接触もできないような状態なんです。今は別のトレーナーさんのもとスキンシップを盛んに行っております。命令系の訓練は一切排除しとにかく愛情で包み込む方法で接していってますが体の感覚が鈍いのでビクビクしているという情報は初めて耳にしたので驚きでした。きっとルウもそうなんでしょうね。原因が分からなかったので光がさしたようです。気になるのは、触れることで鈍い感覚が回復するんでしょうか?直してあげたいです。。。
2009/03/10(Tue) 09:24 | URL  | ルウパパ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:きいちゃんのお勉強(03/06)
dandyママさん

人間もそうですが、お勉強の仕方っていろいろあるんですね。
爺様では大失敗しましたが、でも仮に上手くいっていたとしても
キッドはまた全然違う性格でありケースなので、人間も常に勉強していないといけないのだなと思いました。
わんこたちが、いろいろな課題を与えてくれるおかげで、
人間もまたたくさんの知恵を学ぶことが出来ますね。
あわてても仕方がないので、無理なくゆっくりじっくり…
前に進めば取りあえず良し、の精神でゆるゆる行きま~す。

マイル君も、苦手があるんですね。
でもあきらめて我慢して…と言うところが、やっぱり子犬の頃から
きちんと人間と信頼関係を築いていたからなのだなあと思いました。
「嫌だけど我慢する」って、人間でも出来ない人がいっぱいいるじゃないですか~
マイル君、偉いです。

信頼関係は、結局積み重ねですね。
私も、晩年にはまるで親友のようにツーカーだった爺様との関係が、懐かしいです。
きいちゃんとも、いつかそうなりたいです。
2009/03/10(Tue) 10:53 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:きいちゃんのお勉強(03/06)
ルウパパさん

はじめまして。訪問ありがとうございます。
ルウ君もなんですね。

キッドの場合は、それまでの生活が彼に合わなかったのか、それとも性格なのか、
先代のラブ爺(享年17歳の黒ラブ)と比べると、「え?なんで?」と言う事が
たくさんありました。

まずビックリしたのは、唸って噛むことです。
キッドの場合は食べ物に対する執着が強く、最初は食べている時に
近づいただけでも唸りました。
お気に入りの場所にいる時に触れば、パク。
寝ている時に近づけば、う~。
でも何でもない時は、普通のラブなんですね。

それから、どういう時にどんなタイミングで「う~パク」が出るのか観察して、
とにかくその状況を作らないようにしました。
大分「う~パク」はなくなりましたが、何かの拍子に全く出ないとは言えません。


それで、いろいろ試してみようと思って、Tタッチもやってみることにしました。
きっかけは、「頭のマッサージのようなもので(名前を忘れてしまいましたが)、
噛み癖などが改善した例がある」
と教えて下さった方がいらしたことです。

効果のほどは、と言うと、激変はしませんが、何らかの変化はあったと思います。

認識を持たせる、と言うのは私もちょっと意外な感じがしました。
でも、キッドのように自信が持てない子には、そんな小さな事も大事なことなのかもしれません。

仮に大きな効果がなかったとしても、害はないのでおススメです。
ルウ君のようなケースには、何らかの変化が期待できるかもしれません。

あとは何か(キッドの場合はおもちゃですが、お友達の場合は競技大会でした)
自信の持てる事を探して、褒めてあげることも効果があるような気がします。

ルウ君も、何かきっかけが見つかって、パクの癖が改善すると良いですね。
2009/03/10(Tue) 11:28 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re[2]:きいちゃんのお勉強(03/06)
ターミ姉さん

お返事ありがとうございます。
我が家が今実践しているのはターミ姉さんのブログのリンク先にもある森田誠先生のものです。実際にルウを見ていただきアドバイスいただいております。Tタッチというものを詳しく知りませんので分かりませんが森田流も受けとめという名前でスキンシップをすることをベースにしています。ルウは心を閉ざしてしまっているそうでまずは明るい感情をたくさん出させて悪いこと(飛びつきやあまがみ等)もどんどん受け止めてあげろといわれました。あと、引っ張りっこは興奮してすぐうなり声を出すので(怒っているのとは違うそうで興奮して楽しいとです場合もあるそうです。。。)あまりしませんでした。一度試してみます。なんとか直してあげたいと思っています。普段は穏やかなだけに人と触れ合うのを避けているのも不憫でなりません。またいろいろ参考にさせていただきます。
2009/03/10(Tue) 11:46 | URL  | ルウパパ #79D/WHSg[ 編集]
Re[3]:きいちゃんのお勉強(03/06)
ルウパパさん

再度のご訪問、ありがとうございます。

訓練士さんも、正直ピンキリだと思います。
それと、それぞれのやり方があるので、合わないということもあるのでしょうね。

先代ラブ爺も、若い頃にはそれはそれはしょうもないわんこで(我が家には何故か問題児ばかり)、
やはり訓練士の手を借りました。
幸い、自己主張の強いマイペースな子だったので、訓練の成果は
あまり出なかった代わり、性格にも影響が出なくてすみましたが、
今思えばたぶん強制訓練で、良くなかったと思います。
でも17年前は、一般の人に教えてくれる訓練士自体が少なかったんですよね。
今の自分だったら、もっとうまくいろいろな事を教えてやれたのに…と残念です。

私は、会話が出来るようになってくれば、問題を改善するチャンスが訪れる気がします。

聞く耳を持たない子に、何を言っても通じません。それを強制で
嫌嫌させても、何の意味もないと思うのです。(そういう訓練もまだあるようですが)

今キッドは、やっと私を追いかけてくるようになりました。
自分から、要求も言えるようになってきました。
それに気がついてやり、耳を傾けてやることによって
「この人は、話しても聞いてもらえる」
と思い始めてくれたようです。

でもまだまだ、考えなくてはいけないこと、教えなくいてはいけないことが
たくさんあります。

どうしたらこの子が良くなってくれるのか。
足りないアタマで一所懸命考えて、頑張っている最中です。

ルウ君も、きっと良くなりますよ。
飼い主さんの熱意があれば、大丈夫。
こんなブログでも、何かお役にたてばうれしいです。
2009/03/10(Tue) 16:26 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。