要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
それぞれの使命
2009年02月04日 (水) | 編集 |
使命です。指名手配とか死命じゃありません。

先日、バレエの大先輩と先生の還暦祝いがありました。
お二人とも現役で稽古や教えをしていて、見た目もですがとってもお若い。
たぶん、戸籍年齢は還暦でも、実年齢は40代くらいなのかもしれません。

よく、何かが出来ない事を、年齢のせいにする人がいますが、それは良くない事だと
思います。
もちろん、身体能力は落ちてくるし、鏡を見れば「うへ~」と思うこともあります。
でも逃げたり、守りに入るのは、私は嫌です。

言いわけは、所詮言いわけです。
そして何よりも、言いわけばかりしていると、何のために生きているのか、
わからなくなってしまいます。
人生価値は、若くてフィジカルな事ばかりではないでしょう。(まあ、残念ながら
今の日本では、若けりゃ良いみたいな未熟な風潮がありますけどね)

何が言いたいのかと言うと…人間てのは、生まれながらに持ってきている使命が
あるんじゃないか。

まあ、使命と言うと大げさかもしれませんが、平たく言うとお仕事。
もしくは、やらなければいけない課題ですね~
これに気がつくか、気がつかないか。それをやるか、やらないか。
これで人生価値は、かなり変わるんじゃないでしょうか。

だから、あれこれ言いわけをして、自分のお仕事に気がつかない、もしくはやりこなせない
と言うのは、ものすごくもったいない事だと思うのです。

例えば私の場合…
何故私のところには、問題児(犬も人間も)ばかり来るのか。
何故、ピアノ教室の看板を掲げながら、児童相談所のようになるのか。

と考えてみると、これは理由がありそうです。

それは、私のお仕事(職業ではなく)が、そういった人(犬)たちのやり直しのお手伝いを
することだからなのではないか。
何だかわからないけれど、大きな力が私にそれをさせようと思っているのではないか。

だったら言いわけをしたり逃げたりしないで、それをこなした方が良いのでは、
と思うのです。
課題として来る、と言う事は出来ない事ではないのですから。

そして、それらの課題を一つ一つクリアしていくと、お金では得られないご褒美が得られる
事にも気づきました。

ひとつは知識・知恵です。
問題を解決するためには、観察力や知識が要ります。それは、教科書からは学べません。
でも経験してそれを乗り越えると、そこからは生きた知恵が得られます。
知恵があると何が良いかと言うと、自分に自信を持つ事が出来ます。
自信を持てると、人は強くなります。生き方にブレがなくなってきます。

もう一つ、得られる大きなものは、人とのご縁です。
これも、お金があっても社会的地位があっても、必ずしも手に入れられるものではありません。
お金も地位もあるのに、孤独で寂しい人はたくさんいます。

爺様の介護に逃げずに向かい合ってから、私の人生は変わりました。
何よりも、私の足りない頭では記憶できないくらい、たくさんの人との出会いがありました。
そして、それまで犬に関しては無知だった私が、いろいろな知識を得ることができました。

それはまた、次の段階にも繋がっていると思うのです。

キッドは今日、Tタッチや、様々なトレーニングのお勉強をしました。
これで二回目です。

Tタッチについては、爺様の介護の時に少し学びましたが、またもう少し深く学ぶチャンスを
いただけたようです。
そして、昔の訓練と違って、今は様々なトレーニングの方法があることも知りました。
考え方としては、私が「こうかな?」と感じていたことと、大体一致するようです。

これは私にとって、ちょっとした自信に繋がりました。
何故なら、自分の目の付けどころは間違っていなかったのだな、と思えたからです。

以前にも何度も書きましたが、強制訓練はキッドには向きません。
私がキッドを観察していて、この子にはこの方法が良いのではないかと思ったのは、
・嫌がる事を、抑え込みでやらせない。
・まず理解をさせる。理解出来ていないことが出来なくても、叱らない。
・悪い事をしてから叱るより、良い事するように仕向け、うまく出来たらほめる。
・日常の中で、良い事を習慣づけるようにする。(食卓のものを強奪させない、とか)
・きちんと話をする。
などです。

私は素人ですから、こういったことに対してのテクニックはあまり持っていません。
ですから、プロの方や良く知っている方に、方法を教わります。
このプロの方や専門の方を教えてくれるのが、ご縁なのです。

今、キッドを見てくださっている方は、実はキッドのご飯(生肉)を買うお店から
紹介していただきました。
このお店を紹介して下さったのは、TIKILOVE母さんです。

TIKILOVE母さんに繋げて下さったのは、ワンコのかあさんとキッドです。
そして、ワンコのかあさんにたどり着いたのは、爺様がジジイだったからです。
爺様がジジイでなかったら、あるいは私達が爺様と真面目に付き合っていなかったら、
今キッドはここにいなかったかもしれませんし、多くのご縁もなかったかもしれません。

だから、逃げないって大事だと思うのです。
逃げると、自分の使命にも一生気付かないと思います。
気付かないと、自分の人生の本当の価値を知ることもないまま、一生を終えることになります。

それって、つまらないではないですか。
まあ、そんな事はどうでも良いと言う人は、それでも良いのかもしれませんが。

キッドに試しているいろいろな方法、効果があったら一つ一つご紹介しますね。

さて本ですが、イラストをいいちゃんにお願いしました。
あのカレンダーのイラストを描いておられる、イヌストレーターのいいちゃんです。
描きにくい、犬相の悪い爺様を、どんなふうに描いていただけるか、私的には
ものすごく楽しみであります。

そして、原稿がだいたい形になってきたので、来週13日の金曜日(ジェイソンだ~)に
出版社に出向きます。
初めて、編集の方と打ち合わせをすることになります。

爺様の命日7日の翌週なんですね。
スタートとしては、良い時期な気がします。

爺様よ、頑張るからね。

kid349
ボクも頑張るでし




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わかります!
人の出入りが多いといろんな出会いがありますよね
何かさせられてると思うこともあります
人の出会いや犬の出会いを仕事柄 つなぐこともよくあります
縁のある人ない人 ってあるんですよねえ
その人の使命 ってあると思います それが大きくても小さくても 

本楽しみです わくわく わくわく してます!

そうそう 年だからって逃げるひと私も好きではありません(できないことあるだろけどね)
いい年配のお友達もたくさんいます みならってどんどんチャレンジ精神忘れないようにしたいです
2009/02/04(Wed) 16:48 | URL  | DOGLAB #79D/WHSg[ 編集]
Re:わかります!(02/04)
DOGLABさん

そうそう、何かさせられていると言う感じです。
誰にさせられているのかはわかりませんが、何か絶対的な存在のようなものです。
その存在に気がつかないと、自分の本質も気がつかない。
気がつけば、やる事は少しづつわかってくると思うのですが…

もちろん、勘違い・寄り道・迷い道もありますけど、でも目の前の課題をひとつひとつ片づけていくと、方向が見えてきますよね。
それがわかると、強く歩けると思います。

年配で素敵な方ってたくさんいますよね。biwaさんもそうじゃないですか~
そりゃあ出来ない事は増えてくるでしょうけど、まだ出来る事は
チャレンジしたいです。
そして、体が衰えてくる分、違うもので中身を満たしたいです。

本、私も楽しくなってきました。
頑張りま~す。
2009/02/04(Wed) 20:23 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
うん うん そーなのよ
と、最初から最後までうなずきながら、読ませていただておりました。ズルして上手く世を渡るより、失敗を繰り返しながら少しでも学びながら(曲りなりにも学習機能がついてるようなので)生きていくほうが、人生楽しいし得をする、とこの年になると思います。
問題から逃げてるよりも立ち向かうほうが楽なんだぞ、と誰かが映画だかドラマだかで言っていた記憶がありますが、やってみたら実際そうでした。

「児童相談所」これも、ターミ姉さんにお会いしたことはありませんが、なんかわかるような気がします。

キッドくん、顔怖いです。
2009/02/05(Thu) 03:05 | URL  | Purdy #79D/WHSg[ 編集]
そうなんだ!
なるほど~
そっか、そういう風に考えればいいんですね!
ついつい・・・『なんで私ばっかり』とか『どうしてこうなのかなぁ?』・・・などと愚痴ってしまいますが(;´・`)>
ターミ姉ちゃんみたいに考えれば、逃げずに受け入れる事が出来ますね。
いつも思うのですが、ターミ姉ちゃんの言葉には勇気づけられます!

それにしても多才なんですね~
ピアノの先生なんだぁ~
本の方も着々と進んでいるんですね。
イラスト、いいちゃんですか?理想通りじゃないですかぁ~スゴイ!!
爺様が繋いでくれた人とワンコの輪・・・
爺様、中々やるじゃないですかぁヾ(^ー^;)
その輪の中に我が家も入れて頂いちゃったのでしょうか?
チャムの事も宜しくお願いしますよ~
2009/02/05(Thu) 07:08 | URL  | チャム・リム・Y #79D/WHSg[ 編集]
気負わずに・・・
ご無沙汰しております。

自分に与えられた使命、それは生を受けたこの世でのお仕事だから、きっちりと
お勤めしたいなーと思います。
いつのまにか、同じような役回りってこと多々ありますよね。
私も幼いころから思い当たるふしがたくさんあります。
それが重荷だった頃もあるけれど、今は大人になったので、受け止められるように
なりました。
気負わずに、自然に、でも真面目に・・・向かい合っていきたいです。^^

本、楽しみですね!!
(もちろん私もとっても楽しみです!)
口だけじゃなくて動くことができる人ってすごく少ないから、行動したこと
だけでもすごいのに、現実にしちゃうところがもっとすごいなーと思います。
頑張ってくださいね。


2009/02/05(Thu) 08:00 | URL  | Hiroko #79D/WHSg[ 編集]
Re:うん うん そーなのよ(02/04)
Purdyさん

結局、道ってまっすぐに進んだ方が早いと言うことなんでしょうか。
そこに山があろうが谷があろうが、そこを行きなさいと言われたら
逃げずに進んだ方が良いのだと思います。
もちろん、回り道や、困難な道を抜ける工夫は必要だと思いますが…
でもちょっと大変な道に出くわすと、すぐに方向を変えてジグザグに進もうとする人、
いるじゃないですか。
あれって結局ちっとも進まないし、そのうち自分がどっちの方向に進んでいるのか
わからなくなっちゃうと思うんですよね。
身近にもいるんですわ、そんな人たちが…

昔生徒がたくさんいたころ(今は忙しいので、そんなにやっていませんが)
変わり種がいっぱいいて、レッスンそっちのけでおしゃべりしたりしていました。
ピアノはさっぱり上手になりませんでしたが、でも少しでもまっすぐ育ってくれればと思って
何時間でもおしゃべりに付き合ったりしていました。
そんなだったので、発表会の時は死ぬほど大変でした。
何故って、普段下手っぴぃなので一芸を仕込むのにそりゃあ大変で…
でも面白かったですよ~個性豊かな子たちがたくさんいて。

キッドの顔、何に似ているんだろうと思ったら、出っ歯のダースベーダーみたい。
「ボクもお爺ちゃんみたいになるんでし」
2009/02/05(Thu) 09:54 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:そうなんだ!(02/04)
チャム・リム・Yさん

今でこそ、えらそーにたれておりますが…
若い頃の私は、やっぱり楽したがりの、見て見ぬ派でした。
他力本願のくせに、おいしいとこどりはしたがったり、
都合が悪いと人のせいにしたりして。
いまどきの若者そのまんまでしたね~
だから逃げる人の気持ちもわからなくはないのですが、
いい加減いい年こいた人が、まだそんなことをしていると
「おいおい、いい加減にしろよ」
と言いたくなります。
お気の毒だけど、そう言う人って、一生自分本来の人生を見つけられないんだろうな、と。
でもそれも自分の責任だから、仕方がないですよね。

ウチは、姉ちゃんが母親放棄派なので、甥っ子が青少年相談所みたいにして
やってきます。
今ニートなんですけど、自分でもこれじゃいかんと思っているらしくて、
でも相談する人もいないらしく、何故か私のところに来ます。
来るもの拒まずで、来るのであれば一所懸命接してやろうとは思いますが。

爺様、ノリノリなんだと思います。(と言うのは、いいちゃんの表現ですが)
出版社の編集部の理事の方とお会いすることになったのですが(と言うか
この方が犬好きで、直接電話をくださったのです)
編集部に犬好きな方がいるって、ちょっとラッキーかなと。

もちろん、チャムさん達もご縁の中ですわ。
私、老犬との旅行の勧めってどうなのかなあと思ってたんですけど、
チャムさんも最後の旅行を楽しんだ記事を見て、ああ、これはこれで良いんだって思いました。
記事を書いたのはYさんですけど、メッセージはチャムさんからかな~なんて。

一所懸命キャッチしようとしていると、いろんなところにメッセージが来るような気がします。
頑張りま~す。

2009/02/05(Thu) 10:12 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:気負わずに・・・(02/04)
Hirokoさん

そうですね。気負ってしまうと、必要以上に疲れてしまいますし、
疲れてしまうと、本来の力が発揮できないように思います。
Hirokoさんは、もちろんご自分の役回り(と言うのは変な言い方ですけど)は
きっちり感じ取られていることと思います。
若い頃はそれに気づかなかったり、気づいていても逃げてしまったり。
でもまっすぐ歩きだすと、不思議と道って開けてくるんですよね。
もちろん、時には狭くなったり、「ここを通るの?」なんて
険しい道だったりすることもありますが、
でもず~っとそうではなく、進んでいれば確実に高い方に向かって行かれるのだと思います。
そうわかったら、逃げる事は出来ませんよね。

本、だんだんすすんでまいりました。
Hirokoさんの写真も、口絵に使わせてくださいね。
あ、もちろん必要なだけサンプルも送りますので、よろしくお願いします。
関係者(?)の方々には、6月頃にお渡しできると思いま~す。
2009/02/05(Thu) 10:21 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:それぞれの使命(02/04)
ターミ姉さんの考えはガス家とも共通するところ
があるように思います。
 実際、ジーニーもリュウマチの診断を受けたときに
 「散歩はもさせないで下さい。」でした。
 こちらもそれを信じていたのですが、あるとき
 ジーニーの目に生気が無くなっていくことに
 気がつきました。
  その後人間も、犬も見てくれるカイロプラクティックの方に知り合い「好きにさせたほうが
良いよ。」という言葉からリュウマチであろうが
散歩と軽いボール遊びをさせています。
 今は生き生き暮らしています。
 老犬であろうが旅犬のほうが楽しめていたと
 思うし、その結果17歳まで犬生楽しんだので
 あればアッパレです。
 
 ところでキッドくん、ママの本の行商に
 弟分のガスのところまで来てくれるのかな?
 (笑)
2009/02/05(Thu) 12:56 | URL  | ジーニー&ガスパードパパ #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:それぞれの使命(02/04)
ジーニー&ガスパードパパさん

ジーニーさん、そう言えばリウマチだったんですよね。
結構あちこちお出かけしているようなので、忘れていました。
でも、表情が生き生きしていないことに気がついてもらえて
ジーニーさんは幸せです。
結局、医者の意見は専門的な意見の一つであって、絶対とは限らないんですよね。
それと、価値観の問題もあるかもしれません。
数字を絶対とするか、生きている姿を見て判断するか。
私は、自分だったらどうかと考えたら、少々寿命が縮まっても
生き生き楽しい人生を送りたいです。
だからわんこ達も、まずは元気でニコニコ。それが一番じゃないかと。

爺様もチャムさんも、晩年の旅行を楽しんでいたと思います。
楽しめない子に、無理に勧める事はありませんが、楽しい刺激が好きな子には
おススメしても良いですよね。

そっか、行商しなくちゃいけないんでした。なんせ、たくさん引き取るので…
そうですね。商品しょって、九州までまた行くかぁ~

2009/02/05(Thu) 15:08 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
そうだ!
逃げない・・これがなにより大事。実に。逃げたって、またそれ倍返しできますもん。どうしてもそれぞれが通らないといけない、クリアしないといけないことってあって、そのカ-ドをちゃんと自分で受け止めないと、もっと辛いカ-ドくるし。嫌なことや納得いかないこと、認めたくないからわからないふるしたり、逃げたりだけど、結局判らせられる日がなんかの形、形を変えてでもくるわけで。ほんとに偶然はないなと思います。気がついたらさせられてるってゆ-か思いもしなかったほうにも行くことがあるっけど、それが進むべき方向なんだって思えること沢山です。なんか最近、年取るって少しずつ見えてくるってことで悪くないかなって思えてきてます。かっこよく年取るぞ!本たのしみだじょ--!
2009/02/05(Thu) 21:59 | URL  | ゴンママ #79D/WHSg[ 編集]
うん・・うんっ。
私も逃げるの嫌いです。
壁にぶつかる事によって悩んで頭を使って答えが出ると思うから・・・。
だって人生は数学じゃないもん。
公式にあてはめて答えがでたら楽だと思う反面。
つまらないですよね~。
だから心というものがあるのだと…。

んでネ。私も問題児とかかわるようになって人生観かわりました。
大きな声じゃ言えないけど春に退社します。
ずーーっと走り続けた十数年。
(こんなんでも仕事バリバリしてたんですよー。って信じられない?笑)

どうしてもナヴィだけの先生になりたくなったの。
正直、無茶苦茶な答え(汗)
でもコレが今の私が選択した道です。

あの黒いシトは大変だけど、克服できた時、自分が一回り大きく成長するような気がしてます。
もしかして遠回りなのかもしれないけど…。
コレで進んでみます!!

きっと爺様の本。私にとって勉強になる1冊でしょう。出版。楽しみにしてま~~すっ♪♪
2009/02/06(Fri) 00:03 | URL  | あやの #79D/WHSg[ 編集]
頑固者でいいのよ
あの日淡路に行かなかったら今日の日はなかったですよね。
爺さんや婆さんが繋げてくれた縁でした。

人生の後半に入っての指令書はユキが持ってきたような気がする。
「引退犬の存在を世の中に広めなさい」
この指令書は多くの縁を伴って届きました。
5年たって、ぼちぼち浸透し始めたかな?と思う。

与えられたことを遂行していくには良い意味での頑固者であることが必要。
世の中の大部分の人は頑固=わがままだと思っていて、そうである人も多いのだけれど、筋が1本とおっていれば、ある意味かっこいい?
できれば、かっこよく生きてみたいんだけど、これがなかなかむずかしい。
2009/02/06(Fri) 10:01 | URL  | ワンコのかあ #79D/WHSg[ 編集]
Re:そうだ!(02/04)
ゴンママさん

そうなんですわ。逃げると、別の形で絶対追いかけてくるんです。
だからいつもいつも逃げている人は、どんどんゴールが遠くなるんですよね。
でも、本人は結構それに気がつかなかったりして…
若い人だったら言ってあげるんだけど、ある程度年を取っていると
聞く耳も持たなくなっているし、軌道修正が難しくなってしまいます。
人のふり見てわがふり直せ、じゃないですけど、自分はそうならないよう、
失敗しつつも出来るだけまっすぐ進みたいです。

年を取ると嫌な事もあるけれど(しわが出来るとか、白髪が出てくるとか…)
悪いことばっかりでもないと思います。
ただし、それは課題をこなしていけばの事で、サボればただのおばはん街道まっしぐらになってしまいます。
私も、カッコ良いババアになりたいんですわ。
可愛いババアは無理ですから、貫禄たっぷりの超カッコイイババアを目指しています。
時々怒りながら、失敗しながら、休憩も入れながら、
でも方向は誤らないように、精一杯生きていきたいものですね。

本、よろしくお願いしま~す。
ここに来てくださる方には、書店じゃなくてもお送りしますので…
2009/02/06(Fri) 10:27 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:うん・・うんっ。(02/04)
あやのさん

世の中、数字の好きな人が多いと思いませんか~?
ウチのかあちゃんなんかもそうなんだけど、すぐに気温が何度だとか(体感温度は良いのかよ?)
コレステロールが何%だとか(で、食生活は?)、細かい数字に左右されるの。
あとね、ひとの意見や情報にいつも振り回されている。
それって、自分で悩んで考えないからなんだよね。
マニュアルがないと何も出来ない日本人の、典型だと思います。
やっぱり自分の人生だもん。失敗しても、自分で考えてトライしてみないと、
「これだ!」ってものには一生出会えないと思います。

あやのさんのトライの仕方は、とってもあやのさんらしいと思います。
だからナヴィっちが来たんだなあ。
ナヴィっちも、いろんなものを持ってきてくれたよね。
この子たちがいなかったら、たぶんしなかったであろうことって
たくさんない?
きっと運転もそうだと思う。
農道専門なんて言ってたのに、今や埼玉から静岡まで行っちゃうんだよ。
これだけでもスゴイじゃないですか。

ナヴィっち先生、良いと思う。
あんまり(全然?)お金にはならないと思うけど、でもパパがちゃんと稼いでくれてるんだし、
きっとお金に代えられない何かが得られると思います。
だってさあ、ナヴィっちみたいなわんこって、珍しいじゃない。
ジャッキーだけだったら、ずっと楽だったかもしれないけど、
課題はナヴィっちが持っていたんだね。
で、ジャッキーは、癒し係。ちゃんとコンビになってます。
何が出るかわからないけど、私も楽しみです。
爺様とはまた違った、面白いものを提供してくれそう。

本、頑張りま~す。
出来たらサンプル押し付けるので、よろしくね。
2009/02/06(Fri) 10:43 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
Re:頑固者でいいのよ(02/04)
ワンコのかあさんさん


本当に、ユキちゃんの存在がなかったら、そして爺様がいなかったら、
私は一生かあさまとはご縁が持てなかったと思います。
わんこの繋げてくれたご縁って、ものすごいですよね。

そうですね。ユキちゃんにはユキちゃんの使命があり、彼女はちゃんとそれを
かあさまに伝えたんだと思います。
爺様の使命は、私に老犬や問題犬との付き合い方を教えてくれることだったのではないでしょうか。
私などは微々たる力ですが、それでも爺様を通して、老犬介護を楽しんでくれる人が
ちょっとづつ出てきてくれたような気がします。
それでは足りないので、「本を書け」と爺様が指図したのかもしれません。
最初は、自己満足の自費出版のつもりが、話がでかくなってしまいました。
でも「そのくらいやれるじゃろ?」と言う爺様のメッセージでも
あると思っています。
だからそこまでは、精一杯頑張ろうと。

頑固とただのわがままは、少し違いますよね。
イージーだけどわがままなひともたくさんいます。(ウチにもいるんですわ~)
筋が通るか通らないか、これはとっても重要だと思います。
そうと決めたら、少々のことでへこたれない。
それには、良い意味で頑固でないと貫けないです。
私も、カッコいいババアになりたいです。若けえもんなんて
足元にも及ばない、強烈なオーラびんびんの超カッコイイババアになりたいなあ。
それには、あと30年くらい、筋を通して頑固に自分の道を進まないとダメですね。

2009/02/06(Fri) 11:03 | URL  | ターミ姉 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック