要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きいちゃん、痛いよ
2014年05月28日 (水) | 編集 |
犬の歯って、当たり前ですけど凶器になります。

昨日、おダンスから帰ってきた時の事です。
きいちゃんにお留守番のご褒美として(実際はジジがいたので、
全然お留守番ではないのですが)しっぽたちのごはんやさんから
サンプルでいただいた鹿肉のジャーキーをあげようと、袋から
5cmくらいのジャーキーを取り出しました。

いつも朝ご飯の後に食べている、ターキーのスジよりかなり短めの
ひと口サイズのものです。

しかしきいちゃんとしては、いつものターキーと同じような大きさのつもり
だったのでしょう。
ターキーの時にはそんな事はなかったですが、ジャーキーは小さめ
だったので、きいちゃん、差し出した私の親指もジャーキーと一緒にパクリ。

すんげ~痛~い!!!

きいちゃんはもちろん、私の親指に歯が当たった事など気づいていません。
しかし、私の親指はジンジン痛くなり、血が出てきました。

犬の歯が当たると、皮膚が切れるのはもちろんですが、圧がかかるので
実際には釘でたたかれたようなキズになります。
つまり、穴とアザが出来ます。

ちょっと当たっただけでも、指に釘を当ててトンカチで一発ひっぱたかれた
ようです。

きいちゃん、痛いよぉ・・・

そう言えば昔散歩中に、爺様がすれ違った他の犬ににケンカを売ろうとして
ちょうど口を開けたところに私の手が当たり、めっちゃ痛かったのを
覚えています。

その時も、もちろん爺様は私の手をどうこうしようなどとは全く思わなかった
のでしょう。
しかしあまりの痛さに、私はしばし自分の手を反対の手で掴んで、その場に
つっ立っていました。

キズはたいした事はありませんでしたが、やはりアザが出来ていました。

大型犬と暮らしていると、時に予想外の(いや、想定内か)怪我をすることが
あります。
引っ張られてすっ転んで、なんてのは大抵皆さん経験済みでしょう。

頭突きを喰らって、前歯が折れるかと思った事もありました。
飲んでいたビールの缶が顔に当たって、輪っかの痕が出来た事もありました。
後ろからお尻に鼻突きを喰らって、前にふっ飛んだ事もあります。

それでも大きい犬が好きなんだなあ。

だって、犬達が本気で噛んだら、私達の手なんて簡単に穴が開きます。
ふだん、いかに彼らが手加減(歯加減?)しているかですね。
悪気なんて全然ないんですから。

皆さんは、どんな被害に遭った事がありますか?


カミナリこわい 002
へにょへにょに甘ったれるきいちゃん。キバは要らないんじゃ…



HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
老犬と老人と
2014年05月26日 (月) | 編集 |
全く個人的な感情なので、正しいとか正しくないとか判断されてしまうと
困ってしまうのですが…

私は依存する人間、やるべき事から逃げる人間が大嫌いです。
やれば出来るのに、あれこれ理由を付けて義務から逃げる。
そして人に依存し、決断を避け、楽をしようとする。

意識的であれ無意識であれ、物事はしなければ出来るようにはなりません。
やらなければ、能力は衰えます。

それは、子供でも老人でも同じです。
基本、自分のすべき事は自分でやるべし、と言うのが私のポリシーです。

しかし、やりたくても出来ない場合は別です。

先日新聞で、認知症の母親を看とった女性の話が載っていました。
認知症がひどくなり、仕事も減らさざるを得ない状態に追い詰められ、
ある日かっとなって、母親に平手打ちをくらわせてしまったのだそうです。

その2,3日後に母親が亡くなり、娘さんはその死と平手打ちの因果関係を
疑われ、暴行罪で拘留されてしまいました。
火葬にも立ち会えず、母親の遺骨も拾えず、犯罪者扱いだったそうです。

介護を家族に押し付け、なおかつ何かあった時の責任は家族に持たせる。
日本と言う国は、情けないほど弱者に冷たい国だと思います。

私は、思わず平手打ちをくらわせてしまった娘さんの気持ちがよくわかります。
認知症でなくても、老人の言動にはむっとなることが多々あります。

ある本には、「仕事だと思いなさい」とありましたが、仕事は報酬が
出るものです。
無報酬で365日忍耐を必要とする事を、義務のひとことで片づけて欲しくない、
と言うのが私の本音です。
正論はどうあれ、現実はそんなにきれい事では納得出来ません。

追い詰められ、責任を押し付けられ、誰の協力も称賛もなく、批判・非難
だけされた娘さん。

年老いた親を持つ人間として、人ごとではありません。
長生きが全て素晴らしいなんて、一概には言えません。
ただ長く生きていても、その人生が充実していなければ(言い換えると、
依存と逃避と不平不満、それに周囲への迷惑に満ちていたら)私はちっとも
素晴らしいとは思えないのです。

同じ介護でも、動物に対しては少し違う気がします。

17歳2カ月で亡くなった爺様の介護は、体力的には大変でした。
頑丈を誇っていた私でさえ、腰痛に悩まされ、疲労から顔面帯状疱疹にもなり
寝不足から疲労を回復する暇もありませんでした。

それでも、爺様を叩いたり、いなくなれば良いと思った事はありません。
嫌だと思った事も一度もありません。
むしろ、頑張ったその時間は私にとって最高に価値あるものでした。

たぶんそれは、動物が依存も逃避もしないからだと思います。
認知がなかったので、その分楽だったと言えばそうですが、何より言い訳を
せず、自分に忠実に懸命に生きている姿が、私にはいとおしかったのです。

私の両親は高齢(共に87歳)ではありますが、幸いまだ認知症というほどでは
ありませんし(おとボケ・とんちんかんに依存度、不平不満はかなりあります
が)、寝たきりでも車いすでもありません。

でももし、爺様のようにつきっきりでのお世話が必要になったら・・・

爺様の時と同じような気持ちで、介護出来るのだろうか。
腹を立てずに、嫌だと思わずに、出来るのだろうか。

あまり自信はありません。

正直、自分にだけその責任を押し付けられ、誰の協力もなく、さらには
批判や文句だけを言われたりしたら、もう放棄したいと思うでしょう。

心が狭いと言われても、薄情なヤツだと非難されても、それが私の正直な
気持ちです。

動物にももちろんですが、人に(特に弱者に)全く冷たい日本と言う国で
先々の事を考えると、なんだかなあと思ってしまうのです。


日向ぼっことサッカー遊び 002
きいちゃんの面倒は最後まで看るからね


鹿肉をお求めでしたら、こちらはいかがですか?
しっぽたちのごはんやさん
命を無駄にしたくないとの思いから、販売に踏み切った女性ハンターの
小さな小さなお店です。


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




きいちゃん受難の日
2014年05月23日 (金) | 編集 |
きいちゃんは、カミナリが嫌いです。
昔は平気だったのに、ある日米軍の飛行機が不気味な音を立てて
頭の上を飛んだ時から、同じような音のカミナリに敏感になってしまいました。

さらに賢い(親馬鹿)きいちゃんは、雨と雷の関係にも気がついてしまいました。
雨が激しく振ると、カミナリが鳴る可能性が高い。
だから、まだ鳴っていないのに雨がザーザー音を立てて降り始めると、
そわそわし始めます。

そして耳が良いので、私達には聞こえていない遠くのカミナリの音も聞こえて
しまいます。

昨日、関東地方も天気が荒れましたが、まだ横浜は降っていなかったので
今のうちに、ときいちゃんを連れ出しました。

ところが、100メートルも行かないうちに、きいちゃんはチラチラ私を
振り返って、しきりに何か言いたそうにしています。

そのうち立ち止まってしまい、
「帰りましょうでし」

雨も少し顔に当たり始めた気がしたので、引き返してきたら間もなく、雨が
ポツポツ降り始めました。

その時はただの雨だったので、私は気にしないでクリスタルボウルの練習を
始めました。

するときいちゃん、部屋に入ってきてそわそわしています。
そういえば、微かにゴロゴロ鳴ってるかな・・・
でもたいした事はないので、そのままクリスタルボウルを鳴らしていました。

その音が混ざっているからか、きいちゃんは寝そべってみたり、またウロウロ
歩きまわってみたり。
落ち着きません。

そのうち、トイレにお籠りになってしまいました。
カミナリこわい 009
こころなしか、困った顔のきいちゃん


それでも落ち着かずに、しばらくするとまたウロウロし始め、今度はボウルを
置くスペースにごろんと。
カミナリこわい 004
その青いフリースは、ボウルを置くためのものなんですけどっ

奥まったところが安心なんですかねぇ。
カミナリこわい 003

なんかとってもお邪魔虫で、練習していても気が散ってしまいました。

その後、夕食の支度をしていても足元にべったり。
PCをいじっていれば、机の下にお籠りに。

雨がやむまで、きいちゃんの避難は続きましたとさ。
やれやれ、ヘタレちゃんです。


前の記事でお知らせした、命を無駄にしない取り組をしている女性ハンター
みみたんさんの、小さな小さな生食(鹿肉専門とも言います)のお店です。
良かったら、覗いてみてくださいね。
しっぽたちのごはんやさん


HPもよろしくです。
クリスタルボウル・ヒーリングのお知らせです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
鹿肉いかがですか~
2014年05月18日 (日) | 編集 |
ちょっとお知らせです。

CHAR-RINさんのマイミクさんの、みみたんさんと言う方がこのたび
鹿肉の販売を始めました。

みみたんさんは女性ハンターで、害獣とされてしまっている鹿を撃たざるを
得ないのですが、その肉をただ捨てておくのは忍びない…と販売に
踏み切られました。

鹿の駆除については、現場のハンターさんが一番思う所があると思います。
そのあたりのお話も、紹介されています。

鹿が増え過ぎて、人間に害をもたらすようになってしまった一番の原因は
もちろん人間です。
だから、本当は害獣は人間です。
人間が地球上からいなくなったら、おそらく他の種族はそのバランスを保って
変わる事なく自然のままでうまくやっていかれるのでしょう。

でも人類は今のところ存続しているので、せめて出来る事をするのが最低の
義務なのではないでしょうか。

鹿達にとっての自然を回復に近づける努力はもちろんですが、だからと言って
被害に遭っている地元の人たちを放置も出来ない。

ハンターと言うお仕事は、ある意味苦渋の選択なのかもしれません。
少なくとも、ヨーロッパの貴族のお楽しみハンティングとは根本的に
違うと思います。

話がそれました。
みみたんさんは、命あるものの命を奪った以上、それを無駄にすることに
心を痛め、せめて何とか利用出来ないものかと模索なさってきました。

私はその気持ちに賛同して、少しだけでもお手伝い出来ないかなと考えて
います。

みみたんさんは、ぺット-フード会社の方ではありません。(販売の為に
資格は取られたそうです)
お一人でなさっているので、商品は普通の方の手作りのものに近いものです。
大手メーカーのように量産も出来ませんし、パッケージもあまり企画化
されていません。

でも、命を無駄にしたくないと言う思いでなさっているので、その活動を
生食を与えている飼い主さん達で支えていけたらと思うのです。

サイトはmixi内にあります。
しっぽたちのごはんやさん

お品はその時々で変わると思いますので、こまめにチャックなさるか
予約しておくと良いのかなと思います。

生食を与えている飼い主さん、是非一度チェックしてみてくださいね。

日向ぼっことサッカー遊び 009
ひなたぼっこをしながら、大あくびのきいちゃん


HPもよろしくです。
テーマは、「必要な事は本当の自分が知っている」です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
流行りの犬種って何なんだろう
2014年05月09日 (金) | 編集 |
最近はホントに小型犬を良く見かけます。
日本の家庭事情や、本当は大型犬を飼いたいのだけれど環境や年齢で
諦めている方も多いのかもしれません。

それはそれで、個人個人の事情だから構わないと思います。

ただ、流行りの犬種があると言う事が、私はどうも気に入らないのです。
服やバッグや車などなら、それも良いでしょう。
けれど、犬は生き物であってモノではないのです。
流行りって何よ?と言いたい。

何故そんな事を書くのかと言うと、話はさかのぼって(個人的な話ですが)
Internet ExplorerからFirefoxに切り替えたら、なんどFaceBookがサクサク
見られるようになったのですね。

そうすると、心優しい方達がいろいろな愛護団体などの情報や記事を
シェアしたり拡散しているのが目に止まるのです。

良かったね、と言う記事もありますが、悲しい記事の方が多いです。
特に気になったのが、「流行りの犬種」を作りだす為に犠牲になっている
繁殖犬達の記事です。

TVで有名人達が飼っているから、CMで見たから、何となく可愛いから、
そんな理由で犬種を選ばないで欲しいです。
マスコミや芸能界も、少しは自分達の影響力でどういう事が起きるのか
想像力を働かせて欲しい。

結果、しわ寄せはみんな犬達に来るのです。

近所のマナーの悪い小型犬を見ると、つくづく思います。

先日も、玄関先に置かれたトイプーが、きいちゃんが通りかかると
ものすごい勢いで吠えかかり、しかもピョンピョンジャンプして今にも
フェンスから飛び出してきそうでした。
飼い主さん、そばにいるのにニヤニヤしているだけで何もしません。

階段を少し上った玄関です。
飛び出して落ちたらどうするのでしょう。
それに、きいちゃんは何もしませんが、出てきてケンカになってどちらかが
怪我でもしたらどう責任をとるのでしょう。
笑っている場合ではないと思うのですが…

マナーの悪い子はむかっとなりますが、でもこの子達が悪いんじゃない。
悪いのは全部人間。

他人に吠えかかるのを放置している人たちは、自分達が流行りの犬種を
安易に飼う事が何を意味しているのか、結局は強欲なブリーダーを
サポートしている結果になっているのだとは、おそらく気づかないでしょう。

飼い主も許可制にして欲しいところですが、少なくともブリーダーは
許可制にならないのかなあ…

犬達の環境については、ガッカリする事が多いですね。


お子ちゃまきいちゃんは、今日も元気です
日向ぼっことサッカー遊び 006



HPもよろしくです。
相変わらず、アーユルヴェーダとインドにはまってます。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
お坊ちゃま化するきいちゃん
2014年05月01日 (木) | 編集 |
個人的には、私は家庭犬はお坊ちゃま・お嬢ちゃまでも構わない
と思っています。

人に迷惑をかけるクソガキ犬や、ワガママお嬢・自己中坊っちゃんは
いけません。
けど、周りに迷惑をかけることなく、おうちで子供のようになっているのは
別に構わないと思っています。

だって、もともとわんこは人間の保護下にいて、勝手に人間社会で独立して
生きていく事は出来ないわけですから。

最近のきいちゃんは、まったくヘタレのお坊ちゃまです。
ママがいないと生きていけないでし~はもちろんですが、自己主張も
それなりに良くします。

んで、それが結構細かいこだわりだったりします。

きいちゃんは元々水が大好きというタイプではありません。
だから水の近くで放したとしても、即ドボンすることもなく、むしろ近くの
草をハムハムしている牛君タイプです。

ですから、雨も好きではありません。

雨の日、お庭でトイレをするのを何となく嫌がると言う話は、どこかで
書いた気がします。
最近は一歩進んで(?)、レインコートを着せてくれて、一緒に行ってくれれば
出てあげる、と言う態度になってきました。(ついでに報酬を要求しますが
それには乗りません)

昨日のように天気が悪い時、少しでも小雨のうちにトイレを済まそうと
思うのですが、きいちゃんには雨の状況はわかりません。
なので、あまり出たくない時には扉の前で伏せてしまって、嫌~な顔を
します。

でもまたザーザー降ってくると、びしょびしょになってしまうので、
私としては今のうちに出て欲しい。
しかし、ちょっとでも降っているときいちゃんは
「え~~~」
という顔をします。

そういう時は、しょうがないのでレインコートを着せて、一緒に庭に
出てやります。

そうそう、賢いきいちゃんは(親馬鹿)ちゃんと軒伝いに雨を避けて
行くんですよ。
ちょっとでも屋根があるところは濡れないと知っているようです。

まるで温室育ちの坊っちゃんのようなきいちゃん。
車も走っていない嵐の日でも、平気で散歩していたラブ爺とは大違いです。

まあ、そのお坊ちゃまぶりが可愛いんですけどネ。

犬は家族であり、こどもであり、相棒です。
それが何か?と思う今日この頃です。


GW,特に出かける予定がない私は、相変わらずインドにはまっています。
ベジタブルカディ 006
って、毎回写真を載せてどうする?ですが…
野菜カレー・パラタ・エッグブジヤ


きいちゃんは毎日が日曜日~です
イケメンきいちゃん 001



HPもよろしくです。
お題は、「アーユルヴェーダ的な毎日の過ごし方」です。
Lavage インフォーメーション




良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。