要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
感じ悪ぅ~
2014年03月26日 (水) | 編集 |
午前中、きいちゃんと近所を散歩していた時です。
きいちゃんが、ちょっとうんpをしそうにクルクルっと回り出したので
うんp袋を手に持って用意していました。

結局、カラ振りでしなかったのですが、たまたまその時向こうからやってきた
見知らぬおじさんが、突然私に言いました。

「他のは取らないの」

一瞬、何を言っているのだろうと思いました。
きいちゃんは、しそうにしていましたが結局しなかったわけだし、だから
別に取るものはないわけだし、この人は何の話をしているのだろうと。

「他の犬のは取らないの。何で取らないの。あちこちにあるでしょう」

はあ?と思いました。
「何で私が他の子の始末をしなくちゃいけないんですか」
と言い返すと、
「同じ犬を飼っているんだから、取って当たり前じゃないの。」

当たり前?

挙句に、
「あんた、取らないって事はホントは犬が嫌いなんじゃないの」

さすがにむっとしてきたので、
「そう言う事は、不始末をしている人に直接言ってくれませんか」
と言い返しました。

でもそのおじさんは一人でブツブツ何かを言いながら、行ってしまいました。

何だかとても不愉快な気持ちでいっぱいになりました。

一部のマナーの悪い人がいる事は確かです。
その為に、迷惑している人がいる事も確かです。
私も、不始末をする飼い主は悪いと思います。

しかし、モノには言いようがあると思いませんか?

犬を飼っている人は、他の犬の始末もして当然。
しない人間は、本当は犬が嫌いなんだろう。

その論理でいったら、子供が不始末をしたらよその親が始末するのが
当たり前。
しない人は子供が嫌いなんだろう、と言う事になります。
論点がずれています。

ちなみに、私のいた場所に特に不始末のモノはありませんでした。
私の近くに他の子の不始末があって、それを私が無視したのならまだ話は
わかりますが、何もないのにいきなり言われても、そもそも何の話か
わかりません。

他の犬の不始末を拾っている方も、時々見かけます。
偉いなあと思います。
私は普段そこまではしませんが、目の前で放置した場合には、
「忘れものですよ」
と追いかけて届ける事にしています。

たとえ正論だとしても、モノの言い方によっては失礼を通り越して
不愉快以外の何ものでもなくなるのだな、と思いました。
不愉快になれば、人は聞く耳を絶対に持ちません。

この人のやり方は、愚かなアプローチです。

でも、元はと言えばマナーを守らない一部の飼い主が一番悪い。
異常に目くじらを立てるのもどうかと思いますが、やはりマナーは守って
欲しいものです。
要らぬ争いの元になりますからネ。


おたかり顔のアップ 011
きいちゃんのイケメン顔は、むかむかを静める効果があります


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
子供達に教えてあげよう
2014年03月24日 (月) | 編集 |
暖かくなり、春休みが近くなってくると、散歩中に子供達に出会う機会も
多くなると思います。

それで、ふと昔読んだC・W・ニコルさんのエッセイを思い出しました。

ニコル氏が幼少の頃、おじいさんが飼っていた犬のご飯に、イタズラで
手を出した事があったそうです。
当然、その犬は幼児のニコルさんを威嚇しました。

びっくりした幼少ニコル氏はその場で大泣きしたそうですが、日本と違うのは
その時のおじいさんの態度です。

おじいさんはなんと、わんこを叱らずにニコル氏を叱ったそうです。
犬の食事に不用意に手を出す方が悪いと。(日本だったら、犬を叱る人が
多いですよね)

幼心にニコル氏は、犬とのルールがある事を学習したと書かれていました。

おじいさんのその犬は、目の前で幼いニコル氏が叱られているのを見てから
ずっと死ぬまで子供のニコルさんを守ってくれたそうです。

犬ってそういう動物なんですよね。

きいちゃんを見た時の子供達の反応は、大きく分けて4通りです。
「触っても良いですか?」と聞いてくる子、「わあ、可愛い~」と言って
触る子、関心がない子、「怖~い」と言って逃げる子。

子供は、犬とはどんな動物か知る由もありません。
ですから、これらの反応は周囲の大人たちの反応を反映していると
考えられます。

ちゃんと「触っても良いですか」と聞いてくる子は、家庭で犬を飼っているか
親が犬が好きできちんと対応を教えているからだと思います。

「可愛い~」と寄ってくる子も、たぶん家庭に犬がいるのでしょう。
ただ、きいちゃんは問題ありませんが、どの子もいきなり触って良いかどうか
わかりません。
やはり、ちゃんとマナーを教えてあげるべきだと思います。

関心がない子は、それはそれで別に構わないと思います。
無理に構ったり、いじめたりするより、距離をおいてくれればそれはそれで
良いのではないかと。(動物の素晴らしさを知って欲しいとは思いますが
変な事をするよりはマシです)

ちょっとなあ…と思うのは、きいちゃんが何もしていないのに
「怖~い」
と言ってバタバタ走って逃げる子です。

これは親か祖父母、周りの大人の影響だと思います。

たまにあるんですよね。
子供と一緒にいるおばあちゃんと思しき人が、きいちゃんを見て、
「ホラ、危ないから気を付けなさい」
と言う事が。

チャンスがあれば、「ウチの犬はむやみに噛んだりしません」と言いますが
身内の影響は大きいです。

その方が犬を好きであろうとなかろうと、それは構いません。
しかし、まっさらな子供の意識に、片寄った大人の好みや考えを植え付けて
欲しくないなあと思うのです。

ニコル氏のおじいさんのように、ちゃんと正しいルールを教えてあげれば
子供は一生犬と楽しい関係を持てます。

私は、かあちゃんから教わった事はあまりたくさんありませんが、動物が
大好きなのはかあちゃんの影響です。

犬はいきなり触ってはいけない、食事中にむやみにちょっかいを出しては
いけない、突然騒いだり走りだしたりしてはいけない、等々、教えてくれたのは
かあちゃんです。

これからの人と動物の関係を良くするために、欧米の良い所は見習って
ちゃんとルールを教えてあげるべきだと思います。
その上で、特に興味がなければそれはそれで構いません。

「大きい犬はコワイ」「犬は噛むもの」と教えている大人がたくさんいる以上、
まだまだ日本は遅れているなあと思うのです。

おたかり顔のアップ 008
ボク達はワケもなく噛まないでしよ


HPもよろしくです。
お題は、「テレパシーはあるのか」です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
春のお散歩と、きいちゃんの味覚
2014年03月21日 (金) | 編集 |
暖かくなりましたね~
お散歩には最適の季節となりました。

花粉症の私にはちと辛いのですが、ピーカンの日にはやはりたくさん
お散歩に連れて行ってあげたいです。

花粉症の皆さまは、花粉対策をどうなさっていますか?
完全武装?時間や場所で何とかしますか?

関係ありませんが、花粉でくしゃくしゃの鼻を洗うグッズを発見しました。
インドの鼻うがいの原理ですね。
簡単に使えてなかなか良いです。
ナサリン
長時間外にいた後など、花粉やホコリなどを洗い流してスッキリするのに
おススメです。

きいちゃんは花粉に関係なく、ウキウキ歩いています。
春の散歩 002
匂い取りに一所懸命

きいちゃん地方の近所には、雑木林に繋がる怪しい階段がいくつかあります。
春の散歩 004

かつては遊歩道かなにかだったんでしょうね。
今は途中で途切れている事が多いです。
いくつか無理やり入ってみたのですが、皆けもの道で行きどまりでした。
(ターミ兄が強引に進んでいったら、団地の中庭のようなところに出たとか)

雑木林を見ると、入ってみたくなるターミ家です。

ところで話変わって…きいちゃんは何でも食べます。
ラブ爺も食いしん坊でしたが、一応選別をしていました。
例えば、みかんなどフルーツはほとんど食べませんでした。

が、きいちゃんは差し出すと何でも口にしてしまいます。
キムチも出せば食べてしまいますし、先日などはターミ兄が
「こんなの食べないでしょ」
と言って差し出した梅干しを食べてしまいました。

しかも、また食べているとなんと「ちょーだい」と言ってもらいに来ます。

そのくせ、かあちゃんが間違えてエビオスの代わりに乳酸菌のサプリの錠剤を
出した時は、食べませんでした。

梅干しを食べるより、乳酸菌の方が良いんじゃないの?

きいちゃんの味覚は良くわかりません。


春のきいちゃんは元気です。

おたかり顔のアップ 002
イケメンでし?



HPもよろしくです。
今回は、鼻をかみ過ぎて鼻の下が痛い時におススメのバームの作り方です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
おサボりさぼり
2014年03月16日 (日) | 編集 |
すっかり御無沙汰してしまいました。
時々覗いていてくださった方々、すみませんです
理由は特にありません。
ネタがなかったという事もありますが、大半はおサボりです。

ただ、おサボりしていた理由はあります。
ひとことで言うと、「疲れてしまった」です。

ちょうど年度変わりの時期であるところに、消費税率の値上げが重なり、
教室の事務的な仕事も面倒な事になっています。(個人的には、
この値上げは絶対に良くないと思っています)

プラス、自分の習い事・家事全般・サロン関係のいろいろなど、時間に
追われているうちにふと、「これで良いんだろうか」と疑問が浮かびました。

常に時間に追われていると、「時を忘れるほど楽しい事」を忘れてしまいます。
毎日予定をこなすだけで、ちっとも楽しくない。

楽しくない時間を過ごしていると、だんだん腹が立ってきます。
何故こんなに忙しくしていなければいけないのか。

結論から言うと、忙しくしているのは自分なんですね。
そう感じているのも、そこに執着しているのも自分です。
単に、手放す事が出来ないでいるだけで、その結果「今ここ」がどこかに
行ってしまっているだけなのです。

何だかなあ…と思ったので、しばらく流れるままにしていようと思いました。
ネットもあまり関わらず、来るお仕事は丁寧にこなすけれども、自分からは
特に追わない。

本を読んだり、時間がある時は昼寝をしたり、音楽を聴いたり、
買い物をしたり。

少しゆるゆると過ごしているうちに、自分はやっぱりインド関係が
好きなんだなと思い直したり、いかに肩に力が入っているか気づいたり…

おりしも、FBでYokoさんの記事が目に止まりました。
「頑張り過ぎなくて良いんだよ」
と言う、まるで私へのエールのような内容でした。(特に彼女が私に向けて
発信してくださったわけではないのですが、それを目にする事が出来たのは
宇宙の法則かなと思います)

友人達が遊ぶ計画を立てているのを、「良いな~時間があって」と思わず
自分も楽しい事を見つけなければ、生きている意味が半減することにも
気づきました。

目の前の義務はこなさなくてはいけませんが、それ以外は自然にまかせて
少し自分を緩めようかなあ。

そんなふうに考えている今日この頃です。
花粉も飛んでいますしネ。


きいちゃんは元気です
日向ぼっこ 004

くりくりに丸まるきいちゃん
なでれ~ 001




HPも更新しました。
テーマは、アンチエイジングとヒーリングです。
Lavage インフォーメーション


だいぶ落っこちてしまったので、良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
 人間の心は底なし沼
2014年03月03日 (月) | 編集 |
今時、ほとんどの方がFBに登録していると思います。
一応私も登録はしていますが、使い方がいまだに良くわからないうえ
何故かPCで開くととっても重いので、読み逃げ・いいね専門です。

そんなわけで、自分で記事はほとんど載せませんが、お友達の記事は
ほぼ全て読んでいます。
そして、お友達はわんこ仲間さんがほとんどなので、どうしても動物関係の
記事が多いです。

拡散希望の記事の大部分は、保護犬の里親を求めるものです。
中には、酷い虐待を受けていた子の記事も、少なくありません。

何故人間は、こんなにも残酷になれるのか。
どうしてこんなに里親を必要とする子が後を絶たないのか。

先日TVで、動物の知性に関する番組をやっていました。
動物には、自ら考える力があるのかということを、いろいろか角度から
検証したものです。

あるわんこは、1000個ものおもちゃにつけられた名前を、全て覚えて
いました。
しかもその子は、聞いた事がない名前のおもちゃを取ってくるように
言われた時、見た事がないおもちゃとその名前を、考えて結びつけたのです。

犬ときちんと向き合っている方達にとっては、彼らに思考能力があることは
別に驚きでも何でもありません。

また、オランダの学者の研究で、犬には人間の感情を理解する能力がある
と言う事も証明されました。

これも、ふだんきちんと犬と向き合っている方達には、特に目新しい発見では
ありません。

思考能力があり、感情のやりとりが出来る存在を虐待するのは、犯罪以外の
何ものでもありません。

そもそも、そのような存在がモノとして扱われている事自体が、私はもう
犯罪だと思います。


人間の心は底なし沼のようだと思います。
無限に賢く優しくもなれる半面、底なしに残酷にもなれる可能性があります。

私自身も、全ての虐待された子に手を差し伸べたい気持ちがある一方で
それをした人間がもし隣にいたら、ボコボコにするか、半殺しにするかも
しれません。

たとえそれが老人であろうと、障碍者であろうともです。

そのように極端な感情を持っているのは、私だけかもしれませんが、多かれ
少なかれ、人間には二面性があると思います。

そのマイナス部分を増大させると、他の種族の不幸に繋がる。
アンバランスな感情を、自分でコントロール出来るのであれば良いのですが、
そうでないのならやはり法的に何らかの措置をとって、「正常」と「犯罪」の
線引きをしなくてはいけないと思います。

本来はリーダーに、そう言った法による統制を求めたいのですが、日本の
リーダー達は、自分たちの財布の中身しか興味がないようで…

FBから、悲しい記事がなくなるのはいつの事なのでしょう。
早く、ボランティアの方が必要でない世の中になって欲しいものです。
楽しい記事満載になったら、私のPCで見るFBも軽くなるのでしょうか。


うり坊きいちゃん
日向ぼっこ 008

寝てる姿はパピーです
日向ぼっこ 002


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村