要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬が唸って噛む時
2014年02月28日 (金) | 編集 |
きいちゃんは「う~パク」犬でした。
具体的な理由は断言出来ませんが、盲導犬センターでの生活が
彼には合わなかったようです。

どんな場所でもどんな状況でも、全然気にならない子(ラブ爺なんかは
そのタイプ)にはどうという事もないのでしょうが、神経の細かい
きいちゃんには嫌だったのでしょうね。

人間不信になったきいちゃんに、私達家族は全員噛まれました。

パクが出なくなったのは、彼がセンターにいた1歳8カ月までと
ほぼ同じ年月がたった頃です。

一つのクセがとれるまでには、それが形成された年月と少なくとも同じ
時間がかかるものなのだと、私達も学習しました。

もちろん、それはその子その子で違うのだとは思いますが。

今のきいちゃんはパクこそ出ませんが、たまに小さく「うっ」と唸る事は
あります。
でも、それはきいちゃんきょうだいのどうもクセらしいので、パクが
出なければまあ良いかと思っています。

先日の夜、珍しくかあちゃんが私に用があって、きいちゃんと私が二人で
寛いでいるところに寝間着姿で入ってきました。

ソファに寝ていたきいちゃん、寝間着姿のかあちゃんが入ってきた、
という状況がしばらく理解出来なかったのでしょう。
目が泳ぎ始めました。

きいちゃんの場合、この目がキョロキョロしている時が要注意です。
この時不用意に触ると、「うっ」と唸ります。

いつもと違う状況=良くわからない=何かあるのか?=不安
この図式が出来た時は、きいちゃんが理解出来る時間が必要です。

かあちゃんは犬好きなので、普段はとんちんかんですが、こういう時は
ちゃんと犬の様子を見抜きます。
敢えてきいちゃんには近づかず、床に座って話始めました。

しばらくかあちゃんと私が話をしていると、きいちゃんはかあちゃんが
来た理由を理解出来たようです。

ソファから降りると、かあちゃんの膝に頭を乗せて甘え始めました。
そしてしばらくなでなでしてもらったら、自分のベッドに戻りました。

全ての子がそうとは言い切れませんが、犬が唸って噛む理由のひとつは
不安や恐怖だと思います。
どうして良いのかわからなくなった時、防衛の意味も込めて噛むのだと
思います。

そういう時は、襲っているわけではないのでそんなに深くは噛みませんが
人間がその状況を理解出来ず、さらにしつこく何か行動を起こせば、犬は
もっと強く噛んだり、暴れたりするでしょう。

噛みクセのある子に一番大切なのは、不安を取り除いてあげる事、その子に
とって不安な状況を、出来るだけ作らない事。

そして心に平安が戻るまで、時間をかける事だと思います。

そんなに年がら年中、かあちゃんに部屋に来られても困るのですが、おそらく
次回かあちゃんが寝間着姿で来ても、きいちゃんはそれほど不安感を持たない
でしょう。
食べものでも持っていたら、たぶんイチコロですわな。



今日のきいちゃんは、日向ぼっこ~
日向ぼっこ 003

気持ち良さそうです
日向ぼっこ 005
(手前の変な影は、洗濯ものです。すみません)


HPも更新しました。3月の予定についてです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お日様が出ないのは、人間のせいではないぞ
2014年02月22日 (土) | 編集 |
何年か前、新聞に「ロダンのココロ」という、とっても可愛い漫画が
連載されていました。

イエローラブとおぼしきロダンというわんこが、日常の小さな事柄を
犬目線で一生懸命に考える、ほのぼのとした漫画です。

その中で、日向ぼっこをしているロダンが、おかあさんに
「掃除をするからどいて」
と言われて別の場所に移るのですが(ロダンはとっても良い子)、戻ってみると
日当たりがなくなっている、というお話がありました。

考えるロダンは、お日様はどこに行ってしまったのだろうと考えて、掃除機の
前に行きます。
そしてひとこと、
「この中に吸い込まれてしまったんだろうか」

日向が掃除機に吸いこまれてしまう、と言う発想がとても可愛くて、いまでも
良く覚えています。

きいちゃんも、日向ぼっこが好きです。
朝ご飯のあとは、とうちゃんの部屋の窓際か、二階の廊下で日向ぼっこをして
お昼前までゴロゴロしている事が多いです。

が、曇りの日は当然ですが日向がない。

するときいちゃん、ぶうぶう文句を言って私に抗議をします。

二階に行ってみて日が当たっていないと、またぶうぶう文句を言って階下に
戻る。
そこでも日が当たっていないと、私に詰め寄って文句をたれます。

「日が当たってないでし!あったかくないでし!」

そんな事言ったって、日当たりを決めているのは私じゃないよ。
掃除機で吸い取ってもいないし。

今日は日が弱いから、暖房のお部屋においで、と言っても
「ボクは、日向ぼっこがしたいんでし!」
と頑固に廊下に寝るきいちゃんです。

こういうところ、とっても頑固です。
素直に暖房の効いた部屋に来ればいいのにさ。

でも、わんこにとっては自然現象のひとつも、人間のしていることに
思えるんでしょうか。

その発想が、なんだか小さい子供みたいで可愛いですね。

お日様どこでし? 001
日が薄いのに、頑固に廊下にいるきいちゃん


HPもよろしくです。
記事を更新しました。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

雪のあとで
2014年02月19日 (水) | 編集 |
あちこちで雪の被害が出ていますね。

皆さんのところは、大きな被害がなかったでしょうか。

被害に遭われている方達が、早く通常に戻れるように。
これ以上、被害が大きくなりませんように…

さて、きいちゃん地方もかなり雪が降り、3日目でもこんな感じでした。
雪の後は 001

いまだに道路のはじっこは雪だらけです。
どんだけ~?ですよね。

きいちゃんは、散歩の時に、雪かきをしている近所の方々に声をかけてもらい、
それがとても嬉しかったようです。
雪かきをしている人やすれ違う人誰にでも、寄っていこうとするように
なってしまいました。

特に、「あら、可愛い」などと声をかけてもらおうものなら、
「ハイハイハイ、ボクの事でしか!」

何も言われなくても、
「こんにちは!ボク、きいちゃんて言います」
と言わんばかりに、いそいそと人に寄っていきます。

今のところ、きいちゃんの挨拶に嫌な顔をした方はいませんでしたが
誰もが犬好きかどうかわからないので、一応足場の悪い所でも踏ん張って
飛びつかないように注意しなくてはいけません。

「雪の日のボクは人気者」と勘違いしてしまったらしいきいちゃんです。

雪の後困るのが、散歩の時にハネを上げてしまい、どうしても足やお腹が
汚れてしまうことです。
レインコートなどを着せても、完全には防御出来ないので、いちいち
風呂場で流さないといけません。

結構面倒です。お腹も濡れちゃうし…
雪の後は 003
「見ちゃダメなのでし」

唯一良い事は、にくきゅうが妙にキレイになった事です。
川遊びをした時よりキレイになっています。
黒っぽくなるのは年のせいじゃなくて、単に汚れが落ち切っていなかったのね。

雪の後は 004
パピーの時みたいに、キレイになりました。

でもまた汚れちゃうんだよね。

明後日も雪とか言っていましたが、それは回避できたもよう。
雪くんには降参です。だからもう降らないでね。

とりとめのない、雪の後の日記でした。


HPもよろしくです。
雪かきのあとの、体のケアのお話です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
家の中が汚れるのが怖くて、犬が飼えるか!
2014年02月16日 (日) | 編集 |
きいちゃん地方、しっかり雪が積もっていまだ庭の土は見えず
近所を走っている車もまばらです。

今日は晴れてくれたので、またあとで雪かきです。
もはや、筋肉痛にもならなくなりました。
筋トレになっているのでしょうか。

雨が降ろうが雪が降ろうが、はたまた35度の暑さになろうが、
家が汚れるので犬は外飼い、と言う日本人はまだまだ多いですよね。

でも、犬を飼うんだったら、家をキレイに保とうなんて甘いぜ!
とつくづく思います。

今朝のご飯のあとのことです。
きいちゃんに朝ご飯をやり、私は自分の朝食を食べていました。

その間に、押し出しトイレをもよおしたきいちゃんは、とうちゃんに庭に
出してもらっていました。
そこまでは、よくあるパターンです。

それから戻ってきたきいちゃんは、私の傍にすわって納豆を数粒おたかり
していました。

そしてきいちゃんがエビ(エビオス)をもらいに、かあちゃんのところに
行ったあとです。

きいちゃんが座っていたところが、茶色く汚れているではありませんか。

イヤ~な予感がした私は、きいちゃんを捕まえて足を調べました。

やっぱり…
うんpをふんづけた形跡があります。

雪だらけで、自分のうんpが埋もれてしまい、わからなかったのでしょう。

しかし、足を拭く段階で「何だか妙に汚れているぞ」と気づかなかった
のでしょうか。

とうちゃんまかせにした私が悪かった…

取りあえず、キッチンクイックルを何枚か取って、目につく茶色い汚れを
拭いてまわります。
もちろん、その前に元凶のきいちゃんの足を風呂場で洗いました。

足ふきマットも汚れています。

あ~あ…洗濯物の山です。

あとで掃除もしなくては…

朝からガッカリです。

でもね、犬を飼っていたらこんな事は時々起こりませんか?
ラブ爺も、トイレが間に合わず家の中でしてくれた事もありますし、
おえ~っとやってくれた事もあります。

だから、家が汚れるから動物は…と言う方に言いたいです。
動物を飼ったら、そういう事は日常茶飯事なんです。
そこらじゅうに毛が舞うんです。
それが嫌だったら、動物は飼わない事です。
飼わなければ、家の中はキレイに保てます。
家の中はキレイに保ちたいけど動物も飼いたい、は私に言わせれば
ムリです。
だから外飼い、の公式はいかんです。

犬の毛が怖くて、犬が飼えるか!
うんpにひるんでいて、犬が飼えるか!
雑巾100枚がなんだ!
シミだらけの絨毯がなんだ!

はあ~…


当のきいちゃんは、お気楽です。
レナちゃん、あそぼ 001
「レ~ナちゃん、あそぼ」

レナちゃん、あそぼ 002
「あれ、いないのでしか?」

レナちゃん、あそぼ 003
途中ちーをしながら、振り返り…「お散歩に行っちゃったのでしか」


レナちゃん、あそぼ 006
「会えなかったでし」

レナちゃんには会えませんでしたが、途中雪かきをしているおじさんや
おばさんやお姉さんに、構ってもらったきいちゃんです。




HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
ガードドッグは要らない
2014年02月14日 (金) | 編集 |
きいちゃん地方、またしても吹雪いています。
先週と同じくらい、悪天候です。
おかげで、今日の英語教室はお休み。
午前中は何とか車が出せたので、急いで郵便局に行って、ラブドルさんに
ご注文のお耳ローションをお送りし、それから引き籠り用のビールを
買ってきました。

しかし、その後は見る見る道路が見えなくなり、そのうち吹雪きだして
お散歩もパス。
また止んだら、レナちゃんをアテにしようと思っています。

でもこんな天気でも、お外でひとりで過ごしている子がたくさんいます。
暗くて寒くて寂しくて、本当に可哀想です。

私は個人的に、犬達に「番犬」という役柄を与えるのをやめたらどうかと
思っています。
セキュリティの問題でしたら、アルソックでも何でも頼めば良い。
柴犬程度の大きさの子がいくら吠えたって、泥棒は入る時は入ります。

しょっちゅう吠えている子だったら、近所の人だって
「ああ、また吠えてる」
くらいにしか思わないでしょうし、食いしんぼうの子だったら、毒エサで
イチコロかもしれない。

それに短い鎖で繋がれていたら、その子がいくら頑張っても役には立ちません。

どうして犬=番犬の感覚を、いまだに持っている人が多いのでしょう。
もう時代遅れです。

番犬にでもしようか、と言う人には犬を飼って欲しくない。

こんな日くらい、玄関の片隅でも良いから、屋内に入れてあげてよ…
と吹雪く窓の外を見て思います。

雪の日 002
ボクはおうちでぬくぬく


どうでも良いクイズです。
11日におダンスのパーチーがありました。
さて、私はどれでしょう。(それがどーしたですが)
雪の日 001


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
レナちゃんと遊ぶ~
2014年02月10日 (月) | 編集 |
雪深い地域の方から見れば、ちゃんちゃらおかしいのでしょうが
不慣れな人間には、雪かきは筋肉痛の元です。

やっこらせと家の前の雪かきを終え、きいちゃんの散歩に出かけたら
嬉しい事に、数少ないGFのレナちゃんに会いました。

足場の悪い所を歩くよりも、わんこ同士遊んでもらった方が飼い主も
助かるので、雪の上で放牧しました。(積雪で車も通りませんでしたので)

大好きなレナちゃんとは久しぶりです。

レナちゃんと遊ぶ 002

まあ、遊ぶ遊ぶ。
それはそれは、楽しそうに遊んでいました。
レナちゃんと遊ぶ 005

レナちゃんは、ちょっと小降りな黒ラブの女の子ですが、とっても
遊び上手なんですね。
誰とでも上手に遊びます。
レナちゃんと遊ぶ 009

だからきいちゃんはレナちゃんが大好き。
レナちゃんと遊ぶ 015

30分ほどポカスカやっていたら、だんだん疲れてきたようです。
レナちゃんと遊ぶ 018

なので、ほどほどで撤収しました。

雪の上で遊ぶと足の裏がキレイになるし、転げまわっても体が汚れないので
一石二鳥です。

帰ってきてから、きいちゃんは満足して暖房の前で寝ていました。

ひとりでは特に雪に感動しなかったきいちゃんですが、お友達に会えて
一緒に雪の上で遊べて、良かったです。

ありがとう、レナちゃん。また遊んでね。



HPもよろしくです。
今回は、「負の感情と向き合うこと」がテーマです。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

裸の王様を作るマスコミ
2014年02月09日 (日) | 編集 |
昨日の吹雪とは打って変わって、横浜はお天気になりました。
雪かき作業の前に(逃避とも言う)、今日も時間があるので更新して
しまおう。

ちょっとわんこの話からそれるのですが…

例の、ニセ作曲家の佐村河内氏の話です。

後から後からいろいろな証言が出てくるようですね。
私は、この人にももちろん問題アリだと思いますが、それよりも何よりも
いけないのは、この人を裸の王様にしたマスコミではないかと思うのです。

私はこの人の経歴も作品も、殆ど知りませんでした。
ただ、Hiroshimaという曲がある事は知っていました。

完全にクラシックの、しかもフルオーケストラ(多分)の曲でしたので、
てっきりクラシック畑の人かと思っていました。

でも経歴には、「独学で」とあります。

マスコミは、この時点で気が付かなかったのでしょうか。
私はかつて、作曲科に行きたいと思い、某音大の先生について勉強して
いました。
しかし才能がないと思い、その路線は諦めました。

クラシック音楽の作曲法は、独学でそんなに簡単に出来るものでは
ありません。
もちろん、出来る人もいるでしょう。
しかし、フルオーケストラの譜面を書きあげるに至るまでには、誰かに
師事しなくては無理だと思うのです。

全くの独学でフルオーケストラの曲をいくつも書きあげている、そういう
(現在の)音楽家を、私は不勉強ながら知りません。

そして今出てきた情報によれば、彼は元々ロックバンドなどを組んでいた
売れないミュージシャンだったとか。

ロックとクラシックは違います。
ロックは、センスが良ければフィーリングだけでも出来るかもしれませんが、
クラシック音楽には学ぶべきもの(ルール)がたくさんあります。
そんなに簡単なものではありません。

たとえ絶対音感があったとしても、それだけで作品は生み出せないのです。

日本のマスコミは、センセーショナルであることを求め過ぎです。
この人が聾者であること、広島被爆者二世であること、それでも作曲を
続けていること。
その情報だけで、この人をヒーローにしたのではありませんか。

それに気を良くして、偽りのヒーローになった人。
それを利用して、自分の作品を世に出そうとした人。(と私は思っています)
そして美談に飛びついて、騒いだ人達。

皆、同罪だと思います。

マスコミがちょっと勉強して気の聞いたツッコミを入れれば、あるいは
障碍者だからと遠慮せずに調査をすれば、この人は15年以上もニセの
ヒーローは続けられなかったでしょう。

私は、障碍があるからと言って、特別視するのは反対です。
障碍があろうとなかろうと、いけない事はいけない。追求すべきは追及する。
そして、認めるべきものは認める。
それが礼儀ではないでしょうか。

変に持ち上げたり遠慮をする方が、失礼だと思います。

だから、たとえ視覚障碍者であっても、盲導犬を正しく扱わなければ遠慮なく
声を上げます。
支援はしますが、遠慮はしません。

センセーショナルが大好きなマスコミ、不勉強なマスコミ。
いい加減、日本にも正しいジャーナリズムが育ってほしいものです。

雪の日は 005
むずかしい顔でおもちゃをやっつけるきいちゃん。
「ウソはいけないでし、ウソは」


HPもよろしくです。
Lavage インフォーメーション



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
ゆ~きやコンコン♪
2014年02月08日 (土) | 編集 |
きいちゃん地方、天気予報通りマジ雪です。吹雪いてます。雪の日は 002


去年の成人式の日、車でおバレエに出掛けて、帰りにエライ目に
遭ったのを思い出しました。

今日は幸い、おダンスのレッスンは先生のご都合ですでにキャンセルになり、
英語の生徒さんもこれでは来られないという事で、連絡があって変更済み。
な~んも用がありまへん。

こういう日は、日頃出来ない事をやるに限ります。

365日インド料理にはまっている私は、時間のある時に、インド人シェフから
習ったインド料理を再現することにしています。
投稿するとブログに載せてくれます。
インド人シェフのブログ

今日は、昨日作ったマライチキン(↑上記のサイトの写真です)に、
トマトチャツネとミントチャツネを添えてアレンジ。
寒い日も暑い日も、スパイスって良いですね~
寒い日は、体が温まります。

さて、きいちゃんは雪にどう反応しているかというと、「へ~」と言う感じで
外を見ていました。
特に、喜んでもいないようです。
暖房のきいた部屋で、ぬくぬくしています。

雪の日は 003
ちょっとコワイよ、きいちゃん

雪の日は 006
こっちは、舌がチョビっと出て可愛いきいちゃん

どんどん吹雪いてきているので、これじゃあ散歩も行かれないね。

お休みしなさいと言う事なのでしょう。

雪で怪我をする人や、被害がありませんように…


HPもよろしくです。
今回は、真面目なエゴのお話です。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
廃品回収に動物を出す人
2014年02月01日 (土) | 編集 |
世の中には、ビックリするような人がいるものです。

昨日、ターミ兄の古くて壊れたプリンターを、流しの業者に頼んで
処分してもらいました。
粗大ごみで出すよりちょっと高くつきましたが、邪魔なのでまあ良いやと。

それは良いのですが、その廃品回収のおじさんが「はあ?」な話を
してくれました。

なんと、年に一回くらい、ペットをさし出そうとする人がいるのだそうです。
普通に抱いて出てきて、
「この犬要らないから、引き取ってくれ」
と言うのだとか。

確かに、「要らないものは何でも引き取ります」とアナウンスはしています。
でも、常識で考えて生き物は出さないのが普通じゃないですか。

おじさんに、そういう時はどうするのか聞いたところ、
「もちろん、お断りします」

そりゃそうでしょう。

ペットって、廃品なんですかね。
その感覚がわからない。
馬鹿なのか、勘違いしているのか、本当に心が鬼なのか。

私は、そういう人は自分が年を取った時、きっと廃品扱いされると思います。

生きている動物は、モノじゃない。
いい加減、法律を変えろよ!と思った一コマでした。


レントゲン 001
あれ、ほしいでし(テーブルに完全にアゴが乗ってしまうきいちゃん)


HPもよろしくです。
お題は変わっていませんが…
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。