要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬は言葉がわからないなんて、誰が言ったの?
2013年02月26日 (火) | 編集 |
親馬鹿ちゃんりん全開で言う事を許していただければ、何度も
言っていますが、きいちゃんは賢いです。
それもかなり賢いです。

ボケが入った人や、KYな人よりも、ずっと状況を正しく見る事も
出来ますし、自分の置かれている立場も役割も、ちゃんと理解しています。

それだけでも、一部の人間より偉いと思うのです。

犬の素晴らしいことは、に満ちている事です。
憎しみとか恨みとか、そういう感情がありません。
誰かに復讐する犬なんて、いないじゃないですか。

ちょっとした嫌がらせはしますけどネ。

さて、ターミ兄が夜遅く帰ってくる時、きいちゃんの最後の散歩は、私が
行きます。
だいたい10時くらいなんですけど、平日だとそのくらいに帰ってくる
お父さん達が、たくさんいらっしゃいます。

暗くて良く見えないのかもしれませんが、きいちゃんは向こうのほうから
体格の良い男性がやってくると、じっと見ています。
「お父ちゃんかな??」
と言う感じで、期待しているのがわかります。

が、近くに来て、その男性が他人だとわかるとガッカリ

散歩の用は私が果たしているので、散歩係を探しているわけではありません。
単純に、足りない家族を待っているのです。

な~んと可愛いのでしょう。
これだから、私はしょっちゅう飲みに行ったり出来ないのです。
しょんぼり帰りを待っているきいちゃんを想像したら、無責任に午前様など
出来ません。

人間だけだったら、それほど気にしませんが。

きいちゃんは、ターミ兄がいない夜は、散歩の後もしばらく私の膝枕で
寝ています。
少し気を当ててやったりするのですが、ぐうぐうイビキを書いて寝ています。

しばらくして、
「きいちゃん、自分のところで寝なさいよ」
と言うと、ちゃんとソファから降りて自分のところに行きます。

なんと素直なのでしょう。

とうちゃんに膝乗りしている時も、
「きいちゃん、もう膝がしびれてきたから降りてよ」
と言うと、ちゃんと降りるのだそうです。

良い子だと思いませんか?

私は、犬との(犬以外もそうですが)会話はかなり成立すると思っています。
サロンに来てくれるわんこ達もそうですが、人間との会話の成功率が90%
だとすると(人間同士だって100%なんかわかりませんよね)、犬との
会話は80%はイケるのではないかと感じています。
日常生活では、十分です。

犬と向き合わないと言う事は、この80%の会話を無視すると言う事です。
こんなもったいない話はありません。

特にアニコミュをしなくても、話のわからない人よりはよっぽどわかると
思います。
さらに内面で話そうとすれば、もっとわかる。

そして、「この人はわかってくれる」と理解すると、犬はいっそう発信する
ように、おしゃべりになります。
それは信頼関係の証です。

言葉の意味を、辞書でひくようには理解できないかもしれない。
でも犬に言葉なんかわからない、と言うのは人間の思い込みだと思います。
わからない、と言う人は、ただ単に聞いていないだけだと私は思っています。

おしゃべりきいちゃんは、今日も良くしゃべります。

冷蔵庫が好き 003
キミが何を待っているのか、聞かなくてもわかるぞ。


HPの記事も更新しました。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
よけいな事言わんといて~な
2013年02月22日 (金) | 編集 |
寒いけれどお天気が良い時は、午前中にゆっくりお散歩します。

今日も、お買い物がてら、ふらふらとお散歩に行きました。
途中、市民の森の傍の細い道を歩いていると、後ろから小さな女の子を
おんぶしたお父さんが歩いてきました。

きいちゃんは、匂い取りに夢中。全然気にしていません。

するとその女の子が、
「わんわん」
と言いました。お父さん、
「そうだね、大きいわんわんだね」

きいちゃんはそのやりとりで、誰かがいると気づいたのでしょう。
匂い取りを中断して、くりっと振り向きました。

すると女の子、
可愛い~
と言うではありませんか。

よしよし、キミは物事を正しく判断出来る子だね、と心の中で
思っていると、お父さんが言いました。
「可愛い?怖いじゃなくて?

ねーねー、なんでそういう事言うの?
なんで大きい=怖いって教え込むの?
と思っていると、その女の子はまた、
「ううん、可愛い」
と言いました。

お父さんは「へ~」みたいな感じで通り過ぎましたが、子供の方が
素直な目を持っているんだなと思いました。

たまたまそのお父さんは、犬に興味がないか、知らないのかもしれないけれど、
大きいから怖い、と言う認識は正しくありません。
正しくない事を、子供に伝えてはいけません。

幸い、その子は大きいから怖いとは思わなかったようで、お父さんも
それ以上別にその会話を続けたわけではなかったので、良かったのですが。

子供って、大人の価値判断を受けやすいですよね。
心の余白がいっぱいあるのだから、当然の事です。

だから、なるべくナチュラルでフラットな事実を、子供には伝えて欲しい。
大人の個人的な好き嫌いを、子供に押し付けないで欲しいのです。

犬=噛みつく、とか大きい=狂暴とか、そういう間違った認識を持たせると
その子が大事な出会いを逃してしまうかもしれません。

きいちゃんを可愛いと言ってくれた女の子が、動物好きでいてくれると
良いな~と思った出来事でした。

かいかい
かいかい~ボクのどこが怖いのでしか?


サロンもよろしくです。
Lavage インフォーメーション



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
文句と催促はラブの証?
2013年02月20日 (水) | 編集 |
何度も書きますが、来たばかりの頃のきいちゃんは寡黙でした。
放っておいて欲しい、自分の領域に入って来て欲しくない、
という意思がアリアリと見えたので、あまり構わずにいました。

不用意に触ったり近づいたりすると、う~パクでしたし。

けれど、それから2年くらいした頃にかなり変化があり、人からも
ラブらしくなったね~」
と言われるようになりました。

さらに時間の経過と共にラブらしさが増し、最近ではかなりうるさいシト
になってきました。

ラブは、しつこくて甘ったれで、ベタベタです。
そしておしゃべりで出しゃばりで、人間にまとわりつくような犬です。

最近のきいちゃんは、私がプレイズタッチの練習を時々するせいか
食後のマッサージを要求するようになりました。

それも、たいてい私がお茶を飲みながら、新聞を読んでいるような
時に来ます。

なでなでしていると、ゲップが出ます。
ゲップがでるのは良い事なんですけど、新聞を読んでいるときに催促を
されるのは、ちょっとメイワク。

しかも、面倒くさいので無視していると、鼻で小突いて催促したり、
前足を交互に出して「もしもし」攻撃をします。

あんまり催促なんてしない子だったのに。

他にも、日向ぼっこをしようとして、日当たりが悪いとぶうぶう文句を言い、
(それはお天気のせいだっちゅうに)休みの日はターミ兄を起こしに
行くからドアを開けろと催促し(以前は黙ってドアの前で待っていたのに、
最近は声高らかに歌ってうるさい)、雨が降っていれば退屈だと
目付きで文句を言い(それもょうがないじゃん)、とにかくうるさい。

まあ、可愛いから良いんですけどネ。
ダンマリのラブなんて、ラブらしくないですから…

ベタベタきいちゃん 006
ターミ兄にもべったり

ベタベタきいちゃん 007
べたべた


HPの記事も更新しました。
Lavage インフォーメーション

22日(金)のボランティアデーは、11時と13時がまだご予約可能です。
今回はヒーリングだけですが、徐々に曜日を変えたり、また
遠隔ボランティアデー、アロマハンドマッサージのボランティアデーなど
いろいろやってみたいと思います。
そのような日を利用して、回数を多く経験していただけたら、
と思います。


こちらも良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
亭主は犬だと思う…?
2013年02月16日 (土) | 編集 |
実際に読んではいないのですが、新聞や雑誌・テレビなどで
夫は犬だと思えば良い」と言う本を時々見かけます。

子育て本らしいのですが、タイトルがちょっと気になります。
読まれた方、いらっしゃいますか?

読んでいないので、この「犬だと思えば良い」が実際にはどのような事を
意味するのかはわかりません。

が、私の中で、犬の地位と言うか、価値は人間より上になる事があります。

だから、もしこの著者の方が私と同じ価値観をお持ちだったら、ターミ兄の
地位は今より上がる事になります。

あまり納得出来る状況ではありません。

犬は可愛いから、それで良いんです。
社会的責任もないし、それだけで存在意義は十分です。
けれど、人間にそれは当てはまらない。
人間が可愛いだけで許されるのなんて、せいぜい5歳まで。
その10倍以上トシを取った人間が、どうして犬と同じ価値観で
評価されましょう。

もう一つ、犬と同じ扱いで良い、と言う事はどういう意味なんでしょう。

ご飯はドッグフードのみで、犬小屋に繋いで外飼いにしておけば良い?

けれど、きいちゃんのご飯は手作りご飯で、肉も特別に買ってくるし
ベッドも専用のものですから、犬バカ基準からいくとこれも納得出来ません。

どうやっても、私の中では、亭主を犬と思うことが想像出来ないのです。

どんな本なんだろうと、妄想は膨らむのですが…(だったら読めよ)
もし読んだ方がいらっしゃったら、感想を教えてください。


可愛いお顔 001
この顔だから、ついゆるくなってしまうのです




サロンもよろしくお願いします。
22日(金)は、ボランティアデーです。お近くの方は、お気軽に
どうぞ。
まだ空いてま~す。
Lavage インフォーメーション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
なんとヘタレな・・・
2013年02月14日 (木) | 編集 |
きいちゃんはヘタレです。

それはわかっていましたが、前回の階段にひとり昇れなかった事
と言い、「なぁ~んてヘタレなんじゃ」とビックリする事が
時々起きます。

我が家は、とうちゃんの部屋兼居間みたいなところと、食堂が
引き戸4枚で仕切られています。
きいちゃんは、だいたい決まったところを鼻で開けて、出入りを
しています。(閉めるのは出来ない)

その日、私が食堂に入って行ったら、とうちゃんの部屋にいた
きいちゃんが、いつもと違う引き戸を鼻で開けて入ってきました。

で、そこにきいちゃんの尻尾の先が残っていたのに、知らずにかあちゃんが
いつもの場所の引き戸をガラっと…

きいちゃん、「キャッ」と小さな声をあげるとあわてて私のところに
駆け寄ってきました。

扉に挟まれた事は、わかっていません。
多分、きいちゃん的には突然尻尾に痛みが走り、ビックリしたのでしょう。

「いいいい痛かったのでし!びびびビックリしたのでし!」
と、何度も私にすり寄り、鼻をこすりつけてきます。
はいはい、キミは大袈裟だね。
何ともなっていないよ。

予期しない事、見えないもの(場所)に関して、きいちゃんの
ヘタレぶりはハンパじゃありません。

先日も、散歩中に通りかかった、よそのお宅の車庫のシャッターが、
風でガタンと音を立てると、おったまげて1mくらい吹っ飛んでいました。

これでは、とてもじゃないけど盲導犬のセンターにはいられません。

ヘタレで寒がりで怖がりだけれど、でも優しいきいちゃん。
大きな声で言い合いをしていると、黙って入って来て目の前に
座ります。

リードが放れても、遠くには行きません。

カラスを捕まえても、前足で押さえるだけです。

あきれちゃうくらい超ヘタレだけれど、永遠の赤ちゃんわんわんだから
良いんだよね。

可愛いお顔
ルックスは良いんだけどなあ…



サロンのHP,更新しました。
今回はヒーリングボランティアのお知らせです。
ヒーリングをお試ししてみたい方、お近くの方、
無料ですので、是非いらしてくださ~い。
こちらからどうぞ。(遠隔ではありません)
Lavage インフォーメション


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
フィリー婆のお見舞い
2013年02月09日 (土) | 編集 |
時々来てくださるフィリー婆ちゃん、(おん年15歳7カ月)
胃捻転で緊急手術をするも、たくましく生還したとのことで、
お見舞いに行ってきました。

超シニアの開腹手術ってビックリしますが、その様子はこちらを。
愛LOVEフィリー

お昼時は何だから…と言う事で、伺う前にニコル君と、弟のロフェちん
鎌倉で待ち合わせ、海でお散歩してから、ニコル君ママyukoさん
お勧めの素敵なカフェでランチをいただきました。

とここまで書いて、ニコル君の写真がない事に気づきました。
ごめんなさ~い。自分が食べるのと、卑しくておたかり三昧のきいちゃんの
お守で、出痔亀を出す事すら忘れていました。

元保護犬のニコル君は、堂々36キロのものすごく貫禄ある黒ラブに
変身していました。
精神的にも、きいちゃんよりよっぽど安定しているのではないかと
思うくらいどっしりと。
後ろ足に人工関節が入っているなんて、全然感じさせないです。

あと一日遅かったら、今この世にいなかったかもしれなかったニコル君。
見るたびにいつも、良かったねえと思うのです。

さて、私が遅刻(鎌倉で迷った)したせいで、大幅に予定より遅れて
フィリーさんちに到着。(ニコル君は、お留守番でした)

フィリーさん、元気そう。
フィリー婆のお見舞い 004
フィリー婆専用スペースで、マイぺースにうろうろとしていました。
ほぼ手術前と同じに戻っていました。
すごい生命力~

フィリー婆のお見舞い 001
きいちゃんソックリだけど、ロフェちんです。写真だとかなりソックリ

きいちゃんはこちらです
フィリー婆のお見舞い 003
もちろんおやつねらいです。

そこへ、ご近所のジジトトさん参入~
フィリー婆のお見舞い 006
一気に暑苦しく…いや賑やかになりました

皆で屋上に移動~となったのですが、ヘタレのきいちゃん、ひとりだけ
階段が上がれません。(まっすぐなら上がれるのですが、カーブがあったので
先が見えずに怖かったらしい)
フィリー婆のお見舞い 010
こんな顔してひとりで右往左往してました

フィリー婆のお見舞い 011
皆何てことなく上ってきたのに…

フィリー婆のお見舞い 012
あまりにも情けないので、ニコル君ママyukoさんとフィリーさんママが
あの手この手で誘導、押し上げ。
とってもカッコ悪く上ってきました。

しかし、一旦上がってしまったらデカイ態度
フィリー婆のお見舞い 018
生意気にもマーキングなどして


優しそうなトトさんを追いまわし…
フィリー婆のお見舞い " target="_blank" title="Lavage">Lavage</a>
ロフェちんも参戦


黒いジジ姐さんは怖いらしく、あまり近づきません
フィリー婆のお見舞い 022

フィリーさんは、時々ドン引きしながらものんびり
フィリー婆のお見舞い 024

記念写真でお開きとなりました
フィリー婆のお見舞い 029

私が英語のクラスが控えていたため、ワサワサと慌ただしく失礼して
しまって、申し訳なかったです。

フィリーさんが復活して何よりでした。

お付き合いただいた皆さま、せかせかしててすみません。
懲りずにまた遊んでくださいね。


サロンもよろしくお願いします。
Lavage


良かったら…

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
ラブ爺の命日
2013年02月07日 (木) | 編集 |
2月7日は、爺様の命日です。

もう6回目かな。
今生きていたら23歳、あり得ないですね。

爺様の事は、一日たりとも忘れたことはありません。
忘れたら、祟りがありそうですから…

有難い事に、爺様の命日をいまだに覚えていてくださる方が、何人か
いらっしゃいます。
私など、婆ちゃんの命日を忘れていました。
同じ2月だと言うのに…なんと薄情な孫でしょう。

ラブ爺の強烈な個性は、いまだに昨日の事のように思い出されます。

そして、命日が近くなると、毎年その存在感を再確認させるかのように
妙なアピールをしてくるような気がするのです。

「何だか最近ヘン」とか「ウチの子が悪くなった」とか、「黒いもの
ばっかりみてしまう」と言う方、いらっしゃいませんか?

きいちゃんも、何だかこのところチョイ悪です。

気に入らない事があるとスリッパを咥え、ゴミ箱を漁り、要求があると
ぶうぶううるさい。

おそらくは、爺様の指導よろしく、爺様が思うところの正しいラブに
成長しているのでしょう。

今日の午後7時、爺様と何の話が出来るかな。
blog_import_4f1904a58eadd.jpeg
フリル爺

正しいラブになりつつあるきいちゃん
可愛いお顔 007
れ~ろれろ


HPもよろしくお願いします。
受験シーズンのせいか、最近ホントにヒマです。
ご利用くださ~い。
Lavage


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
何故わかる・・・
2013年02月02日 (土) | 編集 |
きいちゃんは、ヘタレです。
基本、平和主義で争いごとは嫌いです。
とりわけ、人間がワイルドなのは苦手です。

しかし、いぬです。
ゆえに嗅覚は、きいちゃんの穏やかでヘタレな性格と同調せずに
ワイルドに働くらしい。

時々、ジジババは3時のおやつと称して、お菓子を食べている事が
あります。
でも、きいちゃんがおたかりに来てうるさいので、散歩に行っている
隙に食べたり、きいちゃんが二階にいる時にこっそり食べたりします。

散歩に行っている時はさすがにわかりませんが、家の中の場合、しばしば
バレてしまうことがあります。

昨日も、二階にいたきいちゃんが「ぶうぶう」言うので、ちーかと思い、
下に降りて行きました。

ガラっと扉を開けると、そこにはまさにおせんべいを口に入れようと
していたとうちゃんが…

う~む…そういう事だったのか。

きいちゃん、おせんべいをひとかけらもらうまで、引き下がりません。

味の付いているものはあまり与えたくないので、ほんの少し分けてやり
庭にトイレに出しました。

ちーもジャカジャカしましたが…

とうちゃん曰く、
「扉がぴったり閉まっていたから、わからないと思ったのに…」

恐るべし、犬の鼻です。

そして、きいちゃんは言葉も良くわかります。
特に自分にとって都合のいい言葉、例えば「ご飯」とか「お腹すいた
とか「散歩」とか。
それに付随する言葉も、かなりわかります。

なので、ウッカリした事が言えません。

今日もかあちゃんが、
「あと10分で、ご飯10分前だね」(この内容、かなりわかりにくく
ないですか?)
と独り言のように呟いたら、下から私を迎えに来ました。

この、考えて行動するところもかなり賢いです。

賢いのは良いんですが、我が家では自由におやつやおつまみが
食べられず、きいちゃんに関連する事をウッカリしゃべる事が
出来ません。

最近では、「〆のミルク」と言うシステムを勝手に作りだしました。

どうも、後ろで操っているヤツがいるような気がしてなりません…

可愛いお顔 008
この顔でじ~っと見つめられると、やりにくいのです


HPの記事も更新しました。
良かったら、こちらからどうぞ。
Lavage インフォーメーション


こちらも良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。