要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間って、そんなに偉いの?
2012年06月29日 (金) | 編集 |
見たくはないけれど、知りたくはないけれど、受け止めなくては
いけない事実があります。

伊藤ハムの事はご存じでしょうか。(忙しくてUPが遅れたので、
若干遅い話題かもしれませんが)
私は、いろいろなブログで何となく話題は耳にしていましたが
詳細は知りませんでした。

エコちゃんの母さんに教えられて見たサイトでは、このような事を
する人が同じ人間だと言う事が、ただただ情けなく感じました。

私は個人的には、動物実験にも反対ですし、毛皮もNoです。
そのように言うと必ず、
「じゃあアンタは肉は食べないのか」
「革製品は使わないのか」
と言った意見をいただきます。

残念ながら、私は肉も食べますし(積極的には食べませんが)、
革製品も使います。

けれど、何でもかんでも一緒にしてしまうのって、どうなんだろう?
と言うのが正直な意見です。

とうちゃんは、某製薬会社に長らく勤めていました。
ですから、私はよくとうちゃんと動物実験について話をしました。
それは本当に必要な事なのか。
実情はどうなのか。

今現在、動物実験をゼロにする事は不可能だと思います。
でも、化粧品など、ある意味付加的な価値を持つものに対して
命を使う必要はないと思います。
化粧品を使わなくても、人間は死にはしません。

また、そのあり方はどうなのか。
研究者の好奇心の犠牲になってはいないのか。
無駄な実験はないのか。

食肉に関しても同様です。
人類すべてがベジタリアンになる必要はないと思います。
(厳密に言えば、野菜だって生きています)
きいちゃんも、生肉を食べます。
それは、全ての生き物が生きていくための生態系の一部です。

しかし、命をいただくにあたって、礼儀や仁義といったものは
なくてはいけないと思うのです。

命を提供してくれた家畜に、感謝の心を持つ事。
最低限の礼儀です。

また、食品を無駄なく感謝していただく事は、言うまでもありません。

しかし、伊藤ハムのこの所業は、いかがなものか。
そんな感謝の気持ちは、微塵も感じられません。

関連サイトを載せますので、勇気ある方はご覧ください。

NPO法人 ケイ&リル

ベジタリアン ベグブロ


私達に出来る事は、知る事、そして拒否する事です。
もともと私は伊藤ハムの製品は買っていませんでしたが、今後も
買う事はないでしょう。

決めるのは、個人の自由です。

私は、生きていくために命をいただくことは仕方がない事だと
思いますが、しかし傲慢な人間になりたくはありません。


九盲情報です。

Ericさんのブログに、大変興味深い書類が公開されています。
アトムの幸せを考える

Gstoneさんのブログには、論理的な解説が載っています。
いきもののこと

合わせてお読みになると、いろいろなからくりが見えてくると
思います。


きいちゃんのアップ
アップ

良かったら、わんこ用BGMの「わんワールドも」
わんワールド


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
きいちゃん徒然
2012年06月24日 (日) | 編集 |
ちょっとおサボりしてしまいました。

このところ、英語の研修で東京さに行ったり、自分が受けたい
セミナーがいくつかあって、出歩いていたりしたので、ブログを
更新できませんでした。

そんな時は、きいちゃんの写真でごまかすのが一番ですね。

というわけで、可愛いきいちゃん写真をどうぞ。

がじがじ
ガジガジ

日向ぼっこ
日向ぼっこ

ヘソ天
ヘソ天

ターミ兄の部屋で
もう暑くなってきたので、ターミ兄の布団には乗らないらしい



口元が可愛い

きいちゃんの口元って、口角が上がって笑った感じで、
なんか可愛いんですわ。

最近のきいちゃんは、かあちゃんが
「なんだか、人間臭い犬になったねぇ」
と言うくらい、良くしゃべって人間にまとわりついています。

犬は犬だけど、間違いなく家族です。
先にあちらに行ってしまう事もわかっているけど、それでも
家族です。

セミナーで、2020年をイメージする、というのがあった
のですが、私は地球環境云々よりも(そういう事をイメージ
する人も多かったのですが)きいちゃんがその頃いるかどうか
他の子もいるかどうか、犬の事ばかり考えていました。

きいちゃんは、まだ元気でいるかな。もういないかな。
妖怪化しててくれたら、楽しいな…と。


あ、急に思い出しましたが、わんこ用のBGMのCDがあるそうです。
私がヘミシンクのCDを良く買う所から、良かったら広めて~
とメールがあったので、URLを貼っておきます。

わんワールド

もし買ってやっても良いぞ、と思われた方は、アフィリエイト用の
アドレスをもらったので、こちらからどうぞ。

http://mshn.jp/r/?id=08xvm13704

(ご面倒ですが、コピーしてくださいませ。やり方がわからん)

カミナリが鳴ったら、試してみようかと思っているのですが
そう思っていると、なかなか鳴りません。
良かったら、見てみてください。
預かりわんこさんがたくさんいるようなところでは、良いかも
と思いました。

あと、九盲に関する事は、Gstoneさんのブログ

いきもののこと

若しくは、Ericさんのブログ
アトムのしあわせ

を是非。

とりとめなくなりましたが、良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
保護犬ボラさん
2012年06月13日 (水) | 編集 |
わんこ関係のお友達には、ネッ友さんも含めて、保護犬の
預かりのボランティアをなさっている方が、たくさんおられます。
そういう方々は、たいていご自身でも飼っている子がいて、
その上に見知らぬ子を預かっています。

私はいつもそんな方々を、本当に心から
偉いな~
と思うのです。
何故かと言うと、私もかつて2回だけそんなボランティアをした事が
あるんですわ。
ええ、たったの2回。
それしか出来ませんでした。情けない事に。

それはもう、20年近く前の事でしょうか。
まだ爺様が、若かりし頃の話です。
爺様のお世話をするうちに、わんこの目覚めた私は、何かお役に
立つ事がしたいと思うようになりました。
当時はネット環境なんてありませんでしたから、何か広告
のような物を見たのだと思います。

最初に預かった子は、ハスキーのようにバイアイの中型犬でした。
避妊手術をしたあと、1週間ほどのお約束で預かりました。

爺様が他の子に対してどうするのかわからなかったのと、その子は
まだ抜糸が済んでいなかったので洗う事が出来ず、半分外で飼って
いました。

おとなしい、人懐こい子でした。
しかし呼びが全くきかず、一度放れたらどこかに行ってしまう子
でした。

それなのにある日、爺様の散歩のとき私がきちんと門を
閉めなかった
ので、その子は脱走してしまいました。
たぶん、爺様と一緒に散歩に行きたかったのでしょう。

預かった子なのに、逃がしてしまった!
何と言う不始末!
血の気が引きました。
ご近所の方も手伝ってくださって、大騒ぎになりました。

結局その子は、数分離れたおうちの車庫に固まっていて、事なきを
得たのですが…
自分の不注意に、猛反省でした。

次に預かった子も、おとなしくて人懐こいのですが、寂しんぼの
泣き虫で、一人にしておくとオイオイ鳴いてしまうタイプでした。

困ったのは夜で、玄関に置いておいたのですが、一人でいるのは
寂しいと鳴くのです。

仕方がないので、爺様が寝た後、枕を持ってその子の傍でソファで
寝ました。
私が傍にいれば、黙って寝てくれたので。

しかし今度は、目が覚めたら私がいない事に気づいた爺様が、
二階の部屋でオイオイ鳴き出しました。

寝不足で、こちらが泣きが入りました。

この2頭を預かって、私は今の自分の環境ではお役に立てないと
悟りました。
フレンドリーでない爺様のお世話で精一杯の私には、他の子を
お預かりすることは到底無理である事がわかったのです。

今だったら、もう少しうまく出来るとは思いますが、当時の私は
まだまだ若造だったんですね。
やる気はあっても、全然役には立ちませんでした。

その経験があるので、保護犬の預かりを軽やかにこなしている
お仲間の方を見ると、尊敬してしまうのです。
ごく普通に、そうした生活をしておられるわけですから。

でもね、そういう方々が無償で命を繋いでいるのを、当たり前に
してしまう社会では、私はいかんと思うのです。

本来は、行政がそういった事をすべきじゃないのか。
日本人の大好きな、性善説に基づくボランティアに、いつまでも
乗っかっていて良いのだろうか。

でも、まだまだ日本は動物先進国には程遠いものがあります。
盲導犬のような介助犬ですら、きちんと法律で守られていない
のですから。

ただ声高に叫ぶのではなく、さりとて性善説を前提にするのでもなく
何が問題で、何がいけないのか。どうすれば良いのかを、論理的に
見直し、構築し直す時期にきているのだと、私は思うのです。



九盲関係のブログです。
プロの記者並みに、きちんと調べて書いておられると私は思います。

Gstoneさんのブログ
いきもののこと

Ericさんのブログ
アトムの幸せを考える

お二人のブログにも書かれていましたが、ループさんの記事も
是非お読みください。

同和と在日6月号

もう一つ、日本とオランダの動物事情の、何が違うのかをわかりやすく
動画にまとめたものです。
オランダのNPOが作成しました。14分と長いですが、こちらも是非。

キップとそらのQ&A

きいちゃんのアップ 001
きいちゃんの憂い顔


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
犬が老いていく時
2012年06月08日 (金) | 編集 |
ラブ爺のかつてのガールフレンドの一人、黒ラブの
アーダおばちゃんが亡くなりました。
16歳2カ月だったそうですから、立派な年齢です。
それでも訃報を聞くと寂しいです。

3年ほど前でしょうか。
きいちゃんも、四国のドッグカフェでおばちゃんに会った事が
あります。
でも、イケメンのはずのきいちゃんなのに何故か
アーダおばちゃんにはボコボコに怒られて、嫌われちゃったっけ。

会った事のない子でも、亡くなったと聞くと涙が出るほど
寂しいです。
実際に会った事がある子達には、想い出がありますから、もっと
もっと悲しい。

私達よりも数段早い時間で、その一生を終えていく犬達。
子供の頃から、年老いて死ぬその瞬間までの時間を全て、
人間に奉げてくれる犬達。

ふと思うのです。
動物に関わる仕事する人は、動物を看とった事のある人だけに
して欲しい。
そしてそのお別れの時に、涙が出る人だけにして欲しい。
その一生を、いとおしいと思う人だけにして欲しい。

かつて近所に、飼っていた犬がフィラリアで亡くなったのに、
「死んじゃったの」と何事もなかったように話した子供がいました。

今はもう、良い年をしたオトナになっているでしょう。
でも私は、彼には動物を扱う仕事に関わって欲しくないなと
思うのです。

ただの愛犬家の偏見かもしれませんが。

ところで、Gstoneさんが非常に興味深い記事をお書きになりました。
私もこれは全然知りませんでした。
良く調べられたと思います。

いきもののこと


Ericさんのブログも更新されていますので、九盲関係に興味が
ある方はどうぞ。

アトムの幸せを考える


前々記事で取り上げた動画ですが、見落としや見間違いがあっては
失礼なので、もう一度拝見しようと思ったのですが、見当たらなく
なっていました。

私は別に、どなたかを個人攻撃するつもりなどありませんし、
ケンカを売るつもりもありません。
そんな事は、犬達にとって何の意味もない事です。
動画を作成された方の名誉の為に申し上げますが、この方は
とても犬を可愛がっていらっしゃいました。
そこには、何の異論もありません。

しいて責任を問うなら、訓練の責任者の責任でしょう。
質の高い、プロならではの仕事を、是非お願いしたいものです。


それから、鳥取ループさんの新しい記事も出ました。
こちらも、是非お読みいただきたいと思います。
よく取材されていると思います。

同和と在日6月号

もう一つ、アトムの動画を作りなおして、世界中に発信してくれた
オランダのNPOから、新しい動画が届きました。


キップとそらのQ&A


何でもかんでも欧米が進んでいる、と言うわけではありませんが
日本で何故動物愛護が徹底出来ないのか、真の意味で進まないのか
わかりやすく説明しています。
14分ほどあり長いので、お時間のある時に是非ゆっくりご覧に
なってください。


なんだか、お知らせばっかりになってしまいました。

布団がないのでし
「布団がないでし」 「お日様に干しているんだよ」



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

カミナリ対策
2012年06月05日 (火) | 編集 |
最近は異常気象のせいか、天候が変わり易く、雨の降り方も
昔とは違ってきました。
かつての梅雨のように、しとしとと雨が降り続くのではなく
突然大雨になったり、カミナリを伴う事があるので、
きいちゃんにとってはかなり迷惑です。

来たばかりの頃、きいちゃんはカミナリをあまり気にして
いませんでした。
ある時、米軍の飛行機があまりにもうるさく、地鳴りのような
不気味な音を立てたのがきっかけで、カミナリ恐怖症
なってしまいました。

遠くの方で鳴る、僅かな音にも敏感に反応してしまいます。

カミナリが鳴り始めると、きいちゃんは誰かの足の間に頭を
突っ込み、息も荒く、落ち着かなくなります。
そして、普段はあまり好きではない、ドン詰まりの隅っこなどで
固まります。

窓のないトイレに、一人で籠っていた事もありました。

我が家はたいてい誰かが家にいるので、人間にくっついて
ひたすら耐えているきいちゃんですが、もし誰もいない時に
カミナリが鳴りまくったら、どうなってしまうのでしょう。

知り合いの方の話では、何犬かわかりませんが、カミナリを
怖がる子が、留守中に恐怖で死んでしまったそうです。
心筋梗塞でも起こしたんでしょうか。
可哀想に…

一度覚えてしまった恐怖心は、なかなかとれません。
だからと言って、
「どうしたの?どうしたの?」
とあまり大げさに構い過ぎても、余計に平常ではない状況を
再確認してしまうでしょう。

人間が騒ぎ立てるのも、よろしくありません。

去年の地震の時、ヘンな顔はしていたけれども、きいちゃんは
意外にも怖がったりはしませんでした。
周りの人間が、大騒ぎしなかったからだと思います。

条件を変える、と言うのも一つの手だとは思いますが、(犬は
同時に二つの事は考えられないそうです)だからと言って、
カミナリが鳴るたびにおやつ、と言うわけにもいきません。

あ、音の出るおもちゃで遊ぶのは良いかもしれませんね。

ターミ兄がいると、その机の下に納まっているのですが、私では
小さくて盾にならないんですって。

皆さんのわんこは、カミナリは怖がりませんか?
カミナリ対策、どうしていますか?

隠れるの
机の下に入って、ターミ兄の足に挟まるきいちゃん


良かったら…

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

素朴な疑問
2012年06月02日 (土) | 編集 |
ネットサーフィンをしていたら、あれれ?と思う動画を見つけました。
どこかの盲導犬協会の、パピーの訓練講習の様子のようなのですが
なんとおやつを頻繁に使っている。
それから、何故か机の上を歩いている。

そして最後に、パピーがソファで可愛らしく寝ていました。

盲導犬が食べものに執着しては困るので、盲導犬候補の訓練には
食べものは極力使わないのでは?

それから、ソファやベッドに寝るのは基本NGなのではないでしょうか。
一般の家庭犬であれば別に構わないだろうけれど、盲導犬は如何な
ものか。

だって、訓練所に入ったらその日から、「ソファに乗ってはいけない」
と叱られるわけでしょう。
可哀想ですよね。
今まで良いと言われていた事が突然ダメになったら、犬達が
混乱するのは必至です。

素人の私が見てもおかしいと思ったので、盲導犬施設連合と、
私がささやかなサポートをしている日盲に問い合わせてみました。
この動画をご覧になってどう思われますか、と。

日盲では、パピーには
「ソファーや椅子にはのらない、人の食べ物に興味をもったり
執着するようなことはさせない、といったもっとも基本的なこと」
を徹底して指導しているそうです。

この動画は、首をひねる部分が多く、私の指摘した事ももっともだと
お返事をしてくださいました。

日本のPWのレベルは、ピンキリと言う事なのでしょうか。
素晴らしいベテランのPWを、私は何人か存じ上げていますが、
雲泥の差です。

Gstoneさんもお書きになられていましたが、日本の盲導犬合格率は
イギリスなどに比べて著しく低い。
イギリスが9割前後盲導犬になれるのに対して、日本はわずか
4割程度です。

その差はどこから生じるのでしょう。
血統と言われる事もあるようですが、私はそれよりも育てる側に
問題があるのではないかと感じました。

同じPWでも、協会によって育て方に大きな違いがある。
もちろん、方法は各協会によって多少異なるでしょう。
けれど、目的は同じなのですから、大筋からあまりにも逸脱するのは
やはり程度が高いとは言えないと思います。

きいちゃんを見ていると思うのです。
同じキャリチェンになるにしても、う~パク犬にしてしまうのは、
人間側の落ち度と責任だ、と。
血統のせいなどにしてはいけない。

どなたかがツイッターで仰っていたそうです。
「九州盲導犬協会の話とか最近の盲導犬協会などとの文書の
やり取りから、日本はまだまだ犬の力を借りる事など無理と痛感した。
人間に精神的成熟が全く見られない。全て人間本意、犬への配慮など
微塵も感じられない。
この国は介助犬の前にまず人間が成長しなくては
根本が間違っている」

私も激しく同意します。


Gstoneさんのブログです
いきもののこと

Ericさんのブログです
アトムの幸せを考える



もだえるきいちゃん
いや~ん



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。