要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
署名活動をするにあたって
2012年02月28日 (火) | 編集 |
「盲導犬とよりよい暮らしを考える会のブログ」

http://ameblo.jp/moudouken-yoriyoi-kurasi/

アトム君の件に関して、こちらで署名活動が始まりましたが、
ブログにも記載されていますように、いくつかの注意事項が
ありますので、ご協力いただける方はご確認をお願いします。
ご覧になっていない方の為に、コピーしておきます。



*署名は必ず消えないよう
ボールペン等で自署して下さい。

*家族でも、同じ筆跡は無効です。
同じ住所の方でも同上等は使用せず、
それぞれご住所をご記入下さい。*署名が少しでも実現されますよう、
コメントを記入していただける欄もご用意してあります。

*この運動の趣旨を理解し自署できる方なら、
未成年者でも署名に参加できます。

署名された原本をコピーすることや
住所・氏名を控える事を一切禁止します。





上記の「考える会のブログ」の注意事項に加えて、
私なりに注意した方が良いと思う点も、書き加えておきたいと
思います。

ただ数だけを集めるのではなく、「価値ある署名」にするために、
賛同いただけない方や興味・関心のない方に、無理に署名を
していただく事は避けた方が良いと思います。

後になって、「何だかわからないけど、書いてくれと言われたから」
などと言われては、あまり意味がありません。

また、個人情報が記載されているわけですから、くれぐれも
取り扱いは慎重にすべきであると思います。

一部署名のしてある用紙を他の方に預ける、などの行為は
避けた方が無難です。

不正と思われる署名が混ざらないよう、あくまでも善意の署名を
正しく
集めたいと思います。


それから、ライフさんを批判している人もいるようですが、
私はそれは違うと思います。
アトム君が出てこないのは、署名のせいではありません。
仮に保護している方がいたとしても、協会がこのように
曖昧な対応をしていては、出るに出られません。

複雑になっているように見えますが、私は本質はシンプルである
と思います。

誤解を招くような行為をするユーザーに、盲導犬を渡した事。
(障害があろうとなんであろうと、マナーは守るべき)
協会の責任と指導が重要であるにも拘らず、機能していない。
盲導犬は命ある存在であり、道具ではない。

逆に言えば、良識あるユーザーさんが、盲導犬を命ある存在として
正しく扱い、責任の取れる協会がきちんと指導・管理していれば
何の問題も起きなかった事です。

ライフさんだって、本来の活動を妨げられているわけですから、
ハッキリ言って迷惑だと思います。
しかし、それでも前に進むために署名に踏み切った行動力と勇気に
私は敬意を表し、協力をします。

したくない人はしなければ良い。
しかし、安易な批判はお門違いだと思います。

もう一つ、私個人はこれで行政が何も動かなかったら、
海外メディアを視野に入れていました。

しかし、すでにこのように発信した方がおられました。
とてもわかりやすく、面白半分などではなく真摯に
動画にまとめられています。
英語の字幕もついていますので、海外の方が目にする可能性も
十分にあり得ます。




海外にどう伝わるか、見た方の感想は日本の行政の
コントロール外になるかもしれません。

協会に善意と良識があれば、それに基づいて行動して欲しいと
思います。





にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
署名活動が始まりました(追記あり)
2012年02月25日 (土) | 編集 |
取り急ぎ、お知らせです。
長崎の盲導犬失踪事件に関して、福岡県知事あてに
公益財団法人九州盲導犬協会の事業活動改善、および監督・
指導を求める署名活動を行うことになったそうです。

詳しくはこちらをご覧ください。


盲導犬とよりよい暮らしを考える会のブログ

http://ameblo.jp/moudouken-yoriyoi-kurasi/



この件に関して、最初に告発をしたライフ・オブ・アニマルも
頑張っているようですので、援護したいと思います。

良識ある方々の怒りも、頂点だと思います。
賛同してくださる方は、是非ご協力をお願い致します。

ネット署名ではありませんので、記事から署名用紙を
ダウンロードしてお使いください。

〆切りは3月31日です。
署名の送り先は、署名用紙に記載されています。

どうぞよろしくお願いします。

お願いきいちゃん
お願いしますでし


***********

追記です。
昨夜は遅くに気付いてあわててUPしたため、言葉の
足りないところがあったかもしれません。
誤解のないよう、付け加えておきたいと思います。

この署名活動は、良識あるユーザーさん達や、真面目な
ボランティアさん達を非難するものでも、活動の邪魔を
するものでもありません。
ましてや、盲導犬の存在を否定するものではありません。
そのあたりを、誤解のないようにお願いしたいと思います。

私達が怒りを向けているのは、適切な指導および監督を
怠った九盲に対してです。
協会が誠意ある対応を見せていれば、このような署名活動など
必要なかったでしょう。

くれぐれも、無関係なユーザーさん達やボランティアさん達に
非難の矛先を向けたりなさらないよう、お願いします。

また、面白半分の野次馬に関わって欲しくはありません。

私は、すでに署名活動を始めていますが、説明をきちんと
した上で、納得しかつ賛同してくださった方だけに、
協力をお願いするつもりです。

ご協力いただける皆さん、主旨を拡大してしまわないよう、
ただただ怒りにまかせて動いてしまわないよう、お互いに
気をつけて冷静に行動しましょう。






にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
嘘は絶対に真実にはならない
2012年02月24日 (金) | 編集 |
もぉ~今年は仏のターミ姉になろうと思ったのに、
どうしてこう後から後から、ムカつく情報が入るんでしょう。

まずこの新聞記事。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/288322

これ書いた人、九盲の代表が自民党の議員だと知って、
怖気づいたんとちゃう?
それともお抱え記者

権力に屈するのは、ジャーナリズムとは言わない。
この記者は、ジャーナリストのはしくれでもない。
取材するなら、ちゃんと勉強しろよ。
警察犬と盲導犬は違うし、それに警察犬協会の訓練士って、
誰?
私は警察犬協会の会員でもあるんでね。(しかも功労賞を
もらったぞい)
名前を言ってみな、直接聞くから。

こういうのを、「情報操作」って言うんじゃないの?

それから、九盲を援護しているボランティアの面々。
本気でそう思ってるの?
じゃあ、アナタは犬は嫌いなんだね。
自分がお世話した子の行く末が気にならないなんて、理解出来ません。
私だったら、自分が繁殖したり、面倒を看た子犬が粗末に扱われて
いたら、取り返しますね。
それで、
「出て行け!」
と言われたら、ええ、出ていきますよ。
だって、別に雇われてるわけじゃありません。
ただ、タダでは去りませんけどね。
何人か引き連れて、後足で思いっきり砂をひっかけてから
やめますわ。

この記事を、
「そうなんだ~」
と心から納得している人がどれほどいるのか、洗脳されたPWの記事に
賛同出来る人がどれだけいるのか。

私は、良識を持った人の方が多いと信じたい。
実際、私の周りでは?マークをたくさん並べている人の方が
圧倒的に多い。

九盲さん、腹心のお仲間ボラさん、それから何かおやつをもらった
新聞記者さん。
世間はそれほど馬鹿ではありません
やればやるほど、反感を買う事にいい加減気づいてください。
そのうち、どこかからとんでもない事が起きますよ。
海外のメディアの存在もお忘れなく。
欧米のメディアには、地方の自民党議員の後光は効きませんからね。

嘘はどんなにうまくコーティングしても、真実にはなりません。
嘘は嘘であり、それを通そうとすればするほと、嘘の上塗りに
なります。

いい加減気付いてください。
世間はアナタ方の嘘に丸めこまれるほど、馬鹿ではないんです。

馬鹿はアナタ方の方だと言う事を。

ご飯、まだでしか?
ご飯を待つイケメンのきいちゃん

ご飯まだでしか?2
でもお腹がすくとおマヌケな顔になるでし


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
理由があれば良いのか?
2012年02月22日 (水) | 編集 |
光市母子殺人事件の、被告の死刑が確定しましたね。
正直、やっとかい、と思いました。

死刑制度については、賛否両論あると思います。
けれども、現時点で日本には死刑制度が法で定められて
いるわけですから、公的立場の人間がそれを阻止するのは
ちょっと違うのではないかと思うのです。

たとえ、自身が死刑廃止論者であったとしても、だからと言って
事件を自分の主義主張の為に利用するパフォーマンス弁護士達

それから、法務大臣に就任しながら、死刑には反対だからと
執行を避ける大臣。

こう言う人達は、何かを履き違えているのでは?

賛成だろうと反対だろうと、法に従事する者だったら
自身の主義主張より、責務を優先すべきでしょう。
出来ないのなら、その職務を降りてくれ。

私個人は、死刑制度は仕方ないと思っています。
人を殺さば穴二つ。
処刑したからって、亡くなった方は戻ってきませんが、
せめてもの償いです。

それも、思いあまってやむを得ず、と言うわけでもない。
自身の欲望の為に、計画的に幼い子供まで殺した被告に
私は言い訳の余地はないと思います。

18歳なんて、少年じゃないです。
少年法なんて、せいぜい15歳で十分。

生い立ちが不幸?
それも関係ないと思います。
じゃあ、不幸な生い立ちだったら犯罪を犯しても良いのかよ?
もっと大変な生い立ちでも、立派に生きている人はたくさん
いるぜ。

○○だから、だからしょうがない、みたいな言い訳を言う人、
私は大嫌いです。
理由があれば、何をしても、人に迷惑をかけても良いのか?

それって、障害があるから好き勝手にして良い、と言うのと
根本的に同じじゃないでしょうか。

長崎にもいましたよね、そんな人。

どんな理由であれ、人に迷惑をかけてしまったら、まずは
謝罪です。
そして、償えるものなら償う。
改めるべきは、改める。
当たり前なんじゃないでしょうか。

でもそれをしないで、屁理屈をこねるヤツが多過ぎる。

アンタからみればそうかもしれないけど、こっちから見たら
違うんだよ、と言う事を平気で主張する人間の、なんと多い事か。

自分の立場の正当性だけを主張する、わけのわからない弁護士団
自分の保身に汲々としているどこかの盲導犬協会が、私にはソックリに
見えます。

偉そうな事を言っているけれど、突き詰めれば自分の事だけ

人を殺してロクに反省もしないで、最後まで自分のことしか
考えられない人間と、それを弁護するインチキ弁護士と、そして
事件が起きているのに、子供だましの言いわけしか出来ない、
どこかの盲導犬協会の面々と、私には皆同じ馬鹿面にしか
見えません。

それも、醜い歪んだ馬鹿面。

動物の顔と見比べると、醜くて反吐が出そうです。

お膝乗り
ボクは可愛いでしよ

きりり
良いお顔でし?


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





使役犬の権利を守ろう
2012年02月18日 (土) | 編集 |
その後アトム君の情報は入ってきませんが、動きが
ないからと言って忘れてはいません。

大きな組織と言うのは、人が忘れた頃に「どさくさに紛れて
何かをする、という小技を使うのが大好きです。
今回も、うやむやにして、なかった事にしてもらっては困ります。

今日は、盲導犬をはじめとする、人間の為に働いてくれている
わんこ達をどうやって守ったら良いか、私なりの意見を
まとめてみようと思います。

ボランティアのなかですら、
盲導犬は道具なんだから、酷使されても仕方がない」
と言った様な意見を言う人がいますが、まずこの考えはおかしい
と言わざるを得ません。

命あるものは、道具ではありません。
鉛筆や包丁や自転車や、そういったモノとは違うのです。

私は、平気でこう言う事を言う人達とは、絶対に友達には
なれません。
多分こう言う人達は根底に、使えるものは何でも道具、という
考えがあるのでしょう。

言いかえれば、「利用価値のある人間も、自分にとっては道具」
なんじゃないでしょうかね。
心の存在はどうでも良いんでしょう。

盲導犬は、生きて、その命を人間に捧げてくれる存在です。
それなのに、どこからも保護されていないという矛盾。
盲導犬は、ペット以下の扱いってご存知ですか?

それからもう一つ。
盲導犬を虐待なんてあり得ない、と言い張る人達がいますが
その根拠は何なんでしょう?

人間の介護施設でも、立派に虐待行為が行われている今の世の中
盲導犬だからと言ってそれがあり得ないなんて、それこそあり得ません。
性善説で済めば良いですけれど、現実はそんなに良い人ばっかりでは
ないのです。

盲導犬は道具ではない。
虐待はあり得る。
この二つを念頭に置いて、じゃあどうしたら良いのか。

私は、法律の整備を待っていては、間に合わないと思います。
だから?
ええ、だからどうしよう、と言う話ですよね。

まず、見て見ぬふりはやめましょう。
「あれ、おかしいんじゃないの?」
と思ったら、即写メを撮る。
それから、ユーザーに声をかけましょう。
「何をしてるんですか」と。

誤解ならそれはそれで良し。でもそうじゃなかったら、
「貴方のしている事は虐待です。私は証拠写真を撮りました。
盲導犬協会に通報します」
と言ってやりましょう。
私は言います。
それで、悪質ユーザーが暴れたり騒いだりしても、そんなことに
ひるんいられるかい。
大騒ぎになって、警察が呼ばれれば好都合です。

それから協会に通報します。
誠意ある回答が得られない場合は、ネットに流します。
(あらかじめ、流すと通達しておきます。)

そんな事をする必要があるのか、個人情報は、などなど
心配する方もいるんでしょう。
実際、今回写真の公開に踏み切った愛護団体の悪口を言う人達も
いるようです。
でも、それって本末転倒じゃないの?
誰が一番悪いのか。
疑惑の行為をする人です。
そして、本来管理すべき立場の人間が、その責務を怠っている事です。
論点をすり替えてはいけない。

そうそう、協会は必ず適切な処置をするはずだ、という固定観念も
やめた方が良さそうです。

九盲の代表は、元銀行関係の人だそうですよ。
天下りの構図に、良く似ていませんかね。
元銀行関係の人がいけないとは言いませんが、畑違い過ぎませんか。
犬の何がわかる?

だいたい、こういう人が来ると言う事は、お金が動いているんじゃ
ないかと疑いたくなります。
あまり知られていませんけど、実は盲導犬一頭に対して、かなりの
助成金が動いている、と言うのも知っておいた方が良いと思います。
金額は資料によってまちまちですけど、全てを寄付でまかなっている
なんてのは無理でしょう。

助成金の元は、税金です。
ですから、私達にはその動きを監視する義務があります。
無駄に使われていないかどうか。
間違った使われ方をしていないかどうか。

私は別に、皆さんに通報をおすすめするわけではありません。
しかし、私達が守らなかったら、使役犬の権利はどこからも
守られていないのです。
だから、自分はこのくらいの事をしようと思っています。

ボランティアの方達にも、以前提案しました。
モノ言うボランティアになろう、と。
無償でお手伝いしているんです。
部下じゃないんですから、疑問があったらぶつけるべきです。

ご自分の繁殖した子達の現状について、答えてくれなかったら、
食いさがりましょう。
知る権利くらい、ボランティアにはあると思っています。

ボランティア同士の横の繋がりを好まない?
そんなことも、大きなお世話です。
ボランティアが誰と仲良くしようと、協会にとやかく言われる
筋合いではありません。
何も遠慮などする必要はないのです。
何度も言いますが、無償でご奉仕してるんですから
こっちが気を使って欲しいくらいです。

そもそも、ボランティアに権利がないから、犬達にも権利がない
と言う図式が成り立っているんじゃないでしょうか。
おかしな話です。

こと犬に関しては、物わかりの良い、良い人ニッポン人はやめようと
思います。

あ、もともと物わかりなんか良くないし、良い人ではないですけどネ。

犬達の為だったら、イケズのクソババアと言われようと、なんと
言われようと全然構いませんから、私は民間の監視員でありたいと
思っています。

アップに耐えうるきいちゃん
たまには、きいちゃんのアップ~

もういっちょ、アップ~
アップに耐え得るきいちゃん2
それ、ほしいでし


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




呪いの風邪
2012年02月16日 (木) | 編集 |
ちょっくら停滞してしまいました。

鬼の撹乱で、風邪をひいて死んでいました。
それも、誰か呪ってるんじゃないかと思うくらい、しつこくて
タチの悪い風邪。

もう1週間になりますが、いまだにスッキリとはしません。
こんな事は初めてです。

大抵、風邪をひいても騙し騙し行動しているうちに、何となく
抜けていくんですが、今回は何も行動出来ずひたすら沈没。

いっそのこと、高熱が出てくれた方が良かったのでは、と思いました。
ヘンテコな微熱と悪寒が続き、頭が重くて目も開けていられない状態は
辛いの一言です。

あまり寝てばかりいたので、しまいには背中や腰が痛くなる始末。
でも起きればだるくて倒れそうだし、どうしろっちゅうんじゃ!
と腹立たしくなりました。

さて、きいちゃんは私が寝込んでいる時はどうしているのかと言うと
下のジジババの所にいます。
何故下にいるのかと言うと、台所に近いから。

時々上がってくるのですが、かあちゃんが食べものを出すと、
また鼻から歩いて降りて行ってしまいます。

私より食べものなんかい!
と言いたくなってしまいますが、きいちゃんは「いぬ」なので
しょうがないです。

爺様は、私が寝込んでいる間は、いつもずっとベッドの下に
(当時はロフト式ベッドだったので)寝ていました。
悪さばっかりしている爺様でしたが、こういう時はちゃんと
わきまえて何もしないんですね。

爺様は「いぬ」ではなくて「シト」みたいなところがあって、
別に頼んだわけでもないのですが、自分で私の相棒だと
決めていたんでしょう。
誰もいなくても、爺様だけはそばにいた。

余談ですが、長崎の行方不明盲導犬のユーザーが、「相棒」という
言葉を使っていたのを聞いた時、私は、
「アナタに簡単に、相棒なんて言葉を言って欲しくない」
と思いました。

事の真相はまだハッキリはしていませんが、入ってくる情報からは
優良ユーザーとは言い難い。
本当に相棒だったら、誰も連れ去ったりしないし、盲導犬自ら
どこかに行く事もないでしょう。
それこそ、繋がれてなんかいなくなって、相棒ならどこにも行きません。

犬を相棒だなんて、思ってもいないヤツに限って、そういう言葉を
使いたがるんだよな。
ちょっとへそ曲がりの私は、どうでも良い事で絡みたくなります。

アトム君の事は気にかかりますが、今のところは現地からも誰からも
何の情報も入ってこないので、ただ見守るだけです。

使役犬の権利を守るために、提案したい事もあるのですが、
また次回にしますね。

皆様も、悪質の風邪をひきませぬよう…

寛ぎきいちゃん
食べる事ばっかりの、お役に立たないきいちゃん
可愛いのが仕事だから、良いか…



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
2月7日は
2012年02月09日 (木) | 編集 |
2月7日は、爺様の命日です。
そうです、一昨日でした。

このところ腹の立つ事がたくさんあったので、
当日になるまで忘れていました。

爺様、ごめんよ。

それなのに、爺様からのプレゼントはいくつかあったようで、
愛犬を亡くされた方に、ちょっとだけ元気をお届け出来たり、

それから、爺様繋がりのわん友さんからは
「結婚しま~す」
の嬉しいお知らせが来たり。

天界のわんこ達のまわりには、きっと愛がいっぱい
なんでしょうね。
亡きわんこ達が、飼い主さん達にせっせと贈り物をしている
そんな感じがします。

対する下界の人間達はと言うと、正直
やな感じ
です。

例の盲導犬のアトム君の件ですが、現地長崎からもいろいろな
情報が入ってきていまして、前回とはまた違った面倒くさい
展開になっているようす。

私個人の印象をひとことで言うなら、
「組織にとって一番大事なのは、人より犬よりメンツ

九州盲導犬協会のコメントもHPに載っていますが、HPには
載っていない裏話も当然あります。

私としては、人間のメンツなんかどうでも良いから、さっさと
謝罪すべきは(お互いに)謝罪して、犬達の環境を改めろ
と言いたい。

そして、疑惑のある人間には、二度と盲導犬を持たせるな。
それだけです。

ああ、今年こそは怒りを鎮めて、菩薩のような笑みを浮かべる
仏のターミ姉になろうと思ったのに、怒ってばっかりです。

本当に、人間って愚かです。

blog_import_4f1908846ab27.jpeg
ふん、所詮わしの叡智には及ばん



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


福祉ってなんだろう
2012年02月06日 (月) | 編集 |
いつまでもしつこくこの話題を引っ張るつもりはないんですが
一つだけ、書いておきたい事があります。

それは、「障害のある方と、どう接したら良いのか」と言う事です。

私は健常者です。
それも、人一倍丈夫な方です。

だから、何らかの障害がある方の、本当の気持ちはわかりません。
ただ、何かしら不自由な部分があるかもしれないので、出来る事は
お手伝いしようと思っています。

盲導犬のボランティアも、少しでも視覚障害者のお役に立てるなら
と思って参加しています。

障害があっても、それに負けずに頑張っている方がたくさん
おられるだろうから、と。

しかし、世の中にはそうではない人もいると言う事に気づきました。

ターミ兄の姪っ子は、聾唖です。
母親が妊娠中に風邪薬だか何だかを服用したせいだとかで、耳が全く
聞こえません。

その事は、不自由で大変だとは思いますが、だから何をしても良い
ということはありません。

姪っ子は傍若無人な子です。

まだ私達が結婚する前、姪っ子はターミ兄の家に身を寄せて
いたのですが、ある日ボーフレンドを家に連れ込み、二人で
イチャイチャしたあと、風呂場に向かって、居間にいた私達の目前を
裸で横切っていきました。

彼女と一緒に、上半身裸のボーイフレンドも横切っていきました。
この子も、聾唖でした。

私は、恥知らずで礼儀知らずな若い二人に、目がテン。

ターミ兄によると、この子の母親の口癖は、
「だって障害者なんだからしょうがないじゃないの
だそうです。

そうでしょうか?
聾唖だったら、挨拶しなくても良いんでしょうか。
裸で人前を横切っても良いんでしょうか。

何年か前、某盲導犬協会の引退犬のボランティアに関して、
お友達がトラブルに撒きこまれた事がありました。
一度決めた引退犬の引き取りを、ユーザーの一方的な都合だけで
取り消したのです。
お友達はその子の為に、いろいろな準備をして楽しみに
待っていたのに。

私はその時、ボランティアをなめるな、と協会に抗議しました。
ユーザーは客でもなければ、上司でもない。
勝手な事をするな、と。

その時、協会の人が言った言葉が、忘れられません。
「ああ言う人達は、言ってもわかりませんから

これって、どういう意味なのでしょう。
視覚障害者は、常識がなくて当たり前なのでしょうか。
通常の話し合いが出来ないのでしょうか。

随分失礼な話です。
これこそ、差別じゃないですか?

障害があるから、少々の身勝手は許されると思う、
甘ったれた障害者。
障害があるから、どうせわかりゃしないと決めつける健常者。

私は、どっちもどっちだと思います。

不自由があるから人の手を借りることはあっても、だから
何を言ってもやっても良いという事はありません。
人として、間違った事をした時には、抗議をすべきです。
場合によっては、その責任を取ってもらう事は、当たり前です。

変な特別視はかえって失礼であると、私個人は思います。

長崎の疑惑のユーザーと、管理が出来なかった協会こそ、
勘違いと差別の関係ではないでしょうか。

下手な言い訳をしていないで、即刻改めていただきたいと
思います。
常識と良識のバランスが取れていない関係の上には、正常な
福祉など成り立ちませんから。


カラスだ~
カラスの声に??なきいちゃん


良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



モノ言うボランティアになろう
2012年02月05日 (日) | 編集 |
日本人には、二種類あると思うんです。
いえ、酒飲みと下戸じゃなくて、もうちょっと真面目な話。

言いたい事を言いたい放題なモンスター人間と、言うべき事を
言わない人間
と、二種類いるのではないかと。

例えば、かあちゃんは「言うべきを言わないタイプ」の人間です。

通販で何かを買ったとします。
しかしそれが、思ったような品物ではなかった。
服だったらサイズが合わないとか、色が好みと違っていたとか
いろいろ理由はあります。

何にせよ、気に入らないのなら返品すれば良い。
そして、意見を言えば良いと思うんですね。
「写真と違ってた」とか「説明がわかりにくかった」とか。

でも「面倒くさい」とか言って、そのままにしてしまいます。

そのおこぼれが、私の所に回ってくると言えばそうなんですが
でも意見は伝えた方が良いと思うんですね。
そうすれば、そこの会社がもっと良いものを提供してくれるかも
しれない。
発言することは、無駄ではないと思うのです。

言うべきは言う。
しかし、言う時にはオトナとしてのマナーを守る必要があります。
言いたい放題のモンスターや、論点をすり替える人間は
大人げないただの愚かものです。

私のまわりには、盲導犬のボランティアをなさっている方がたくさん
おられます。
それは、繁殖のボランティアであったり、パピ-ウォーカーであったり、
引退犬を引き取るボランティアであったり。

あるいは、出来る範囲で寄付をしている方もおられるでしょう。

私は、こういった方々は、ものすごく尊い事をされていると
思うんですね。
だから、「これって、おかしいんじゃないか?」「もっとこうしたら」
といった意見は、声に出して良いと思います。
言う権利があります。

でも実際は、何も言わない「優しすぎる」方が多いと思うのです。

先日の長崎の盲導犬失踪に関して、いろいろな情報が流れました。
当然ですが、協会に直接連絡をして事情を聞いた方もおられたでしょう。
その時、協会が
「虐待はありません」
と言ったら、そこでどうするのか。
それをそのまま、信じてしまって良いのでしょうか。

「実際に見たわけじゃないから」と言う意見もあると思います。
でも、それを言ったらニュースで報道されている世界の出来事の
ほとんどは、「実際には見た事のない事」です。

ではなかったのか、といったらそんな事はありません。
その映像はでっち上げか、といったら、稀にそういう捏造もありますが
ほとんどは事実です。

ですから、自分の目で見ていないから目をつぶる、と言うのはおかしい。

そこには、「面倒なモノには関わりたくない」「悲しい事実は知りたくない」
という心理が働いていないでしょうか。

悪い言い方をすれば、事なかれ主義です。

大きな組織が言えば、何でも正しいのでしょうか。

正しいか正しくないか、目の前にある情報から自分で判断しなくては
一部の人間の都合だけでモノが動いてしまいます。

写真があり、証言があるのだから、協会はこれに対して我々が納得出来る
説明をする義務があります。
事実であれば、謝罪しなくてはいけません。
改めなくてはいけません。

ボランティアの皆さん、発言しましょうよ。
ご自分が繁殖した子達が、納得出来ない扱いをされていたら
言いましょう。
目の前で、おかしいと思う事があったら、質問しましょう。
変な話を聞いたら、確認しましょう。
その答えに納得出来なかったら、さらに突っ込んで聞きましょう。

心のどこかで、疑問を持ちながら黙っているのが、一番いけない。

もしかしたら、自分にとって都合の良くない事実が出てくるかも
しれないけれど、それでも直視すべきです。

だって、私達が代弁しなかったら、誰が犬達の言葉を
代弁するのでしょう。
彼らはモノが言えないのです。

だから、モノ言うボアンティアになろう。
組織から疎まれたって、良いじゃないですか。
他に支えてくれる仲間は、きっといますから。

スッキリ~
うんpくらい、したいときにしたいよね



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
無知と怠慢と無責任が引き起こすもの
2012年02月03日 (金) | 編集 |
人間というのは、どうしてこうも愚かなのでしょう。
学習能力がないのでしょう。
怒りたくないのに、怒りたくなってしまいます。

またか、と言う事件が今ネット上で問題になっています。
長崎の盲導犬が失踪した話です。

これは一昨年起きた事件と、本質が非常に良く似ています。
若干違うのは、問題ユーザーが前回ほど徹底的に悪質では
なさそうなこと。
協会も、それほど筋金入りの問題協会ではなさそうなこと。

そして、動物愛護団体がすぐに対応していること、などです。

このユーザーは、自ら盲導犬を探して欲しいと、個人情報を
含んだビラをまいてしまったそうなので、今頃あちこちから
直接非難を浴びているかもしれません。
自業自得ですね。

個人的には、私はこの人はアホか?と思います。
自分のしている事を、全く理解していないように思えるのです。

良くあることだと思うのですが、一番の困ったちゃん
自覚・認識なく、とんでもない事をしている人間です。

この爺さんも、その一人ではないでしょうか。

つまり、近所中から虐待行為をしていると通報されながら、
自分は正常だと思っていた事。
そうでなければ、いけしゃあしゃあと、ビラ配りは出来ません。

それとも、世間に自分の行動がバレないとでも
思っていたのでしょうか。
だとしたら、単なる馬鹿です。

もう一つの大きな問題は、協会の怠慢です。
どうしてこのような人物に、二度も盲導犬を貸与したのか?
異常だとわからなかったのか。
近隣住民の通報を聞かなかったのか。

前々から、盲導犬協会については疑問な点が多々ありました。
全てがどうかはわかりませんが、私の知る限り関東の盲導犬協会、
そして今回の九州。

ひとことで言うならば、怠慢です。
犬達の一生を預かっているという、責任感がない。
本当に心から盲導犬を待っている人間の事など、ちっとも
考えていない。

こんな問題アリアリのユーザーに二度も渡すくらいなら、何故
待機している、もっと健全で常識ある人に渡さないのか?

怠慢以外の、何ものでもないでしょう。

私は、盲導犬の育成システムについては、もう見直しの時期に
来ていると考えています。
助成金の問題も含め、問題点があり過ぎます。

だからこのような問題が起きる。
そして、このように表面には出て来なくても、小さなトラブルは
山のようにあります。

そのたびに、心ある人が離れていくような気がします。
こんな対処をされるのであれば、ボランティアなんかやらない。
寄付なんかしない。

善意ある人、経験豊かな人が離れていくのは、協会にとっても
得な事ではありません。

それなのに、何故この体質が変わらないのでしょう。

もうそろそろ、この怠慢体質と、一般人にわからない
不透明な
システムをやめにしませんか。

いい加減な協会が、いい加減な人物に盲導犬を渡す。
こんな事が二度と起きないように、私は今回の事は世間に十分に
さらして、盲導犬に関するさまざまな機関の、風通しを良くする
第一歩にすべきだと思います。

そして、本当に善意を持ってボランティアをしている方々、
真面目に職務に当たっている方々、きちんとしたユーザーさん達に
迷惑をかけないシステムを作らなくてはいけないと思います。

何よりも、不幸な盲導犬なんて作っちゃいけない。


ああ、また怒っちゃった…

ぶちゃいくきいちゃん



良かったら…
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。