要介護妖怪爺だった黒ラブ「ラブ爺」の想い出、ヘタレのキャリチェン・きいちゃんの毎日、それに管理人の思いつき話を綴ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もし犬と一緒に暮さなかったら
2011年09月28日 (水) | 編集 |

もし犬と一緒に暮さなかったら、

私の懐は、もう少し豊かだったかもしれない。

ユニクロとしまむら以外の服も、買えたかもしれない。

海外旅行にも行かれたかもしれない。

そして、休日は朝寝坊していられたかもしれない。

もっともっと、自由な時間があったかもしれない。

でも、

犬がいなかったら、

私は動物のことを全然知らない、

自称動物好きのオバサンになっていたかもしれない。

家族とも、もっともっと険悪になっていたかもしれない。

盲導犬のことも、警察犬のことも、一生知らなかったかもしれない。

犬がいたから、

私は全国のたくさんの人達と知り合えた。

蔵王にも大分にも行かれた。

犬がいたから、

嫌な事があっても、心がほっと一息出来た。

うるさくて、食いしん坊で、甘ったれな犬。

いつもニコニコ、ふりふり、可愛い犬。

やっぱり、犬のいる生活の方が良い。

だって犬のいる生活は、可愛くてあったかくて、愛があるから。

冷蔵庫が好き
ジャマだけど

冷蔵庫が好き2
可愛いから

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
実りの秋…?
2011年09月25日 (日) | 編集 |

ここ数日、急に秋めいてきましたね。
やっとクソ暑い夏とおさらば出来るかと思うと、嬉しゅうございます。

でも激辛料理が似合うのはやはり、暑くて暑くて暑~い季節ですよね。

ところが、一番生唐辛子が欲しい暑い時期に、素人園芸の唐辛子達はひと粒も
実りませんでした。

理由の一つは、暑すぎたようです。
なんせ、インドやメキシコが原産と思われるものが、日中強い日に当たると
ぐったりしてしまうのです。

そう言えば、インド人が「日本の夏はインドの夏よりも暑い」と言っていましたから、
日本の鷹の爪は大丈夫でしたけれども、外国原産のものには適さなかったのでしょう。

それと、一度ナガモリッチが実りかけたのですが、あまりにもアブラムシが多かったので
農楽を撒いたところ、虫は確かに全滅しましたが、葉がハラハラと落ちて、
あっという間に瀕死の状態になってしまいました。
強すぎたらしいのです。

かあちゃん曰く、
「手術は成功したけれど、お亡くなりになりました、みたいだわね」

それから学習して、アブラムシはホースのノズルをシャワーにして、吹き飛ばせば
良い事に気づきましたが、瀕死の子に関しては後の祭りです。

ごめんよ、勉強不足で・・・と何度もナガモリッチに謝りました。

その代わり、と言うわけではありませんが、ジョロキアは快調です。
こんなに大きくなって、
ジョロキア2

実もちらほらつき始めました。
ジョロキア1

多少アブラムシもついていますが、同じ失敗はしたくないので、木の体力と自然の雨に
任せています。
食べるものですから、農薬が残るのも嫌ですしね。

秋の激辛料理もまたオツなものかな、と思ってメニューを考えています。
アジアの次は、南米かな。

植物のお世話も、動物のお世話も、生きているもののお世話をすることに、変わりは
ありません。

弱ったり病気になれば悲しいし、元気でイキイキしていてくれれば嬉しい。

今年の夏は、植物にもちょっとだけ目が向いた事が、自分の中では一つ増えた
項目です。

来年は、ナガモリッチのリベンジをしようかなと思ってます。

ごろごろとジョロキア 005.jpg
ボクが食べられるものも作ってなのでし

それは狩りをしろってことかい。

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

久々のイベントだ~
2011年09月24日 (土) | 編集 |

あまりにも暑くて、夏の間中何処へも行かず、お友達にもほとんど会わず・・・
で腐りきっていたきいちゃん。

昨日は、お友達わんこの誕生日会にお出かけしてきました。

この子が主人公のこたろう君
14歳になりました。
こたろう

すご~くおとなしいんだけど、密かなプライドと男のこだわりを持った子で、
高齢なんだけど絶対に人前で横にならないのです。

そして女の子だ~い好きなんだそうで、それが元気の源かもね。

それから毎度おなじみレオン君
レオン
相変わらず、黒ピカです。

ボール飲み込み事件で開腹手術をしてから、癲癇の症状が出るようになってしまった
レオン君ですが、ここ1年くらいは治まっているんだとか。
弟ライム君が来たから、適度な緊張感を保ってて良い感じなのかな。
そのまま、ずっと治まっていると良いね。

んで、その弟分のライム君
ライム

きいちゃんにソックリでしょう?
日盲のキャリチェン君です。
もしかしたら、遠いどこかできいちゃんと繋がっているのかもしれません。
おとなし~子です。
しっかりおたかりを覚えましたね。

それから、そらちゃん
そらちゃん

ラブソックリなんだけど、ミックスわんこです。
座っているとわからないけど、尻尾は和犬っぽくクルリンとしています。
この子も物静か~な子。
きいちゃんのおたかりを、「なんでこのシト食べてるの?」と言う顔で見ていました。
車に酔っちゃうから、とあんまりおたかり出来なかったね。

そらちゃんの妹分、ひまわりちゃん
ひまわりちゃん

ごめんね。
思いっきり、そっぽ向いた写真しか撮れませんでした。
この子はハピラブから来たんだそうで、あんまり社交的ではありません。
ず~っとテーブルの下にいて、一回きいちゃんが近づいたらとっても怒ってました。

さて、誕生会と言えばケーキですな
ケーキ

これはわんこ用ですから、味はついていませんし、素材も鶏肉とか豆乳だったりします。

みんなで山分けして、バクバク食べていました。

人間達も、結構飲み食いしましたよ~
私は久しぶりの飲み放題
しっかり元は取れたと思います。

そんなこんなで、楽しく3時間弱の時間を過ごしました。
きいちゃんも久しぶりにいろんな子に会ったり、よそにお出かけしたりで、良い気分転換に
なったと思います。

段々涼しくなってくるから、遊びに行かなくちゃね。

今回、きいちゃんの写真はあんまり良いのがなかったので、こんな顔で・・・
瞑想きいちゃん

迷走・・・じゃなくて瞑想中?



良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

男の子♪女の子♪
2011年09月21日 (水) | 編集 |

台風の影響で、あちこち被害が出ているようですが、わん友の皆さんのところは
大丈夫でしょうか。

きいちゃん地方、雨はだいぶ止んできましたが、交通機関がストップしてしまったため
19時30分現在、ターミ兄が帰宅難民になっています。
まだ風がひどいので、今しばらくは動かないのかなぁ・・・

自然災害だから文句を言っても仕方がないと言えばそうですが、なんだか西も東も
災害だらけで嫌になってしまいますね。

さて、私事で恐縮なのですが、ワタクシ、今年の春からピアノの先生をやめて
英語の先生に鞍替えしました。

英語は一応喋れるのですが、教え方のメソッドがないので(英文科卒でもないし)
FCの英語教室のやり方を使わせていただいてます。

こちらなんですが・・・

http://www.corelibrary.jp/

(興味のある方は、メッセージをくださいね。大人のやり直し英語も出来ますよ~)

何故ここの教室を選んだかと言うと、こちらのカリキュラムだと、語順訳と言う
他では使っていないやり方を、小学生から教える事が出来るからなんです。

語順訳と言うのは、従来の後ろから訳していくやり方ではなく、文章を頭から訳していく
やり方なんですね。
これを早くしたものが、同時通訳になるわけです。

それでまあ、研修を受けながら子供達(中学生もいますが)を教えているわけですが
生徒達を見ていると、男子と女子の違いが明確でとても面白い。

こちらの教室では、始めて3.4カ月程度の子供たちにも、英語劇をやらせるんですね。
「そんなん、出来るかい」
と思うかもしれませんが、子供ってこれが結構出来ちゃったりするんです。

でも、そこに至るまでの進み方が、男子と女子では若干違いがあります。

もちろん、個人の性格の差が一番大きいとは思いますが、ウチの教室で一番成果を
あげているのが小4の女子。

余計なおしゃべりも、余計な事も一切しないで、黙ってやる事をやっています。
言われた事はさっさと書き取って、劇の練習も家でちゃんとやり、ソツなくこなしています。

ですからこちらも、一番難しい長いセリフを彼女に与える事になります。

ちょっと長かったか・・・と思っても、子供は何の疑いも持ちませんから、やるものだと
思って覚えてきます。

対する男子は、ちょっと課題の量が多いと、「これ長いよ、オレ無理だ~」
じゃあ、セリフを○○ちゃんに譲っちゃうよ、と言っても
「あ、良かった~」
それはちょっと悔しいゾ、にはあまりならないらしい。

そして教室に見慣れないものがあると、そっちにまず気が行ってしまいます。
先に来れば、後から来る仲間をどうやって脅かそうか、なんてそんな事を一所懸命に
考えているのが男子諸君のようです。

それでも英語劇は楽しいらしく、いつも時間前にいそいそやってきます。

終われば、自分のセリフにはなかったのに覚えた言葉を使って、
「ウェイト、ウェイト(waitとはビミョーに違うところが御愛嬌)」
なんて仲間を呼び止めたりしているのは、なかなか可愛い。

これって、ラブの♂♀にも当てはまる事があるなあ、と思ってしまいました。

ラブは頭が良いですから、その分雌雄の性格の差のようなものが表れやすいのかな
と勝手に思っているのですが、ラブの男子と女子って結構違うと思いませんか?

もちろん一般論であって、そうじゃない子もたくさんいるとは思います。
だからあくまでも、傾向のようなものに過ぎませんが・・・

きいちゃんの親戚オフ会に行くと、全くウチの生徒と同じ感じです。

女子はつるまず、無駄な事もしない。
男子は何故か団子になって、いつまでも他愛のない遊びに興じている。

そんな男子集団は、お馬鹿と言えばそうなんですけれど、無邪気で可愛いです。

そして、ホントに本気になった時は、成果が大きいのも男子かもしれません。
ただ、なかなかその本気にならない所が、人間もわんこも似ているような気が
するんですけどね。

さて、ヘタレのきいちゃん、今日も大雨の音が怖かったらしく、カミナリは鳴っていないのに
とうちゃんの膝に乗っかってしがみついていたそうです。

体は大きいのに、胆っ玉は梅干しのタネくらい小さいんだね・・・

人間も、女子の方がしぶといもんなあ。

れろれろ2

れろれろ1

おおあくび

可愛いのが仕事だから、良いんだけどさ。


良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



あ、チャリティカレンダーの方もよろしくです。
今回は、黒ラブさんの飼い主さんにもおススメだそうですよ~
爺様が、いいちゃんのところに居座ったのかも・・・

http://guidedog.web.fc2.com/

 

多頭飼いの愉しみ
2011年09月18日 (日) | 編集 |

偉そうなタイトルをつけましたが、私は今までわんこを多頭飼いしたことはありません。

特に理由はないのですが、周囲にも多頭飼いをしている人があまりいなかったので、
なんとなく、犬は1頭づつ飼うものだと考えていたんですね。

でも、最近は多頭飼いも面白いかな、と思うようになりました。
犬社会を、間近で観察することが出来るからです。

多頭飼いをなさっている方達のブログを拝見すると、犬同士の関係と言うのは、
対人間のそれとは違って、とても「犬らしい」んですね。(当たり前ですが)
非常にシンプルでわかりやすい。
そして、上下関係が自然に出来ていて、とても興味深いです。

ラブ爺は、あまり自分の事を犬だと思っていなかったので、彼と私の関係は
疑似犬社会的関係と言うよりも、あくまでも「ラブ爺と私」でした。

犬同士遊ぼうともしなかったし、ボール遊びなどもそれほど好きではなかったラブ爺。
むしろ彼は、私の「昼寝の友」をしたりして、私と同じ空間にいることが好きでした。
プロレスごっこも、引張りっこも、私達人間とすることを好みました。

でも、きいちゃんはちょっと違うようなのです。

きいちゃんは、ラブ爺と比べるとずっとずっと「」です。

ガジガジ齧るのが好きですし、大好きなわんことならばいつまでも遊んでいます。
犬としての遊びが好きです。

ヘタレのせいもありますが、人間とプロレスごっこをしようとはしません。
タオルの引っ張りっこも、イマイチ乗りが悪いです。

きいちゃんは、どうもわんこの中で、わんこらしくしていたいようなのです。

今年のように、毎日暑くてコレと言ったイベントもないと、特にそんな風に見えます。
「誰かと遊びたいなあ。お馬鹿走りしたいなあ」と。

きいちゃんには、一緒に遊べる弟か妹がいたら良いのかしら。
ちょっとつまらなそうにしているきいちゃんを見ると、そんな気がしてしまいます。

でも、だからと言って誰でも良いというわけではありません。

明らかにきいちゃんよりも強そうな子、野性味の強い子とは、おそらく一緒には生活
出来ないでしょう。

きいちゃんが好むのは、気立ての良い女の子か、絶対に戦いを挑まないヘタレ君
となると、同じ波動を持つ親族が望ましいのかなあと思います。

保護犬や、同じようなキャリチェンのお世話をしてあげたい気持ちもありますが、
きいちゃんと上手くやれないと、どちらも可哀想な事になりますし、私達人間も
辛くなってしまいます。

きいちゃんと仲良く出来る弟か妹がいたら良いだろうなとは思うのですが、その時が
来るまでは、気長にご縁を待つ方が良さそうです。

多頭飼いの愉しみについて偉そうに語るのは、まだしばらく先の事になりそうですね。

きりり

良いお顔

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

犬と人間と動物愛護と
2011年09月14日 (水) | 編集 |

簡単なことをややこしくするのが、人間の悪いクセなのかも・・・と思う今日この頃。

動物愛護に反対する人は、あまりいないと思います。
興味のない人は、まあいるでしょう。
でも、動物なんて人間の好きに扱って良い、虐待しても良い、金儲けに利用しても良い
と心底思っているような輩は、けっして多数派ではないと思うのです。(と思いたい)

なのに、何故に動物愛護団体のトラブルが絶えないのか。
ボランティア同士の争いが絶えないのか。
いつも不思議に思います。

何事も、効率良く行動しようと思ったら、ある程度の組織作りは必要になるでしょう。

例えば、盲導犬を一人で育成する事は出来ません。
多くのボランティアの手を借り、役割を分担して、時間とお金をかけて育成します。

動物愛護・保護の活動も、似ていると思います。

一人で、或いはごく少人数で活動している方達もおられますが、やはり大きな成果を
あげるには難しいものがあります。

だから組織にして、効率良くやろう。
多分、どこの組織も当初の目的はあくまでも愛護活動であり、保護活動だったのでしょう。

ところが、何らかの利権が絡んできたり、そこに誰かのエゴが出てくると、話がややこしく
なってくる。

そうすると、そういった組織を利用しようとする人や、面白半分に絡んでくる人、そして
組織の内情や不正を暴こうとする人などが出てきます。

不正を暴いて、正しい方向に持って行こうとする姿勢自体は、決して悪い事では
ありません。

でもやり方を間違うと、成果が出ないばかりか、これまたトラブルの元。

人間達がやいのやいの騒いで争っている間にも、助けを待っている動物達はどんどん
その命を落としているかもしれません。

或いは、巻き添えを食って犠牲になる動物達も出てくるでしょう。

これでは意味がないどころか、動物達にとっては迷惑以外の何ものでもありません。

助けを必要としている動物達に、手を差し伸べるのが「保護」であり、
出来る人が出来る事を、精一杯する事が「ボランティア活動」ではいけないのでしょうか。
人間以外の動物達の生態を尊重し、愛しむ事が「愛護」では足りないのでしょうか。

それぞれのやり方や目指す方向性、または主義などの違いはあるでしょう。
それに対しての論議は、大いに交わしたら良いと思います。

でもそこに、人間の私利私欲・エゴ・醜い欲望は、絡めないで欲しい。
マイナスの思いが絡めば絡むほど、本来の純粋な思いからは遠ざかってしまいます。

命を前にして、人間達の身勝手な主義主張や小賢しい論理など、全く意味を持たないと
思うのは私だけではないと思います。

甘噛み1
いまだに甘噛みするきいちゃん

甘噛み2
すごいハト胸

甘噛み3
ほら、鼻つままれちゃった

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人がたくさんいてもオバケは出るんだよ
2011年09月14日 (水) | 編集 |

昨日の夜中、久しぶりに金縛りと言うか、また誰かが手を引っ張る現象が起きました。

このところ、1カ月以上起こらなかった現象です。

理由は自分でもわかっています。
ストレスです。
口内炎が出来るくらいに、お疲れなのです。

お疲れの原因は、自分じゃなくて他の人だと言う事が腹立たしいのですが。

少し前に、某健康番組でもやっていましたが、金縛りというのは寝起きの寝ぼけ状態の
時に起こり得る、脳の状態から起きている現象なのだそうです。

もちろん、そんなんじゃない!と言う意見もあるでしょう。

実を言うと、私がこの現象に陥る前には、大抵ゾクゾクと悪寒がするのです。

でも、だからと言って悪霊に取り囲まれていたと言う確証はありません。

正直、何でも良いんです。
科学的に説明がつこうがつくまいが、心霊現象であろうがなかろうが、何であれ
とにかくやめて欲しい。

私は、平和に眠りたいのです。
なんでそれを邪魔するのか。

時折、一人で田舎に住んでいたらな~と思います。
生きていくことだけに集中出来たら、(つまり生命にフォーカス出来たら)私のストレスは
ほとんどなくなります。

ストレスが無くなれば、私の波動はもう少し強くなります。
私自身の出す波動が強くなれば、弱った脳みその作りだす金縛りであれ、弱った
波動につけこむ低級のオバケであれ、来なくなるはずです。

何でも良い。私に平和な睡眠をくれ!

変な耳~

平和をくれるのは、きいちゃんだけかな。

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

 

チャリティカレンダーもよろしくです。
絶対買って損はなし、のカレンダーですよ~
まだ間にあうかも?!

http://guidedog.web.fc2.com/

 

夏の想い出
2011年09月12日 (月) | 編集 |

と書いてはみたものの、まだまだ暑いですね。
でもまあ、間もなく夏も終わるでしょう。

で、今年の夏は何をしたんだろう?と振り返ってみたんですが、何にもしていません。
暑くて何もする気になれなかった事、貧乏神に取り憑かれてそんな余裕もなかった事、
理由はいろいろです。

早く夏が完全に終わって欲しいと思いつつ、ふと思い出したのはこの曲。

http://www.youtube.com/watch?v=tSsiS-v6_6M&feature=fvwrel

夏の日の恋」、パーシー・フェイス・オーケストラです。

時折、急に頭の中で何か音楽が鳴ることがあります。
今まで聞いた事のある曲が、きっとその時の心理か何かで、引っ張り出されて
くるのでしょう。

今更恋をしたいとは思いませんが、遥か昔の自分の経験と、どこかでリンク
したのかなあ。
記憶にありませんが。

半世紀も生きてくると、自分の記憶のお片付けすらちゃんと出来ていない気がします。
良い事もあり、悪い事もあり・・・

自分の夏の想い出って、なんだろうと思います。

扇風機が枕
石に枕し・・・じゃなくて扇風機を枕? 

きいちゃんとの夏の思い出も、あんまりないねぇ。
川に行っても海に行ってもプールに行っても、(自分も)躍動感ないし・・・

やっぱり夏は嫌いだ。


脈絡ないですが、良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

 

チャリティーカレンダーもよろしくです。早くしないとなくなっちゃうかもですよ~

http://guidedog.web.fc2.com/

 

ダイエット
2011年09月10日 (土) | 編集 |

「ダイエットなんか必要ないわ」
豪語出来るのは、たぶん20代まで。

その後はダイエットこそ必要なくても、注意は必要だと思います。

私がダイエットと呼べるダイエットをしたのは、高校生の時でした。
チビなのに体重が49キロになってしまったので、野菜ばっかり食べて5キロほど
減量しました。

それ以来、本格的なダイエットは面倒なのでしませんが、その代わりミニダイエットは
ちょっとヤバい
と思った時点で、しょっちゅうしています。

私の場合、体重が1.5キロ~2キロほど増えると、胃腸に未消化のものが残存している
感じがします。
そうなったら、それが完全になくなるまで減食するか、時間を空けるかします。

だいたいこの残存感は、馬鹿食いが続いた時に起こります。(つまり食べ過ぎですね)

でも、ターミ兄のように鋼鉄の胃袋を誇る人は、未消化のものが存在する時間が
短いので(すぐに身になってしまう)、食べ過ぎるとあっという間にリバウンド。
翌日1,2キロ増えている、なんてのは驚く事ではないんだそうです。

自分はトロくさい胃腸で良かった、とつくづく思います。

食べるのも作るのも食べさせるのも好きな私は、どこかで調節しないと年齢的に
オバサンになってしまうので、セーブする為にはモチュベーションが必要です。

そのモチベーションはやはり、バレエとダンス。
特にバレエ界は、年齢に関係なく細~い人が多く、
「太る?信じらんない
的な雰囲気があるので、歯止めをかけるにはうってつけです。

でも、わんこにはダイエットのモチベーションなんてありません。
特に、歩く胃袋タイプの子達にとっては、ダイエットなんて言葉自体、辞書にありません。

飼い主の管理次第で、どうにでもなってしまいます。

人間のダイエットもわんこのダイエットも、基本は同じだと思います。
食うな、動け

でも極端に食事を減らすと、きいちゃんのように食に対して異常な執着を持ってしまう
かもしれないので、回数は減らさずに量(カロリー)を減らす。
そして、散歩の時間を少し増やす。

結局これしかないんじゃないのかなあ・・・と思うのであります。

きいちゃんは、おやつをささみの焼いた物に切り替えて、なんとなく1.5キロばかり
落としました。
メインの食事の量は、ほとんど変えません。
ただ、マトンのように脂肪が多目の肉をなるべく避け、馬か鹿(馬鹿?)などの脂肪の
少ない赤身の肉を選ぶようにしました。

気がついたら減っていた、と言うのがダイエットとしては良いのではないかと思います。

でもまあ、それ以前に太らなきゃ(太らせなきゃ)良いわけですよね。

人間も馬鹿食いをなるべくしないよう、わんこにもついつい余計なものを与えないよう、
気をつけなくちゃ・・・
と秋の気配と共に思ったのでありました。

あ、関係ないけど「タニタ食堂」のメニューも良さげですね。

ところで、来年のチャリティカレンダーが出来上がりました。
バナーを貼ろうと思ったのですが、PC音痴の私はどうも・・・
イラストを描いているいいちゃんは、爺様本の挿絵を、まるで爺様が憑り移ったかの
ように描いてくれた方です。
優しい暖かいイラストのカレンダー、レトリーバー大好きの方にはおススメです。

こちらからどうぞ。

http://guidedog.web.fc2.com/



来月は、TIKI LOVE HOUSEの親戚OFF会で琵琶湖に行きます。
楽しみ~

すごい寝方

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

一度傷ついた心は、なかなか元には戻らない
2011年09月08日 (木) | 編集 |

久しぶりに、きいちゃんの「うがっ」が出ました。

昨夜、ターミ兄が帰って来た時の事です。
廊下で待っていたきいちゃん、ターミ兄について部屋まで来たのですが、そばまで来ると
何故か「う~

ちょっと噛みそうな勢いだったので、
「きいちゃん、どうしたの?」
と言うと、きいちゃんはソファに座っていた私の所に飛んできました。

が、すぐにスゴスゴと降りて、自分のベッドに行ってしまいました。

廊下でターミ兄を迎えた時、私はその様子を見ていませんでした。
なので、何がきいちゃんの気に入らなかったのかはわかりません。

ただ、考えられる事は2つあります。

一つは、ターミ兄が帰ってくる30分くらい前に、また米軍(と思われれる)飛行機とヘリ
音がうるさかったのです。
きいちゃんが、何らかのストレスを感じていた可能性はあります。

それから、ターミ兄の出していた波動がマイナスだった可能性もあります。
どうしてかと言うと、今彼の仕事はあまりうまくいっていません。
なのでやや不機嫌で面白くない、或いはきいちゃんにとっては少し怖いと感じる
何かが出ていたと思います。

きいちゃんは普段、あまり私にコビコビしたりしません。
どちらかと言うと、ターミ兄の方に行きます。

でもそれはイコール、ターミ兄の方に懐いている、と言う事ではないと私は考えています。

じゃあ何なのさ、と言うと、ヘタレのきいちゃんならではの「おあいそ」なのでは
ないでしょうか。

「ボク、可愛いでしょ?だから仲良くしましょうなのでし」
「ボク、良い子でしょ?だから怒らないでなのでし」
といった具合です。

私にそういった行為をする必要はありません。

このウチで自分を理解してくれるのが誰なのか、誰を信用したら良いのか、きいちゃんは
ちゃんと知っています。

でも、私への信用も100%ではありません。
たぶん、98%くらいだろうと思っています。

100%にならない理由は、人間から受けた(きいちゃんにとっては)嫌な事の記憶が、
どこかに残っているからではないでしょうか。

だから私は、「もうこんな事しても平気だよね~」ときいちゃんをからかったり
激しく抱きついたり、しつこくしたり、驚かせるような事は、絶対にしないように
しています。

「ボクが嫌な事は絶対しない人」でないと、きいちゃんのからの100%の信用は
得られないと思うからです。

何かの拍子に、人間不信のスイッチが入る可能性があるきいちゃん。
今はぐうぐうイビキをかいて寝ていますが、私はきいちゃんの心のすきまが完全に
埋まったとは思っていません。

クイールの訓練士・多和田さんは仰いました。
「犬は根に持たない動物だから、犬と3日越しのケンカなんてあり得ません」

通常であれば、その通りだと思います。
ただ、一度心に何かへこみや傷を負った犬は、なかなかそれをぬぐい去る事が
出来ません。

例えば、虐待された犬が、生涯その傷を完全に癒す事が出来ないケースがあるように。

きいちゃんは、別に虐待されたわけでもなんでもありません。
でも繊細な彼ならではの、何かがあったのだと思います。

ウチに来て、もう3年半。

まだきいちゃんの心は、愛情いっぱいで育ってきたきょうだい達とは少しだけ違うのです。

その微妙な心の変化を理解してやるのは、私の義務だと思っています。

ベロ出し甘甘~
何事もなければ、全然問題ないんだけどねぇ

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

インソムニア
2011年09月05日 (月) | 編集 |

不眠症・・・と言うほどではありませんが、子供の頃から寝つきが悪くて、ぐっすりタイプ
ではない私は、とうとうこんなものを試してみる事にしました。

ぐりな

1週間ほどしか試していないので、良いかどうかはまだわかりませんが・・・

眠りの浅い私は、夜中に2度3度と目が覚めてしまいます。
そしてその後、すぐに眠りに戻れない。
それがとってもウザいのです。
しかも眠っている間も、変な夢を見ている事が多いのです。

変ではありませんでしたが、夕べは近所にマイケル・ジャクソンが引っ越してきた夢を
見ていました。

別に寝る前に、DVDやCDを聞いていたわけではありません。

でも、寝ている間に何か関連する事を考えていたんでしょう。

マイケルとお友達になった私は、仲良くお話をしていたんですが、それが全部英語
だったので、目が覚めたらアタマが変に疲れていました。
マイケルとお話出来たのは良いんですけどネ。

目が覚めたので、ふときいちゃんを見てみると、きいちゃんは自分のベッドに転がって
ぐうぐうイビキをかいて寝ていました。

うふふ、可愛いの~と思いながら私もベッドに戻るのですが・・・

時折「ずびびび」とイビキの合いの手のような音や、走っている夢でも見て足を
動かしているのか、カサカサカサという音も聞こえてきます。

結構うるさい。

それから目が覚めたのか、立ちあがってベッドを掘り掘りする音が聞こえ、
唸りながら耳をかく音がして、また寝そべる音がしました。

そしてどこを舐めているのか、べちょべちょ舐めまくる音も聞こえました。

その後、何故か2回ため息をついていました。

なんで夜中にため息をついてるの?

きいちゃんなりに言いたい事があるのかもしれませんが、なんだかおかしくなって
しまいました。

こんなん聞いてるから、眠りに戻れないのかなあ。

きいちゃん、頼むから黙って静かに寝ておくれよ。

また変な寝方
また変な寝方してさ・・・

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

実が生った~
2011年09月03日 (土) | 編集 |

我が家が「唐辛子研究会」を発足させたことは、ずっと前に書きました。

その時、研究材料に買った唐辛子達がこちら。

暑い時には 001.jpg

あとブート・ジョロキアを買いました。

で、あれから2カ月以上経っていると思うのですが・・・

やっと一つ、ナガモリッチ(ジョロキアよりは辛くないけど、ハバネロより辛いそう)が
実りました。
初ナガモリッチ

なにしろ、園芸初心者のワタクシがやっている事ですから、試行錯誤のうえに
不手際だらけです。

それでもこうして実が生ってくれる。

こんなちっちゃな実が一つ出来ただけですけれど、なんだかとっても嬉しくなって
しまいました。

何かが実るって、こんなに面白いことなんですね。
だから園芸が好きな方は、はまるのかなあ・・・などと妙に納得。

でも他の子達はまだ生育不良で、島唐辛子ハバネロに至っては、花も咲いていません。

実る頃には、夏が終わっちゃうよ~

やっぱり素人園芸はマヌケですな。

ところで、きいちゃんは辛いものが割と平気みたいです。
ハバネロをたくさん料理するときは、部屋中毒ガスが充満したようになって、
人間はくしゃみや咳が止まらなくなるのですが、きいちゃんは平気な顔をしています。

嗅覚が鋭いのと、刺激物に弱いのは別ものなんでしょうか。

そして、キムチを食べているといつも欲しそうな顔で見ているので、
「こんなの食べられないよ。ホラ、変なにおいでしょ」
と差し出したら、パクっと食べてしまいました。

ええ~~拒否すると思ったのに、食べちゃったよ。

その後、ペッぺとするかと思ったら、ケロっとしていました。(オマエは鳥か?)

二度と差し出すまいと思いました。

何でも食べてしまうきいちゃん。
危ないです。

ビーサンで遊ぶの
お気楽です

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人に寄り添う犬
2011年09月01日 (木) | 編集 |

きいちゃんは、大分のTIKILOVE HOUSEと言う犬舎の出身です。

でも、縁あってきいちゃんがウチに来るまで、私はその名前を知りませんでした。

きいちゃんがウチにきたいきさつは、ずっと以前にも書いた通り、ワンコのかあさん
「東日盲(旧栃盲)にキャリチェンがいるんだけど、どお?」
と声をかけてくださったからです。

その頃、我が家は10カ月ほど前にラブ爺を亡くし、わんこなしのつまらない毎日を
送っていました。

ところが、来たばかりのきいちゃん、不意に近づくとう~う~唸って、スイッチが入ると
パクパク噛みつく噛みつく

なんじゃ?こりゃ?
と思ったのですが、親戚わんこやきょうだいわんこ達を紹介していただいて、私は
この悪い癖は後天的なものだと確信する事が出来ました。

TIKILOVE HOUSEはラブとゴルの犬舎で、イギリスの犬舎・ガイドウェルの血統を
組む子が多く、親戚わんこには盲導犬や繁殖犬も多く排出されています。

どちらかと言えばシャイで、ヘタレで、でも優しい穏やかな子が多く、唸って噛む子なんて、
一頭もいない。

それで私は、きいちゃんを必ず元のtikiの子らしく戻してやろうと思ったのです。

きょうだいわんこ達を見れば見るほど、なぜtikiの子が人気があるのか、わかる気が
しました。

TIKILOVE HOUSEのブリーダー、tikilove母さん
人に寄り添って暮らせる犬を
という思いを持って、繁殖をしているそうです。
繁殖と言っても、儲けるための繁殖ではないので、tikilove母さんのメインのお仕事は
他にあります。

動物で金儲けしようとする腐れブリーダーと、間違っても一緒にして欲しくない。

「寄り添う」と言う事がどういう事なのか、私はきいちゃんが徐々に本来の姿を
取り戻すなかで、だんだん理解する事が出来ました。

文字通り、寄り添ってくれるのです。
優しい素直な目で、態度で、笑顔で。

一所懸命に人間を理解しようとしてくれる、賢い子達。

もちろん、他にも素晴らしい犬舎はたくさんあるでしょう。
寄り添ってくれる子は、別にラブやゴルだけじゃなくてもたくさんいると思います。

でも優しくて、素直で、シャイで、ヘタレで、甘甘のきいちゃんは、私にとっては
可愛い赤ちゃんわんわんです。

正しく寝てるよ

見てるの

それに引き換え、人間って馬鹿ですね・・・

 

良かったら・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。